全 関東 学生 弓道 選手権 大会 2019。 茨城大学体育会弓道部

【取材報告】第49回全関東学生弓道選手権大会

全 関東 学生 弓道 選手権 大会 2019

2019. 24 【取材報告】第49回全関東学生弓道選手権大会 こんにちは! 6月15・16日に東京都千代田区 日本武道館にて行われた 第49回全関東学生弓道選手権大会の取材に行って参りました! 集中力と正確さが勝負の鍵を握る弓道。 1日目は男子団体予選と女子団体予選が行われました。 〇団体男子 男子の団体は 6人立と呼ばれる、6人が4本ずつ矢を放ち、的に的中させた数を競う形式で行われました。 大前 1番目の射手 の 内田 慧選手 1年 が精神を研ぎ澄ませながら的を射抜きます。 すると、他の選手も次々と的を射抜き、最後はチームの要となる落の 森島 凜選手 2年 が落ち着いた様子で矢を放ちます。 その結果、本学男子チームは 24本中21中と優れた成績を残し、見事1位タイでシード権を獲得します。 【的に照準を合わせ、力一杯弓を引く森島選手】 〇団体女子 女子団体は 3人立で行われました。 今年度から始動した女子団体。 3人全員が2年生で組まれたチームは明るさが持ち味です。 女子リーダーの 中世選手が「仲良く集中してできた」と語るように終始リラックスした様子で試合に臨んでいました。 予選は、 12本中7中を決め、同店のチーム16校から予選を通過する8校を絞る 同中競射 同点の場合に行う延長戦 が行われました。 一矢が勝負を分けるプレッシャーのかかる場面ですが、3人で確実に的を捉え、決勝トーナメントへの切符を獲得しました。 【狙いを定めて的を見つめる中世選手】 〇団体男子 シード権を獲得し、2回戦からの出場となった本学男子は、工学院大学と対決。 双方ともに 14中となり、同中競射に移ります。 大前の 内田 慧選手 1年 と落の 森島 凜選手 2年 が中皆中 全ての矢を的に命中させること を決め、得点を重ねます。 同中競射も 5中で同点となり、 同中一本競射 同中競射でも決着がつかなかった場合に行う延長戦 に突入。 互いに譲らない接戦でしたが、 2-5と一歩及ばす敗退。 ベスト16と悔しさの残る結果となりました。 〇団体女子 準決勝では、筑波大学と対決。 ここで活躍したのは、中の中世選手。 二人が皆中を決め、チーム合計 9中とし、筑波大学から白星を奪います。 そして決勝では、中央大学と対決。 落の中須あれさ選手が要所を落ち着いて決め、 9中で同中競射に持ち込みます。 同中競射も中世選手・中須選手を軸に得点を重ねますが、最終結果は 4-5。 1位には届きませんでしたが、準優勝に輝きました。 【自分のペースを乱す事無く、落ち着いて的を狙う中須選手】 個人戦決勝には、予選を勝ち抜いた男子・ 畝本 佑喜選手 1年 、女子・ 生田目 彩選手 2年 が出場。 的を外すまで競技を行う 決勝射詰めに出場した2人。 男子・ 畝本選手は一回目、女子・ 生田目選手は2回目でそれぞれ敗退となりましたが、1,2年ながら決勝に出場は今後の活躍を予感させます! 男女共に低学年の選手が中心となりながらも堂々とした戦いぶりを見せた本学弓道部。 見据える先は男女団体で 『インカレでの上位入賞』、『リーグ戦、入れ替え戦で優勝し、3部に昇格』です。 今後の活躍にも目が離せません! 出場された選手の皆さん、お疲れ様でした。 次の大会も頑張ってください! 取材のご協力、ありがとうございました。 【写真・報告】石川 想大.

