タイタニック 声優。 タイタニック実話と写真!ローズのその後と沈むジャックの実在

タイタニック (客船)

タイタニック 声優

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。 さて最近、「映画は字幕?それとも吹き替えで観るべき?」みたいな議論があちこちで繰り広げられているようですが、個人的には「どちらもアリかな〜」と思っています。 以前は字幕で観ることが多かったんですけど、今は吹き替えで観るパターンも増えてるし、特に3D映画の場合は画面に集中できるので、吹き替えの方が観やすい場合もあるんですよね。 ただ、日本語吹替え版を選択する際に注意したいのが、 「声優は誰なのか?」という点でしょう。 もし、声優未経験の人気アイドルが主人公を演じている映画を知らずに観たりしたら、とんでもない目に遭うかもしれません。 実際、「日本語版の出来が悪くて映画に集中できなかった」という人もいるようで、出来ればそういう吹き替えは避けたいものですよねえ。 しかし、それらのヒーローが勢揃いする『』では、ブラック・ウィドウに 、ニック・フューリーに 、そしてに のが起用されたのである。 この突然の変更にファンは大激怒。 中でも『アイアンマン』から『』までの4作品でニック・フューリーを演じたの降板に対しては、「よりによって集大成となる『』で外すとは何事だ!」と不満を爆発させ、元の声優に戻す呼びかけを行ったところ、1000人を超える賛同者が集まったという。 だがファンの要望は聞き入れられることなく、結局、芸能人による吹き替え版で公開されてしまった。 さらに本作のソフトが発売される際にも、劇場公開版とオリジナル声優版の2種類を収録するようにディズニー・スタジオ・ジャパンへ申し入れたが無視されたため、「絶対にブルーレイは買わない!」とまで起こったらしい。 このようにのカスタマーレビューも荒れまくり、大量の批判コメントが書き込まれることになってしまった(作品に対する不満ではなく、「吹き替えをどうにかしろ」という内容が大半だったらしい)。 なお、『』の芸能人吹き替え問題は続編の『エイジ・オブ・ウルトロン』や『インフィニティ・ウォー』でも全く改善されることなく、現在も継続中である。 しかし、あまりにも棒読みすぎる演技に批判が殺到。 さらに『コージ苑』や『かってにシロクマ』などで知られるマンガ家のが、「キャスティングした奴はすべき」とでつぶやいたら「お前がしろ!」「麻里子様に謝れ!」と逆にAKBファンから総攻撃を食らうまで発生したらしい。 「TIME」。 人間の寿命が貨幣のようにやり取りされる世界という設定が大変面白い。 でも私が観たのは吹替え版で、ヒロインの吹替えが酷すぎて気になって面白さ半減。 ググってみたらがやってたのね。 これじゃ映画そのものも関わった人達も余りに気の毒。 キャスティングした奴はすべき。 演じる主人公:エリザベス・ショウの声を担当したのは。 その第一声を聞いた瞬間、全国の映画ファンが「やめてくれ!」と悲鳴を上げた…かどうかは分からないが、とにかく本作におけるの酷評は熾烈を極めたのである。 なんせ、声優初挑戦でハリウッド大作映画の主役を演じるという無謀さに加え、エリザベス・ショウのキャターにも声質が全く合っていない上に年齢も若すぎる との年齢差13歳 など、「人選ミスでしょ?」としか思えない配役に非難轟々。 中には「剛力さんはダンスが上手い」と擁護する者もいたようだが、残念ながらその才能は『プロメテウス』に1ミリも活かされていなかった。 このため、世間からは「ゴリ押し女優」とか「剛力出すぎ」など、大変なバッシングを受けていたらしい。 その劇場版が2007年に公開された際、なぜかプロの声優が担当していたテレビ版の主要キャストを全て変更し、 や、の田村淳やなど、お笑い芸人やタレントが多数起用された。 この変更についての日本支社は、「『日本人が理想とする明るく楽しい家庭』をテーマにそれぞれの配役を決めました」と理由を説明するものの、従来のファンからは「ウソつけ!」「そんなの知らねーよ!」などと批判が殺到。 新聞や雑誌でも報じられるほどの大騒動が勃発した。 その抗議活動は日増しにカレートし、オリジナル声優の復活を求める署名サイトやブログが次々と開設され、3000人を超える署名が集まり、ついには のがの日本支社を訪れて直談判するという、前代未聞の異常事態にまで発展したのである。 結局、劇場公開時には芸能人吹き替え版で上映されたが、ソフト化される際にオリジナル声優による吹き替え版が新たに製作され、DVDとブルーレイには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類の日本語吹き替え音声が収録されることになった。 改めて言うまでもないが大変な不評で、演技が上手いとか下手とかの問題以前に、 「どこからどう聞いてもただのDAIGO」というヒドい有様だった。 なお、本作がテレビで放映された際も、「主人公の声が下手だと思ったらDAIGOじゃねーか」「吹き替えが下手くそすぎる」「声優に向いてない」「DAIGOマジひどいな」「下手過ぎて笑うwww」などの罵詈雑言でTLが埋め尽くされ、それを見たDAIGOがショックのあまり「旅に出ます」とつぶやくほどだった。 ここまでは良くある話だが、2017年にでTV初放送が決まった際、なんとは「違う俳優でアフレコし直そう」と決定したのである。 こうして、新たにとを起用し、「金ロー版吹き替え」を独自に制作。 ところが、これを知った玉木と木村の両事務所は「そんなにウチの俳優が気に入らないのか!」と激怒し、日テレ側との間に険悪なムードが漂う事態になってしまった(ちなみに金ローで放送したとの吹き替え版も評価はイマイチで、アフレコをやり直した成果ゼロ)。 しかも、その後に『』の公開が控えていたため、「う~ん困った!次の吹き替えを誰に依頼すればいいんだ?」と配給会社や宣伝担当者は大慌て(なぜ「プロの声優に依頼する」という発想が出て来ないのか…)。 こうしたゴタゴタの末、結局『炎の王国』では元通りとが吹き替えを担当することになったんだけど、せっかく時間とお金をかけて作った「山本&仲間の吹き替え版」はブルーレイに収録されることもなく、このまま封印されてしまうわけで「何やってんだよ!」としか言いようがない、トホホ。 中でも、「今世紀最悪の吹き替え」「ひどすぎて体が震える」など、ぶっちぎりの低評価を獲得している伝説的な吹き替えが『スーパール』だ。 本作は、2005年に放送が開始されたカのTVドラマで、日本でも2007年から放送されたが、2人の主人公のうち、1人をお笑コンビの のが演じたことで大問題が発生する(もう一人は俳優ので、こちらもひどかった)。 恐らく本人は真面目にセリフを読んでいるのだろう。 ワーナー・ホームビデオからシーズン1と2のソフトが発売された際も、信じられないほどの苦情が寄せられ、シーズン3からは別の声優に変えられてしまった。

