フィロソフィー。 philosophy(フィロソフィー)の意味とは?企業理念との違いも

フィロソフィーの意味とは?今企業に求められるものとは

フィロソフィー

世界・人生などの根本原理を追求する学問。 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 【出展】 大辞泉 (哲学の項よりの抜粋) この哲学の項目の2番目、統一的に把握する理念。 企業の哲学とは、「 企業理念」と言い換えることができます。 企業理念 企業理念は、「何のために、この会社があるのか」 を短くまとめたものです。 会社の事務所・営業所や、社長室に掲げられていたりしませんか? 多くは、創業者や歴代の社長が作ったものです。 経営者の意思そのものと言えます。 でも、企業理念なんて、昔から大、企業には必ずあるものだし・・・ 今さら横文字にしてフィロソフィーと言ってみたところで・・・ そう思いますよね?(笑) 今、話題のフィロソフィーが、単なる企業理念とは思えません。 次に、それを見ていきましょう。 フィロソフィーの誕生 いきなりですが、ここで質問です 会社に勤められている方、ご自分の会社の「企業理念」「経営理念」を言えますか? 言えなくても安心して下さい。 実は、ほとんどの、社員の方は言えません(笑) 実は、この経営者の意思でもある、企業理念が社員に浸透しないということが、単なる企業理念を超えた「フィロソフィー」誕生に関係しています。 稲盛和夫 社員になかなか浸透しない、経営者の思い、企業理念・・・ これを何とかしようと考えたのが、京セラの 稲盛 和夫氏です。 京セラフィロソフィー、KDDIフィロソフィー、JALフィロソフィー 稲盛さんが関わった会社は全て、フィロソフィーが導入されています。 そして、稲盛さんが経営に関わった会社の、企業理念には必ず、入っているものがあります。 「 社員の物心両面の幸福」 です。 経営破たんしたJALの再生を担った稲盛さんが、新生JALの企業理念に「社員の物心両面の幸福を追求」と入れたことで話題となりました。 この、社員の幸福の追求のためにあるのが、フィロソフィーです。 手帳にして社員全員に貸与されています。 ただの標語ではなく、仕事のその時々で、活用できるような内容となっているようです。 それでは、フィロソフィーの中身を見てみましょう。 京セラフィロソフィーの内容 公開されている「京セラフィロソフィー」の内容です 具体的に、どんな項目があるのかというと・・・• 素直な心を持つ• 地味な努力を積み重ねる• 土俵の真ん中で相撲をとる• 利他の心を判断基準にする• もうダメだというときが仕事のはじまり• 成功するまであきらめない• 夢を描く ・・・・などなど 4つの章、全部で 78項目 かなりの項目です、とても、覚えられるものではありません(笑) でも、これ覚えるものではないそうです。 日々、仕事を行っていく中でフィロソフィー手帳を開き、業務上の判断の手助けとしたり、ヒントを得たり といった使い方をするようです。 人間の生き方にまで・・・それがフィロソフィー フィロソフィー、いきなり第一章に、「 すばらしい人生をおくるために」 が挙がります。 全78項目のうち、50項目がこの第一章です。 企業戦士として、顧客満足を追及するとか、技術を磨くとかではなく・・・・ まず、第一に、経営者を含む全社員に、よい人生を送るにはという事を考えていかなければならないと言っています。 これが、今までの企業理念だけとは、全く違うものです。 自分を磨いて成長していくということを、最も大事にしているのが、フィロソフィーです。 自分を磨いて成長していくという個人の理念と、会社の理念の2つが融合したものが、フィロソフィーと言うのでしょう。 そこには、「物心両面の幸福」 があるんですね。 最後に、これらのことを、整理し、まとめてみました。 フィロソフィーとは? 「哲学」の事。 一般的な企業には「企業理念」「経営理念」がある。 稲盛和夫氏のフィロソフィー 企業理念 + 個人の理念 個人の理念 「人間としての生き方」 が最重要 自分を磨いて成長していく あとがき アメリカやヨーロッパでは、日本と違って終身雇用という考えがあまりありません。 契約で結びついているという意識が、すごく強いです。 社員からすれば、いくらもらえるのか? というところです。 優秀な社員であれば、引き抜かれて新たな会社と平気で契約を結びます。 日本人は少し気質が違うようです。 何か、仕事を通して成長したい、貢献したいという気持ちが強いのかもしれません。 もちろん、お金のために働くのですが、それだけではない満足。 まさに、稲盛さんが言う、「社員の物心両面の幸福」ですね。 仕事を通して、自分を磨いて向上させていく、そんな道場の様な場所と思えたら、本当に人生変わっていくでしょうね。 スポンサーリンク.

