シロツメクサ イラスト。 クローバー の花言葉・誕生花・イラスト

クローバー の花言葉・誕生花・イラスト

シロツメクサ イラスト

指輪アドバイザーの永吉花輪(ながよしかりん)です。 子どものころ公園に行くと何をして遊んでいましたか? 泥団子をつくったり、砂場で遊んだり、アリを追いかけたり・・・ 色々心当たりがあるのではないでしょうか? 最近自然の中で遊ぶこともたちが減っていていますよね? だから、外での遊び方を知らないから室内遊びや おもちゃで遊ぶようになっています。 先日も友人宅でテレビを見ながら そり滑りも怖がっている子どもたちを見て 「子どものころは段ボールとかで滑ったりして楽しんでたのに」と話していました。 女の子は、クローバーの中に咲いているシロツメクサで 花冠や花指輪をよくつくっていたと思います。 もちろん私もつくりました。 花冠をつくれることが嬉しくて・・・ さらに、花をたくさん使った密度のある花冠がつくれた時の 達成感は今でも忘れられませんね。 一体、何個作ってお家に持って帰っていたのでしょうか。 でも、大人になってなんとなく作り方を忘れてしまった!という方いませんか? そんな方の為に作り方のご紹介をします。 なるべく茎を長くして摘んでください。 花冠の作り方を短くすればブレスレットやアンクレットに。 長くすればネックレスにもなります。 つくりたいものに合わせて長さを変えてください。 これも茎を長く摘んでください。 また、花指輪はシロツメクサ以外にも、 タンポポでつくっても可愛くなるんです。 黄色いタンポポでも綿毛でも可愛さ抜群です。 シロツメクサの花言葉とは? シロツメクサの花言葉は・・・ 『私を思って』『約束』『幸福』という意味があります。 今まで身近な、お花だったので花言葉を調べたことが無かったのですが ロマンティックな意味ばかりなんですね! シロツメクサが多くの人々に愛されるのも納得ですね。 また、シロツメクサの開花時期は4月から9月ですので今まさに真っ只中なんですよ。 子どもが着けても可愛いシロツメクサの花冠や花指輪ですが、 もちろん大人もつけても可愛いです。 せっかく親子で公園に行っているのであれば、 一緒に遊んで楽しみを共有して親子の思い出づくりをしてはいかがでしょうか? 身近な公園で興味を育てることが出来る自然の遊び。 花冠、花指輪をきっかけに公園の植物探しをしてみるのもいいかもしれませんね?.

次の

クローバーと呼ばれているシロツメクサのイラスト

シロツメクサ イラスト

指輪アドバイザーの永吉花輪(ながよしかりん)です。 子どものころ公園に行くと何をして遊んでいましたか? 泥団子をつくったり、砂場で遊んだり、アリを追いかけたり・・・ 色々心当たりがあるのではないでしょうか? 最近自然の中で遊ぶこともたちが減っていていますよね? だから、外での遊び方を知らないから室内遊びや おもちゃで遊ぶようになっています。 先日も友人宅でテレビを見ながら そり滑りも怖がっている子どもたちを見て 「子どものころは段ボールとかで滑ったりして楽しんでたのに」と話していました。 女の子は、クローバーの中に咲いているシロツメクサで 花冠や花指輪をよくつくっていたと思います。 もちろん私もつくりました。 花冠をつくれることが嬉しくて・・・ さらに、花をたくさん使った密度のある花冠がつくれた時の 達成感は今でも忘れられませんね。 一体、何個作ってお家に持って帰っていたのでしょうか。 でも、大人になってなんとなく作り方を忘れてしまった!という方いませんか? そんな方の為に作り方のご紹介をします。 なるべく茎を長くして摘んでください。 花冠の作り方を短くすればブレスレットやアンクレットに。 長くすればネックレスにもなります。 つくりたいものに合わせて長さを変えてください。 これも茎を長く摘んでください。 また、花指輪はシロツメクサ以外にも、 タンポポでつくっても可愛くなるんです。 黄色いタンポポでも綿毛でも可愛さ抜群です。 シロツメクサの花言葉とは? シロツメクサの花言葉は・・・ 『私を思って』『約束』『幸福』という意味があります。 今まで身近な、お花だったので花言葉を調べたことが無かったのですが ロマンティックな意味ばかりなんですね! シロツメクサが多くの人々に愛されるのも納得ですね。 また、シロツメクサの開花時期は4月から9月ですので今まさに真っ只中なんですよ。 子どもが着けても可愛いシロツメクサの花冠や花指輪ですが、 もちろん大人もつけても可愛いです。 せっかく親子で公園に行っているのであれば、 一緒に遊んで楽しみを共有して親子の思い出づくりをしてはいかがでしょうか? 身近な公園で興味を育てることが出来る自然の遊び。 花冠、花指輪をきっかけに公園の植物探しをしてみるのもいいかもしれませんね?.

次の

御用心!シロツメクサの花言葉がちょっと怖い5つの理由

シロツメクサ イラスト

指輪アドバイザーの永吉花輪(ながよしかりん)です。 子どものころ公園に行くと何をして遊んでいましたか? 泥団子をつくったり、砂場で遊んだり、アリを追いかけたり・・・ 色々心当たりがあるのではないでしょうか? 最近自然の中で遊ぶこともたちが減っていていますよね? だから、外での遊び方を知らないから室内遊びや おもちゃで遊ぶようになっています。 先日も友人宅でテレビを見ながら そり滑りも怖がっている子どもたちを見て 「子どものころは段ボールとかで滑ったりして楽しんでたのに」と話していました。 女の子は、クローバーの中に咲いているシロツメクサで 花冠や花指輪をよくつくっていたと思います。 もちろん私もつくりました。 花冠をつくれることが嬉しくて・・・ さらに、花をたくさん使った密度のある花冠がつくれた時の 達成感は今でも忘れられませんね。 一体、何個作ってお家に持って帰っていたのでしょうか。 でも、大人になってなんとなく作り方を忘れてしまった!という方いませんか? そんな方の為に作り方のご紹介をします。 なるべく茎を長くして摘んでください。 花冠の作り方を短くすればブレスレットやアンクレットに。 長くすればネックレスにもなります。 つくりたいものに合わせて長さを変えてください。 これも茎を長く摘んでください。 また、花指輪はシロツメクサ以外にも、 タンポポでつくっても可愛くなるんです。 黄色いタンポポでも綿毛でも可愛さ抜群です。 シロツメクサの花言葉とは? シロツメクサの花言葉は・・・ 『私を思って』『約束』『幸福』という意味があります。 今まで身近な、お花だったので花言葉を調べたことが無かったのですが ロマンティックな意味ばかりなんですね! シロツメクサが多くの人々に愛されるのも納得ですね。 また、シロツメクサの開花時期は4月から9月ですので今まさに真っ只中なんですよ。 子どもが着けても可愛いシロツメクサの花冠や花指輪ですが、 もちろん大人もつけても可愛いです。 せっかく親子で公園に行っているのであれば、 一緒に遊んで楽しみを共有して親子の思い出づくりをしてはいかがでしょうか? 身近な公園で興味を育てることが出来る自然の遊び。 花冠、花指輪をきっかけに公園の植物探しをしてみるのもいいかもしれませんね?.

次の