助力いただく。 「お力添え」の意味と使い方!類語やビジネスでの例文も紹介

「ご尽力いただき」の意味/類語・ビジネスメールの例文

助力いただく

「ご助力」の読み方と意味 「ご助力」の読み方は「ごじょりょく」 「ご助力」は「 ごじょりょく」と読みます。 「ご助力」の意味は「相手からの手助けに対して使用する言葉」 「ご助力」は、「助力」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「助力」は「 力を添えること」「 力を貸すこと」「 手助け」「 加勢」を意味する言葉です。 「助力」で使用する場合は、自分自身が助ける際に使います。 「助けますよ」「力を貸しますよ」だと、少々軽い感じがするので、代わりに「助力」が用いられます。 そして、相手を立てる敬語表現にするために、接頭語の「ご」をつけた「ご助力」は、 主に依頼・お願いする際に使います。 つまり、「ご助力」とした場合は「 相手から受ける助言や協力」などを全て表し、「手助けをしてほしい」とお願いをする場面や、ご助力いただき、ありがとうございます」と相手からの手助けに対しての感謝を伝える表現になるということです。 また、「ご助力いただいたにも関わらず〜」とお詫びをするときにも使用することができます。 「ご助力」の漢字は「御助力」とも 「ご助力」の「助力」についている 接頭語の「ご」は漢字で「御」を表記することも可能です。 接頭語の「ご」は、後ろに続く言葉が漢字である場合は、「御」と表記し、後ろが平仮名である場合は「ご」と平仮名で表記されるとされていますが、明確な定義表は存在しませんので、 「ご助力」でも「御助力」でも、どちらで表記しても間違いではありません。 一般的に、「御」と感じて表記すると、堅苦しいイメージを与えますのでかしこまった場面では漢字で「御」と表記するなど使い分けている人も多いです。 敬語の接頭語「ご」は尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなる 上述しているように、「ご助力」の頭についている「ご」は接頭語です。 接頭語の「ご」は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなりえます。 簡単に説明すると、 相手の行動に「ご(お)」をつけて、「ご(お)〜する」の場合は「尊敬語」 相手に敬意をしめすために自分の行為をへりくだった表現にしている場合の「ご(お)〜する」は「謙譲語」 「ごゆっくり」「ごもっとも」というように丁寧な事言葉使いをすることで、話し相手に敬意をしめしている場合は「丁寧語」となります。 「ご助力」の使い方と敬語 「ご助力を仰ぐ」の意味は「助けを求める」で目上に使える敬語 「ご助力を仰ぐ」は「 助けを求める」「 目上の人から教えを乞うこと」という意味です。 「ご助力」は 相手の助けを指すので、接頭語「ご」は尊敬語です。 「仰ぐ」は「目上の人に求める」という意味なので謙譲表現ですが、厳密には謙譲語ではありません。 例えば、 上司に直接「ご助力を仰ぐ」と言ってしまうと失礼にあたるので、他の言葉で言い換える必要があります。 この場合は「お力添えただきたく存じます」「ご協力いただければと存じます」「お手伝いいただきたく存じます」などとします。 または、 ・ご尽力を仰がせていただき〜 ・ご尽力を仰ぐことができましたら幸いです。 といったように、後ろに続く言葉を丁寧にして使用します。 例文 ・スランプに陥ってしまい、モチベーションが下がる一方だったので師匠に御助力仰ぐことにした。 ・彼はどうやら社長に、ご助力を仰ぎたいそうです。 ・今は強がっていても、そのうち行き詰まって先輩方に御助力を仰ぐことになることでしょう。 ・強がって一人でなんとかすると言ってしまった手前、今更ご助力を仰ぐわけにはいかない。 ・後日改めてご尽力仰ぐことができましたら幸いです。 「ご助力いただき、ありがとうございます」は相手の助けに対するお礼 「ご〜いただく」で謙譲表現の定型句です。 「いただく」は 「もらう」の謙譲語す。 「相手の助けをもらう」という意味なので、「ご尽力」の「ご」は尊敬語、「いただく」は謙譲語と別々に解釈しても間違いではありません。 ですが、「ご〜いただく」で一つのセットとして謙譲表現とするのが一般的です。 ・ご尽力いただき、ありがとうございます ・ご尽力いただきたいです などの形です使います。 例文 ・これまで、温かいご指導とご助力いただき誠にありがとうございました。 ・お忙しいのにも関わらず、ご助力いただき誠にありがとうございます。 ・この度は、プラジェクトに関しまして、ご助力いただきまして誠にありがとうございます。 ・今回のプロジェクトは成功いたしましたのも、皆様にご助力いただいたおかげでございます。 「ご助力に感謝します」とも 「ご磁力に感謝します」といった言い回しで相手に助けてもらったことに対するお礼を伝えることも可能です。 この場合の「ご助力」は、相手の「助力」に対して使用しているので尊敬語となります。 「ご助力に感謝します」でも敬語表現になりますが、「する」の謙譲語である「〜いたす」という表現を使用して、 「ご助力に感謝いたします」としたほどが、相手に対してへりくだった表現になるので、より丁寧な表現となります。 例文 ・この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご助力に感謝します。 ・御社の日頃のご助力に感謝いたします。 ・今回の件に関しまして、御社の非常に幅広いご助力に心より感謝いたします。 ・弊社のためにご助力くださっていることに感謝申し上げます。 「ご助力のおかげ」「ご助力の賜物」「色々なご助力」も感謝するときに使う 「尽力」を使用して伝えるお礼のフレーズとしては、 ・ご助力のおかげ ・ご助力の賜物 ・色々なご助力 といったように様々な言い回しがあります。 例文 ・これもひとえに、皆様のご助力のおかげです。 誠に感謝申し上げます。 ・この度は、プロジェクト実施において、皆様より多大なるご助力を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。 ・貴社におかれましては、日頃より町の発展のためご色々なご助力をいただき誠にありがとうございます。 ・この度、御社の長年にわたるご助力が実を結ばれましたことは、感激の至りでございます。 「ご助力させていただく」は、相手の許可が必要&二重敬語 「ご助力させていただく」は、相手の許可が必要&二重敬語の表現であるため注意が必要です。 