次の

Philosophy(フィロソフィー)

フィロソフィー

だから!アナタ、だれ!? フィロソフィとは? フィロソフィ フィロソフィーとも 英語:philosophy とは日本語に訳すと 『哲学』の意味です。 では、哲学とは・・・どのような意味でしょうか? こちらも早速、みてゆきましょう! 哲 学 てつがく 1 世界・人生などの根本原理を追求する学問。 古代ギリシャでは学問一般として自然を含む多くの対象を包括していたが、のち諸学が分化・独立することによって、その対象領域が限定されていった。 しかし、知識の体系としての諸学の根底をなすという性格は常に失われない。 認識論・論理学・存在論・倫理学・美学などの領域を含む。 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 現代日本社会で使われている「フィロソフィ」も主に2つの意味で使われています。 ビジネスの分野におけるフィロソフィとは? では実際、どのように「フィロソフィ」が使われているのでしょうか? 京セラの創業者 稲盛和夫氏が掲げたフィロソフィ 稲盛和夫氏は 電子工業用セラミックス製造から始めた総合電機メーカーの創始者です。 彼が 「企業理念」を全社員に浸透させるために作った 「京セラフィロソフィ」が、日本のビジネス界において「フィロソフィ」が使われる先駆けとなりました。 経営戦略の上位概念とされる。 例えば、前述の稲盛和夫氏が、経営破たんに追い込まれた日本航空を再建を任された際に作成した 「JALフィロソフィ」は 「企業理念」の基に展開されています。 【JALグループ企業理念】 「全社員の物心両面の幸福を追求する」 一、 お客さまに最高のサービスを提供する。 一、 企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献する。 JALグループは、この 企業理念を普遍的な経営の目的、経営の基本とし、「JALフィロソフィ」の実践を通じてその実現を目指していきます。 つまり、フィロソフィとは 「全員が共有して持つべき意識・価値観・考え方」のことであり、これを実践してゆくことが企業理念の実現に繋がる、と謳っています。 このフィロソフィは経営破たん後の2011年に社内向けに公開され 「手帳」という形で全社員に配布されました。 会社からの指示により、この手帳は 上司から手渡しされ、 定期的に「JALフィロソフィ」の読み合わせの時間を持つことになりました。 このフィロソフィの教育時間を定期的に持つことにより、より 自社の企業理念の理解が深まり、またフィロソフィを実践することにより、社員の意識や行動が変わり、それが会社の採算効率や業績の向上へと結びつく結果となりました。 この「JALフィロソフィ」の成功事例は日本のビジネス界から注目を浴び、賞賛され、他企業がフィロソフィに取り組むきっかけともなったのです。 2 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 ビジネスの分野におけるフィロソフィとは? 「全員が共有して持つべき意識・価値観・考え方」 フィロソフィはどのように社員に浸透していったのか? フィロソフィの教育時間を定期的に持つことにより、より自社の企業理念の理解が深まり、またフィロソフィを実践することにより、社員の意識や行動が変わり、それが会社の採算効率や業績の向上へと結びつく結果となった。

次の

Philosophy(フィロソフィー)

