セントラル ヒー ティング。 セントラルヒーティングの費用は?10年間オール電化で住んでみた結果

使わない部屋のパネルヒーターは止めてもいいの?

セントラル ヒー ティング

恐らく、本州の家では家中暖かくする全館暖房の設備というのは多くないので珍しいのかもしれません。 一条ブログなどを見ていると家中暖かい!どこの部屋も廊下やトイレまで暖かくて快適!という記事をよく見かけました。 北海道の家には、各部屋にこんなのがあります。 正月に実家に帰ったときに撮影した写真です。 もしかしたら本州の家ではあまり見ない設備なのかもしれませんが、15年以上前に建った実家ではすでに採用されていますし、私が通っていた小・中学校、高校もこの暖房でした。 さすがに幼稚園の頃に建てた30年ほど前の家では普通のFFストーブでしたが、ここ15年くらいで建った北海道の家ならセントラルヒーティングは当たり前にある設備だと思います。 このセントラルヒーティングは今建てる家でも採用されています。 土屋ホームなどのように空気を暖めて各部屋に送るというシステムの暖房もありますが、大手含めほとんどの工務店、ハウスメーカーは温水式のセントラルヒーティングを採用していると思います。 セントラルヒーティングって何? もしかするとセントラルヒーティングってなんぞや?って方がいるかもしれないので私も改めて調べてみました。 セントラルヒーティングというのは、一カ所の熱源から家中に熱を届ける設備のことのようで、一般的に一戸建てで使われているのは、は熱源となるボイラーで暖めた温水を各部屋のパネルへ送り、それで部屋の空気を暖める暖房システムです。 一カ所の熱源で各部屋を暖める、それならば一条の床暖もセントラルヒーティングにはいるんでしょうかね。 熱源は北海道では灯油がほとんどです。 一部都市ガスが通っている地域はガスが熱源になっている場合もありますが、ほとんど灯油です。 実家も熱源は灯油式のボイラーです。 脱衣所にこんなものがあります。 コロナの98年製のものですね。 下の床に設置されている四角い金属製のものが暖房の灯油ボイラーです。 これで温水を作って各部屋に送り届けます。 98年製ということは、設置して18年ほど経っていますが、まだ故障はないのでさすがに耐久性は抜群です。 最近だとガスだとエコジョーズ、灯油だとエコフィール1台で給湯も暖房も使えるようですね。 各部屋や廊下、玄関などには先ほどお見せしたようなパネルがあります。 パネルのサイズは部屋の大きさなどによって違います。 リビングはこんな感じの大きなパネルがついています。 玄関の土間もここで作った温水を流しているので暖かく、雪がついた靴で入っても凍ることがなく蒸発しますので非常に助かります。 土間に関しては寒冷地仕様の一条も同じですね。 温水の温度調整は、この赤枠で囲ってあるもので行います。 オンオフスイッチと温度調整のためのツマミがついていますね。 ここで作り出す温水の温度を決めて、各部屋にあるパネルについているハンドルを回して流量を調整するという感じです。 赤枠で囲っている部分が各パネルについている流量調整のためのものです。 ここを開けると温水がドボドボ流れてくるので温かくなりますし、閉めると温水の流れる量が少なくなるのでパネルの温度も下がります。 これが北海道の一般的な暖房設備で、各部屋に温水を流してパネルを暖めて暖を取るという設備ですから、床暖房と同じように輻射熱で部屋を暖めるため非常に暖かく快適な暖房です。 セントラルヒーティングのメリット このセントラルヒーティングには床暖房にはないメリットもあります。 そのメリットをまとめてみます。 コールドドラフト現象を防げる 先ほどのリビングのパネルの位置を見てもらっても分かるように、パネルの設置場所は窓があればその下に設置されます。 なので、窓から降りてくる冷気がすぐに暖められるのです。 窓の近くにはパネルがあるので、窓のそばが寒いということは基本ないわけです。 もちろんパネルのない窓のそばは寒いですが、窓の数や場所を調整するなど間取りの工夫次第でコールドドラフト現象はほとんど感じない家にもできます。 物を乾かす以外にも、冷凍していた物を解凍するとかって時もここに置いたりしてました。 でも、たぶん本当はやっちゃダメなので真似しないように・・・ あ、でもモデルハウスを見て回っているときに、脱衣所の温水パネルがバスタオル掛けを兼務しているような物がありましたね。 パネルにタオルを掛けられるような形になっていて、かけておけばすぐに乾くそうです。 専用に作られている物なら良いのかな?