次の

タイタニックの日本語フル動画を見る|無料で視聴できるサイトはどこ?|シネマテラス

タイタニック 声優

タイタニックは中学生の頃に初めて見て、それからもう20年も経つことになりますが、20年経とうが名作は名作であることがわかる素晴らしい作品でした。 よくよく恋愛映画だと言われるし、泣き所はジャックが死ぬところだとか音楽家が最後まで音楽を弾いてるとこだとか言われるし、まあそれはとてもよくわかるのだけど、これは全編を通して「ローズがジャックに救われたこと」を主軸に置いている話だと20年経って私は思います。 自分の思い通りに生きていくことができず、やりたいこともできず自由もない生活がこれから待っているだけなことから、死を思うほどに追い詰められていたローズが、何も持っていないけれど自由で可能性をたくさん持っているジャックに出会い、お互いに惹かれあっていくことから物語が始まります。 正直彼らはほんの少しの時間を共有しただけに過ぎなくて、深く恋愛したわけじゃないかもしれないなって思うんですよね。 それでもあの有名なシーン、ジャックとローズが船の先頭に立って鳥のように腕を広げるシーン、あのときローズは本当に自由になれた気がするんですよね。 自由に生きていけるかもしれない、鳥になって何もないまっさらな海を自由に飛ぶことができるかもしれないって。 そう気づかせてくれたのがまさにジャックだったわけで、これがのちのちにも「私を救ってくれた」ことに繋がっていくのだと思います。 完全なネタバレなので観てから見て欲しいですが、私が一番心動かされたのは最後、現代のローズが寝ている(死んでるって私は思ってるんですけど)周りにある写真の数々です。 はじめのほうでも現代ローズがいうんですね、「いつも写真と一緒なの」と。 その写真たちです。 馬にのっていたり、飛行機に乗ろうとしていたりと、これは昔のローズが諦めていたことばかりです。 これを見た時、ジャックがローズをどれだけ解放したのか、どれだけ救ったのかがとてもよくわかったし、それを「いつも一緒なの」と言っていることから、ローズにとってもやはり心から大事にしているものだということがよくわかります。 あまりこの写真に触れられることも、あらゆる意味で救ってくれたということにも言及してくれないことが多いですが、私はタイタニックをみるとこの「あらゆる意味で救ってくれた」ことをとても感じ、そこにジャックとローズの真のつながりをみるような気がします。 助かってのちにジャックの姓を名乗るところにも、ジャックが好きだからというだけではなく、新しい自由な自分への決意のようなものを感じます。 自分を作ってくれたジャックとともに自由に生き抜いてやるという、そんな気持ちだったのではないかと思うのです。 しかし吹き替えがあまりにもちょっとっていう感じで、特にジャックは感情移入できないほど合ってないので、みるなら字幕版のほうが良いかもしれません。 調度品の素晴らしさ、ディカプリオの美しさは20年経っても最高の一言です。 ぜひ何度も見返したい作品です。 劇場公開時、うちの当時70代のばあちゃんが何度も映画館に足を運んでいた。 けれど俺にはちっとも良さがわからなかったのだが…… あれから20年、夢の中に青春時代の自分と初恋の人が出てくる年齢になって、ようやくこの映画の切なさと、ばあちゃんの気持ちがわかった。 二度と戻れない思い出のきらめく美しさ……そういう普遍的な感動を呼び覚ます名作です。 あとになってあの瞬間が自分の青春のほとばしる瞬間だった……そういう思い出を持っている人なら誰でもこの映画に涙を流すのだなあ、と。 きっとうちのばあちゃんにもそういう思い出があったのだろうと思います。 ちなみにばあちゃんは今も健在で、ひ孫に囲まれて幸せそうに暮らしています。

