東西 線 発車 メロディー。 東京メトロ東西線 発車メロディ全集

ホームドアは開いたのに「開扉せず発車」 東京メトロ・東西線の「珍事」はなぜ起きた: J

東西 線 発車 メロディー

ツイッターでは「なかなか珍しい案件」 東京地下鉄の2019年7月26日の発表によると、事が起きたのは同日6時46分ごろ。 三鷹駅(JR)行きの東西線電車が早稲田駅に到着する時、ホームへの進入速度が高いと判断した運転士は、非常ブレーキを操作して急停車した。 所定の停車位置に停まり、自動でホームドアが開扉したが、車掌が車両ドアの開扉操作を失念し、急停車のお詫びについて車内放送した。 「車内放送に気を取られた」という車掌は、車両ドアが開扉しているものと思い込んでいた。 そのまま発車メロディを鳴らし、開いていないのに車両ドアの閉扉操作をし、ホームドアも閉扉のうえ、発車させてしまった。 車両ドアが開かなかったために乗降できなかった利用客が申し出をしたことで、トラブルが発覚。 「全ての乗務員に対して、改めて基本動作の指導、徹底を行い、再発防止に努めます」としている。 ツイッター上では「珍事だ」「なかなか珍しい案件」「車掌さんは気が動転し過ぎて車両の赤ランプもスルーしちゃったのか」など、あまり聞かないトラブルに注目する声があがっている。 同社広報担当は29日、J-CASTニュースの取材に、「複数の対応している中で、車両扉も開けたと勘違いしてしまった」と当時の状況を詳しく説明する。 車両ドアの開閉扉操作は、ワンマンタイプであれば運転士が行うが、車掌も同乗していれば車掌が行う。 今回は発表文のとおり車掌が乗っている車両だったが、運転手が非常ブレーキによる急停止をしたことで混乱が生じた。 「車掌はまずお客様にお詫びを申し上げないといけないということで、車内放送をしました。 一方、ホームドアは列車が停止することで自動開扉します。 ホームドアが開いたことで、車両ドアも開いたものと勘違いしてしまいました」 車掌、運転士ともに気付かず、駅係員も... 車掌は普段、駅停車時は列車の最後方からホームを見渡すが、今回は車内放送をしたため、車両ドアの開扉を確認していなかった。 運転士も、非常ブレーキによる急停止措置をとったことを早稲田駅停車中に指令所に報告するため車内にいた。 そのため、車掌はホームの状況を確認しきれず、ホームドアの開扉と車両ドアの開扉を混同してしまったという。 では駅係員は、というと、そもそも今回のトラブル発生時はホームに駅係員が配置されていない時間帯だった。 早稲田駅では朝の通勤時間帯のうち、利用客数が多くなる8時~9時30分の間のみ駅係員をホームに置いている。 発表文によると、トラブルがあった列車の乗車率は約20%(約300人)で、早稲田駅で乗車できなかった人数は約7人、降車できなかったと申し出があった人数は5人だった。 広報担当は「今回の件を機に当該時間に駅係員を配置することは検討しておりません。 車掌の基本動作ができなかったことが原因と考えています」と話す。 ここで言う車掌の基本動作とは、車両ドアの開閉操作だ。 ホームドアが自動開扉すると表示灯が点灯し、車掌はこれを確認して、車両ドアを手動で開閉扉する。 車両ドアを開き、車体についている車側灯が点灯するのを確認するまでが開扉作業の一連の動作だという。 東京メトロで駅に停車しながら車両ドアが開扉せずに発車した前回の例は、約5年前の2014年8月という。 広報は「車掌・運転士の基本動作を徹底していきます」と話している。 (29日20時30分追記:指摘を受けて記事の内容を一部修正しました。 ) (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の

