東宝 シネマ 宇都宮。 TOHOシネマズ 宇都宮:アクセス

TOHOシネマズ 宇都宮:上映スケジュール

東宝 シネマ 宇都宮

ビル入り口に残る「宇都宮第一東宝」の看板 宇都宮第一東宝(うつのみやだいいちとうほう)は、かつて池上町に存在した系の。 来歴 [ ] 「 第一東宝映画劇場」として開業。 、現在地に中村第一ビル が建てられ、同ビルの5階に「第一東宝」「ニュー東宝」の2館が入居しリニューアルオープン。 その後に「ニュー東宝2」を増設し3館体制となる。 栃木県内における東宝系のチェーンマスターとして『』『』『』『』などのシリーズ物から、『』『』『』などの作品に至るまで数々のヒット作を上映してきた。 年間売上金額は平均3億円で、『千と千尋の神隠し』を上映したは立ち見の観客が続出し、5億円に達した。 にライバル会社である系「」 が、に東宝系シネコンである「宇都宮」 がオープンすると次第に業績が低下。 2006年の売上高は約4000万円に落ち込んだ。 観客動員数の減少と赤字経営に歯止めがかからず、をもって閉館した(但し会社的には「休館」と発表された)。 最終興行として同年から30日まで『』『』『』『』などの名作が特別上映され、58年の歴史に幕を閉じた。 閉館に際し、代表社員は継続に向けて考えたが、起死回生の策はなかったと語った。 本館閉館から2ヵ月後のには「宇都宮テアトル」(東京テアトルとは別資本 )も閉館したため、宇都宮市内中心部にある既存の映画館は「」のみとなった。 各館の特徴 [ ]• 第一東宝 定員431人。 東宝の邦画を主に上映。 1ヵ月に1作の割合で新作が上映されていた。 ニュー東宝 定員228人。 主に洋画と前評判の高い邦画を上映。 や系の作品が多かった。 ニュー東宝2 定員70人。 規模の小ささからか、やや特徴のある邦画と洋画が上映されていたが、最末期には『』 『』 『』 など系作品の上映が目立った。 脚注 [ ].

次の

TOHOシネマズ よくあるお問い合わせ

東宝 シネマ 宇都宮

ビル入り口に残る「宇都宮第一東宝」の看板 宇都宮第一東宝(うつのみやだいいちとうほう)は、かつて池上町に存在した系の。 来歴 [ ] 「 第一東宝映画劇場」として開業。 、現在地に中村第一ビル が建てられ、同ビルの5階に「第一東宝」「ニュー東宝」の2館が入居しリニューアルオープン。 その後に「ニュー東宝2」を増設し3館体制となる。 栃木県内における東宝系のチェーンマスターとして『』『』『』『』などのシリーズ物から、『』『』『』などの作品に至るまで数々のヒット作を上映してきた。 年間売上金額は平均3億円で、『千と千尋の神隠し』を上映したは立ち見の観客が続出し、5億円に達した。 にライバル会社である系「」 が、に東宝系シネコンである「宇都宮」 がオープンすると次第に業績が低下。 2006年の売上高は約4000万円に落ち込んだ。 観客動員数の減少と赤字経営に歯止めがかからず、をもって閉館した(但し会社的には「休館」と発表された)。 最終興行として同年から30日まで『』『』『』『』などの名作が特別上映され、58年の歴史に幕を閉じた。 閉館に際し、代表社員は継続に向けて考えたが、起死回生の策はなかったと語った。 本館閉館から2ヵ月後のには「宇都宮テアトル」(東京テアトルとは別資本 )も閉館したため、宇都宮市内中心部にある既存の映画館は「」のみとなった。 各館の特徴 [ ]• 第一東宝 定員431人。 東宝の邦画を主に上映。 1ヵ月に1作の割合で新作が上映されていた。 ニュー東宝 定員228人。 主に洋画と前評判の高い邦画を上映。 や系の作品が多かった。 ニュー東宝2 定員70人。 規模の小ささからか、やや特徴のある邦画と洋画が上映されていたが、最末期には『』 『』 『』 など系作品の上映が目立った。 脚注 [ ].

次の

TOHOシネマズ 宇都宮:アクセス

東宝 シネマ 宇都宮

ビル入り口に残る「宇都宮第一東宝」の看板 宇都宮第一東宝(うつのみやだいいちとうほう)は、かつて池上町に存在した系の。 来歴 [ ] 「 第一東宝映画劇場」として開業。 、現在地に中村第一ビル が建てられ、同ビルの5階に「第一東宝」「ニュー東宝」の2館が入居しリニューアルオープン。 その後に「ニュー東宝2」を増設し3館体制となる。 栃木県内における東宝系のチェーンマスターとして『』『』『』『』などのシリーズ物から、『』『』『』などの作品に至るまで数々のヒット作を上映してきた。 年間売上金額は平均3億円で、『千と千尋の神隠し』を上映したは立ち見の観客が続出し、5億円に達した。 にライバル会社である系「」 が、に東宝系シネコンである「宇都宮」 がオープンすると次第に業績が低下。 2006年の売上高は約4000万円に落ち込んだ。 観客動員数の減少と赤字経営に歯止めがかからず、をもって閉館した(但し会社的には「休館」と発表された)。 最終興行として同年から30日まで『』『』『』『』などの名作が特別上映され、58年の歴史に幕を閉じた。 閉館に際し、代表社員は継続に向けて考えたが、起死回生の策はなかったと語った。 本館閉館から2ヵ月後のには「宇都宮テアトル」(東京テアトルとは別資本 )も閉館したため、宇都宮市内中心部にある既存の映画館は「」のみとなった。 各館の特徴 [ ]• 第一東宝 定員431人。 東宝の邦画を主に上映。 1ヵ月に1作の割合で新作が上映されていた。 ニュー東宝 定員228人。 主に洋画と前評判の高い邦画を上映。 や系の作品が多かった。 ニュー東宝2 定員70人。 規模の小ささからか、やや特徴のある邦画と洋画が上映されていたが、最末期には『』 『』 『』 など系作品の上映が目立った。 脚注 [ ].

次の