新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット。 新学期を9月へのデメリット・メリットは?学年、受験や就職への影響はある?!

新学期が9月開始のメリットとデメリットは?可能性はどれくらい?

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

スポンサーリンク コロナウイルスにより学校の休校が長期化する中で新学期を世界の標準である9月始まりにしようという提案がでていますね。 2020年の新学期はいったいいつからになるのかと不安に思って悩んでいたりしませんか? 学校が9月始まりの可能性もおおいにあり、またメリットもいろいろあるのですが、背景には多くの解決しなければいけない問題もあります。 この記事では、• 世界各国の新学期と入学式の時期• 日本はなぜ4月はじまりなのか• 9月始まりのメリットとデメリット• 世間の声と反応 を紹介します。 記事を読み終えると海外の新学期事情や日本の学校の新学期が9月始まりになると何がどう変わるのかなどが見えてくるようになりますよ! 目次• 世界各国の新学期と入学式はいつ? 日本では4月が新学期や入学ですが、世界でみると新学期・入学式は9月始まりが標準です。 各国の新学期・入学式をご紹介しますね。 新学期・入学式 国 1月 シンガポール・オーストラリア・ニュージーランド・フィジー 2月 ブラジル 3月 韓国・アルゼンチン 4月 日本・パナマ 5月 タイ 6月 フィリピン 9月 アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・イタリア・スペイン・オランダ・ベルギー・ブルガリア・イラン・トルコ・ロシア・エジプト・チュニジア・モンゴル・ベトナム・中国・台湾 10月 ナイジェリア・セネガル・カンボジア こうみると世界では9月始まりが集中していますね。 日本でも主に日本に住む外国人の子供が通うインターナショナルスクールでは、将来海外の学校に移ることも考えて、9月始まりが多いです。 日本はなぜ4月はじまりなの? 日本の学校の4月はじまりは国の事情が大きく絡んでいるんです。 その歴史も含めて紹介しますね。 日本が4月はじまりになった理由 明治時代の富国強兵政策(ふこくきょうへい)の影響を受けて、国の会計年度が4月から翌年3月になりました。 また、軍隊の入隊が4月からに変わったのです。 それに合わせる形で 小学校や師範学校(昔の教員を養成する学校 の入学時期も4月に変わった。 という事なんですよ。 国の教育制度は国の会計制度と徴兵制度の届出の期日にあわせて、4月はじまりに変更したということです。 その後大正に入ってから政府の方針により、 高校・大学も4月入学へ 変わりました。 こんな感じで、日本の4月入学・4月新学期というのが定着していったというわけです。 実は日本も9月が新学期だった時があった! 意外な事実なのですが、 明治時代のはじめは西洋にならって日本の学校も9月入学が取り入れていた。 こんな事実もあるのです。 明治維新による西洋の文化の取り入れにより、西洋のスタイルを取り入れたため、9月入学・新学期となっていたようです。 明治維新で日本の西洋化がすすむ中、西洋にあわせて9月入学・新学期が主流になりましたが、 明治19年には国の都合により4月入学・新学期へと変わっていきました。 昔のことは分かりませんが、西洋に合わせてと聞くとなんだか安易な気がしてしまうのは私だけでしょうか。 結局、国の都合で4月になっているわけですし・・ 昔も無駄な国の決め事というのがあったかもしれませんね。 日本で9月始まりの可能性が出てきたのはなぜ? 話を現代の戻しますが、 日本の学校を9月始まりにする可能性が出てきたのは、ご存じの通りコロナウイルスの影響です。 単純に足並みがそろわないので、9月にしよう! というだけのものではありません。 臨時休校後の学生に対する無理な詰め込み教育を回避するためです。 