• 寒いときに近づくと暖かい 全館暖房といっても、最近では汗をかくほど家中を暖める家はほとんどありません。 我が家もそうですし実家でもそうです。 なので、その日の外気温や体調によってなんか寒いな?とか、足の先や手の先が冷たいと思うこともあります。 その時、このパネル式セントラルヒーティングだとパネルのそばに行くと暖かいのです。 手をパネルに当てたり、足が冷たいときは足を乗せたり・・・、お尻や背中をパネルにくっつけたりするとぽかぽか暖かいのです。 外から帰ってきてすぐなど体が冷えているときに、体の一部や一時的にパネルのそばに行くと非常に暖かくて快適です。 立ち上がりが早い 灯油が熱源ということもあるかもしれませんが、暖房の立ち上がりが非常に早いです。 実家では夜は暖房を最小まで下げています。 凍結防止のために完全に停止はしませんが、全く暖かさは感じなくなるまで下げます。 朝はそれなりに寒くなるんですが、暖房の温度を上げるとすぐに各部屋のパネルが暖かくなり、家中1時間もあればぽかぽかです。 一条工務店の床暖房ではあり得ない立ち上がりの早さです。 各部屋のパネルで流量調整することで、部屋ごとに快適な室温を維持することも簡単にできますので、各部屋の温度調整という面でもこの暖房は優れていると思います。 というように、この暖房設備にも色々メリットがあります。 しかし、当然デメリットも有るのです。 セントラルヒーティングのデメリット なんと言っても最大のデメリットは場所を取るという点でしょう。 先ほどのようなパネルが各部屋にあります。 なので、パネルがある部分の壁は家具などを置くことはできません。 壁の一面は完全にパネルに占拠されてしまうので空けておかなきゃいけないのです。 パネルも結構大きいので邪魔なんですよね・・・ それに大きな部屋だと多少温度ムラがある場所もあります。 パネルが各部屋の熱源なので、パネルに近いほど暖かいというのは事実です。 パネルから離れた場所だと少し寒いことがあるかもしれません。 ただ、広い部屋には2カ所パネルがあったりしますし、空調なども考えられているのでほとんど部屋の中で温度差を感じることはないのですけどね。 パネルが熱くなるので危ないことも・・・ もう一つデメリットがあるとすれば、パネルが結構熱くなるという点です。 特に暖房の立ち上がり時は家が寒いので温水の設定が高めです。 そうすると、パネルに流れる温水もかなり温かく、触れないほどではありませんが、そこそこパネルも熱くなります。 大人は大丈夫でしょうが、暖房立ち上がり時に子供や赤ちゃんがパネルに長時間寄っかかったりして、長時間触ったりしたらと思うとちょっと怖いかもしれません。 ちょっと触ったくらいでやけどをするほど熱くはなりませんが、長時間触るとやけどの心配は多少あります。 まぁ、家具の配置が多少制限されるのと、ほ〜んの少しだけやけどに注意すれば全く問題なく、普通に考えてかなり優秀な暖房で普及している理由もよく分かります。 床暖房とパネル式セントラルヒーティングの比較 ということで北海道で家を建てた場合の一般的な暖房設備を紹介してみました。 アパートなどでこのタイプの暖房はほとんどなく、築15年かもう少し前の一軒家から採用されている設備です。 うちの光熱費が16,300円ほどだったので、ガス代を入れた実家よりちょっと安いくらいでほとんど変わりません。 我が家の方が外気温が低いですし、実家は2世帯住宅の2階3階フロア分の光熱費で、1階の熱が上がってきたり、40坪無い位の広さなので、そもそもの条件が我が家の方が不利なのでこれは仕方が無いとは思います。 ずっと家中暖かい環境で育ってきたので一条の全館床暖房も家中暖かくて感動した!という程ではありません。 まず壁にパネルがないので家具の配置場所に制限がなくなることです。 押し入れや収納、出入り口に加えてパネルまであると、壁の空いているスペースがほとんどなくなる部屋などもあるので、パネルがないというのは部屋を自由に使えて便利です。 まぁ、床にものをできるだけ置かない方が暖房効率が良いという制限はありますが・・・ それとやけどの心配も床暖房だとありません。 そこまで熱くなりませんからね。 そしてやはり足下から暖かいというのも床暖房もメリットです。 特に朝はフローリングが暖かいので、靴下一枚で歩いていても足がポカポカします。 これがすごく快適ですね。 お風呂の床も床暖房が入っているので冷たくないですし、立ち上がりが遅かったり温度調整が難しい面もありますが、家具の配置の自由度が高かったり、安全だったりとメリットも多いです。 足下が暖かい分暖房を多少弱くしても体感温度は変わらないような気がします。 