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」という表現について、文化庁は「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 また、「ご助力させていただく」は、「自分が尽力をする側」であるためこの場合の接頭語の「ご」は「謙譲語」となります。 したがって、 「ご」=謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っているということがわかります。 つまり、「ご助力させていただく」は 謙譲語が2つ含まれている二重敬語にあたります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 「ご助力できれば幸いです」で「自分が手助けをする」の意味 「ご磁力できれば幸いです」は、「 手助けできれば嬉しいです」というニュアンスで、自分が手助けをする場合に使用する言い回しです。 「幸い(さいわい)」の意味は、 ・その人にとって望ましく、ありがたいこと。 幸福・幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す で、「 自分にとって嬉しいことです」「 〜であれば幸せになります」といった意味で使用される表現です。 例文 ・微力ではございますが、ご助力できれば幸いです。 ・御社の新事業成功のために、少しでもご助力できれば幸いです。 「ご助力を賜れれば幸いです」の意味は「手助けいただければ嬉しいです」 「ご助力を賜われれば幸いです」の意味は、「 手助けいただければ嬉しいです」となります。 「賜る」には大きくわけて、「もらう」の謙譲語 と 「与える」の尊敬語 の2つの意味があります。 この場合の「賜る」は、「もらう」の謙譲語として使われていて、「目上の人からものをいただく・ちょうだいする」という意味を持ち、 目上の相手の厚意からくる、物品や意見などの言葉を受け取る際に使います。 つまり、「賜われれば〜」で「 〜してもらえれば」という意味になり、相手に手助けをお願いする場面で使用できる言い回しになります。 ・我々では、まだまだ経験が浅いので、御社のご助力を賜われれば幸いです。 ・今回発売されました新商品に関しまして、アンケート調査にご助力賜われれば幸いです。 「ご助力のほど」というすると柔らかい印象に 「ご助力のほど〜」という言い回しを使用すると、 断定を避けた表現を和らげることができます。 「〜のほど」は、「〜のよう」という意味のある言葉で、「ご助力のほど」とすることで「 手助けをしてもらうよう〜」という意味になります。 「手助けしてください」と断定してお願いしてしまうと強い口調になってしまい、命令をされていると感じてしまう人もいるので、「手助けしてくれるようお願いいたします」という柔らかい言い回しでお願いをするほうが望ましいです。 例文 ・お忙しいところ不躾なお願いではございますが、ご助力のほどよろしくお願いいたします。 ・私共も新規事業立ち上げに関しましてご助力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。 「ご助力」と「ご尽力」の違い 「ご尽力」は「あることのために力を尽くすこと」 「ご尽力」の読み方は、「 ごじんりょく」です。 まず「尽力」の意味は、「 あることのために力を尽くすこと」「 努力する」「 苦労する」ことになります。 それに尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご尽力」となります。 「尽」は「あるかぎりを出す」「終わるまで精一杯する」という意味なので、「尽力」は 一生懸命努めるといったイメージになります。 「ご尽力」は丁寧を表す接頭語「ご」がついているので、目上の相手に使うことができます。 「ご尽力」の例文 ・この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご尽力には感謝申し上げます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。 ・今後は、誠心誠意尽力して参ります。 ・微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます。 ・これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心よりお礼申し上げます。 ご協力 「ご協力」は、「 ごきょうりょく」と読みます。 「ご協力」は、「協力」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「協力」の意味は、「 ある目的のために心を合わせて努力すること」です。 例文 ・ご協力いただき、誠にありがとうございます。 ・新事業の件で、大沢様にご協力いただきました。 ・緑の羽募金にご協力をお願いいたします。 ご支援 「ご支援」は、「 ごしえん」と読みます。 「ご支援」は、「支援」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「ご支援」の意味は、「 ささえ助けること・援助すること」です。 例文 ・今後ともご理解ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・これも皆様のご支援ご厚情の賜物でございます。 感謝いたします。 ・ファンの皆様には日頃より支援していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 ご援助 ご援助は、「 ごえんじょ」と読みます。 「ご援助」は、「援助」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「援助」の意味は、「 困っている人に力を貸すこと」です。 例文 ・これまでご援助頂いた方々に少しでも早く恩返しができるよう、精一杯努めます。 お手伝い 「お手伝い」の意味は、「 ある目的のために心をあわせて努力をすること」です。 例文 ・家族に引っ越しのお手伝いをしてもらったので、助かりました。 ・娘も3歳になり、少しずつ家のことをお手伝いしてくれるようになりました。 ご後援 「ご後援」は、「 ごこうえん」と読みます。 「ご後援」の意味は、「 後ろ盾となって、うまくことが運ぶように手助けすること」です。 例文 ・皆様のご後援賜り、心より感謝申し上げます。 ・イベント開催に向けてご後援いただきまして、誠に感謝申し上げます。