【路線別】東京メトロの発車メロディーの一覧

東西 線 発車 メロディー

駅ごと発車メロディ 導入駅 A線(西船橋方面) B線(中野方面) 補足 中野駅 (営団ブザー) (営団ブザー) JR東日本管轄駅 落合駅 A Day in the Metro Beyond the Metropolis 高田馬場駅 早稲田駅 神楽坂駅 飯田橋駅 九段下駅 大きな玉ねぎの下で 大きな玉ねぎの下で 日本武道館(大きな玉ねぎ)の最寄り駅 竹橋駅 A Day in the Metro Beyond the Metropolis 大手町駅 日本橋駅 お江戸日本橋 お江戸日本橋 東京日本橋の民謡 茅場町駅 A Day in the Metro Beyond the Metropolis 門前仲町駅 木場駅 東陽町駅 南砂町駅 西葛西駅 葛西駅 浦安駅 南行徳駅 行徳駅 妙典駅 原木中山駅 西船橋駅 東西線での発車メロディの導入2015年5月から6月にかけて実施された。 他の路線では1つの駅での発車メロディはそれぞれ単独で完結する短いメロディーでできている。 しかし、東西線の場合はこれとは違って、始発から終点まで1つ1つ発車メロディーを聴いていくと1曲のメロディーになるパターンとなっている。 A線(西船橋方面行)とB線(中野方面行)でそれぞれ「A Day in the Metro」と「Beyond the Metropolis」が採用された。 いずれも向谷実が作曲。 参照: A Day in the Metro A線(西船橋方面行)の各駅にて使用されているのが「A Day in the Metro」。 各駅の発車メロディをつなぎ合わせると1つの曲のように聞こえる。 しかも、駅ごとには微妙に雰囲気も表現されているという。 例えば、高田馬場駅や早稲田駅は学生の街(大学の近く)ということで若い世代にぴったりの演奏をしている。 東京の中でも伝統が残る門前仲町駅や木場駅では和太鼓演奏をしている。 Beyond the Metropolis B線(中野方面行)の各駅にて使用されているのが「Beyond the Metropolis」。 同じように各駅の発車メロディをつなぎ合わせると1つの曲に完成する。 駅ごとの表現もまた出ている。 木場駅・門前仲町駅は和風。 茅場町駅駅・大手町駅はビジネス街を表現。 ご当地メロディー 東西線でも以下の駅では「ご当地メロディー」が使われている。 九段下駅• 日本橋駅 いずれも「A Day in the Metro」と「Beyond the Metropolis」とはまた別の単独曲である。 九段下駅|爆風スランプ「大きな玉ねぎの下で 〜はるかなる想い」 2015年5月21日より使用開始。 九段下駅では爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で 〜はるかなる想い」が使用されている。 タイトルの「大きな玉ねぎ」とは、日本武道館の屋根の上に載っている擬宝珠を指す。 歌詞の中では九段下駅から日本武道館へ向かう時の景色が入っている。 そして、九段下駅は日本武道館の最寄り駅ということで、この曲が採用された。 編曲は同じく向谷実が行った。 日本橋駅|お江戸日本橋 2015年5月22日より使用開始。 日本橋駅では「お江戸日本橋」が選定された。 東京日本橋の民謡として知られている。 東海道の起点である日本橋から京都までのいわゆる「東海道五十三次」の宿場名を歌い込んだ俗歌。 この地にゆかりのある曲として、東西線ではご当地メロディーとして採用された。 編曲は同じく向谷実が行った。 なお、銀座線でも「お江戸日本橋」が発車メロディとして使用されている。 こちらは塩塚博・福嶋尚哉が担当。 同じタイトルではあるが、東西線と銀座線ではメロディーをアレンジした人物が別々。 中野駅に関して 東西線でも中野駅に関しては従来通り「営団ブザー」が使用されている。 これは、中野駅が東京メトロの所有物ではないことに関係する。 駅を管轄しているのはJR東日本。 東京メトロはあくまでも乗り入れているという形を取っている。 さらに、中央線(各駅停車)と相互直通運転を行う電車はJR線が使用するホームへ入線することもある。 この場合は、JR東日本の発車メロディが使用される。 西船橋方面へ向かう5番線は「JR-SH2-3」が使われる。 >> 一方の三鷹方面行のJR中央線(各駅停車)の電車で東西線からの直通列車だと3番線から発車するが、ここでは「営団ブザー」が使用されている。 なお、ブザーを操作するのはJR東日本の乗務員。

次の

吉祥寺

東西 線 発車 メロディー

ミノルさんの弟子として音楽館で働いている岡田くん ぴょんぴょん の、共同作。 普通に1駅1駅聴くよりも、よりメロディーとして把握しやすいです。 Actually flowing plan based on the already the station sound source begins to flow , put such as bass and drums with Mr. Mukaiya is driving , it was finished in groovy , B line " A Day in the Metro Plus ". Working in the music hall as a disciple of Mr. Minoru,Mr. Okada hopping , co- operation. Normally , rather than listen to one station 1 station , it is easy to grasp as the more melody. Nico-Nico Video ver. Nico-Nico Live Recording ver. 【ついに公開】無料で楽しく笑いながら稼げるFX動画、知ってますか?.

次の