サン ドライ トマト。 マクロビオティック通販GAIAネット(ガイアネット) [※]アリサン M87 ドライトマト 50g: 海藻/乾物/漬物オーガニックエコ雑貨と食材のセレクト通販 GAIAネット

天日干しドライトマトの作り方。カビと虫に気をつければ失敗知らず!

サン ドライ トマト

オーガニック サン・ドライトマト イタリア南部プーリア州アプーリア台地の中央に位置するフィオデリッシ社、 この地域は強い日差しが降り注ぎ良質の野菜を栽培するのにとても適してます。 もちろん、良質な野菜を強い日差しで乾燥野菜を作るのにも最適な環境。 この地域で スローな方法で作られた良質なオーガニックドライトマト。 通常のメーカーは、時間優先で機械乾燥させますが、それは風味が犠牲になってしまいます。 しかし、このフィオデリッシ社ではスローな方法をあえて採用しています。 それは天日干しだけで4日間程乾燥させる・・・、一見この無駄な時間が良質な ドライトマトを生み出します。 ゆっくりと乾燥させることで、 生トマトの風味を保ちながら徐々に少しづつ乾燥していきますので、 生トマトの香りと旨味をしっかりとキープ!してくれるんです。 だから、ほど良いセミドライ感が生き食感と風味に機械的な違和感を感じる事がないんです。 ちなみに、このフィオデリッシ社の品質の高さはイタリア中に知れ渡り、多くの有名食材店や 食材メーカーのオリジナルブランド品を製造している隠れた名店です。 お勧めの使い方は、そのまま細かく切ってパスタソース、サラダ、スープ等にも使って頂けます。 程良い塩気とトマトがもつ甘い食感がアクセントになり料理を引きた立てくれます。 お湯でさっと戻して頂くと、より柔らかくなります。 商品説明 イタリア産の良質なオーガニック・ドライトマト(サンドライトマト)。 天日干しでゆっくりと時間をかけて乾燥させてありますので、生トマトの旨味と香りが凝縮しています。 また、セミドライタイプですのでお口に含んだ時の食感もお楽しみ頂けます。 これからの季節には、細かく切ってシチューに入れるとアクセントになり美味しいですよ。 使い方も、そのまま細かくカットしてパスタソース、サラダ、スープ等に入れて頂くだけで食べて頂けます。 トマトの酸味と甘みがアクセントになり、料理を引き立ててくれます。

次の

*****サンドライトマトとペストソースのピザ、ホームメードのサンドライトマト*****

サン ドライ トマト

今回は自家製サンドライトマトの作り方をご紹介します。 サンドライトマトとはその名の通り日干しトマトの事で、イタリア料理の保存食。 日干しのため、元々ローフードな食材なんです。 トマトの旨味が凝縮されていて、濃厚なトマトの味がとても美味しいんです。 サンドライトマトはイタリア料理に限らず、ローフードレシピにも頻繁に使われる、ローフード料理の幅を広げてくれる材料! サンドライトマトには乾燥させただけのものと、オイル漬けのものと2通りあります。 乾燥させただけのものはオイル フリー。 料理に使う時に自分で使うオイルの量を調節出来ます。 オイル漬けのものはサンドライトマトをオリーブオイルとイタリアンハーブで漬け込んだものなので、どうしても油っぽいですが、その分サンドライトマトとハーブの味が染み込んだオリーブオイルにコーティングされていて、とっても美味!今回は乾燥させただけのサンドライトマトの作り方を、来週はオイル漬けの作り方をご紹介します。 自家製サンドライトマトの作り方は超簡単! トマトを半分に切って、塩を掛けてから、ディハイドレーター(食品乾燥機)かオーブン(ローでは無くなります)で乾燥させるだけ!トマトが乾燥するまでに2、3日掛かるので時間は掛かりますが、干物なので一度作ってしまえば柔らかめなら2週間、硬くカリカリに乾燥させれば6ヶ月持ちますよ。 ちなみに天気の良くて湿度の低い日なら干しカゴに入れて天日干しも出来ますが、約2日半〜4日間掛かります。 始める前にまずはトマト選びについて。 写真では果肉が厚く、種の少ないローマトマトを使用していますが、普通のトマトもお使いいただけます。 出来たら果肉の厚いものをお選び下さい。 *ディハイドレーター(食品乾燥機)をお持ちの方: ト マトを縦半分に切ります。 種の多いトマトをお使いでしたら、種を取り出して下さい。 ディハイドレーターのトレイにメッシュシートを敷いて、トマトの切り口を上にして均一に並べていきます。 トマト同士がくっつかな いように、少し隙間を空けて下さいね。 数時間おきにトレイを反転させて両サイドが均一に乾くようにすると良いですよ。 * ディハイドレーターをお持ちでない方(オーブンを使用するので、ローではなくなります): オー ブンを一番低い温度に設定します。 トマトを縦半分に切り、天板に均等な感覚を空けながら均一に並べていきます。 種の多いトマトをお使いなら、種を取り出して下さい。 切り口に塩を掛けて、オーブン に入れて約2日半掛けて、ゆっくりと乾燥させていきます。 途中、何度かトマトをひっくり返して下さい。 オーブンのドアをほんの少しだけ開けておいて、水分を逃すと良いでしょう。 安全のために就眠中は一旦オーブンを止めて下さいね。 出来上がりの目安は手で触ってみて、乾いていても柔軟性のあり、ドライフルーツのような質感なら完成!湿った感触がしたらまだ未完成。 ここで止めるとカビに繋がるので、湿り気がなくなるまでしっかり乾燥させて下さいね。 自家製サンドライトマトの完成!食べやすい大きさに切ってサラダに入れたり、パスタに入れたり、パスタソースに入れたり、サンドイッチに入れたり、ローフードレシピに使ったりと、使い道は数え切れない程。 密閉容器やジップロックに入れて保存すれば6ヶ月持つので、便利な常備乾物。 次回のトマトの安売りの時にはトマトを沢山買ってきて、自家製サンドライトマトを作ってみませんか? 来週は自家製サンドライトマト使った、サンドライトマトのオイル漬けの作り方をご紹介します。 乞うご期待!.