次の

手助けや努力を表す「尽力」の使い方と例文 「精進」などとの違い

助力いただく

「お力添え」の意味 「お力添え」の意味は助けること 「お力添え」は、助けることを意味する「力添え」に、丁寧あるいは尊敬を示す接頭辞「お」を付けて表現した言葉です。 助けてもらったときや、相手に力を貸してもらいたいときに使用します。 「お」を付けない「力添え」は、目上の方以外からの援助に対して使うもので、友人や後輩などからの助けに対して「皆さんの力添えがあってこそ達成できました」というように表現できます。 一方、目上の方に対しては「お」を付けて、「お力添えいただき、ありがとうございました」などと使います。 よく使われる類語は「尽力」 「お力添え」の類語としてよく使われるものとしては、「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などです。 「ご尽力を賜りました」「ご協力ください」「ご支援に感謝します」というように「お力添え」の代わりに使うことができます。 ただし、「ご尽力」以外の言葉は「お力添え」に比べると少しカジュアルな表現になるため、フォーマルな場面では使用を控えたい言葉です。 「援助」「助力」「応援」なども類語 「お力添え」はサポート・フォロー・アシストという意味合いがある言葉です。 類語に多用されている漢字は「援」「助」「力」で、例として「援助」「助力」「応援」「助太刀」などが挙げられます。 そのほか「加勢」「加担」「助勢」「味方」なども言い換えが可能なもので、どれも助けるという意味がある言葉です。 「お力添え」の使い方 「お力添え」は自分に対して使えない 「お力添え」の意味は助けることですが、助けてもらう側が使うものであって、助ける側が使う言葉ではありません。 助けていただく側が、相手の助力を婉曲に指して使います。 つまり、相手の力を少しだけ貸していただくという言い方をすることによって、相手を立てることに結びつけた表現が「力添え」です。 したがって自分の行為に対しては、たとえ「お」をつけない「力添え」であっても、「力添えさせていただきます」というような使い方はできません。 自分に使える「お力添え」以外の言葉 「お力添え」の類語として挙げた「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などは、「ご」を外すことで力を貸す側も使うことができます。 例を挙げると、「尽力させていただきます」「協力させてください」「支援します」というような、自分の言動に対しても使える言葉です。 また「ご尽力いただきました」「ご協力をお願いします」「ご支援を賜ります」というように、相手の言動に対しても使用できます。 「尽力」には努力が含まれる 「尽力」は文字通り力を尽くすことで、単に力を貸すだけではありません。 ものごとに対して精一杯力を注ぐという状態を指します。 そのため援助をお願いするときではなく、助けていただいたときのお礼の言葉としてふさわしいものといえます。 注意したい点は、「尽力」を使うときに「尽力を尽くす」と言ってしまわないようにすることです。 「尽力」は力を尽くすことを意味するため、「尽力を尽くす」という言い回しでは「尽くす」が重なってしまうからです。 「お力添え」を使ったビジネスでの例文 お礼を述べる「お力添え」を使った例文 「お力添え」はよく使われるシーンは、援助をいただいたことへのお礼を述べるときです。 使用例としては以下のようなものがあります。 「このたびはお力添えを賜りありがとうございました。 」 お礼を述べるときには、「ご尽力」で言い換えできます。 「このたびはご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。 」 というように、そのまま置き換えても問題はありません。 援助をお願いするときの例文 援助をお願いする場合にも「お力添え」を使うことができます。 「今後ともお力添えをいただきますよう、お願いいたします。 「重ねてのお力添えを、お願い申し上げます。 」 目上の方に援助をお願いする場合には、「お力添え」を「ご尽力」と言い換えることは避けます。 「尽力」には努力を強いる意味合いがあるため、尊敬語としてふさわしくないからです。 自分が力を貸す側のときの例文 自分が力を貸す側のときには「尽力」を使うことをおすすめします。 改まった場所でも失礼にならず、使いやすい言葉だからです。 以下に例文を挙げて置きます。 「誠心誠意、尽力させていただく所存です。 「微力ながら、尽力して参ります。 」 まとめ 「お力添え」が尊敬語であることを覚えておくと、誤った使い方を避けられます。 類語である「ご尽力」などの使い方とともに例文といっしょに覚えておくと、ビジネスの現場で落ち着いて対処できるでしょう。 尊敬語と謙譲語を正しく使いこなして、失礼のない言葉遣いをしてください。

