竹 取 物語 かぐや 姫 の 昇天 現代 語 訳 - 竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 「竹取物語/かぐや姫の昇天」

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 かぐや姫の昇天 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 竹取物語 現代語訳つき朗読|帝、竹取りの翁に使いを出し昇天を確かめる

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 なよ竹のかぐや姫(竹取物語):現代語訳とくわしい解説(解説動画付き)・・・井出進学塾〔富士宮教材開発〕|井出進学塾(富士宮教材開発)公式ブログ|note

「竹取物語/かぐや姫の昇天」

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

取 の 昇天 語 かぐや 姫 現代 竹 訳 物語 竹取物語 現代語訳つき朗読|帝、竹取りの翁に使いを出し昇天を確かめる

かぐや姫考

「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

わけのわからぬこととお思いになられたことでしょうが、私が強情に命令にしたがわなかったことにつき、無礼な奴めとお心におとどめなさっていることが、今も心残りになっております。

  • 家にまかりて、築地(ついぢ)の上に千人、屋(や)の上に千人、家の人々多かりけるにあはせて、あける隙(ひま)もなく守らす。

  • 爺さんは御使者に会い、いつまでも泣いている。

  • また異所(ことどころ)にかぐや姫と申す人ぞおはすらむ。

かぐや姫考

一人の天人言ふ、「壺なる御薬奉れ。

  • 避けることができず、どうしても行ってしまわなければなりませぬゆえ、あなた方がお嘆きになるのが悲しいことですので、この春以来、私もそれを思い嘆いていたのでございます」と言って、ひどく泣くのを見て、じいさんは、「これはまた、なんということをおっしゃるのですか。

  • かぐや姫の昇天 ・ 竹取物語「かぐや姫の昇天」の現代語訳と品詞分解です。

  • それは「竹取翁の物語」とも「かぐや姫の物語」とも呼ばれてきた。

かぐや姫考

あひ戦はむとすとも、かの国の人来(き)なば、猛き心つかふ人も、よもあらじ」。

  • ともあれ、十世紀成立の『大和物語』や『宇津保物語』、十一世紀成立の『栄華物語』や『狭衣物語』などに、ほぼ現存のテキストがそれ以前に成立していたことを示す引用や言及がある。

  • 一方の日本国産派には、本居宣長や柳田国男らがいて、羽衣伝説や致富長者(貧者が長者になる)説話が成長して成ったと主張する。

  • 別の本には、この次に「泣く」という語があるので、本来はそのような語があったと思われる。

「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved. これは、竹もかぐや姫も登場しない「竹取翁の物語」である。

  • この十五日は、人々賜 たま)はりて、月の都の人まうで来(こ)ば、捕へさせむ」と申す。

  • 天へ帰ることを猶予してほしいと。

  • その証拠に『源氏物語』と同時代であるはずの『枕草子』中の「物語尽くし」(201段)には『竹取物語』の名は見当たらない。

竹取物語『なよ竹のかぐや姫/かぐや姫の生い立ち』現代語訳(1)(2)

老ひおとろへたるさまを見たてまつらざらむこそ恋しからめ」といへば、翁(おきな)、「胸いたきこと、なのたまひそ。

  • これには言わば「原典」がある。

  • 食べること。

  • じいさんが言うことには、「お迎えに来る人を、長い爪をもって、目の玉をつかみつぶしてやろう。

竹取物語[かぐや姫](原文・現代語訳:全巻)

一言(ひとこと)言っておかねばならぬことがあるのでした」と言って手紙を書く。

  • これを見て、仕えている人々が、「まだ何かお悩み事があるらしい」とささやき合うが、親をはじめとして、誰も、その理由を知らない。

  • おのが身は、この国の人にもあらず。

  • 我をいかにせよとて、捨てては昇りたまふぞ。




2021 cdn.snowboardermag.com