ウイン ファイブ 点数。 WIN5|馬券の買い方入門

WIN5点数(組合せ)早見表

ウイン ファイブ 点数

どうも。 れんこんです。 今回の記事は、 WIN5の予想について になります! よく言えば、 WIN5の攻略法 悪く言えば、 WIN5を当てて調子に乗ってるやつの戯言 になります。 WIN5への私なりの向き合い方、 マインド編 と WIN5を予想するときのコツや考え方、 攻略編 の二部作になります。 大袈裟 今回は、マインド編になります。 ーーーーーーーーーーーーーーー 【WIN5は予想が楽しい】 ー ーーーーーーーーーーーーーー この記事を書こうと思った理由の一つに WIN5は予想が楽しい ということがあります。 どういうことかと言いますと、 WIN5は通常レースの予想と、 違った観点で予想ができるんです。 ーーーーーーーーーーーーーーー 【1着しか当てなくていい】 ー ーーーーーーーーーーーーーー WIN5という券種 ? は、 JRA開催指定レースの5レースを 1着を全て当てることで的中となります。 2着や3着にどんな馬が来ようが関係ありません。 とにかく対象の5レースで 1着になる馬を当てればいいのです。 競馬をやったことがある人なら、 この 難しさがわかると思います。 10R~11Rにかけて、すべての会場で、 単勝を連続で的中させるなんて、 至難の業です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 【壁を越えた先には高配当が】 ー ーーーーーーーーーーーーーーーー WIN5のメリットというか 最大の魅力として、 配当が高い ことがあげられます。 的中のあった票数で、 売り上げを山分けするので、 5憶円の売り上げで100票的中があったとすると、 その75%を的中票で山分けするので、 配当は 375万円 となります。 夢がありますね。 もちろん1票しかなければ、 3億7500万円を総取りになります。 そんな夢のような話はなかなかありませんし、 狙うもんじゃありません。 でも、WIN5で出現する配当で、 最も分布が多いのは、 100万円前後になります。 これは過去に友人と計算したことがあるので、 多分合ってます。 笑 100万円前後が頻発する馬券なんて、 的中できたら魅力的ですよね。 そこで WIN5を攻略してやろう といろいろ試してきましたが、 先日やっと実りました。 ぶち抜いたんです。 たったの16点で。 このときの配当は、 36万1120円でした。 自分で言います。 笑 回収率にすると、 22570%になります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【点数を増やせばいいものではない】 ー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー WIN5はそうそう当たる馬券ではありません。 まず、 週に1回しかチャンスがありません。 そして、5連続1着を当てるのは、 奇跡のような確率です。 もちろん、自信があるレースを、 5連続的中させることは可能かもしれません。 しかし、 JRA指定の5レース で的中させなければならず、 なんだこの難解なレース。。。 というレースが結構あります。 そう、普段はスルーしたいようなレースですね。 そして、 あれも来そう、これも来そう と考えているうちに、 買い点数がどんどん増えていきます。 毎週243点 全レース3頭 買っていくと、 月に約10万円かかることになります。 年間約120万円で、 年に一回的中させてやっとチャラ という計算になります。 WIN5で勝つことがどれだけ難しいか わかりますよね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【625点買って1レース目で撃沈。。 】 ー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私がWIN5を購入する際、 購入点数は6点~36点程度です。 なるべく少なく買うように 気を付けています。 なぜ少点数なのか というと、単純に、 たくさん買っても当たらないから です。 過去に625点を購入したWIN5がありましたが、 WIN5の第1レース目で、 単勝万馬券の大穴が1着になり、 6万2500円は無駄な投資になりました。 もうお気付きかと思いますが、 点数を増やしても、 1レース目で想定外が勝てば、 一瞬にしてお金が溶けます。 だから恐らく競馬で勝っている人には、 WIN5を中心に儲けている って人はなかなかいないと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【でも夢が見たいし、楽しみたい】 ー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー じゃぁWIN5なんか買わない方がいいね。 そう思ったそこのあなた。 WIN5は宝くじと違って、 的中する確率をあげることができます。 予想が存在するからです。 そもそも、私は毎週数百点も買えるような、 お金持ちではありませんし、一般的なサラリーマンです。 そんな一般人が、 大勝ちして豪遊したい という欲を満たすためには、 少ない点数でWIN5を当てる という、 リスクを減らして大リターンを狙う 方法しかないと思ったのです。 月に5000円程度なら年6万円、 10年で60万円、20年で120万円 20年に1回当てればいいわけですから、 なんだかいけそうな気がしてきます。 笑 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 【この馬が来たら仕方ないな】 ー ーーーーーーーーーーーーーーーー WIN5を少点数で買おうとすると、 立ちはだかるのは、 これ以上減らせない。 という気持ちです。 「こっちも抑えなきゃ不安だし、 これもルメール、デムーロだから怖いし、 この馬は調教がいいし、、、 馬主が、血統が、オカルトが、。。。 」 こんなことが頭をぐるぐる回って、 気づけば買い目がどんどん増えていきます。 そんな時に持っていたいのが、 「この馬が来たら仕方ないな」 というマインドです。 普段から競馬予想をしていると、 どうしても 2着や3着に来そうな馬も、 選んでしまいがちです。 しかし、 WIN5は1着以外なんの意味もありません。 ですから、 「自分が最も大事にしている予想のファクター」 を重視して、 勝ちそうな馬を選ぶようにした方がいいです。 私の場合、 重視しているファクターは、 「指数」です。 普段競馬予想をする際は、 「指数」を中心として、 調教や血統や条件などを考慮して、 馬を選択します。 しかし、WIN5の予想では、 「指数」が低い馬は絶対に選びません。 例え絶好調のルメール騎手が乗っていも。 自分の重視しているファクター以外を WIN5で全て拾い出すと、 買い目が減らせなくなるからです。 ですから、 1人気で有力厩舎の有力騎手でも、 重視している 「指数」が低ければ 消しです。 「来たら仕方ないな」です。 これを持っているだけで、 かなり無駄な投資が抑えれます。 次回は、WIN5予想の考え方、 頭数の絞り方や広げ方など、 攻略編を書きたいと思います。 この記事が参考になったという方は、 Twitterでいいね!RTしていただけるとありがたいです。

