シン ウンギョン。 シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

シン ウンギョン

シンウンギョンプロフィール 氏名 シン・ウンギョン 生年月日 1973年2月15日(44歳)17年12月現 出身地 釜山広域市 身長 171㎝ 体重 47kg 血液型 O型 最終学歴 檀国大学校 演劇映画学科 シンウンギョンの夫や子供の話は全てが虚言だった 数々のテレビやドラマで活躍して長い女優としての キャリアを持つ 女優シンウンギョン。 seoulnavi. その後彼女のコメントによれば旦那の借金を返済して 一人息子をシングルマザーとして育てたと世間の同情 をかい悲劇の女として活躍していた。 しかも息子は 第1級障害者として 水頭症と巨人症の 思い病を抱えており女優で働く傍ら息子を育てる母親で ある事を涙ながらに語っていたのだ。 ただそれらがこの度全て 虚言である事が発覚した。 息子は別れた旦那の姑が面倒をみており 離婚後の旦那の借金を返済した事実と障害者の 息子の面倒は姑自身が見ている事。 そして向こう 8年間シンウンギョンが息子に会いに 来たのはたったの 2回である事を姑と元夫の証言で 明らかとなったのだ・・・・ 過去のインタビューでは女優であるが故に撮影期間 などは元夫が子供を見てくれている~と発言。 『仕事の為に看病出来ない事を申し訳ないと思っている』 と涙ながらにコメント。 凄すぎる破壊力はプライベートでもそのまんまだったみたいね。 あのドラマに役作りなんて要らなかったはずだわ・・・ だってやってることがそのまんまよ・・・ 破天荒過ぎる地雷タイプの女がシンウギョン氏 だったのね。 ある意味期待を裏切らない想定内ではあったけど 色々言いながら子供を姑に見させて 8年間で2回って 幾らなんでも酷すぎる。 汗 Sponsored Link シンウンギョンはドラマそのものの破天荒人生 冒頭でご紹介した韓国では2010年から2011年に放送された 「欲望の炎」のシンウンギョンはまさに目からウロコの 激しい女。 ちなみにこんな感じ。 韓国での題名は 『欲望の花火』で花火のような熱い女を 公私混同で演じていたのよ・・・ 自分の欲するものは絶対に手に入れる!とばかりに 自分自身を抑制するすべが無いかの如く人を押し倒して 突き進み欲しい者を人であれ金であれ求めて生きる。 そんな素晴らしくもワガママ放題の劇場型の女を 波乱と狂気に満ちながら、でもどこか憎めない 女を演じて私の💛を鷲掴みにした女優である。 もうね、それまでの韓流ドラマの常識を覆すインパクト のある彼女の演技は見た目(ルックスの美しさ)を超越 した魅力があった。 プライベートでも相当ヤラかしているみたいで 男性関係も常に別れる時は金銭トラブル状態で 2015年には事務所と金銭トラブルで移籍とか発表した ウンギョン氏。 当初は事務所が彼女の出演料を未払い状態とか発表してたけど 蓋を開けたら全くの逆だったみたい。 ようするに事務所の債権で10億ウォン(1億円)を肩代わり してもらいつつ 豪華海外旅行に出かけたり、デパートで ブランド服を爆買いしたり・・・ 1000万円以上の買い物をして、しかも付けで トンずら状態で付けを踏み倒し状態だったらしく・・・ 結局そのブティック担当の女性は責任を取って クビにされたみたいよ・・・汗 酷すぎるわウンギョン。 もう壊れたオルゴール状態ね。 まさに花火の女ね・・・ ウンギョンの見事過ぎる悪女っぷりが気になりだしたわ~って 人には是非 31日間無料お試し視聴期間で確認して欲しいわ! ハマる事間違いなしですよ・・・ 動画配信サービスU-NEXTで鑑賞することができます。 無料お試し期間を利用すれば、約12万本の動画を楽しむことが可能。 私が想像するよりかなり酷くて 「欲望の炎」を凌駕 してますよ・・・・ かなり危ない女。 それがシンウンギョンの実の正体だったみたいね。 嫌いじゃないけど第三者で良かったわ。 身内や友達にはつらいタイプよね。 でも嫌いじゃないの。 そんな自分の欲求にド直球な ウンギョンが大好きよ。 笑 シンウンギョンの現在はかなり厳しい立場に~ でもそうは問屋が卸さないのは当然の流。 国内では彼女を支持していた 国民が総スカン 状態みたい。 innolife. php? でも相当このウンギョンの反論は韓国内では 総スカンだったみたいね。 ワガママ放題のドギツイ韓国女を演じさせたら 右に出る者が居ないくらい迫力満点でハマり役 だったのに、あれほどの個性で悪女を演じられる 女はそうそう居ないわ。 本気でそう思うの。 webry. html いい表情でしょう~リアルよウンギョンわ・・・ 清々しいくらいの地雷女ぶりで見る者を引き込む魅力 があるウンギョンに活躍の場を与えるべきだわ。 顔だって気に入るまでどんどんカスタムして 綺麗になってるしね。 exblog. でも何が悪いの?私の人生よ!とbかりに強く 破天荒に突き進む強さが好きよ。 どんなに世間がウンギョンを悪く言っても 私だけは味方でいたいって思える魅力が ある事は確かね。 Sponsored Link おわりに 母親としてダメでも妻としてダメでもウンギョンには演技があると思うの。 絶対必要枠の女優である事に違いは無いから韓国女の欲望まっしぐらと言うかド直球な演技が懐かしいわ。 まずは少しの間厳しいかもだから「欲望の炎」だけは絶対お勧めだから見てみてね。 それと一刻も早くウンギョンを勧告ドラマ界にカムバックさせてほしいわ。 だってそうさせるだけの魅力は彼女には充分あるんだもの・・・仕方ないと思うわ。