4~9月まで授業を受けられなかった分を残りの期間で行うのは無理だという事ですね。 また地域により、教育課程の進み具合に差ができたり、詰め込み教育・授業などして学生に無理をさせてストレスを与えてしまう恐れがあるという事です。 そこで、全国一律で9月始まりにすると各地域で生じている教育課程の差もなくなり、教育課程を終えるとができるのではないかという意見がでてくるようになったのです。 スポンサーリンク 日本が9月入学になるとどうなる?メリットとデメリットは? いきなり、9月新学期といわれてもと思う方はもちろん多いです。 それに対するメリットとデメリットもあり、ここは保護者の方は大いに気になると思います。 9月始まりでのメリットは• 海外からの留学生を受け入れやすい。 日本からの海外留学もしやすくなりグローバル化が進む。 休校で遅れた教育課程を無理なくとりもどすことができる。 デメリットは• 国家試験• 司法試験• 就職活動• 学校行事 これらすべて日程変更する必要があるということです。 メリットとデメリットそれぞれ分けて詳しく解説しますね。 9月始まりにすれば春休みから続く休校分の授業時間が確保でき、学生が無理なく学習をする環境が作ることができます。 留学生が就職しやすくなるメリットもあります。 9月始まりにすることによって、来年夏あたりが大学入試となれば、評価する期間も延び、試験への準備なども十分できるようになるかもしれません。 また、就職活動も学生達が3月卒業前提で企業も新入社員採用を考えているので、企業にも大きな影響を与えてしまいます。 そのギャップ・イヤーが学生にとって場合によれば不利になるばこともあると考えられます。 実際、東京大学も9月入学を2015年から導入しようと検討していましたが、それらの問題を解決するのは難しく、見送りとなっていました。 この部分は結構、関心持たれる部分なのかなと思います。 当の学生においては大きな問題ですよね。 これにより、嫌な思いをする子供もいるかもしれません。 日本の9月新学期と入学は現実的?世間の声と反応は? コロナで教育期間に混乱が起きている状態だからこそ、世界の標準である9月新年度を取り入れることが良いと小池東京都知事や橋本徹氏などは考えいます。 有名どころでいうとこのお二人は9月新学期に前向きです。 もちろんほかにもいらっしゃいますし、反対されている方もいます。 実現するためには上記のデメリットを解決する必要があり、世間の声にも耳を傾け、慎重に進めていく必要がありますよね。 あとから失敗でしたとか言われても困りますし・・・ 世間の声と反応はどのような感じなのか、ご紹介しますね。 例え7月に再開できるようになったとしても、9月になっても状況が思わしくなくても、現状も考えず、9月ありきで賛成、反対を議論するのはおかしいのでは。 考えるのなら9月と決めず、「子供のためにいつから再開するのがよいか?」ではないのか。 このように賛成・反対・この議論自体が疑問など様々な意見がありますね。 それぞれの立場になれば、抱えているいろいろな事情が見えてきて、私はどの意見も納得できます。 私は小学生・中学生の子供をもつ母ですが、3月からまだ昨年度のカリキュラムが終わっていない授業もあり、さらに新年度入ってからの行われていない授業もあわせて学校再開した時に3月までに詰め込まなければならないのはすごく心配です。。 9月から新年度となると、また今の学年が半年延びるということと、学年齢の問題や学校側の行事のほかに様々な変化に対応していかなければならないですよね。 就職に関しても。 そうなると企業も巻き込む問題となるわけですね。 色々不安はありますが、4月新年度・9月新年度どちらになったとしても慌てることのないように、知識を身につけておいて、準備をしておくことが大切だと思います。 学校が9月始まりになったらどうなるの? と先が見えず不安に思う方のためにこれからの準備ができるようになればと思っています。 子供たちが元気に学校に行けるようになることを願います!.