次の

統計学者が分析したWIN5“よくある組み合わせ”攻略法

ウイン ファイブ 点数

配当金の上限が6億円!という夢のような馬券「win5」。 皆さんはチャレンジしていますか? win5は、 5つのレースの1着馬を全て当てなければいけない馬券です。 3着以内に来る馬を全て当てるだけでも大変なことですから、とてもハードルの高い馬券であることは間違いないと思います。 でも、的中した時の 配当金が他の馬券とは比べものにならないくらい凄いので、ついついwin5の馬券を買ってしまう、という競馬ファンもたくさんいらっしゃると思います。 ここでは、 win5を全通り買いすると買い目が何点でいくら必要なのかということだけではなく、 全通り買いで的中した時に勝てるのかどうかを検証していきます! win5の全通り買うと何点でいくらかかるのか? win5は、それぞれの対象レースで勝つと予想した頭数を掛け算していくことで買い目を算出することができます。 JRAの最大出走頭数は18頭ですので、win5対象レースのすべてが18頭立てだった場合の買い目を計算してみましょう。 ちなみに、 win5の史上最高配当額(4億2,012万7,890円)をマークした2016年8月21日の対象レースを全通り買いしたらどうなるのでしょうか。 どちらにしろ、全通り買いをするには大金が必要、ということは間違いありませんね。 win5の全通り買いが的中すれば、儲かる? 2016年1月5日から2016年10月10日までの 平均配当額を調べてみたところ、 約1,600万円という結果となりました。 win5対象レースがすべて18頭立てだった場合に必要な金額が約1億9,000万円ですから、平均配当額よりも10倍以上多いお金を用意しなければいけませんよね。 もちろん、win5の配当金が1億9,000万円を超えてしまえば、全通り買いしても儲かることになりますが、win5の配当金が1億円台に到達するケースはほとんどありません。 win5の全通り買いで的中したとしても、 マイナス収支になる可能性が極めて高く、馬券で儲けるのは困難です。 まとめ 三連単よりも配当金の威力が抜群なwin5。 競馬で1億円を超える配当金を手にできるのはwin5だけですから、他の馬券よりも魅力を感じている競馬ファンも多いかと思います。 ですが、win5を全通り買いするのは現実的ではありません。 的中しなかった時のダメージを減らすことを第一に考えた上でwin5の馬券を楽しんでくださいね。

