クラウス ホスト。 オレの名前はクラウス。あ、MS戦線は関係ないんで

#13 【クラステザプ】ホストとゲスト

クラウス ホスト

プリントデザインのほか、家具や伝統工芸の商品、スペースデザインなど活躍の場も幅広く、 日本では2009年からはじまった伊勢丹新宿店全館を彩るクリスマスデコレーションなどにより多くのファンを魅了し続けています。 故郷・フィンランドの文化や自然から多くのインスピレーションを得ながら、 独自の描線、色づかいで繰り広げられるファンタジックかつ豪奢な世界観を20枚のポストカードに凝縮した、 日本初、待望のアートコレクションブック、ついに誕生! 20の夢の世界をポストカードに! [著者プロフィール] クラウス・ハーパニエミ KLAUS HAAPANIEMI 1970年生まれ。 フィンランド出身。 現在はロンドンを拠点に活動する。 ファッションブランドのテキスタイル、食器や家具、伝統工芸品等にデザインを提供。 また、ロンドンのセルフリッジやハロッズなど、商業施設のスペースデザイン、舞台装飾デザインなど幅広く手掛け、ヨーロッパ全土で高く評価されている。 日本では、2009年からはじまった伊勢丹新宿店でのクリスマスデコレーションにより、一躍有名に 2012年も12月25日まで全国で開催中。 本書が日本で初めてのアートコレクションブックとなる。 昨年 2016年 秋ごろから今年の始め頃まで鞄や服飾雑貨などの限定ショップを展開していたクラウス・ハーパニエミ。 幻想的な色使い・デザインと愛らしいモチーフたちに心踊った方少なくないと思います… 私も散財しました… 現在限定ショップは終了し、安価に手に入る関連商材は限られます。 このポストカードブックは2012年発売と、当該ショップ展開前よりやや以前に出版されたもののため、作風に少し違いが見られます。 しかし豊かな色使い、マンダラを想起させるような幾何学性を持った緻密なデザイン、彼独特の世界にやはりぐっと吸い寄せられます。 通常のハガキサイズより大判のため、部屋の片隅に飾るにも良いと思います。 出版はサブカル系で有名なリトルモア、紙質・プリントはその名に恥じず丁寧で満足できます。 難点としては製本が完全糊付で、表紙をめくった一枚目のカードにその一部がかかり取り除けないこと、また糊の強度も弱くカードをめくっていくとすぐにバラけてしまうので、本として保存するには向きません。

次の

cdn.snowboardermag.com:特別なIPアドレスって知っていますか? (1/4)

クラウス ホスト

クラスで5つに分割されるIPアドレス IPアドレスは、32桁の2進数で表わされるので、約43億種類のユニークな識別子として利用できる。 ただその中には、特殊な用途に使われるIPアドレスも含まれており、全部が全部、自由に使えるというわけではない。 まず、IPアドレスは 「クラス」と呼ばれる概念でA~Eの5つのグループに分類されている(図1)。 この5つのクラスのうち、クラスDとEが特殊な用途に用いられる。 前者は「マルチキャストアドレス」といって、特定の条件でグループ化したホストに対して、たとえばストリーミングなどの動画の一斉配信をするときに使われる。 マルチキャストに対応したルータは、クラスDのIPアドレス宛のパケットを受け取ると、事前に設定したマルチキャストグループに属するホストに転送する。 一方のクラスEのIPアドレスは将来的な用途に予約されていて使えない。 表1 特別なIPアドレス(RFC 3330より代表的なものを抜粋) プライベートIPアドレスは、インターネットに直接接続しないホストに、 自由に割り当てて構わないアドレスである。 本来、IPアドレスを自由に割り当ててしまうと、そこら中で重複するかもしれず、識別子としての役割が果たせなくなる。 そのため、インターネットにつながるホストには、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という組織によってきちんと管理された「グローバルIPアドレス」と呼ばれるアドレスが割り当てられる。 しかし、IPアドレスは約43億個しかない。 インターネットが考えられた当時はそれで十分だったが、今では不足気味だ。 とはいえ、IPv6に移行するには時間がかかるので、IPv4のままでグローバルIPアドレスを節約する方法が考えられた。 それがプライベートIPアドレスとの併用である。 具体的には、• IPアドレス全体のうち、特定の部分をプライベートIPアドレスとして確保• その範囲内のIPアドレスは、社内LANなどで自由に使って構わない• ただし、インターネット上では無効なアドレスとしていっさい通信できない というルールを作り、貴重なグローバルIPアドレスの消費を抑えようとしたのだ。 (次ページ、「そのほかの特殊なアドレス」に続く) ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

