予言.com。 【今年地球滅亡?!】ホピ族の予言が的中しすぎて怖い。

未来予言2015

予言.com

これらの予言を研究すると、全ての予言が共通する結果を示している事に気付く。 疫病は旧暦の2020年7月13日ピークに至る」と記されている 2019年12月1日、武漢金銀潭病院の副院長黄朝林は、国際医学学術誌「ランセット」(The Lancet)に論文を発表した。 その論文には「新型コロナウイルスに感染した肺炎患者が見つかった」と記されている。 この最初の感染患者の初症状が出たのは2019年11月(旧暦2019年10月)であり、刘伯温によって予言された時期と完全に一致する。 字は伯温。 朱元璋に仕えて明王朝を建国するに際し大きな功績を上げ、その後の明を安定させることに尽力した。 二、「地母経文」の庚子災難の予言 中国の六十甲子(日本では六十干支と呼ばれる)の最古のものは、中国商時代の遺跡に甲骨文字で書かれている。 六十甲子は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干と「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支を組み合わせであり、前の庚子(かのえね)の年から次の庚子の年までの60年を一つの甲子(きのえね)と呼ぶ。 2020年は21世紀の初めての庚子の年であり、歴史を溯ると、過去の庚子の年にも多くの災難が発生したことがわかる。 1840年庚子の年、中国で第一次アヘン戦争が始まった。 1900年庚子の年、八ヶ国連合軍が中国を侵略した。 1960年庚子の年、大飢饉が起こった。 2020年庚子の年、中共ウイルス(新型コロナウイルス)が拡散した。 三、アメリカ人ジェニー・ディクソンによる予言 アメリカ人の預言者であるジェニーは生涯を通して多くの予言をし、これらの予言は全て当たった。 1997年ジェニーは重病にかかり、死ぬ前に彼女は遺言を残した。 「東方のどこかに男の子が生まれ、いずれ彼は世界を一変させるだろう。 21世紀、人々は彼の偉大な力を感じ、そしてその後の10年間で、世界は新しい構造と新しい外観を伴い、新しい世界へと変わるだろう。 その新しい世界には戦争がなく、災難もないだろう。 2019年以後、彼の力は更に強くなるだろう。 」 ジェニー・ディクソンはまた、「2020年には、反キリストの人々に悪の一面が表れ、聖書黙示録(ヨハネの黙示録)に記されているハルマゲドンの戦いが始まり、最後に正義が勝利するだろう」と予言した。 ハルマゲドンの戦いは、「末世の善と悪の戦い」あるいは「末世の災難」とも翻訳されている。 更にこの戦い後に、大審判があり、神様を信じない人と神様を迫害した人を地獄に追いやり、残りの人は新しい紀元に入るとも記されている。 四、盲人のバハイ・ヴァンガによる予言 ヴァンガ氏は2004年の南アジアの津波、米国の911事件、地球温暖化の苦境及び米国初の黒人の大統領が現れることを予言した。 ヴァンガ氏は1996年、85歳の時、乳腺炎で亡くなった。 彼女は21世紀まで生きる事が出来なかったが、今の時代の多く事を正しく予言した。 2016年イギリスが欧州連合からの離脱を選択したことはそのうちの一つだ。 ヴァンガ氏は又、2020年アジアで自然災害が起こる事も予言した。

