香港 夕日 おすすめ。 プーシーの丘で夕日を見よう!ルアンパバーンの町並みを一望できるおすすめ観光スポット!

プーシーの丘で夕日を見よう!ルアンパバーンの町並みを一望できるおすすめ観光スポット!

香港 夕日 おすすめ

・3泊したうちの2日目に行きました ・17:30くらいに登り始めて ・17:50くらいに頂上に到着 ・18:00〜18:20に夕日鑑賞(5月頃) ・18:50頃に下山(街は薄暗い) こんな感じです。 時間が割と細かいのは、スマホの写真に撮影時間が記録されているためです。 300段の階段を登る プーシーの丘までは宿泊していたから行きました。 だいたい 徒歩で15分くらい。 静かで美しい街を歩いていきます。 プーシーの丘の頂上に行くにはちょっとした山登りが必要になります。 高さ150m、約300段の階段を登っていくのです。 登山ルートして有名なのは、国立王宮博物館の前にある山道です。 ただ、私は違う場所から登りました。 たまたま見つけた「Kingkitsarath」という道からのルートです。 ・料金は2万キープ(約250円) 18:00前くらいに頂上に着きました。 季節は 雨季直前の5月で、日没は18:30くらいでした。 夕暮れまでしばし頂上で待ちます。 ちなみに頂上は座れないくらい混んでいました笑 頂上は絶景 18:00を過ぎると日が落ちてきました。 頑張って持ってきたビアラオを飲みながら待ちます笑 で、いよいよ日没です。 日が沈もうとしています。 メコン川の先、遠く山の向こう。 このタイミングを今か今かと待っていたカメラマンたちが、一斉にシャッターを切ります誰もが感嘆の声を上げ太陽が山に隠れるのを見つめていました。 ビアラオ越しに1枚。 この日は晴れだったので夕日がよく見えました。 私がルアンパバーンに行ったのは 雨季直前の5月でやや天気が不安定な時期でした。 ビールを持っていこう これは個人的におすすめなのですが、 山頂に行くときに「ビール」を持って行くと良いです。 ルアンパバーンの街中の食料品店で、350ml缶のビアラオが100円くらいで売っています。 旅先はこうした 一期一会の出会いがあるから面白いです。 丘の上は狭いので、日本人がいたらすぐに分かります笑 ちなみに食事に行ったのは、 「シンダート」というラオス式の焼き肉が食べれるお店です。 メコン川沿いに店を構えているお肉食べ放題のお店でした。 詳しくは「」の記事で書いています。