母のない子、子のない母

クラウス ホスト

だが、IPアドレスの付け方には幾つかの基本的なルールがあるので、ここではそれについてまとめておこう。 まず重要な概念として、IPアドレスの「アドレス・クラス(address class)」という分類方法がある。 最近はサブネットやCIDR(後述)などにより、その重要性が薄れてきているが、それでもネットワークの設計などを行うときには、必ず考慮しなければならない重要な概念であるので(デフォルトのアドレス・クラスというものが存在するから)、ぜひ理解しておいていただきたい。 具体的には、このデフォルトのアドレス・クラスを元にして、さらにサブネット化やCIDRへと、IPアドレスの意味付けが少しずつ変わってきている。 アドレス・クラスとは、IPアドレスの値によって、IPアドレスを幾つかのカテゴリに分類したものである。 次の図に示すように、IPアドレスの最上位部分のビット・パターン(図中の赤い部分)の値によって、「クラスA」から「クラスE」までの5つに分類されている。 IPアドレス・クラス IPアドレスには、そのアドレス値によって、アドレス・クラスという分類がある。 IPアドレスの最上位(左端)の1〜4bitのパターンによって、クラスA〜クラスEに分類される。 実際にはクラスDはマルチキャスト用の特別なアドレス、クラスEは未使用となっている。 クラスA 最上位の1bitが「0」ならば、そのIPアドレスは「クラスA」になる。 具体的には「0. 0〜127. 255. 255. 255」がこのクラスAに該当する。 具体的には「128. 0〜191. 255. 255. 255」が該当する。 これは全IPアドレス空間のうち、4分の1に相当する。 具体的には「192. 0〜223. 255. 255. 255」が該当する。 これは全IPアドレス空間のうち、8分の1に相当する。 具体的には「224. 0〜239. 255. 255. 255」が該当する。 クラスDは、通信で使われる特別なIPアドレスであり、マルチキャスト通信を使ったマルチメディア・アプリケーションなどで使われる。 例えば、同じ内容の音声や映像データなどをいっせいに「放送」するような用途で使われる。 一般的なノードにクラスDのIPアドレスだけを付けることはない。 具体的には「240. 0〜255. 255. 255. 255」が該当する。 アドレス・クラスとデフォルト・ネットマスク 全部で5つあるクラスのうち、ネットワーク上の各ノードにはクラスA〜CのうちのどれかのIPアドレスを付ける必要がある(実際には後述するように、ブロードキャスト用のIPアドレスなどのために、幾つか利用できないIPアドレスがある)。 アドレス・クラスの違いは、デフォルトのネットマスクの違いとなって現れる。 前回述べたように(「」)、IPアドレスは「ネットワーク・アドレス部」と「ホスト・アドレス部」の2つから構成されている。 ネットワーク・アドレス部を長くするとホスト・アドレス部が短くなり、逆にネットワーク・アドレス部を短くすると、ホスト・アドレス部が長くなる。 ネットワーク・アドレス部が長くなるということは、表現できる(識別できる)ネットワークの数が多くなるが、その分、1つのネットワークに接続できるホストの総数が少なくなるということである。 逆にネットワーク部を短くすると、表現できるネットワークの総数は少なくなるが、1つのネットワーク内に接続できるホストの総数は多くなる。 クラスAからクラスCまでのアドレス・クラスでは、それぞれ以下のようなデフォルトのネットマスクの値(=ネットワーク・アドレスとホスト・アドレスを分けるためのマスク値)が決まっている。 アドレス・クラスとデフォルト・ネットマスク アドレスの各クラスごとにデフォルトのネットマスクが決まっている。 ネットマスクはネットワーク・アドレスとホスト・アドレスを分離するための鍵となるデータ(マスク)であり、マスクのデータが1の部分がネットワーク・アドレス、0の部分がホスト・アドレスとなる。 クラスAでは、ネットワーク・アドレスは1byteしかないが、収容できるホスト部は3bytes分ある。 逆にクラスCでは、ネットワーク・アドレスは3bytes分あるが、ホスト部は1byte分しかない。 クラスA クラスAでは、ネットマスクの値は「255. 0」となる。 この結果IPアドレスは、1byteのネットワーク・アドレス部と3bytesのホスト・アドレス部に分けられることになる。 クラスAでは、IPアドレスの最上位bitは常に「0」に固定なので、結局、ネットワーク・アドレスとしては、「0〜127」までの全部で128個が利用でき、それぞれのネットワーク内には最大でそれぞれ約1600万台(0. 0〜255. 255. 255)のホストを収容できる。 クラスB クラスBでは、ネットマスクの値は「255. 255. 0」となる。 この結果IPアドレスは、2bytesのネットワーク・アドレス部と2bytesのホスト・アドレス部に分けられることになる。 0〜191. 255」までの全部で1万6384個が利用でき、それぞれのネットワーク内には最大でそれぞれ約6万5000台(0. 0〜255. 255)のホストを収容することができる。 クラスC クラスCでは、ネットマスクの値は「255. 255. 255. 0」となる。 この結果IPアドレスは、3bytesのネットワーク・アドレス部と1byteのホスト・アドレス部に分けられることになる。 0〜223. 255. 255」までの全部で約200万個が利用でき、それぞれのネットワーク内には最大でそれぞれ約250台(0〜255)のホストを収容することができる。 そのため、実際にネットワーク・アドレスやホスト・アドレスをどのように割り振るかは、使用するネットワークの規模に応じて決めることになる。 一般的には、イーサネットの1セグメントを1つのネットワーク・アドレスに対応させるのが普通なので(それぞれのセグメントをルータで接続して、全体的なネットワークを構築する)、それぞれのイーサネット・セグメントに何台のホストを接続するかによって、どのクラスを使用するかを選択するとよい。 例えば、1つのイーサネット・セグメントに接続するホストの数が最大でも200台程度ならば、クラスCのIPアドレスを使ってネットワークを構築すればよいだろう。 つまり、各ネットワーク(=イーサネット・セグメント)には192. 168. 0〜239. 255. 255のいずれかを割り当て、それぞれのネットワーク内のホストには、1byteのホスト・アドレスを割り当てればよい。 1セグメントに接続するホストの数がもっと多い場合や、もしくは、管理の都合などでもっと大まかにホスト・アドレスを割り当てるのならば(例:ネットワーク機器のアドレスは10〜99、サーバ系は100〜199、クライアント系200〜などというように、識別しやすいように割り当てたいのならば)、クラスBを使うという方法もあるだろう。

次の