次の

予言

予言.com

映画『予言』については「」をご覧ください。 予言(よげん、: prediction)とは、ある物事についてその実現に先立ち「あらかじめ言明すること」である。 神秘的現象としての「予言」は、その中でも合理的には説明することのできない推論の方法によって未来の事象を語ることを指し、やと同じくの領域の話題として扱われることが多い。 未来の事象を扱う場合でも、やのモデルに則り、合理的な説明が可能なものは、神秘的な意味での予言とは扱われない。 例として、人間の身近な物体の運動、、などが挙げられる。 としての「預言」と「予言」は本来同義である。 一方、啓示宗教におけると予言・予測は本来的に異なる概念である。 また、預言やには、未来を語ったものも含まれており、その部分は予言でもある。 本項では主に神秘的現象としての予言を取り扱い、対比として部分的に自然科学における未解明問題に対する予想に「予言」という語を充てる例を取り上げる。 予言の生成 [ ] 予言は予言者が未来の事象に関して著述あるいは口述することにより生成される。 その過程は予言者の意識活動による想起である。 この点において予言は他の一般的な題材に対する創作活動と変わるところはない。 しかし未来の事象を予測するのにその推論過程に関して合理的な説明がなく、専ら予言者の想起に拠っているにもかかわらずその内容の当否を議論しようとするところに、創作活動としての予言の特殊性がある。 予言には純粋に予言者の想起に拠るものの他に、何らかの道具あるいは情報を補助的に用いる占術の形態を採っているものもある。 これら占いによるものも具体的な事象への適用にあたっては占術師の予言想起の過程を経て生成されるものであり、合理的な説明を伴わないという点では広義で予言に含められるものである。 予言の的中 [ ] 予言の的中を示すには、合理的には予測されない事象について、何が起こるかという事象の内容を事前に明確に記録していることが、十分条件となる。 前記の十分条件を満たしていると広く認められている資料は、2012年までには確認されていない。 予言と称されるものでしばしば見られる事例として、• 事前に残された抽象的な言葉(予言)を、事後に事実に合わせて解釈をすること• 多く語った中で数例的中したといった偶発的な的中 を予言の的中あるいは成就とするものがある。 などではこれらは予言の的中とはみなされない。 また、予言の的中をもって予言者の特異な能力の発露、あるいは超常的な情報伝達が行われた証拠とされることもあるが、的中したという事象からそれが偶然によるものか事前に予見されたものかを判別する方法は存在しない。 の世界観の元では、この世のあらゆる物体の位置とその運動を把握できれば、未来永劫にわたる事象の予測が可能である。 これによって未来を見渡せる存在をという。 しかしのもとでは、これは不可能であると見なされるようになった。 が知られてからは、非線形力学系では系の従う方程式と初期値を定めることが可能であったとしても、微小な初期値の差異が拡大再生成されて、系の確定的な未来の状態を精度よく予測することは困難であるとされている。 では、予言という概念を認めていない。 これらの点をまとめると• 予言とされる供述内容が、未来の事象を明確に特定するには不十分である。 予言による未来の事象を推論する方法に合理的説明がない。 さらに一般に予言で扱われるような人間が関わる事件を合理的に説明する方法は、相当に困難 事実上不可能 と思われること。 と言え、予言は疑似科学として扱うことが妥当と一般的に認識されている。 デジャヴ [ ] デジャヴ というある既視感体験を多くの人々が経験している。 しかし、大抵の場合その事象が起きた時に初めてその既視感に気づくので事前にその記憶を表現し、予言とすることは困難である。 詳しくはを参照。 大予言 [ ] 予言・大予言は、ではの著作である『』で一躍有名になった。 予言と大予言の境界についての明確な基準はない。 正当な的中例とは見なし得ない予言 [ ] 事後予言 [ ] 事後予言(じごよげん)とは、ある出来事が起こった後に、事前に見通していたかのように捏造された予言のことである。 上で述べた、曖昧な予言に事後の解釈を付け加えるものも、これの一種と位置付けられる。 言うまでもなく、事後予言は予言というよりも単なる詐術であり、米国の占い師の中には、事後予言が露見して信用を失った者もいる。 ほか、も事後予言に属する要素を含むと指摘されている。 自己成就予言 [ ] 自己成就予言(じこじょうじゅよげん)、もしくは予言の自己(よげんのじこじょうじゅ)(英、self-fulfilling prophecy)とは、予言をした者もしくはそれを受け止めた者が、予言の後でそれに沿った行動を取ることにより、的中するように導かれた予言のことである。 の最期や、の最期と伝えられる逸話などが当てはまる。 また、より身近な例として、や、も、示された結果を受け止めた者が、(意識的にせよ、無意識的にせよ)それに沿った行動を取ることで、当たっていると錯覚しているケースのあることが指摘されており 、これも一種の自己成就予言と言える。 この語は、の用語としても用いられる。 主な予言者・予言書 [ ] 予言者 [ ] ここでいう「予言者」は、超自然的な方法で未来を知覚するという意味での予言者と称している、あるいはそのように見なされている人物である。 また、上記の定義の通り、などにおけるは、ここには含めない(関連なども対象外である)。 (インド)• (ギリシア)• (イタリア)• (フランス)• (フランス)• (現チェコ)• (日本)• (アメリカ)• (アメリカ)• (日本)• (ブラジル)• (アメリカ)• (日本)• (ブルガリア)• (ネパール) 動物 [ ] 動物が直接予言するわけではないが、人間が何らかの操作と解釈をすることによって特定の動物に予言を行わせることがある。 著者不明の予言書など [ ] 表示されている著者とは無関係のであることを疑われているものも含む。 (教皇図)• の暦書• の予言• の神話• 作と称する各種予言• その他 [ ] 一般には予言と見なされていないが、予言的なメッセージが込められていると主張する論者のいるもの。 古典や伝説的な書物などを取り上げて、予言が含まれていると主張するのは、の手法の一つでもある。 の内部構造• の『』 自然科学における予言 [ ] 自然科学の領域でも、「予言」の語が用いられることはある。 これは、あるが正しいとした場合に、必ず存在するはずの未発見の物質や、未観測の現象を想定する時に用いられる。 自然科学における「予言」は、仮説の妥当性を検証する上で重要な意味を持つ。 ほぼ同じ意味でといわれることもある。 このような「予言」の例としては、がによって当時未発見だったの性質を予言したことや、がの回帰を予言したこと、とがのからの存在とその軌道を予言したこと、がによって当時未確認だったやを予言したこと、によるの存在の予言などが挙げられる。 日本人初となったの受賞も、におけるの存在を予言したことが評価されてのものであった。 社会科学における予言 [ ] 詳細は「」を参照 の思想とにおいては、社会が革命で訪れるとのべられ、これが宗教的な予言であるとして批判された フィクションと予言 [ ] 予言としてのフィクション [ ] 時として、フィクションの中で語られたことが、現実でも起こることがある。 その要因は、偶然の一致にすぎないものや、作者の緻密な分析の賜物であるものなど、様々である。 「予言的」な小説家としては、の名がよく知られている。 またこの中には、がウェルズの作品に影響を受けてを実用化させたように、自己成就予言的なものも含まれている。 予言が出るフィクション [ ] 「予言」がストーリーの主要部分に関わるフィクションもしばしば見られる。 作品の例 [ ]• - の。 数学的手法で未来を予言する「」がストーリーの鍵となる。 - のSF小説。 - の漫画短編。 同じ作者による予言をテーマとした他の短編には、「大予言」「アチタが見える」などがある。 オインゴ・ボインゴの大冒険 - の作品。 『』に登場したネタの一つ(予言書の)が単著となったもの。 脚注 [ ] []• 78-82、『イスラームとは何か』(、1994年)p. なお、日本での「預言」と「予言」の用字についてはを参照のこと。 32-33• で「大予言」を検索すると、382冊の著書がヒットする - 2007年1月現在• 1997 『改訂版 大予言の嘘』pp. 90-92, 1998 『予言の心理学』pp. 255-268• 1998 『予言の心理学』p. 255、 2001 『社会心理学キーワード』有斐閣、pp. 174-175• 例えば『一九九九年 運命の日』二見書房。 も参照。 『ノストラダムス メシアの法』二見書房、1987年。 坂之王道『広重の暗号』青春出版社、2006年。 キリスト教と近代文化 野口啓祐訳 弘文堂書房 1948 アテネ文庫 、猪木正道『共産主義の系譜』、1949年、「」社會問題研究. 『トンデモ予言者大集合』(ベストセラーズ、1998)• 『トンデモ大予言の後始末』(、2000) 関連項目 [ ]•

