ささみ ジャーキー。 細切りささみジャーキー ライフマトリックス 旨菓楼

【燻製レシピ】ウィスキーたっぷり大人の鶏ささみジャーキー

ささみ ジャーキー

鳥のささみ肉を燻製して、ささみジャーキーを作ってみました。 スポンサーリンク ささみジャーキー 材料• 鳥ささみ肉:6本• 醤油:100ml• 酒:50ml• みりん:50ml• しょうがチューブ:小さじ1• にんにくチューブ:小さじ1• 砂糖:大さじ1 スポンサーリンク ささみジャーキー 作り方 最初にささみ肉を漬け込むソミュール液を作ります。 醤油、酒、みりん、しょうがチューブ、にんにくチューブ、砂糖を鍋に入れて火にかけ、軽く煮立てます。 その後、火を止めて冷ましたらソミュール液の出来上がり。 まずは鳥ささみ肉の下処理をします。 鳥ささみ肉の筋を取りを包丁で開いてやります。 やり方がわからない場合は以下の動画を参考にしてください。 スポンサーリンク ささみ筋取り 開いた鳥ささみ肉をラップで包んで、めん棒で軽く叩いて伸ばします。 下処理が終わった鳥ささみ肉はジップロックに入れてやります。 最初に作っておいたソミュール液をジップロックの中に入れ、封をします。 これを冷蔵庫に入れて4時間程度寝かせます。 4時間寝かせたささみ肉をジップロックから取り出し、キッチンペーパーでソミュール液を拭き取ります。 風通しの良い場所に置いて1時間程度、風乾します。 風乾が終わったささみ肉に燻製用のフックを付け、燻製器の中に吊るしてやります。 小型の燻製器で吊るせない場合はアルミホイルの上に乗せてやってください。 その後、燻製器を電熱器の上に乗せて、温度を弱にセット。 5、60度の温度で1時間、ささみ肉を乾かします。 この時はまだ、煙は出しません。 その後、ヒッコリーのスモークウッドとピートスモークを入れて煙を出し、燻製スタート。 5、60度の温度で1時間、温燻してやります。 1時間、温燻後燻製器から取り出した鳥ささみ肉のジャーキー。 いい色が付きました。 これを冷蔵庫に入れて一晩寝かせたら完成です。 漬け込みの時間はかかりますが、初心者でもほぼ失敗せずに作れるのでおすすめですよ! お酒のおつまみに最適な一品です。

次の

犬の手作りおやつ「ささみジャーキー」簡単レシピ♪

ささみ ジャーキー

藍にささみジャーキーを上げようと思ったら襲われた件 無添加で安心、おいしいおやつを用意しておきたい、という方におすすめなのは、ささみで簡単に作れるジャーキー。 この簡単な作り方をご紹介します。 ささみジャーキーを作るために必要なもの• ささみ(鶏胸肉や砂肝でもOK) 300g• オーブンシート(なければ、なしでもOK• オーブンを使います。 これだけです。 とってもシンプルです! ささみジャーキーの作り方• オーブンを予熱しておく。 (温度は170度)• 天板にオーブンシートを敷く。 (ない場合は、天板に薄く油をひいておきましょう。 ささみを2-3ミリの薄切りにして、2の上に並べる。 オーブンで20分程度焼く。 焼き上がり目安は、水分が十分飛んでいればOK。 これだけです。 もし、「水分がまだ残っているかなぁ~」と感じたら、裏返して5~10分焼いてください。 ささみを薄切りに• 天板に並べる• オーブンシートの上のささみ• できあがり! オーブンを持ってない方もささみジャーキー作れます オーブンがない方も大丈夫。 フライパンで蓋をせず、ゆっくり弱火で加熱しても作れます。 最近のコンロは高性能で、「弱火」と言っても、希望するより火力が強くなってしまう場合もありますが、その場合は、フライパンにアルミホイルを敷いて、少しフライパンから浮かせて作ると大丈夫です。 保存する場合は、冷凍をお勧めしますが、おいしくて人間も食べちゃったりするので、すぐになくなるんじゃないか?と思います。 ささみ以外でもジャーキー作れるの? ささみ以外でもジャーキーは作れます。 例えば、砂肝、鶏の胸肉などがよいです。 水分や脂分があまり多くないものがおすすめです。 脂分が多いと、焦げてしまってうまくジャーキーにならないので、同じ鶏肉でも足の部分はジャーキーには向いていません。 人間が食べるときにお勧めしたいささみジャーキーのアレンジ おいしいので、できあがったら、本当に人間が食べてしまいます。 ささみのうまみが凝縮されていて、軽く塩コショウをすれば、さらにおいしさアップ。 ビールのおつまみにぴったり。 お好みで、レモンをかけたり、タバスコを付けたりとアレンジして召し上がってみてください。 手作りジャーキーを作る時間がない、という方におススメ 無添加で手作りしたいけど、時間がない・・・。 そんな時に、我が家はこちらを愛用しています。 和歌山県産の「梅鶏」から作られています。 梅鶏は、2008年食肉産業展で、最優秀賞を受賞した鶏だから、うまみたっぷり。 酸化防止剤や日持ち向上剤、着色料は無添加です。 「手作りジャーキーの作り方」記事まとめ• 無添加の「手作りジャーキー」は、簡単に作れて犬にあげるのも安心• 実は、人間のおつまみにもなって、一石二鳥!• それでも、やっぱり手作りする時間がないなぁ、なら買ってしまえばOK では、引き続き、楽しいわんライフを送りましょう。

