サラリーマン 番長 2。 サラリーマン番長2を打った感想

押忍!サラリーマン番長2 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 スペック 終了画面 設定6 AT直撃

サラリーマン 番長 2

サラリーマン番長2(サラ番2)の天井・ゾーン・期待値・狙い目・やめどき・設定判別など全解析を徹底まとめ。 最新解析は随時更新していく。 前作同様、番長ボーナスと頂RUSHによってコイン増加を目指す仕様だ。 また、今作では「頂SRUSH」の突入率が前作比で10倍以上にアップ。 轟と鏡の二人が共闘する「頂XSRUSH」突入なら、さらに上乗せ性能がアップする。 この恩恵により、モードA天井は、 ・AT突入率が高い ・AT突入時の期待枚数が多い といった恩恵が存在する。 1 ・ブルーレジェンド突入率が全設定でNo. 内部モード 通常時は3種類のモード「モードA」「モードB」「天国」が存在。 各モードで高確B マップ高確 突入ゲーム数や天井ゲーム数が異なる。 雫ステージ移行はモード判別に活用できる。 営業会議(前兆ステージ) マップ抽選・レア役などを契機に突入する前兆ステージ。 営業会議中は金塊が積まれるほどチャンス!両キャラの金塊が同じ数の状態で対決演出に発展すると「共闘」に発展し、ボーナス・AT当選の期待大となる。 ブルーレジェンド中は下記の恩恵あり。 30G目のジャッジ成功で頂RUSH当選となる。 轟BBのアツい演出パターン ジャッジ演出はパンダとの対決。 ジャッジ中は下記のチャンスアップが発生する場合あり。 鏡BBのアツい演出パターン ジャッジ演出では「KGM」の文字が完成すれば継続確定。 また告知発生のたびに継続率を上乗せする。 ジャッジ演出はコパン玉ルーレット。 アツい演出の法則も操BBと同じ。 超番長ボーナス 消化中は高確率で「7を狙え」が発生し、揃うたびに頂RUSHの差枚数が上乗せ。 青7揃いなら大量上乗せに期待できる。 赤背景は7揃い期待度アップ。 差枚数が残り300枚到達で「限界突破」となり、BAR揃い演出を経由して頂総決算ボーナスor決算ボーナスに突入する。 ハンコ10個到達時には以下の抽選が行われる。 ボーナス自体の獲得枚数は少ないが、ボーナス終了後も残り差枚数299枚からATがスタートするため、ボーナスループにも期待できる。 消化中はスクロールする会社名で設定示唆を見れるチャンス。 頂総決算ボーナス AT中に差枚数300枚突破後にBARがひし形に揃うと突入。 「決算ボーナス」の上位版的な位置付けだが、初回の差枚数300枚突破後は必ず頂総決算ボーナスが発動する。 後半パート消化中に6択押し順ベルが全パターン成立すると発生する。 バスバチャレンジ 中リールに「BAR・弁当・BAR」を狙え!!発生でチャンス。 成功すれば頂SRUSHor頂XSRUSHに突入する。 最終的にBARが揃うと頂SRUSH。 Z型(下記画像)で止まると頂XSRUSHだ。 鏡AT中はバスバチャレンジが発生した時点で成功確定だ。 両方の演出が重なると、バスバチャレンジ発生濃厚だ。 レア役・漢気目は大量上乗せに期待できる。 保証ゲーム数消化後は6択ベル不正解で終了するが、復活の可能性も残されている。 引き戻しゾーン 引き戻しに成功すれば残り100枚からAT再突入。 セットストックを保有している場合もこちらの演出を経由する。 さらに背景が青なら上位版「頂XRUSH」濃厚。