床暖房は設置費用が高いというイメージがありますが、恐らく北海道で一般的な温水パネル式のセントラルヒーティングも、ボイラーから各部屋にパイプを通したり、そこに不凍液を流して各部屋にパネルを設置したりするので決して安いものではないはずです。 少なくてもエアコンやFFストーブのように10万20万で済むという物ではないと思います。 それでも床暖の方が設置費用はかかると思いますが、北海道に関して言えば一条の床暖による全館暖房は特別高級で他より明らかに優れているというほどの暖房ではないと感じています。 絶対的に床暖房が有利というわけではありませんが、全体的に見れば床暖房の方が快適に感じることも多いですし、スッキリした家が好きな私としてはパネルがないのはやっぱり見た目も良いと感じます。 パネルがあると見た目だけじゃなく、パネルの上や下にホコリがたまったりするので、掃除も必要で大変になりますし、生活してみてやっぱり一条の床暖は快適だなぁと感じます。 北海道なら一条工務店の床暖房じゃなくても全館暖房だし同じじゃない?なんて考えている方もいるかもしれませんが、全館床暖房は中々快適なので私はもし次に家を建てる機会があったとしても筆頭候補になるのは間違いありません。 以上、北海道で一般的な温水セントラルヒーティングの紹介と床暖房との私なりの比較でした〜 灯油セントラルの方が立ち上がりははやいですね。 (電気はちょっと遅いかな?) 赤枠の部分はサーモなんですよ。 (あそこで部屋の温度が決まる。 写真で「7」となると、室温30度くらいの設定なので、セントラルも頑張る・・・みたいになります。 ) ここ最近はセントラルパネルもかなり薄く小さくなっていますね。 (うちの営業さんが薄いのを設置してくれたみたいなんですが・・・。 ) 靴や手袋・・・よく温めてます。 (笑) 前の家のセントラルは大きかったので、よく猫が上がって温まってました。 (今のは薄くてのれなくなってしまいました。 ) 一体型のは場所はとらないんですが、給湯の方がダメになって壊れやすいそうですよ。 (別々だと、暖房の方は20年は灯油でももつ感じです。 電化だともう少しもつらしいので、電化にしたんですが・・・(汗)) セントラルパネルは熱源かえてもパネルがつかえるので、あんまり電気が高いと考えちゃいますね…。 (あそこで部屋の温度が決まる。 写真で「7」となると、室温30度くらいの設定なので、セントラルも頑張る・・・みたいになります。 ) ほほぉ、灯油の場合も同じなのでしょうかね? 私が両親から高校生の時教えてもらった説明では、記事に書かれたようなものでしたが、古いからそういうシステムなのか、うちの両親が勘違いしているのか・・・ 勉強不足でした、調べてみます。 (うちの営業さんが薄いのを設置してくれたみたいなんですが・・・。 (今のは薄くてのれなくなってしまいました。 なるほど。 ハウスメーカー検討中に、パネルヒーターだと寒いと聞いた気がしますが、熱源の問題かもしれませんね。 かもしれませんね。 しますね普通に・・・ カーテン閉めて、暖気が窓に入っていくような状態なら分かりませんが、普通に使っているだけなら普通に結露しちゃいますね。 そうなんですよね! 昔から寒いときは暖かいところにくっついていたので、なんだか床暖は物足りない気がするんですよね・・・ 通りすがりの者より失礼いたします。 大変懐かしく拝読いたしました。 懐かしくって嬉しくなり、ついコメントさせてください。 (汗) 札幌より東京に上京して10年強 未だにこちらの住宅・暖房事情に慣れず・・・震える冬を過ごしています。 なんで二重窓じゃないの?!ていうかエアコンで暖房代わりとか無理だから!!などなどイライラは年々つのるばかり。。。 今回、都内の自宅にオイルヒーターの導入を考慮する中で 「そういえば、実家のセントラルヒーティングって、オイルヒーターに似てる!あれってどういう仕組みなんだっけ・・・?」と思い、検索したところ、こちらにたどりつきました 🙂 いいですよね、セントラルヒーティング。 私の実家は今から20年ほど前に建てたのですが、当時としてはすごく最新のシステムだったというような印象も残っています。。 最近は北海道もかなり寒波に見舞われていると報道されていますが、お体どうかご自愛くださいませ。 やはりその頃ですよね、一般家庭でもセントラル普及し始めたの! 私の通っていた小学校、中学校はすでにセントラルヒーティングだったので、大規模なものならかなり前からあったようでした。 ご家族と、あたたかく幸せな冬になりますように・・・ ありがとうございます。