次の

シン・ウンギョン

シン ウンギョン

シン・ウンギョンは2003年9月に、所属事務所代表のキム・ジョンスと結婚した。 この頃、所属会社の代表との結婚は、極めて珍しいことであった為、話題になったが、2007年に離婚した。 結婚生活の間に、脳水腫を患う一人息子を設けた。 好きなタイプ シン・ウンギョンは、「来る者拒まず、行く人を掴まない」と話し、「タイプは特にない」とも明らかにした。 性格 シン・ウンギョンは、「実は、少し見かけよりも脆くて、柔軟な性格だ。 私は蝶と蛾を一番恐れている。 野外で撮影をする時は、スタッフたちが蛾捕りに苦労する。 脆くて柔軟な性格を隠そうとする」とインタビューで話した。 趣味 特技 シン・ウンギョンの趣味は、映画鑑賞と旅行である。 デビュー前の経歴 シン・ウンギョンの特技は、料理である。 出身・家族・学歴 兄弟 弟2 出生国 出生地域 高校 安養芸術高校 演劇映画科 大学 檀国大学校 演劇映画学科 解散・引退について 周囲からの評判 シン・ウンギョンは、「映画『ヤクザの女房』の撮影中、負傷して以降は、アクション・シーンを撮るときが怖い」と打ち明けた。 「角材を振り回すアクションシーンを撮影していた時に、破片が目に入った。 しかし、幸いなことに、失明ではなかった」と説明した。 さらに、「けがをした目は、レンズをはめることになったが、レンズの度が-5. 25だ。 視力が悪くなった訳ではない。 もともと目が良くて、片方の目は1. 視力が極と極で、眼鏡は使えない」と説明した。 整形 シン・ウンギョンは、あごの整形を疑われている。 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