次の

押忍!サラリーマン番長2 掲示板

サラリーマン 番長 2

機種情報 『押忍!サラリーマン番長』の後継機となる本機は、1G純増約3. 0枚の疑似ボーナスやATで出玉を増やすタイプ。 通常ゲーム中はマップ抽選やレア役などを契機に擬似ボーナス「番長ボーナス」へと突入し、初回20Gスタートの番長ボーナスは継続率を加算させながら3回継続すればATへ突入だ。 頂RUSH中はレア役や上乗せゾーン「頂SRUSH」などで規定枚数の上乗せが発生し、残り差枚数が300枚に到達すると頂総決算ボーナスへ。 頂総決算ボーナス終了後は再び頂RUSHに突入し、その際頂RUSHの残り差枚数が299枚からスタートするため1G目にハズレや1枚役が成立すれば再度頂総決算ボーナスor決算ボーナスに突入だ。 このような流れとなるため頂RUSH突入後は残り差枚300枚に到達することが目標となり、そのためにも出現率が約110分の1にアップした頂SRUSHを射止められるかが鍵となる。 頂SRUSHの上位版「頂XSRUSH」や「絶頂RUSH」、「超番長ボーナス」など一撃トリガーも存在。 今作のキーワードは「共闘」で、対決演出中など轟と鏡が共闘すれば好機到来だ。 ハンコが10個貯まればボーナスやCZのチャンス。 押忍弁当の一部でCZへ。 漢気目出現で番長ボーナスへ。 継続ジャッジ3回成功で頂RUSHへ。 レア役や上乗せゾーン「頂SRUSH」などで規定枚数を上乗せ。 残り差枚数が300枚に到達すると頂総決算ボーナスへ。 頂総決算ボーナス後は再び頂RUSHへ。 ボーナス構成 疑似ボーナスは番長ボーナス2種類で構成。 頂RUSH中は、レア役、ハンコ10個時の抽選など。 番長ボーナス消化手順 押し順ナビ発生時は、ナビに従い消化。 「7を狙え」発生時は、押し順に従いつつ赤7を狙う。 それ以外は、通常ゲーム中と同じでOK。 番長ボーナス突入時は演出モードを選択(3種類あり)。 20G消化までに継続率をアップさせ、20G消化後は貯めた継続率で継続ジャッジ(4Gの連続演出)。 継続ジャッジ成功なら5G継続し、そこで継続率をアップさせたのち再び継続ジャッジ。 それを繰り返し3回継続できれば頂RUSHへ。 番長ボーナスからの頂RUSH期待度は、青7揃いが約65%、赤7揃いが約40%。 番長ボーナスは頂RUSH中にも出現する可能性があり、継続ジャッジ成功ごとに頂RUSHの規定枚数を上乗せ。 特定ゲーム数に到達すれば高確Bとなりボーナスの期待度アップ。 モードが3種類あり、モードによって高確Bへ移行するゲーム数や天井が変化。 「通常Aモード」は、200G、400G、600G台の前半に必ず高確Bへ、天井は約799G。 「通常Bモード」は、100G、300Gの前半に必ず高確Bへ、天井は約561G。 「天国モード」は、100G以内のボーナスが確定。 高確Aへの移行契機は、弱チェリーや弱弁当など。 高確Bへの移行契機は、特定ゲーム数到達時(モードごとの抽選)。 超高確は、高確Aと高確Bが重なった状態。 ハンコが10個貯まれば、番長ボーナスや特命、高確Aへの移行などを抽選。 番長ボーナス当選時は、残っているハンコの数で継続率を加算。 頂RUSH中は押し順中段ベル出現でハンコを2個以上獲得し、ハンコ10個で規定枚数の上乗せ、番長ボーナス、頂SRUSH、CZ「特命」、高確などを抽選。 AT消化手順 押し順ナビ発生時は、ナビに従い消化。 中リールに「BAR・弁当・BARを狙え!! 」発生時(バスバチャレンジ)は、中リールにBARを狙い、左&右リールにもBARを狙う。 それ以外は、通常ゲーム中と同じでOK。 ステージ昇格で番長ボーナスや頂SRUSHの期待度アップ。 プール突入で頂SRUSHのチャンス。 ステージ昇格で番長ボーナスや頂SRUSHの期待度アップ。 メーターで残り差枚数が表示され、250~230枚、150~130枚、50~0枚は漢気ゾーンとなり、頂SRUSHを高確率で抽選。 上乗せ後はボーナスへと移行し、業績報告で獲得した規定枚数に到達するまで継続。 ボーナス中はレア役やベル、愛社精神発生で規定枚数を上乗せ。 愛社精神は、6択押し順ベルをすべて成立させれば発生。 決算ボーナスは、業績報告がなく規定枚数50枚でボーナスがスタート(頂総決算ボーナス同様上乗せあり)。 頂総決算ボーナス&決算ボーナス終了後は頂RUSHへ。 50G継続し、レア役や7揃いで頂RUSHの規定枚数を上乗せ。 青7が中&右リールの中段に止まれば 最強チェリー、右リールのみなら 強チェリー。 ベルの小V型は チャンス目。 【レア役】 弁当(3枚) 押忍弁当(3枚) 強弁当(リプレイ) 強チェリー(1枚) 弱チェリー(1枚) 最強チェリー(1枚) チャンス目(1枚) 演出のポイント 基本ステージ 通常ゲーム中のステージは、昼が基本。 夕方の雫ステージに移行すれば高確のチャンス、夜の剛天ステージは超高確を示唆。 前兆ステージ 営業会議は番長ボーナスや頂RUSHの前兆ステージ。 予算を獲得するほどチャンスとなり、予算を多く獲得したキャラの対決へ発展。 予算が同じなら激アツの共闘へ。 天井 通常ゲーム最大約799Gで番長ボーナスへ。