次の

市販の調理用ドライトマトを料理に使うコツ

サン ドライ トマト

今回は自家製サンドライトマトの作り方をご紹介します。 サンドライトマトとはその名の通り日干しトマトの事で、イタリア料理の保存食。 日干しのため、元々ローフードな食材なんです。 トマトの旨味が凝縮されていて、濃厚なトマトの味がとても美味しいんです。 サンドライトマトはイタリア料理に限らず、ローフードレシピにも頻繁に使われる、ローフード料理の幅を広げてくれる材料! サンドライトマトには乾燥させただけのものと、オイル漬けのものと2通りあります。 乾燥させただけのものはオイル フリー。 料理に使う時に自分で使うオイルの量を調節出来ます。 オイル漬けのものはサンドライトマトをオリーブオイルとイタリアンハーブで漬け込んだものなので、どうしても油っぽいですが、その分サンドライトマトとハーブの味が染み込んだオリーブオイルにコーティングされていて、とっても美味!今回は乾燥させただけのサンドライトマトの作り方を、来週はオイル漬けの作り方をご紹介します。 自家製サンドライトマトの作り方は超簡単! トマトを半分に切って、塩を掛けてから、ディハイドレーター(食品乾燥機)かオーブン(ローでは無くなります)で乾燥させるだけ!トマトが乾燥するまでに2、3日掛かるので時間は掛かりますが、干物なので一度作ってしまえば柔らかめなら2週間、硬くカリカリに乾燥させれば6ヶ月持ちますよ。 ちなみに天気の良くて湿度の低い日なら干しカゴに入れて天日干しも出来ますが、約2日半〜4日間掛かります。 始める前にまずはトマト選びについて。 写真では果肉が厚く、種の少ないローマトマトを使用していますが、普通のトマトもお使いいただけます。 出来たら果肉の厚いものをお選び下さい。 *ディハイドレーター(食品乾燥機)をお持ちの方: ト マトを縦半分に切ります。 種の多いトマトをお使いでしたら、種を取り出して下さい。 ディハイドレーターのトレイにメッシュシートを敷いて、トマトの切り口を上にして均一に並べていきます。 トマト同士がくっつかな いように、少し隙間を空けて下さいね。 数時間おきにトレイを反転させて両サイドが均一に乾くようにすると良いですよ。 * ディハイドレーターをお持ちでない方(オーブンを使用するので、ローではなくなります): オー ブンを一番低い温度に設定します。 トマトを縦半分に切り、天板に均等な感覚を空けながら均一に並べていきます。 種の多いトマトをお使いなら、種を取り出して下さい。 切り口に塩を掛けて、オーブン に入れて約2日半掛けて、ゆっくりと乾燥させていきます。 途中、何度かトマトをひっくり返して下さい。 オーブンのドアをほんの少しだけ開けておいて、水分を逃すと良いでしょう。 安全のために就眠中は一旦オーブンを止めて下さいね。 出来上がりの目安は手で触ってみて、乾いていても柔軟性のあり、ドライフルーツのような質感なら完成!湿った感触がしたらまだ未完成。 ここで止めるとカビに繋がるので、湿り気がなくなるまでしっかり乾燥させて下さいね。 自家製サンドライトマトの完成!食べやすい大きさに切ってサラダに入れたり、パスタに入れたり、パスタソースに入れたり、サンドイッチに入れたり、ローフードレシピに使ったりと、使い道は数え切れない程。 密閉容器やジップロックに入れて保存すれば6ヶ月持つので、便利な常備乾物。 次回のトマトの安売りの時にはトマトを沢山買ってきて、自家製サンドライトマトを作ってみませんか? 来週は自家製サンドライトマト使った、サンドライトマトのオイル漬けの作り方をご紹介します。 乞うご期待!.

次の