次の

cdn.snowboardermag.com : 新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

予言.com

占星術師のアビギャ・アナンド(Abhigya Anand)君は昨年8月22日、YouTubeに『2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画を投稿。 その映像の中で「世界各国を脅かす災難(ウイルスパンデミック)が2019年11月から発生し、3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」と予言した。 ただ、5月29日で完全に終わるわけではなく、徐々に減少していき、本格的に収束するのは7月からだという。 また、年末の12月に、より深刻なパンデミックが発生するとも予言している。 「アナンド少年は占星術で新型コロナウイルスの出現を占ったといい、6月末までは良い知らせがないと予言。 また、人類は最終的にワクチンを開発するかもしれないが、今後、また別の種類のウイルスがやって来て、どんな抗生物質も効かないスーパーバグ(超多剤耐性菌)が現れるとも語っています。 より大きな災害は、今年12月20日から来年3月31日まで続くといい、新型コロナウイルスよりも深刻になるといいます。 免疫力アップには、有機野菜などの他、特にウコンを勧めている。 「結局、最後はメンタルマネジメントが大切で、栄養と睡眠をたっぷり取り、個人個人が免疫力を高めていけば、おのずと未来が開けるということでしょう。 不摂生な生活を送っていた人は、今回のコロナ騒動を機に生活習慣を変えた方がいいかもしれませんね」(同・ライター) アナンド君の予言はあくまでも占いによるもの。 悪い予想は外れることを期待したいが、未来がどうなるかは誰も分からない。 まずは、個人でできることから始めてみることが大切なようだ。

次の