フィロソフィー

世界・人生などの根本原理を追求する学問。 各人の経験に基づく人生観や世界観。 また、物事を統一的に把握する理念。 【出展】 大辞泉 (哲学の項よりの抜粋) この哲学の項目の2番目、統一的に把握する理念。 企業の哲学とは、「 企業理念」と言い換えることができます。 企業理念 企業理念は、「何のために、この会社があるのか」 を短くまとめたものです。 会社の事務所・営業所や、社長室に掲げられていたりしませんか? 多くは、創業者や歴代の社長が作ったものです。 経営者の意思そのものと言えます。 でも、企業理念なんて、昔から大、企業には必ずあるものだし・・・ 今さら横文字にしてフィロソフィーと言ってみたところで・・・ そう思いますよね?(笑) 今、話題のフィロソフィーが、単なる企業理念とは思えません。 次に、それを見ていきましょう。 フィロソフィーの誕生 いきなりですが、ここで質問です 会社に勤められている方、ご自分の会社の「企業理念」「経営理念」を言えますか? 言えなくても安心して下さい。 実は、ほとんどの、社員の方は言えません(笑) 実は、この経営者の意思でもある、企業理念が社員に浸透しないということが、単なる企業理念を超えた「フィロソフィー」誕生に関係しています。 稲盛和夫 社員になかなか浸透しない、経営者の思い、企業理念・・・ これを何とかしようと考えたのが、京セラの 稲盛 和夫氏です。 京セラフィロソフィー、KDDIフィロソフィー、JALフィロソフィー 稲盛さんが関わった会社は全て、フィロソフィーが導入されています。 そして、稲盛さんが経営に関わった会社の、企業理念には必ず、入っているものがあります。 「 社員の物心両面の幸福」 です。 経営破たんしたJALの再生を担った稲盛さんが、新生JALの企業理念に「社員の物心両面の幸福を追求」と入れたことで話題となりました。 この、社員の幸福の追求のためにあるのが、フィロソフィーです。 手帳にして社員全員に貸与されています。 ただの標語ではなく、仕事のその時々で、活用できるような内容となっているようです。 それでは、フィロソフィーの中身を見てみましょう。 京セラフィロソフィーの内容 公開されている「京セラフィロソフィー」の内容です 具体的に、どんな項目があるのかというと・・・• 素直な心を持つ• 地味な努力を積み重ねる• 土俵の真ん中で相撲をとる• 利他の心を判断基準にする• もうダメだというときが仕事のはじまり• 成功するまであきらめない• 夢を描く ・・・・などなど 4つの章、全部で 78項目 かなりの項目です、とても、覚えられるものではありません(笑) でも、これ覚えるものではないそうです。 日々、仕事を行っていく中でフィロソフィー手帳を開き、業務上の判断の手助けとしたり、ヒントを得たり といった使い方をするようです。 人間の生き方にまで・・・それがフィロソフィー フィロソフィー、いきなり第一章に、「 すばらしい人生をおくるために」 が挙がります。 全78項目のうち、50項目がこの第一章です。 企業戦士として、顧客満足を追及するとか、技術を磨くとかではなく・・・・ まず、第一に、経営者を含む全社員に、よい人生を送るにはという事を考えていかなければならないと言っています。 これが、今までの企業理念だけとは、全く違うものです。 自分を磨いて成長していくということを、最も大事にしているのが、フィロソフィーです。 自分を磨いて成長していくという個人の理念と、会社の理念の2つが融合したものが、フィロソフィーと言うのでしょう。 そこには、「物心両面の幸福」 があるんですね。 最後に、これらのことを、整理し、まとめてみました。 フィロソフィーとは? 「哲学」の事。 一般的な企業には「企業理念」「経営理念」がある。 稲盛和夫氏のフィロソフィー 企業理念 + 個人の理念 個人の理念 「人間としての生き方」 が最重要 自分を磨いて成長していく あとがき アメリカやヨーロッパでは、日本と違って終身雇用という考えがあまりありません。 契約で結びついているという意識が、すごく強いです。 社員からすれば、いくらもらえるのか? というところです。 優秀な社員であれば、引き抜かれて新たな会社と平気で契約を結びます。 日本人は少し気質が違うようです。 何か、仕事を通して成長したい、貢献したいという気持ちが強いのかもしれません。 もちろん、お金のために働くのですが、それだけではない満足。 まさに、稲盛さんが言う、「社員の物心両面の幸福」ですね。 仕事を通して、自分を磨いて向上させていく、そんな道場の様な場所と思えたら、本当に人生変わっていくでしょうね。 スポンサーリンク.

次の