ミスト ラスト - 映画『ミスト』の意外な結末のラストシーンがバッドエンド過ぎる!!【ネタバレ・考察】

ラスト ミスト 映画『ミスト』の感想・考察 ラストの意味と結末&怪物の正体

ラスト ミスト ミスト|原作のラストを映画版と比較!結末の改変を行った理由とは?

ラスト ミスト 映画「ミスト」ネタバレ考察 怪物の正体と衝撃すぎたラスト15分!

ラスト ミスト 【ネタバレ感想・考察】鬱映画『ミスト』霧の正体とラストに隠された意味と伝えたかったこととは

ラスト ミスト 衝撃のラストをネタバレ解説!観た人全てが鬱になる映画『ミスト』はここが凄い!

映画『ミスト』の感想・考察 ラストの意味と結末&怪物の正体

ラスト ミスト 映画『ミスト』があのラストに至った「3つ」の大きな理由

鬱映画「ミスト」原作はどうなる?あらすじ・感想・ネタバレあり

ラスト ミスト 鬱映画「ミスト」原作はどうなる?あらすじ・感想・ネタバレあり

映画『ミスト』ネタバレ考察 最悪のラストは希望のメッセージだ!

ラスト ミスト 映画『ミスト』があのラストに至った「3つ」の大きな理由

映画『ミスト』ネタバレ考察 最悪のラストは希望のメッセージだ!

ラスト ミスト 映画『ミスト』の意外な結末のラストシーンがバッドエンド過ぎる!!【ネタバレ・考察】

ラスト ミスト 「ミスト」原作のラストは?

映画「ミスト」のラストが衝撃的で最高な理由

映画『ミスト』の感想・考察 ラストの意味と結末&怪物の正体

あくまで個人的意見ですが、ラストを見る限り人類が勝利したと言えそうです。

  • 伊藤Pさんのおっしゃることもそうなのですが、なにが辛いかって云えば スーパーから子供を留守番においてきていて、誰からも強力を得られず 呪いの言葉ををはいて一人霧の中スーパーを出て行ったお母さんが、 ラストの軍用トラックの救助された人々に中に子供共々いて主人公と目を合わせるシーンです。

  • 教会への勤めを命じられたカリンとインゲリは道中で言い争いになり、カリンが1人で教会へ向かうことに。

  • 予測不可能な男の行動とストーリー展開から目が離せず、気が付いた時には驚愕のバッドエンドを目にすることになるでしょう。

映画「ミスト」ネタバレ考察 怪物の正体と衝撃すぎたラスト15分!

アマンダのセリフにあったように性善説を、人を最後まで信じた人物も描かれていた。

  • 設定も秀逸ながら、やっぱり衝撃的でしたね。

  • 北野武初監督作品となった日本映画です。

  • しかしオリーは大型の怪物に捕まり、バドは車までたどり着けず店内へ戻ります。

映画【ミスト】ネタバレ感想!ラストの結末は衝撃的!原作ラストとの違いやクリーチャーを紹介!

ただ 怪物はサイレントヒルのモンスターとは違う系統なので、好みは別れるかもしれません。

  • 探知機が持ち帰ったサンプルは、なんと未確認生命体でした。

  • 米軍は秘密裏にそれを観察、研究するための窓を設置していたが、その窓が何らかの事故で扉となってしまったのでした。

  • 死を覚悟する すると遠くから轟音が—。

映画ミストのラストは原作と同じですか?

しかし買い物を終えようとしていた時、店の外を深い霧があっという間に覆いつくし、「外に何かがいる」と助けを求める血塗れの男性がスーパーに飛び込んできました。

  • あと、キリスト教が多分に関わっているけど、 伊藤Pはキリスト信者でもないし、詳しいわけでもない。

  • デヴィッドは早朝に脱出することを決意しました。

  • なぜミストのラストはこんなにもクオリティーが高いのでしょうか? 今まで僕が見てきた「トラウマ系ラスト」は、せいぜい 人為的なものです。

映画「ミスト」ネタバレ考察 怪物の正体と衝撃すぎたラスト15分!

これは助けを求めた女性を見捨てた罪についての罰がスーパー全員に下されたという演出だと感じました。

  • アドレナリン出まくりの怒涛の展開のラストには、まさかの衝撃が待っています! 火星で発見した未知の生命体を巡る、宇宙を舞台にしたアメリカのSFスリラーです。

  • デヴィッドは8歳の息子のビリーを連れ、隣人のブレントと共にスーパーマーケットで買い物をしていました。

  • 主人公の心情を思うとあまりに悲しすぎます。

バッドエンドのおすすめ映画20選 後味最悪の名作を邦画・洋画から厳選!

しかしなぜあのようなラストになったのか、脚本も手掛けているダラボン監督の意図は何だったのかが気になります。

  • スーパーマーケットを抜け出して車に乗ってからは静けさがありました。

  • こうした1つ1つの出来事が、デヴィッドが「もう拳銃で集団自殺するしかない」までに絶望する理由になっています。

  • 同時に自分がおこなった選択を激しく後悔しました。




2021 cdn.snowboardermag.com