次の

セントラルヒーティングの費用は?10年間オール電化で住んでみた結果

セントラル ヒー ティング

1月2月の平均気温を調べると東京はパリに仙台はニューヨークやベルリンと同じくらいとわかります。 長野はプラハと青森はストックホルムと同じくらいです。 何故日本の家が特に寒いのでしょう。 ある先生によると「日本には断熱の考えがなく、冬に寒いのは当然として我慢して暮らしてきたから」とのこと。 家庭一世帯当たりの年間エネルギー使用量を国別に比較した、住環境計画研究所のグラフを見ると、暖房用のエネルギーは欧米諸国が日本の4倍以上も、グラフにはないですがお隣韓国でも2倍以上使用しています。 「家全体を暖める欧米と、コタツなどで暖をとる日本の違いや、寒さは我慢するしかないと思っている人が多い」からだと先生は言います。 「日本の家の暖房は省エネ以前の段階です。 ヒートショックで2万名近くもなくなるなんて、もっと家を暖めないといけない」のです。 最近日本では高齢化も進み、家の中の温度差でおこる「ヒートショック」で亡くなる方がどんどん増えています。 交通事故による死者数が年々減り5,000名を切る状況で、ヒートショック死される方は19,000名を超えているとも推計されています。 「今や日本の家は凶器ですらある」とある先生は言います。 日本では省エネ住宅は、 「エネルギー」問題ではなく「健康問題」です。 東日本大震災後、日本でもようやくエネルギー使用のあり方から、住宅の省エネ化が求められ、ようやく2020年に一定の基準が設けられる予定です。 ところがその最高の基準でさえ、欧米の1988年基準以下の低い性能値です。 現在新築されている日本の家の6割以上が、その最低レベルの基準さえ満たしていません。 日本全体でいえば、全住宅の95%以上が、その最低レベルの基準さえ満たしていないのです。 現在の日本では、壁や窓などの断熱性能を、国が省エネルギー基準で地域別に規定しているものの、義務ではなく目安にすぎず、基準以下の方が圧倒的に多いのです。 省エネ化が進んだ欧米では、新築住宅の断熱義務基準が非常に厳しく、日本とは雲泥の差となっています。 例えば、熱の多くは窓から逃げたり入ってくるのですが、窓の性能値である熱貫流率は、日本では2.33以下(低いほど高性能)を最高性能としていますが、欧米では1.3を超えるものは家には使用禁止となっています。 日本の最高性能の窓は、ホームセンターで小屋(物置)用に叫き売られているほどです。 隣国の中国・韓国もそこまで厳しくないものの、日本の基準よりは厳しいものです。 これから建てる家は小屋(物置)と同等ではいけません。 欧米では昔からセントラルヒーティングが基本で、家中暖めるのが普通でした。 日本は昔から局所暖房、居間(リビング)や寝室等、人がいる所だけ暖めるのが普通です。 日本では「我慢は美徳」、「暖房はもったいない」という意識が高く、家全体を暖めることはせず居間・リビング等局所のみ暖房するという習慣が根付いています。 そして欧米では、住宅の断熱化が進みセントラルヒーティングで家全体を暖めて快適に暮らしているにもかかわらず、そのエネルギー使用量は、寒くて凍え、我慢して少ししかつけない日本の暖房エネルギーと変らないどころか、少なくて済むまでになりました。 今や先進国の家は、「エネルギー使用が少なくても家中暖かい」が基本です。 家の断熱化を進め、日本でも世界レベルの家を建てるべきと住ま居るは考えます。 行かれた事がある方はわかりますが、欧米と日本とでは気候が違います。 東京とパリ、仙台とニューヨーク、ロンドンがほぼ同じ気温なのですが湿度は全然違うのです。 日本の夏は高温多湿でジメジメと蒸し暑いのに対し、欧米の夏は気温が上がっても湿度が低いため、カラッとしていて、直射日光を避ければ涼しく過ごせます。 ですから欧米ではとことん断熱性能にこだわり、壁の断熱材が30cm厚になるほど高断熱化を進められます。 しかし日本では、蒸し暑い夏に、その断熱性能がかえってアダになり蓄熱してしまうので、埼玉には埼玉に適した断熱性能が求められます。 北欧住宅のようにQ値ばかり追い求めた家が、夏はどうしようもなく暑いというのはよく聞く話です。 埼玉に適した世界レベルの住宅は、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。 熱帯夜知らず、フトンから寒くて出られない昔の生活とは無縁の、「世界標準の健康住宅」を是非知ってください。 欧米では車を購入する際に燃費性能を重視するように、家も燃費を考慮して選ぶのが当たり前なのです。 日本では「高断熱・高気密住宅」とか「外断熱住宅」「高遮熱住宅」etc… ありますが、一体どれくらいの性能なのか比較できるような表示がされる事はありませんでした。 それらを改め、車の燃費と同じように、どれくらいの性能なのかが一目で分かる数値化の仕組みができあがりつつあり、先進的な業者さんは取組みを始めています。 家の性能を数値化してみると、今まで見えてこなかったものが浮かび上がってきます。 プリウスだってアクアだって「低燃費」というだけではどれだけ低燃費なのかわかりません。