次の

夏の香港観光 インスタ映えするスポット&グルメ2017 [香港] All About

香港 夕日 おすすめ

香港についたらまずはゆっくりとアフタヌーンティーはいかが?写真はインターコンチネンタル香港の「ロビー・ラウンジ」 ビクトリア湾を挟んで、香港島と九龍半島に分かれる香港。 まず初日は、半日で九龍半島の定番観光地を一気に回ってしまいましょう。 やることリストは下記の通り。 <初日やることリスト>• アフタヌーンティー• 話題のショッピングモールをぶらぶら• シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞• 女人街で買い物• 屋台で買い食い&ローカルご飯 香港はコンパクトな街なので、これだけのことが半日でできてしまうのです。 16:00~18:00 両替をしてからアフタヌーンティータイム エリザベス女王の定宿としても有名なペニンシュラ香港。 コロニアル調のロビーでのティータイムは格別です ひとつは ザ・ペニンシュラ香港の「ザ・ロビー」。 エリザベス女王も宿泊する由緒正しいこのホテルでは、磨き上げられた銀食器で伝統的なアフタヌーンティーが楽しめます。 もうひとつのおすすめは、 インターコンチネンタル香港の「ロビー・ラウンジ」。 ザ・ペニンシュラ香港に対し、こちらのアフタヌーンティーはモダンなスタイルで提供されます。 お茶やペイストリーの味はさることながら、イチオシなのがラウンジからの景色。 ビクトリア湾沿いにあるホテルだからこそ、「これぞ香港!」という景色を堪能できます。 その他おすすめのお店は記事「」をご覧ください。 18:00~20:00 尖沙咀エリアを散策 コロニアル調の建築で古き良き香港を髣髴とさせる「1881 HERITAGE」 アフタヌーンティーが終わる時間は、店によって異なりますが、目安は夕方18時くらい。 きっと想像以上にお腹がいっぱいになるので、腹ごなしに街を散策しましょう。 尖沙咀(チムサーチョイ)には、九龍半島最大のショッピングモール「 ハーバーシティ」や旧香港水警總部の建物を改装し、ホテルやレストラン、ブランドショップが入る「 1881 Heritage」など見どころ満載! 記事「」で詳しくご紹介しています。 観光スポットを一通り見たら、「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」へ……。 といいたいところですが、2016年現在は、「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」は工事中のため、スターの手形やブルース・リーの像などは「尖沙咀東海浜平台花園」という広場に移されています。 「尖沙咀東海浜平台花園」への行き方は、ペニンシュラ香港の前の大通りであるソールズベリーロードを渡り、同ホテルを左手にまっすぐ歩いたところにある歩道橋を渡れば到着します。 ペニンシュラ香港からは徒歩8分ほどです。 20:00~20:15 シンフォニー・オブ・ライツを鑑賞 ギネスにも認定された「シンフォニー・オブ・ライツ」(写真提供:香港政府観光局) 尖沙咀東海浜平台花園へは19時15分頃までに行き、15分ほど写真を撮りながらぶらぶらしたら、19時30分には広場を出て、プロムナードへと向かいましょう。 その理由は、夜20時から約15分間の光のショー「 シンフォニー・オブ・ライツ」が始まるから。 「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」と香港文化中心の間のプロムナードがベストポジション。 時期にもよりますが、開始15分前くらいに行けば、比較的場所を確保しやすいですよ。 ショーでは、音楽に合わせて摩天楼の照明が点滅したりレーザーライトが発光したり、とてもユニークな香港の一面が見られます。 シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞のコツは記事「」をご覧ください。 20:30~22:00 ネオンの街・旺角へ 女人街でおみやげをまとめ買い。 周辺にはローカルな食堂がたくさん 旺角(モンコック)での目的は、ローカルショッピングと夕食。 アフタヌーンティーはかなり腹持ちがいいため、この日にボリューム満点の中華料理ディナーをするのはあまりおすすめできません。 かといって、あまり遅い時間に食べるのも次の日に響きそうですよね。 そういう意味で旺角(モンコック)は最適の場所。 ローカルマーケットで有名な女人街では、アクセサリーや衣料品、スマートフォンケースといった雑貨など、あらゆるものが安価で売られていて、お店の人と値段交渉を楽しんでいるうちに小腹も空いてきそうです。 この通り周辺には地元っ子が通う大衆食堂や24時間営業の麺屋さんが点在しているので、ローカルグルメで小腹を満たして。 香港ならではの大衆食堂には「茶餐廳(チャーチャンテン)」と書いてあるので目印に探してみましょう。 女人街の楽しみ方は記事「」で詳しく解説しています。 2日目:香港島をぐるりと満喫 外資系企業が集中するビジネス街・中環(セントラル) ローカル色の強い九龍サイドに比べ、香港島はイギリス植民地時代の面影が残る洋風な雰囲気で、英語名がついている通りも多くあります。 香港島の中心となる金融街・中環(セントラル)をはじめ、外資系の企業が多いこともあり、おしゃれなカフェやレストラン、バーなどもたくさん。 昔ながらの香港の街並みに混在している様子は、まさに国際都市・香港を象徴する風景にも感じられます。 <2日目やることリスト>• スターフェリーでビクトリア湾を渡る• ローカル店で朝粥 or 麺• ヒルサイドエスカレーターに乗ってSOHO・NOHO巡り• 飲茶ランチ• お値打ちショッピング or ビーチでのんびり• モダンなレストランで中華ディナー• ビクトリアピークから100万ドルの夜景を鑑賞• おしゃれなテラスで夜景に乾杯• 香港随一のバーストリートでワイワイ 8:00~12:00 中環エリアを散策 思わず写真に撮りたくなる「Happy Paradise」の料理 香港島、特に中環(セントラル)にあるレストランの特徴のひとつとして、モダンな要素を兼ね備えていることが挙げられます。 それは中華料理もしかり。 香港最後の夜は、国際都市・香港ならではのモダンな中華を堪能してはいかが? イチオシは「 Happy Paradise」。 2017年のアジア最優秀女性シェフ賞に輝いたメイ・チョウ氏による、伝統の調理技法を大切にしながらモダンにアレンジした広東料理はどれも圧倒されるビジュアルとおいしさです。 Happy Paradiseについては記事「」で詳しく紹介しています。 20:00~21:00 100万ドルの夜景に乾杯 エネルギッシュな香港に触発されたなら、クラブやバーが集まる蘭桂坊(ランカイフォン)へ 最後の夜はビクトリア・ピークで締めるのもいいですが、余力があれば山を下って、また中環(セントラル)へ行くのもおすすめ。 SOHOエリアやビクトリア・ハーバー近くには、お洒落で洗練されたバーがいっぱいなので、夜風に吹かれて摩天楼群を見ながら乾杯というのもオツ。 広めのテラスで解放的に夜景を楽しめるおしゃれなお店「 SEVVA」では、ちょっぴりセレブな気分に浸れます。 また、エネルギッシュな香港らしく、ワイワイ楽しみたいなら、バーやクラブが集まる蘭桂坊(ランカイフォン)で飲んだり踊ったりするのもオススメです。 SEVVAをはじめ、ナイトスポットのおすすめは、記事「」でご紹介しています。 3日目:出発ギリギリまで街を楽しむ! 九龍駅のチェックインフロア。 階を上がればショッピングモール、下ればエアポートエクスプレス乗り場です 帰りのフライトチェックインは2時間前が理想。 通常空港で行わなければならないチェックインですが、香港ではインタウンチェックイン、つまり主要駅である香港駅と九龍駅での手続きが可能です(航空会社によっては駅でチェックインできないこともあります。 予め調べておきましょう)。 先にチェックインして荷物を預けてしまえば、あとは指定時刻にゲートに向かうだけ。 空港まではエアポートエクスプレスで香港駅からでも25分ほどなので、ゲート集合時間の1時間前に駅を出ても間に合います。 (航空会社によってはゲートが遠いので、もっと余裕を見る必要があります。 事前に確認を) 香港駅も九龍駅も大型ショッピングモールに連結しているので、ギリギリまでショッピングやグルメを満喫してくださいね! 【おすすめ記事】•

