オランダ ミツバ。 農業生物資源ジーンバンク

セロリシード 250g,Celery Seed,オランダミツバ,スパイス,ハーブ,調味料,業務用,神戸スパイス

オランダ ミツバ

オランダミツバ 学名=Apium graveolens L. var. 生のままサラダなどにして食べるだけでなく、味を引き立たせる香味野菜としてスープや煮込み料理などにも使われます。 収穫するまでには時間と手間がかかるので、手軽に作る家庭菜園などには向かない野菜です。 栄養成分としては、ガン予防に高い効果のある辛味成分テルペンや高血圧や不整脈改善に効くポリフェノールが含まれ、血液サラサラ効果もあります。 サラダなどで食べることが難しい場合は、みじん切りにしてミートソースやカレーなどに入れれば無理せずに食べることが出来るでしょう。 少しでも摂取できるように工夫して料理してみてください。 育て方のポイント 野菜の中でも最も肥沃な土を好み、乾燥には弱い野菜なので、堆肥などを十分に施した肥沃土にしてから育て始めるようにすることが大事です。 植えつける土に石灰や堆肥をまいてよく耕しておきます。 植えつける前に、堆肥や油かす、化成肥料を全体にばらまいておきます。 苗を15cm間隔で倒れないように、しっかりと植えつけていきます。 苗の様子を見ながら、日照りが続いているような時はたっぷりとみずやりをします。 肥料不足にならないように、20日に1回くらい化成肥料を追肥するようにします。 丈が30cmくらいまで育ったものから順に収穫していきます。 若い葉や葉の裏側にアブラムシや斑点病などが出やすいので薬剤を散布するなどして予防して下さい。

次の

オランダミツバの育て方や特徴を紹介しています。

オランダ ミツバ

我が家のセロリが見頃を迎えました! といっても、収穫期を迎えた訳ではなく、花が満開になっただけなのですが。。。 昨年春に植え付けたのですが、2年目となる今年の春にとう立ちし、一斉に開花し始めました。 種を採らない限りはこの段階で処分していまうことが多いようですが…実はこのセロリの花、食べることができるらしいです。 店頭に並んでいるセロリは光を当てずに育てられているため、茎が白いのが一般的です。 一方で、畑などで露地栽培すると茎まで緑色になり、香りや栄養価も高くなります。 一年草または二年草として扱われ、初夏に白く小さい花を咲かせます。 セロリの花は食べられる!? 一般的に、とう立ちした野菜は葉や茎が硬くなってしまうため、食べずにそのまま処分されしまうことが多いようです。 あまり知られていませんが、実はセロリの花も美味しくいただくことができます。 以前、白菜のとう立ち菜について取り上げたことがありますが、同じように天ぷらなどにして食べると美味しいらしいです。 花が終わってしまう前に、我が家でも美味しくいただいてみようと思っています。 家庭菜園をやっていると 「店頭では見られない野菜の姿」が観察できて楽しいですね。 食べられる花「エディブルフラワー」 今回取り上げたセロリのように、食用として用いられる植物の花のことを エディブルフラワー または食用花 と呼びます。 エディブルフラワーといえばバラやキクがよく知られていますが、セロリの花もここに含めることができます。 この他、菜の花やブロッコリーなども「食べられる花」として有名ですが、食べられる野菜の花自体は結構多かったりします。 私自身も、昨年ズッキーニの花を天ぷらにして食べたことがあります。 今咲き誇っている野菜達も、実は「収穫期」真っ只中なのかもしれません。 matundaba79.

次の

オランダミツバミニセロリセルリ

オランダ ミツバ

オランダミツバ 学名=Apium graveolens L. var. 生のままサラダなどにして食べるだけでなく、味を引き立たせる香味野菜としてスープや煮込み料理などにも使われます。 収穫するまでには時間と手間がかかるので、手軽に作る家庭菜園などには向かない野菜です。 栄養成分としては、ガン予防に高い効果のある辛味成分テルペンや高血圧や不整脈改善に効くポリフェノールが含まれ、血液サラサラ効果もあります。 サラダなどで食べることが難しい場合は、みじん切りにしてミートソースやカレーなどに入れれば無理せずに食べることが出来るでしょう。 少しでも摂取できるように工夫して料理してみてください。 育て方のポイント 野菜の中でも最も肥沃な土を好み、乾燥には弱い野菜なので、堆肥などを十分に施した肥沃土にしてから育て始めるようにすることが大事です。 植えつける土に石灰や堆肥をまいてよく耕しておきます。 植えつける前に、堆肥や油かす、化成肥料を全体にばらまいておきます。 苗を15cm間隔で倒れないように、しっかりと植えつけていきます。 苗の様子を見ながら、日照りが続いているような時はたっぷりとみずやりをします。 肥料不足にならないように、20日に1回くらい化成肥料を追肥するようにします。 丈が30cmくらいまで育ったものから順に収穫していきます。 若い葉や葉の裏側にアブラムシや斑点病などが出やすいので薬剤を散布するなどして予防して下さい。

次の