次の

サラリーマン番長2(サラ番2) 設定判別 設定示唆 終了画面

サラリーマン 番長 2

天井恩恵であるボーナス中の初期ポイント増加が期待値が増えた要員。 こういう恩恵がある台は天井狙い向きの機種です。 ・モードA固定 天井期待値 モードA固定では、400G弱から打てるだろう。 数をこなして期待値を積んでいこう。 導入当初は100G時点で高確Bへ移行であれば、天井まで打ち切っていたが、期待値算出後は250G〜を狙い目とした。 65Gくらいなら打てるが、現実的に拾えないと思われる。 天国ゾーンはシャッター演出色付きロゴの場合のみ追うことにする。 ・200G前半ゾーン狙い 期待値 今作のサラ番は、ゾーン狙いに関して期待値的に非常に厳しい。 天井狙いが期待値を積むには最も有効だろう。 【天井狙い】 モード不問:380G〜 天井期待値表を参照。 基本的にはモード不問で天井期待値は考えるが、ゾーンでの高確移行が判明しておりモード判別が十分な場合はモード別天井期待値表を参照して狙い目を変動させる。 【ゾーン狙い】 200G〜200前半の前兆確認後抜けたらやめ。 200のゾーンで高確、前兆なかった場合、通常B滞在が濃厚なのでボーナス又はAT当選まで。 【やめどき】 基本的にボーナス又はAT終了後やめ。 AT後は3Gの引き戻しゾーンがある為、抜け後やめ。 有利区間開始時にシャッターが閉まるが、 色付きロゴ付き出現した場合、通常B・天国がほぼ濃厚なので、天国否定まで。 天国スルーした際は、100前半ゾーンのみ確認し、やめ。 白黒ロゴ、ロゴなしは通常ステージでやめ。 その恩恵は 初期継続率優遇 初期漢気ポイント優遇 です。 通常A天井当選するかどうかで期待値が大きかう変わってきます。 また剛天ステージは移行した時点で超高確(高確Aと高確Bが重複状態)濃厚なので、高確B滞在も濃厚になる。 100G毎に高確Bへの移行抽選を行なっているため、高確B移行を見抜くことが通常B判別には必要となってくる。 通常Aならば百のくらいが偶数、通常Bならば百の位が奇数G数の前半がチャンスとなる。 通常B濃厚なのであれば天井まで打ち切るのがベター。 ・400G台前半のゾーン狙いは不要 当選率が200G前半ゾーンと比べて約半分くらいしかないため、ゾーン狙い単品は不要と判断した。 天井狙いを推奨G数を380Gに設定しているので、そのまま天井狙いを推奨しています。 モード別天井 今作もモードがあり、滞在モードにより天井G数が変わる。 ロゴ付きだと通常B又は天国のチャンスとなっている。 ロゴが色付きの場合は、天国の可能性がかなり高くなるみたいだ。 色付きロゴが出た場合は100Gまでは消化しよう。 シャッター演出は見逃し厳禁。 各設定のモード移行率が判明したので各シャッター演出のモード期待度を算出した。 色付きロゴ以外は0GやめでOKという結果になった。 色付きロゴ出現時は、天国確認+100G前半ゾーンの前兆非当選でやめ。 設定1設定2問わず、やめ時は同じ。 期待値がかなり詰まったゾーンであるため、取りこぼしの無いようにする。 6号機の特性上、有利区間が存在するため 有利区間終了とともにブルーレジェンドも終了する。 天国での青BB当選時はブルーレジェンド突入に期待できるためしっかりATまで繋げたい。

次の