次の

WIN5

ウイン ファイブ 点数

概要 [ ] WIN5は、より開始された。 対象となるレースは原則として「日曜日のメインレースのうち 最も発走時刻の遅いものを起点に、時間をさかのぼった5レース」で、購入方法としては「完全セレクト」(対象競走をすべて購入者が予想、この購入方法に限り形式の購入が可能)、「一部セレクト」(各競走1頭ずつ最大4競走予想し、残りはコンピューターが無作為に採番)、「ランダム」(5競走すべてコンピューターが無作為に採番)の3種類が選べる。 発売単位は100円。 前日の19時30分から(はくぼレース期間中は前日の20時から発売開始となる)、とではWIN5の最初のレースの発走時刻の10分前まで、では同15分前まで購入できる(2017年3月27日以降は、順に5分前、10分前となった。 UMACAは導入初日から5分前締め切り)。 ただし、従来型()については、JRAダイレクトを利用しての投票はネット上のクレジットカード決済を行うための「」に対応していないため、当面の間利用できない(即PAT・A-PATは利用可)。 WIN5では、 指定された5レースの1着馬を全て当てることが求められる。 つまり1レースでも予想が外れると、その投票は外れになる。 ただし予想した馬が出走取り消しや競走除外などになった場合には、その馬が含まれる組み合わせは、ほかのレースが的中か否かのいずれであっても返還の扱いとなる(ができなくなり対象競走が1競走でも施行できなくなった場合も同様 )。 的中票が1票もなかったり、払戻金が上限の2億円を上回った場合はが発生する。 なお成績表では「対象競走最後の競走」が行われた競馬場の所で発売票数・的中票数・払戻金が記載される(開催最終日に表記される総計も「対象競走最後の競走」が行われた日のみで集計される )。 対象レースでの1着馬が同着の場合、各組み合わせに等分した後、それぞれの投票口数に応じて配当が支払われる。 2012年12月9日のWIN5では4レース目の尾張ステークスで1着同着が発生し、2通りが的中となり、それぞれ1票と20票が投票されたが、1票の組み合わせの配当が2億円、20票の組み合わせの配当が、1504万6990円(キャリーオーバー1億93万8320円)と配当が分かれた。 2011年に初めて払戻金の上限2億円を記録した(8-4-11-1-6番人気、3票的中、次回キャリーオーバー:4億6718万8320円)。 しかし、翌週のはキャリーオーバーの影響もあり、売り上げが過去最高の22億6300万3500円を記録するも、上位人気馬が概ね順当に勝利したこともあって、払戻金は当時の過去最低の1万9680円であった(2-2-1-1-2番人気、10万8638票的中)。 2011年分は、初の的中票なしとなった(3-11-10-2-4番人気)。 売上げ11億5556万7400円の内、次回キャリーオーバーが8億5280万8741円となった。 2011年の東京競馬で、初めて日曜日以外にWIN5を実施した(同日はによる開催日程変更で急遽設定された代替開催日)。 また前日の日曜日()にもWIN5を実施したため、WIN5の2日連続実施も初めてとなった。 に、休日開催以外では初めて実施した。 同様のケースには1月5日(土曜開催で初の実施)と同年(前日の台風の影響による中山・阪神両競馬場の代替開催日 )がある。 2012年分は、「WIN5」導入後初めて発売自体が取りやめとなった。 これはが、台風による影響で安全な競馬レースの施行に支障をきたすため中止となったことによるもので 、前日の夜間発売の段階から発売は見合わせられていた。 の代替競馬への順延もしなかった。 このように、WIN5対象の競走が行われる競馬場のうち1つでも中止・順延が発生した場合は、代替は原則として行わないことにしているが、2013年は台風により中山・阪神とも開催中止となり、次の9月17日に行われた代替開催では、16日に予定されたスケジュールと同じ内容で発売されている。 2012年分は払戻金7320円(2-1-1-1-1番人気)で導入後初めて1万円を割った。 スタート以来、100円に対する払戻の上限は2億円とされていたが、から6億円に引き上げられた。 