次の

【コロナ休校】日本は9月入学だった?!メリットや世間の反応は?

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

1.9月入学 新学期 のメリットは? 1.学習格差を埋められる 今回の9月入学 新学期 のメリットはなんといっても学習格差を埋められること問題です。 コロナウイルスの影響によって学校が休校になったことで、児童・生徒は自宅での学習を余儀なくされています。 しかし、やはり自宅で自習するだけという状況では十分な学習時間を確保できていないようです。 引用元: さらに、オンライン授業を実施中または実施予定と答えた高校生は30%程度であったとのことです。 引用元: やはり、「自粛中なので自宅で学習してください」と言われてもそう簡単に集中して何時間も学習時間を確保するのは難しいようです。 家では勉強できない、仕事できないといった経験がある人も多いと思うので、この統計結果は納得ですね・・・。 つまり、現状すでに学習の遅れは出始めていると考えてもいいのかもしれません。 しかし、 9月入学であれば、休校していた時間をそのままずらすことができるので、この学習格差を埋めることができるというわけです。 さらに、学校再開の時期については各自治体によってバラバラになる思われるため、これも地方毎の学習格差に繋がると言われています。 一斉に 9月入学にすることで、この地方による学習格差も埋められるというわけですね! 2.学生生活を取り戻せる 休校によって失われてしまった学生生活を取り戻せるというのも9月入学の大きなメリットです。 すでに全国の学校では、 春の選抜甲子園、中学総合体育大会、高校のインターハイの中止などが決定されており、学生にとって大切な青春の時間が奪われています。 おそらく大きな大会だけではなく学校規模の体育祭や修学旅行といったイベント 行事 も続々中止になる可能性が考えられます。 4月入学のままでは絶対に取り戻すことができない学生生活ですが、 9月入学にすることで取り戻すことができます。 もちろん一度中止になったイベントをどのようにいつ実施するのかといった問題は残りますが、今後の人生においても大きな影響を与える学生生活を取り戻せるのは大きなメリットです。 3.入試や就職活動をずらせる 休校によって影響が出ているのは学習過程の進捗状況だけではありません。 入試を含めた各種試験や就職活動にも影響が出ています。 例えば、大学の学校推薦型選抜 旧AO入試 は11月頃から試験が実施されます。 もし、このまま学校の再開時期が遅れてしまうと、再開後すぐに入試ということになってしまいます。 特に、「学校推薦型選抜」は成績なども重視されるため、休校状態で成績がつかない期間があると推薦基準の判断が難しくなってしまいます。 また、 就職活動に至っては、3月に実施予定だった合同企業説明会が中止になるなどすでに影響が出始めています。 会社生活は学生生活と比較して何倍も長い時間を過ごすことになるため、就職活動は学生にとっては一大イベントです。 9月入学にすることでこの就職活動の期間を半年間遅らせることができるので、学生側も企業側も余裕を持って就職活動および採用活動に取り組めるようになります。 4.海外と入学時期が一致するため留学しやすくなる 9月入学 新学期 はこれまでも議論されてきましたが、その中に 「グローバルスタンダードにできる」というメリットが挙げられていました。 世界的には9月入学 新学期 が標準であるため、留学などのタイミングが一致するのでやりやすくなるというわけですね。 ただし、世界各国どこでも9月入学 新学期 というわけはありません。 以下、世界各国の入学月と国名の一覧表です。 入学月 国名 1月 シンガポール 2月 オーストラリア、ニュージーランド 3月 韓国 4月 パナマ、日本 5月 タイ 6月 フィリピン 9月 アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国 10月 ナイジェリア、カンボジア 表を見てみると、北半球の国は9月入学が多いですが、9月入学以外の国も多数存在しています。 そのため、 9月入学 新学期 は世界標準というよりも「先進国標準」という方が的を射てるかもしれませんね。 2.9月入学 新学期 のデメリットは? メリットも多い9月入学 新学期 ですが、どんなデメリットがあるのでしょうか? 1.費用負担が増える 9月入学 新学期 になるということは、学生生活が半年間長くなるということです。 ということは、 学費も半年分多くかかる可能性があります。 そして、増えた学費を誰が負担するのかという議論は9月入学 新学期 が決定した後に本格的に取り上げられるかもしれません。 国の決定で9月入学 新学期 に変更になったのであれば、国や自治体で負担してほしいと思いますが、今回の一律10万円給付を巡っても相当議論を交わしてようやく決定されました。 企業は倒産が相次いでいますが、自粛要請は出していますが、補償はほぼないです。 そういった背景から考えると 学費も各家庭に負担させる可能性は十分に考えられます。 