シン・ウンギョン

シン ウンギョン

日本でも大ヒットを記録した『サニー 永遠の仲間たち』や『怪しい彼女』など、数々の韓国映画のなかで印象的な役柄を演じてきた女優シム・ウンギョンが、本格的に日本のエンターテイメント界に進出する。 すでにこの4月末から5月上旬にかけて、自身にとっても初の舞台公演となった『良い子はみんなご褒美がもらえる』(堤真一、橋本良亮らが出演)に出演するなど、日本語での芝居にもチャレンジしている彼女。 その彼女が、松坂桃李とW主演を果たす映画『新聞記者』が、いよいよ公開される。 現役の新聞記者である望月衣塑子のベストセラーを原案に、官邸とメディアの攻防を描く、社会派サスペンスとなった本作。 韓国はもちろん、今後は日本での活躍も大いに期待されるシム・ウンギョンに、日本語でインタビューを試みた。 日本の文化全般に興味を持っていたんです。 なかでも、日本映画から受けた影響はとても大きくて。 シム:はい。 韓国と日本を行ったりきたりはしているんですけど、ここ最近は日本でのお仕事が増えてきて。 念願だった舞台をやらせてもらったり、昨年の冬にはこの『新聞記者』を撮ったりしていたので、日本での生活にもだいぶ慣れてきました。 シム・ウンギョン 1994年5月31日生まれ。 9歳でドラマデビュー。 自分でも、2年前だったら想像できなかったぐらい……日本でいろんなことに挑戦させていただいているので、本当に驚いています。 俳優という仕事は、つねに勉強し続けなければならないですし、いろんな作品に挑戦することはもちろん、自分の人生でも、いろんな経験をすることが大事だと思っています。 芝居というのは「ひとりの人間を見せる仕事」ですから。 シム:はい。 その経験も関係しているかもしれないですね。 いちばん大事なのは、いろんな経験をしながら、そこで実際に過ごした時間や、自分自身が感じたことが、何かの役を演じる上でもすごく大事なことであることに気がついて。 それで、韓国だけではなく、いろんな国でいろんな経験をしたいなって思うようになったんです。 そのひとつの国が日本でした。 なぜ、日本だったのでしょう? シム:以前から、日本の文化全般に興味を持っていたんです。 なかでも、日本映画から受けた影響はとても大きくて。 中学校の頃に初めて日本の映画を見たんですけど、それが岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』(2001年)と是枝裕和監督の『誰も知らない』(2004年)だったんです。 そこから日本の映画に興味を持つようになって、「いつか日本で仕事ができたらいいな」という夢が大きくなっていきました。 ちょうど2年ぐらい前に、いまの事務所の方とお話する機会があり、私の仕事についての考え方をいろいろお話しして、一緒にやっていくことを決めて。 そこから、日本語の勉強を始めたり準備をしたりして、今回の作品に出演できることになったんです。 シム:そうですね。 安藤さんは、本当に大好きな俳優さんで……生の感じというか動物的というか、頭のなかで考えたものではなく、感じたものをそのままお芝居に出しているように見えるのが、本当に素晴らしいところだなと思いますし、いつか共演できたら本当に嬉しいです。 もともと、街中を歩いて回ったりすることが好きなので、日本でも、谷中あたりを散歩したり。 何か買って食べながら散歩したり、そのままカフェに入ってぼーっとしたり。 ぼーっと外の景色を眺めたりするのが好きなんですよね(笑)。 シム:あと、本が好きなので本屋さんに行ったり、音楽も大好きなので、CD屋さんに行って「最近、どんなアルバムが人気なのかな?」って探して、いろいろ聴いてみたりしています。 山下達郎さんや竹内まりやさんが好きなんですよね。 最近Youtubeとかで流行っている「ヴェイパーウェイヴ」の流れから入ったんですけど、どうも私は、日本の1980年代の「シティーポップ」と呼ばれるものが好きみたいで、そこから自分でいろいろ探しています。 吉田美奈子さんや八神純子さんも、最近よく聴いています。 作品情報 『新聞記者』 2019年6月28日(金)から新宿ピカデリー、イオンシネマほかで全国でロードショー 監督:藤井道人 原案:望月衣塑子『新聞記者』(角川新書刊)、河村光庸 出演: シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼 岡山天音 西田尚美 高橋和也 北村有起哉 田中哲司• プロフィール シム・ウンギョン 1994年5月31日生まれ。 9歳でドラマデビュー。 「ファン・ジニ」(06)、「太王四神記」(07)、「キム・マンドク~美しき伝説の商人」(10)、「赤と黒」(10)などが放送され、日本でもお馴染みの子役となった。 主演として韓国で観客動員740万人を記録した大ヒット映画『サニー永遠の仲間たち』(11)、『怪しい彼女』(14/主演)では韓国で観客動員865万人を記録するなど話題の作品にも多数出演、その後も韓国ドラマ「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」(17/主演)などで活躍。 今年は日本の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」(19)で人生初舞台を踏み、映画では、『新聞記者』に続き『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が控えている。

次の