分で導入後初めて払戻金が3億円を突破した。 分では導入後初めて払戻金が4億円を突破した。 上述の通り、2018年の秋以降、勝馬投票券のキャッシュレス発売機導入に伴い、JRAの各競馬場やウインズでもWIN5の発売が可能になる 東京競馬場を皮切りとして順次2019年にかけて導入予定。 2018年12月23日分では、2014年11月23日以来約4年ぶりとなるキャリーオーバーが発生。 売上げ8億5686万300円の内、次回キャリーオーバーは5億9980万2210円。 キャリーオーバー額としては、2011年9月4日分に次ぐ歴代2位の記録である。 日程の例 [ ]• 2011年の場合は、(東京競馬場第11競走)がメイン競走としては一番遅い時間の発走であり、これを基点として逆算した5つの競走が対象となる。 14:50 第10競走(橘ステークス)• 15:00 第10競走(メトロポリタンステークス)• 15:20 第11競走(魚沼ステークス 以下メイン競走)• 15:30 京都競馬場第11競走()• 15:40 東京競馬場第11競走(皐月賞)• 2場のみの開催の場合は、第9競走が最初の対象競走となるため、上記のような3場開催の場合と比べて締め切り時間が早くなる。 以下に、2011年の場合を示す。 14:35 第9競走(初風特別)• 15:00 第10競走(夙川特別)• 15:10 中山競馬場第10競走(内房ステークス)• 15:35 阪神競馬場第11競走( 以下メイン競走)• 15:45 中山競馬場第11競走()• 基本的には当日全ての開催場のメイン競走は指定競走に入るようになっているが、例外もある。 施行日と施行日は当該GI競走が起点となり、他の場で施行されるメイン競走は対象とならない。 これは、当日のGI開催場が場内混雑緩和のため、通常より1レース少ない11レース立て(有馬記念施行日については2016年まで)であることと、11-12月の関東開催のGIの施行時間が、日没時間を考慮して繰上げになっていることを踏まえてのものである。 また、2012年12月の「中山・中京・阪神」の3場で行った日には、このケースを踏まえ、本来中山と阪神の間に割り込む中京の第10競走が対象とならなかった場合もある。 以下に、2011年のジャパンカップ施行日()の例を示す。 14:25 京都競馬場第9競走(白菊賞)• 14:40 東京競馬場第9競走(アプローズ賞)• 14:50 第10競走(特別)• 15:00 京都競馬場第10競走(杯)• 15:20 東京競馬場第10競走( この競走のみがメイン競走)• 2011年と2012年(ジャパンカップ施行日)・、2018年12月28日は当日の最終競走も対象となっている。 以下に、2018年12月28日(の対象競走)を示す。 15:05 阪神競馬場第10競走(フォーチュンカップ)• 15:30 中山競馬場第11競走( メイン競走)• 15:45 阪神競馬場第11競走(ベテルギウスステークス メイン競走)• 16:05 中山競馬場最終競走(ベストウィッシュカップ)• 16:25 阪神競馬場最終競走(2018 当年の中央競馬最終競走)• 2016年・2017年の第2回新潟・第2回小倉・第1・2回札幌開催の期間中は、全場のメイン競走(第11競走)と、3場のうち2場の最終競走(第12競走)を対象とする「SUMMER WIN5」として施行した。 その一例として2016年7月31日のものを示す。 15:25 札幌競馬場第11競走()• 15:35 小倉競馬場第11競走(佐世保ステークス)• 16:15 小倉競馬場第12競走(平場)• 16:30 新潟競馬場第12競走(平場) また2017年については札幌と新潟の第12競走が対象となり、小倉の第12競走は対象外となった。 なお2018年は実施せずに通常通りのレース設定となった。 当初の開催予定の競走が頭数調整によりレース番組の変更が生じる場合があるが、原則として発売対象競走の順序は入れ替えない。 