次の

棒読み演技の妻夫木聡と竹内結子に批判殺到! フジテレビ版『タイタニック』の黒歴史

タイタニック 声優

映画「タイタニック」の主人公であるジャック・ドーソンの日本語吹き替えをしている声優さん 松田洋治さん 鬼も笑う トーク番組 ー アメブロを更新しました — 松田洋治 youjimat 注:右の人ですw 1967年10月19日51歳 東京都世田谷区出身 子役時代で有名な作品は「仮面ライダーアマゾン」の岡村まさひこ役。 今日は『仮面ライダーアマゾン』放送開始記念日! そして、マサヒコくん役の松田洋治さんの誕生日なんだよ。 マサヒコくんは幼心に思った。 家族ゲームのドラマと言えば、やっぱり長渕剛と松田洋治の方が一番印象深くて好きだったな〜🎵 — シカパンチ nagoyansuki 憎たらしい感じがすごい好きw 松田洋治さんは俳優さんとして知られていますが、 声優のお仕事もされているんですね。 有名なのはジブリ映画「もののけ姫」のアシタカ ちびすけが昨日録画したもののけ姫を見ている。 松田洋治君の声はいいなあ。 — こしあん派 EFarjeon0812 声が好きという方は多いようですね。 実は「風の谷のナウシカ」にもアスベルという役で声優さんやっているんですよ。 ナウシカを助けてあげるペジテ市の王子(16歳) 宮崎駿監督に高評価な松田洋治さんでした。 松田洋治さんの吹き替えはDVDやBDなどのソフト版で観ることができます。 妻夫木聡さん フジテレビで放送された映画「タイタニック」の吹き替えを担当しています 芝居の魔物に魅了されて。 タイタニックの吹き替えをされているとは知りませんでした。 2001年8月31日・9月1日に放送されたもので担当しています。 でもこのことってあまり取り上げて欲しくない部分のようですね。 妻夫木聡さんのタイタニックでの演技についての評判は なかなか厳しいものでした。 — 美月雨竜 miumizuki 一部では「黒歴史化」しているとも噂されています。。。 まあ有名俳優さんですから、 観ている方としてはディカプリオさんのはずなのに 妻夫木聡さんの声という違和感を拭いきれなかったのではないかと想像します。 それだけ妻夫木聡さんが声も含めて有名ってことで(^^;) 石田彰さん こちらは人気声優さんですね。 フジテレビ版と日本テレビ版の比較ツイートをみつけましたので、 興味のある方はどうぞ。 超人気声優さんでしたね。 人気が急上昇したのは鎧伝サムライトルーパーの真田遼をやってからだったんですね。 ドラゴンボールZのトランクスも印象的。 ちょっと声を聞いてみたい。 — アフロ宮 afromiya タイタニックなう。 12月26日放送のタイタニックはフジテレビで放送されるということですので、 内田裕也さん版ではないかと予想しています こうやって深掘りしていくと なんだか全員のタイタニックをコンプリートしたくなってしまうwww 関連記事: 最後までおつきあいありがとうございます。

次の