コロナウイルスの影響で減収となっている家庭も多いかもしれませんが、 少しでもお金は貯金に回しておいたほうがいいかもしれません。 2.児童・学生の心のケア 9月入学 新学期 にすることはメリットも多いですが、何もかもうまくいくわけではありません。 学生の中には、9月入学を望む声もあれば反対する声もあります。 反対していた児童・学生は9月入学 新学期 になることで逆に悪影響となる可能性もあり得ます。 例えば、 9月入学のメリットで「学生生活が取り戻せる」という点を挙げましたが、中には学生生活が楽しくない学生もいるはずです。 そういった 児童・学生は心のケアが必要となる可能性も十分に考えられます。 3.会計年度が変わる 国や地方自治体の会計年度は4月〜3月となっています。 会計年度とは 国、地方自治体または法人の収入および支出を整理分類し、その状況を明らかとするために始期日と終了日を定めた1年間 引用元: これまではお金の管理と学校の入学 新学期 の時期が一緒だったものがずれてしまうんですね。 しかし、会計年度は必ずしも入学時期と合わせないといけないわけではないようです。 例として、世界の会計年度を一覧表にしました。 会計年度 国名 1月〜12月 中国、韓国、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、スイス、ロシア 4月〜3月 日本、インド、イギリス、デンマーク、カナダ 7月〜6月 フィリピン、ノルウェー、スウェーデン、ギリシャ、オーストラリア 10月〜9月 タイ、ミャンマー、アメリカ 先進国の入学時期は9月入学が多数派でしたが、会計年度はバラバラとなっています。 そのため日本も会計年度はこれまで通りで9月入学 新学期 を採用することもできるかもしれません。 4.文化・習慣が変わる 日本の入学・卒業といえば「桜」のイメージがありますよね? 桜が咲き、そして散る季節といえば「出会いと別れの時期」というのが日本人の習慣として根強く残っています。 9月入学となると桜の時期ではなくなってしまうため、違和感を感じる方も多いかもしれませんね。 また、楽曲でも「桜」を題材にした歌が数多くあります。 出会いと別れの表現として桜を絡めた歌詞も多数存在するため、そういった楽曲の雰囲気とは合わなくなってしまいますね。 以下、主な桜がつく曲名とアーティストの一覧です。 曲名 アーティスト 桜 独唱 森山直太朗 桜坂 福山雅治 さくら ケツメイシ 桜 コブクロ SAKURA いきものがかり 桜 河口恭吾 桜雨 JUJU 桜色 アンジェラ・アキ 10年桜 AKB48 桜の花びら AKB48 桜の木になろう AKB48 Sakura レミオロメン 桜 FUNKY MONKY BABYS 桜の雨 初音ミク 表に挙げたアーティストはほんの一部で、この他にも多くの方が桜にちなんだ楽曲をリリースしています。 全てが入学・卒表と絡んでいるわけではないですが、9月入学により季節感がズレるのは寂しい気もしますね。 5.就職時期と入学時期がズレる メリットにもあった就職と9月入学 新学期 の関係ですが、デメリットにもなり得ます。 理由は、入社は4月からのためです。 就職・採用活動を9月入学に合わせてずらしたとしても、4月入社のままでは半年間空きができてしまいます。 内定先が決まり9月に卒業したとしても、翌年の4月まではどこにも属していない状態となってしまいます。 その期間は生活するためにもお金がかかりますし、学校所属するとなればさらにお金がかかる可能性もあります。 半年後に辞めることが分かっている学生をアルバイトとして雇う企業も少ないかもしれません。 9月入学 新学期 を達成するためには、9月入社についても本格的に考えていく必要がありそうです。 6.学年の切り替え 9月入学 新学期 となることで、 1学年の切り替えがどうなってしまうのかといった問題点もあります。 9月入学ということは9月生まれから8月生まれが1学年となるため、4月から9月生まれの人たちが特別措置として同じ学年に加わることで、マンモス学年が出来上がる可能性が指摘されています。 これは法律を含めた複雑な問題でもあるため、大きな議論となるかもしれません。 詳しくは以下を参照してください。 7.東京オリンピックがある 延期が決まっている東京オリンピックですが、2021年7月23日〜8月8日開催が有力となっています。 これまでは、特に大きなイベントはなかった夏季オリンピックの開催時期ですが、9月入学 新学期 となると入試と被る可能性があります。 海外からの訪日観光客が増えること自体は問題ありませんが、もしコロナウイルスの感染がまだ世界では続いている可能性もあり得ます。 あまり考えたくはないですが、コロナウイルスの感染がオリンピックを機に再発する可能性もあり得ます。 オリンピックが開催されれば世界中の人が東京に密集することは避けられないため、万が一の自体が心配されます。 そうなれば、 せっかく9月入学を実施したとして、入試は不可能となってしまうかもしれません。 しかし、新型コロナウイルスの問題は根本的には9月入学の問題ではないです。 何月入学だとしてもコロナウイルスの問題が解決していないと何もできないことには変わりません。