払戻金記録 [ ] 上限額 2億円 開催日 勝馬の人気 発売票数 的中票数 次回へのキャリーオーバー金額 備考 8-4-11-1-6番人気 1446万546票 3票 4億6718万8320円 18-3-6-5-3番人気 880万3017票 2票 2億4966万2660円 2012年 9-4-4-9-5番人気 815万5529票 1票 1億93万8320円 4-6-6-11-4番人気 783万5478票 3億7825万8280円 11-2-14-2-2番人気 624万5644票 2億6092万8530円 2014年 2-8-6-3-3番人気 415万2804票 1億647万6940円 高額記録(上限額を除く) 上限2億円 順位 開催日 払戻金 勝馬の人気 発売票数 的中票数 備考 3 2015年 1万260円 1-1-1-1-1番人気 640万6292票 4万3675票 1番人気馬が全て勝った初のケース 的中なし 開催日 勝馬の人気 発売票数 次回へのキャリーオーバー金額 備考 2011年 3-11-10-2-4番人気 1155万5674票 8億5280万8741円 2013年 5-9-6-6-10番人気 726万4638票 5億3613万284円 2014年 11-7-1-15-1番人気 650万1893票 4億4493万9530円 上限額引き上げ後初 2014年 4-11-16-10-8番人気 588万452票 4億1163万1640円 2018年 2-11-8-7-3番人気 856万8603票 5億9980万2210円 2019年 7-14-5-13-8番人気 664万2651票 4億6498万5570円 東日本大震災の被災地支援 [ ] 2011年3月の発生に伴い、同年6月までの間WIN5の売上から、払戻金・国庫納付金を除いた金額を被災地支援金として拠出する。 CM [ ] 2011年のCMでは、映画『』とのコラボレーションで(女優)、(映画監督)が出演。 第1弾は役柄多すぎ編、第2弾はセット小さすぎ編となった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• の開始からまでは2億円。 払戻金については3つの購入方の票数すべてを合算するため、どの方法で購入しても払戻金は同一となる。 ただし、前日の予報により、台風や豪雪などの予報が予想される場合には・をしない場合があり、その場合はWIN5の夜間前売り発売(前日発売は行わない)も実施しない場合がある。 一方で、払戻率は73. したがって、同じ票数が売れ同じ票数が的中した場合の払戻金額は、以前より低くなる。 例えば1億円の売り上げがあり1票が的中であった場合、2014年6月1日までは払戻金は7380万円であったが、現在は7000万円となっている。 2018年12月23日現在• 2011年なら小倉のメイン「雲仙特別」と京都のメイン「太秦ステークス」は対象外。 ただし、対象レース1つ目の小倉競馬第11競走()で1頭が競走除外となったため25万6834票が返還となった。 翌日開催へのキャリーオーバー。 出典 [ ]• (日本中央競馬会)• (日本中央競馬会)• - JRA・2011年• ( JRAリリース 同日閲覧)• (2012年 JRAリリース 9月30日閲覧)• com 2014年 閲覧)• (2015年9月13日 JRAリリース 同日閲覧)• スポーツ報知、2017年10月17日閲覧• 日本中央競馬会. 2018年12月23日閲覧。 - 日本中央競馬会、2016年6月27日掲載• 競馬実況web (ラジオNIKKEI). 2017年6月26日. 2017年7月21日閲覧。 (2019年9月19日)この場合、最初に中山競馬場第9競走として行うとしていた「芙蓉ステークス」(2歳・オープン競走)が出走馬6頭となったため、WIN5対象外の第8競走に変更、代わって第9競走に当初第8競走で行うとされた「3歳以上2勝クラス 旧:1000万円以下クラス (混合)[指定]」が行われ、対象レースが変更されている。 競馬、2020年2月2日配信、同日閲覧• - スポーツ報知、2020年2月2日配信、同日閲覧• - スポニチアネックス、2016年8月21日閲覧• - JRA・2011年 関連項目 [ ]• - で発売されている重勝式の車券 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の