次の

香港・九龍エリアのおすすめ人気スポット10選!

香港 夕日 おすすめ

アイデア満載!デザイナーズホテルのカラフルなアフタヌーンティー ゆっくり座ってひと休みするなら、アフタヌーンティーという人も多いでしょう。 アフタヌーンティーといえば老舗高級ホテルのものももちろん魅力的ですが、写真で差をつけるなら、注目はデザイナーズホテルのもの。 上の写真は、のロビーラウンジのもの。 盛り付けも味もとってもユニークで洗練されています。 クリエイティブな見た目にSNSにアップすれば「どんな味なの?」と質問攻めにあいそう。 <DATA> 住所:Lobby, Hotel ICON, 17 Science Museum Road, Tsim Sha Tsui East, Kowloon, Hong Kong TEL:3400 1300 アクセス:MTR尖沙咀東(チムサーチョイ・イースト)駅から徒歩約10分。 「Happy Paradise」のパーフェクトディナー 夕日に照らされるヒノキ風呂の温泉(という名の温水プール) ビーチチェアに横たわりながら見渡す景色は、広々としていてとてもぜいたく。 海にポコポコと小さな島が浮かんでいるのが香港ならではです。 夕暮れ時になれば空の色が温泉に映り、一層ロマンティック。 ビーチ、温泉、シャンパン、カバナ……SNSで思わず自慢したくなる要素がいっぱいです! <DATA> 住所:Lobby A Rooftop, The Pulse, Repulse Bay, Hong Kong TEL:2889 5939 アクセス:中環(セントラル)から「赤柱(スタンレー)」行きのバスに乗り、「浅水湾海灘」で下車。 バス停からは徒歩約10分。 49円(2017年7月6日現在) 取材協力:香港政府観光局.

次の