次の

【燻製レシピ】ウィスキーたっぷり大人の鶏ささみジャーキー

ささみ ジャーキー

猫の手作りおやつの簡単で安全なレシピをシェア! この記事を書いているのは、naomiです。 1 猫のおやつを手作りする理由 2 手作りささみジャーキー 3 手作り砂肝ジャーキー 4 手作り胸肉ジャーキー 5 naomiのまとめ ペットショップの、犬猫などのおやつ売り場を見ると、あまりにも多くの品が並んでいるのでとても驚いてしまいましたが、自分が食べるものに何が入っているのかを、必ずチェックする癖がついているので猫にあげるおやつの中に、どんな添加物が入っているのかチェックすることを欠かしません。 いつもクリックありがとうございます 本当に、驚くほど多くの添加物が含まれているのを見ると、我が家のモモとナナには、とても食べさせたくないなと強く思ってしまいます。 猫のおやつを手作りする理由 ということで、猫のおやつを手作りする理由についてご紹介していきましょう! 市販品の猫用おやつには、添加物や保存料が含まれているものが多いので、安心して与えられないと個人的には考えているからです。 個人的に数多くの疾患を発症してしまい、健康を取り戻すためにイタイ思いをしながらさまざまな学び&実践を繰り返して、元気になってきたプロセスで理解してきたことなどから考えると、これだけ添加物や保存料が入ったおやつやキャットフードを与え続けることの悪い側面がはっきりと見えてしまいます。 ぜったいに与えてはいけないということではなく、保存料も添加物も 摂取させすぎることにリスクもあることを理解しているので手作りすることにしました! こういったものが体に蓄積していくリスクをご存じない方も多いようですが、食べ続けたから害が出るわけではないという面もあります。 どこまで気にされるかは人それぞれなので、そういったリスクも存在しますよという情報をシェアしておきます! 他には、ペットショップで犬や猫のおやつの値段を見ると目ん玉が飛び出るほど高いものもあり、手作りしたほうが安上がりだということも理由です! 我が家では河内屋というで、2kg入りの胸肉を購入して人間用&猫用にしたりもしますので、おやつを手作りすれば安全であるだけでなく、金銭的にもお得感があります。 しかも、手作り猫おやつは人間も食べられるという一石二鳥な面も見逃せません! タンパク質不足、鉄分&ミネラル不足で体調不良や病気を発症している人が現代では多いと言われていますので、不足しがちなタンパク質を猫のおやつを手作りすることで人間も手軽に摂取できるという、なんとも嬉しい相乗効果が得られます! さらに、猫のおやつを手作りすることで、もっともっと可愛がる気持ちが出てきます。 これらの理由や、猫のごはんも手作りしているわが家なので、モモのおやつも作ってしまおう!と思いつき、手作りささみジャーキーなどを作りましたので、せっかくですからレシピなどをシェアします。 手作りささみジャーキー 冷蔵庫で約3日ほど保存が出来ますよ。 筋は取っても取らなくても良いです。 実際私も食べてみましたが、筋は気にならなかったので取らなくても大丈夫ですよ。 焼けたら、そのままオーブンの中に置き、予熱で水分を飛ばします。 アルミホイルで焼くと、水分が飛びにくいので、クッキングシートを使って下さい。 *動画も作りましたので参考になれば幸いです ささみ3本で、約100Kカロリーちょっとになりますので、ダイエット中の猫ちゃんにもお勧めです、人間が食べるなら塩コショウで味付けすると、立派なビールのおつまみにもなりますよ。 小腹が空いた時の、人間のおやつにも、栄養価的にもオススメの一品です! 手作り砂肝ジャーキー 材料はもちろん砂肝のみです! 砂肝適量を薄切りにしてクッキングシートの上にくっつかないように置いて、オーブンを予熱してもしなくても良く、180~200度で20~30分ほど焼きますが、あなたの家のオーブンによって時間は加減してください! 砂肝のカロリーは100gで93・9kcalで、栄養は次のものが含まれています! ビタミンKが豊富で、骨の形成や密度に関係する栄養になります! 鉄分やビタミンB12などが含まれています! 低カロリーなので、ダイエット中の猫のおやつにも良いかと思います。 手作り胸肉ジャーキー 次は手作り胸肉ジャーキーレシピです! 胸肉適量の皮をはいで薄く切って、同じように焼くだけです! 180~200度のオーブンで30分ほど焼いて、水分が飛ぶまでオーブンの中に置いておきます! これで完成です! 今回ご紹介した手作りおやつは、ジャーキーで乾燥しているものです! 与え方のポイントをこちらの記事でまとめていますので、お役立てください! naomiのまとめ まさか自分たちが猫のごはんを手作りしたら、おやつまで作るようになるなんて思ってもみませんでしたが、やってみると意外と楽しいもんですね! *こちらを参考にして作りました.

次の