次の

茨城大学体育会弓道部

全 関東 学生 弓道 選手権 大会 2019

【お知らせ】 本年度の全関東学生弓道選手権大会 OB 戦の参加者の募集をします。 全関東学生弓道選手権大会 OB 戦に参加される方は、 4 月 22 日 水 までに よりご連絡ください。 新型コロナウイルスの影響により全関東学生弓道選手権大会が中止になったため、募集は行いません。 【行事予定】 〇11月10日に が行われます。 を掲載いたしました。 OB・OGの皆さま、日ごろのご支援・応援ありがとうございます。 茨城大学の弓道場は原則として現役部員、弓道部OB・OG、本学教職員を除いて使用することは原則として禁止となっております。 もし、特別な事情によりやむを得ず道場の使用をされる場合、必ず現役部員に連絡の上、現役部員同席の上でご利用なさいます様よろしくお願いいたします。 なお、無断で外部の方とご使用されました場合、当該OB・OGの道場の出入りをご遠慮いただく可能性がございます。 なにとぞご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 御意見や御質問等ございましたら、お手数ですがホームページのOB連絡フォームよりご連絡いただきますか、OB連絡のページに弓道部のメールアドレスを掲載しておりますのでそちらよりご連絡くださいます様よろしくお願いいたします。

次の

茨城大学体育会弓道部

全 関東 学生 弓道 選手権 大会 2019

2019. 24 【取材報告】第49回全関東学生弓道選手権大会 こんにちは! 6月15・16日に東京都千代田区 日本武道館にて行われた 第49回全関東学生弓道選手権大会の取材に行って参りました! 集中力と正確さが勝負の鍵を握る弓道。 1日目は男子団体予選と女子団体予選が行われました。 〇団体男子 男子の団体は 6人立と呼ばれる、6人が4本ずつ矢を放ち、的に的中させた数を競う形式で行われました。 大前 1番目の射手 の 内田 慧選手 1年 が精神を研ぎ澄ませながら的を射抜きます。 すると、他の選手も次々と的を射抜き、最後はチームの要となる落の 森島 凜選手 2年 が落ち着いた様子で矢を放ちます。 その結果、本学男子チームは 24本中21中と優れた成績を残し、見事1位タイでシード権を獲得します。 【的に照準を合わせ、力一杯弓を引く森島選手】 〇団体女子 女子団体は 3人立で行われました。 今年度から始動した女子団体。 3人全員が2年生で組まれたチームは明るさが持ち味です。 女子リーダーの 中世選手が「仲良く集中してできた」と語るように終始リラックスした様子で試合に臨んでいました。 予選は、 12本中7中を決め、同店のチーム16校から予選を通過する8校を絞る 同中競射 同点の場合に行う延長戦 が行われました。 一矢が勝負を分けるプレッシャーのかかる場面ですが、3人で確実に的を捉え、決勝トーナメントへの切符を獲得しました。 【狙いを定めて的を見つめる中世選手】 〇団体男子 シード権を獲得し、2回戦からの出場となった本学男子は、工学院大学と対決。 双方ともに 14中となり、同中競射に移ります。 大前の 内田 慧選手 1年 と落の 森島 凜選手 2年 が中皆中 全ての矢を的に命中させること を決め、得点を重ねます。 同中競射も 5中で同点となり、 同中一本競射 同中競射でも決着がつかなかった場合に行う延長戦 に突入。 互いに譲らない接戦でしたが、 2-5と一歩及ばす敗退。 ベスト16と悔しさの残る結果となりました。 〇団体女子 準決勝では、筑波大学と対決。 ここで活躍したのは、中の中世選手。 二人が皆中を決め、チーム合計 9中とし、筑波大学から白星を奪います。 そして決勝では、中央大学と対決。 落の中須あれさ選手が要所を落ち着いて決め、 9中で同中競射に持ち込みます。 同中競射も中世選手・中須選手を軸に得点を重ねますが、最終結果は 4-5。 1位には届きませんでしたが、準優勝に輝きました。 【自分のペースを乱す事無く、落ち着いて的を狙う中須選手】 個人戦決勝には、予選を勝ち抜いた男子・ 畝本 佑喜選手 1年 、女子・ 生田目 彩選手 2年 が出場。 的を外すまで競技を行う 決勝射詰めに出場した2人。 男子・ 畝本選手は一回目、女子・ 生田目選手は2回目でそれぞれ敗退となりましたが、1,2年ながら決勝に出場は今後の活躍を予感させます! 男女共に低学年の選手が中心となりながらも堂々とした戦いぶりを見せた本学弓道部。 見据える先は男女団体で 『インカレでの上位入賞』、『リーグ戦、入れ替え戦で優勝し、3部に昇格』です。 今後の活躍にも目が離せません! 出場された選手の皆さん、お疲れ様でした。 次の大会も頑張ってください! 取材のご協力、ありがとうございました。 【写真・報告】石川 想大.

次の