次の

「お力添え」の意味と使い方!類語やビジネスでの例文も紹介

助力いただく

「ご尽力」と「お力添え」の意味 「ご尽力」の「尽力」は、「力を尽くす」と書きます。 文字通り、「力を尽くすこと」「骨折り」という意味の言葉です。 精一杯努力して力を尽くす、ということですね。 「ご尽力」は、そこに丁寧な「ご」がついていますので、目上の人に対して、努力して助けていただいた感謝の気持ちを込めた言葉ということになります。 一方、「お力添え」の方はどうかというと、「力添え」は「力を添える」ですから、そのまま「援助」「助力」という意味です。 これも「お」がついていますので、「お力添え」は目上の人に対して、協力していただいた感謝の気持ちを込めた言葉ということになります。 「ご尽力」が「努力して助けていただくこと」であるのに対し、「お力添え」は「力を貸していただくこと」ですから、「努力して」という意味は含みません。 同じ「助けていただくこと」という意味でも、「ご尽力」と「お力添え」ではニュアンスが異なるんですね。 「ご尽力」と「お力添え」の使い方 上で述べたように、「ご尽力」と「お力添え」では少し意味合いが違ってきます。 しかし、どちらも「助けていただいてありがとうございます」というような意味合いではあるので、一般的に助けてもらったお礼を述べる際には使えます。 【例文】• ご尽力いただきありがとうございます• ご尽力を賜り、感謝申し上げます• 日頃よりお力添えを賜り、まことにありがとうございます これらの文のような場合は、「ご尽力」と「お力添え」を入れ替えても大丈夫です。 「尽力」の使い方 「ご尽力」と「お力添え」には、先に述べたようなニュアンスの違いがありますので、必ずしも常に同じように使えるというわけではありません。 例えば、「ご尽力」の「尽力」は、「力を尽くす」「努力して力になる」というような意味合いですので、自分に対して使うことができます。 目上の人に対して「努力します」「頑張ります」と伝えるときに、尊敬(丁寧)語の「ご」を取って、「尽力いたします」のように使えます。 「お力添え」は、自分が主体となっていることに相手が協力してくれる、という意味ですから、「力添えいたします」とは使いません。 「お力添え」が適切な場合 逆に、「ご尽力」は不適切だけれど「お力添え」は使える、という場合もあります。 それは、相手に協力をお願いするときです。 「ご尽力」は「努力して助ける」意味なので、「ご尽力おねがいします」などと言ってしまうと、目上の人に努力することをお願いすることになってしまい、失礼に当たるからです。 【例文】• お力添えを賜りますようお願い申しあげます。 今後ともお力添えのほどよろしくお願いいたします。 類語 「ご尽力」「お力添え」に似ている表現としては、「ご協力」「ご支援」「お手伝い」などがあります。 いずれも力を貸してもらうことを丁寧に表していますので、目上の人に対してお礼やお願いをするときに使うことができます。 【例文】• ご協力賜り、まことにありがとうございます• ご支援のほどよろしくお願いいたします• お手伝いくださいましてありがとうございました 「ご尽力」「お力添え」に比べると、普段から使う言葉ですよね。 メールや書面ではなく、口頭で挨拶する場合にはこちらの方が言いやすいかもしれません。 ただし、これらは決して失礼な表現ではありませんが、耳慣れた言葉なので、どうしても丁寧さの度合いが低く感じられてしまいます。 「ご尽力」「お力添え」の方が書き言葉的で、かしこまった印象になります。 どのような内容の書面か、相手がどのぐらい目上の立場かなど、時と場合によって「ご尽力」「お力添え」を選ぶと良いのではないでしょうか。

次の