次の

【新学期9月案】9月入学制のメリットデメリットは?学年はどうなる?

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

新学期を9月へ移行するメリットは? まずは新学期を9月に移行した場合のメリットです。 新型コロナの影響による休校を夏休みまで延長できる• 新学年で1年過ごすことができる• 以前から海外に合わせて9月入学にという案はあったため、いいチャンスになる• 入試の時期が春~初夏になる• 海外留学のタイミングが合いやすくなる 5つのメリットがありそうです。 おそらく学校再開はまだまだ先になると思います。 9月にコロナが落ち着く保証もありません。 ただ、新学期として少しでも長く子どもたちが過ごす期間は確保できそうです。 冬の受験は体調管理や、大雪で混乱しながらのセンター試験が心配です。 9月入学になれば、試験が夏になるので上記のような心配はありませんね。 留学生にとっては来るのも行くにも 9月入学であれば動きやすいというメリットもありそうです。 もしも将来的に日本も海外に合わせて9月入学にするのであれば、今回の 長期休校は移行期間としてまたとないチャンスです。 9月新学期にすることでSNSの反応は? 賛成派はこちらです。 宮城県知事の9月新学期制の考え方に賛成。 保護者• 教育関係者• 経済界に広がれば、 これ以上のマジョリティはない。 驚いたのは、 「法律ではなくて文部科学省の規則か何からしいから、 大臣の署名一発で変わる」ということ。 政府にとっても、名誉挽回の有効策となり得るでしょう。 — LOVE BASEBALL 3dvxusz8O4f6WbQ 9月新学期は賛成です、オンライン授業をきちっと出来るように準備するのも賛成。 とにかく日本は柔軟な発想とスピードが足りない、ダメならやり直せばいい。 会社だって3月決算が多すぎ、決算は何月でも良いのに。 4月~3月の年度に固執する必要はありません。 9月新学期は反対。 賛成している人はメリットばかりでデメリットを一切言っていない。 こういう時だけ命が大事とか綺麗事にしか聞こえない。 普段から子供に負担ばかりかけてる大人がこういう時だけ子供のためとか。 偽善者すぎる。 目の前のことに囚われすぎて、先のことを全く考えてない。 — sayaka sayaka20866968 9月新学期メリットしかないと思ってたけど、娘1は夏生まれだから早生まれ扱いになるし、娘2は4月生まれでラッキーなんて思ってたけど普通の子になるし、我が家にとっては本当に複雑。 日本人が大切にして来た季節感を蔑ろにする行為です。 桜の季節の卒業式や入学式だからこそ別れの寂寥感や出会いの高揚感もひとしおで、感慨深い風情・趣があるのだと思います。 蝉が鳴き騒ぎ、猛暑で汗まみれの式など論外です。 正直無駄だと思うよ — T ULlS3GqXZH1aSKi.

次の