次の

ニューヨークの冬の暖房 セントラルヒーティング 我が家の場合

セントラル ヒー ティング

ヨーロッパのセントラル・ヒーティング・システム セントラルヒーティングとは、一箇所に熱源装置(など)を設置して、熱を暖房が必要な各部へ送り届ける方式。 全館集中暖房、 中央暖房 ともいう。 日本においては石油()ボイラーが主として用いられてきたが、建物の種類や規模(など)によっては、ガスボイラーも使われている。 これらのボイラー熱で湯を沸かし、循環ポンプにより各部屋へ循環させる。 各部屋にはと呼ばれる放熱器が設置される。 各部屋に設置されるラジエータは、一般的なほど高温にはならないため、やの危険が少なく、ラジエータ自体からは燃焼ガスの発散が全くないので、安全性に優れる。 一方、設置時に大掛かりな工事が必要となり、初期費用がかさむことが多い。 発祥 [ ] 古来からでは、にはおよびと呼ばれるシステムが存在する。 近代的なセントラルヒーティングの発祥は欧米である。 初頭から欧米の都市ではガス、電気、水道などの供給と共に蒸気の供給も行っている。 初期においてこの蒸気は発電の副産物であり、発電所が供給していた。 緯度的に北に位置する欧米都市では、町ぐるみで暖房と給湯に取り組む必要があったため、このような設備が生まれた。 この蒸気を各戸へ分配するシステムがセントラルヒーティングであり、等の建設時に、あらかじめ地下に蒸気を温水へと熱交換するが設置され、温水が作られた。 温水はビル内の各所へ分配され、暖房と給湯を成していたのである。 なお、日本において都市が蒸気の供給を行っているのは現在、、など一部都市に限られている。 方式 [ ] 現在の日本におけるセントラルヒーティングの方式は、温水セントラルと温風セントラルに分けられる。 温水セントラル [ ] 温水セントラルのボイラー室 一般にセントラルヒーティングといえば、この方式を指す。 昭和50年代まで北海道では石炭と石油(軽油)方式が主に使われ、その後油(重油)や電気、ガスのボイラーで作られた温水を各部屋に分配しラジエータを用いて空気への熱変換、また放射熱への変換を行い暖房する。 利点は、媒体が水であるため、比熱が高く、ある程度長距離の配管を行っても熱損失が少ない事により、比較的大きな建物の暖房を行える点にある。 欠点は、ラジエータや配管の気密性への配慮などでイニシャルコストが増大してしまう点にある。 特に戦後より北海道を中心とした住宅、また日本全土のビルディングや主としてまでの重厚なデラックスマンションで用いられてきた。 近年(2000年代)以降の北海道内の住宅では、標準的な装備となっている。 温風セントラル [ ] 石油もしくは電気、ガスなどを用いて空気を暖め、各部屋に分配するシステムである。 の巨大版とも言え、実際にFF式ファンヒーターを熱源とするものも存在する。 利点は、媒体が空気であるため、配管の気密性をさほど重点としなくて良い点、熱源に拘らず暖かい空気であれば何でも熱源として使える点などがある。 反面、比熱の低い空気は長距離の引き回しに適当ではなく、小規模な建築でしか使用できない点が欠点となる。 アパートやマンションの暖房などに採用例がある他、本州東北部の新築住宅でも積極的な採用が見られる。 北海道の新築住宅では、以前に採用例が見られたものの、現在は姿を消している。 利点 [ ] セントラルヒーティングは、安全性、経済性の面において利点がある。 各部屋で個別の暖房を用いた場合、(重油)やを直接燃焼させる形態のものであれば、設置の問題等からへ繋がる危険性がある。 また個別の暖房装置では、熱損失が各機器の合計値となり、合算で同じ熱量を発生させる1個の装置と比べた場合、損失が大きくなってしまう。 これはすべての部屋で同じように暖房器具を使用した場合の事で、温暖な地方において局所的な暖房を行う場合には当てはまらないが、関東以北の地域では、冬季は日常的に暖房を用いるため、そうとは言えなくなる。 局所暖房と全体暖房を比べた場合、健康面でも影響があるといわれる。 代表的なものがで、暖かい空間から冷たい空間への移動時に身体が医学的なショック状態となるものである。 局所暖房の場合、居室と廊下の温度差は激しくこの現象の起きる可能性が高い。 全体暖房では居室も廊下も同じ温度となるため、こういった現象は起きにくい。 セントラルヒーティングの利点としては以下のものがある。 安全性の高さ を伴わず、フィンもさほど高温にはならないため、やの可能性が低い(ただし低温火傷の可能性はある)。 そのため、子供や老人の居る家庭で好まれる。 部屋の空気を汚さない 燃焼を伴わないため、一酸化炭素・などが発生せず、換気の必要はない。 またなどのように風を発生させないため、埃を立てたり、肌やノドの乾燥を助長することがない。 このため、埃やダニなどにアレルギーがある人や、肌やノドがデリケートな人にも好まれる。 温度上昇のムラが少ない 一般に温風式暖房(温風の指向先が集中的に温まる)に比べて、輻射式・対流式の暖房(赤熱するタイプのストーブ等)は温度上昇のムラが少ないことが利点とされるが、温水ラジエータは赤熱式ストーブと比べても比較的低温で広い面積から輻射熱・対流熱を放散するため、部屋全体を自然に温めることができる。 が無い 運転音がほとんど無いため、非常に静かである。 メンテナンスの必要がない 内部の水は交換の必要がなく、またフィルターなどもないため、定期的なメンテナンスの必要がない(時折、本体表面の埃を取る必要はある)。 欠点 [ ] セントラルヒーティングの欠点としては、以下のものがある。 熱交換器あるいは発熱体が必要となるため、や、等に比べ初期費用が高額となる。 自然対流によって部屋を暖めるため、適温になるまでに時間がかかる。 これはを併用することで、ある程度改善される。 ただし、送風により埃が舞う欠点も発生する。 断熱性の低い家屋には向いていない。 伝統的な造りの日本の家屋は、の蒸し暑さの対策のために通気のよさが重視され、窓や・の面積が広く作られている。 しかし、セントラルヒーティングは、暖めた空気を自然対流で循環させる方式のため、換気によって効率が悪くなる。 また一般に、本州以南の日本式の家屋はヨーロッパの住宅よりも断熱性が低いため、セントラルヒーティングでは部屋が暖まりにくい。 従って、断熱材が充分に追加してあれば、日本の住宅でも効果を発揮する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の