ボルト ネタバレ。 映画「ザボルト金庫強奪 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

アニメ【BORUTO】青年ボルトの謎、淨眼と楔(カーマ)などを徹底調査!?【ネタバレ有】

ボルト ネタバレ

BORUTO【第10巻】最新刊のネタバレ・内容 木から木へ移動していると突然ボルトが気に直撃。 ナルト曰く急に体が固まってしまったからというのでした。 その直後、ミツキが気になったのはボルトの右腕のカーマの模様が広がっていたこと。 自分ではコントロールできないのでカワキを心配するボルト。 一方、ボルト宅で割れた花瓶をなおすために破片を探していました。 時を同じくして、カードゲームで遊びながら会話していたのはシカダイといのじん。 話題はカワキについて。 シカダイはカワキのことをよく思っていました。 また、いのの店で花を買ったサクラ。 そんなサクラのもとにやって来たのは娘のサラダ。 サラダはサクラの百豪の印について気になっていました。 そして、時を同じくして、果心居士はカエルの目を通じてカワキを監視していました。 破片を探し続けていたカワキのカーマが何かに反応。 同じころ、何かを感じっとったいの。 感じたのは禍々しいチャクラでした。 カワキのカーマが形から球体の物質が登場。 その球体から現れたのはジゲン。 登場するなりカエルが見つかり消す果心居士。 ジゲンが現れたのはカワキを連れていくため。 殴り掛かったナルトですが、ジゲンが放った杭が刺さり行動不能。 続いて殴り掛かったものの、捕まれてしまったカワキ。 そして、杭がチャクラを吸い取っているため弱るナルト。 しかし、クラマの声で持ちこたえています。 一方、カワキのもとに向かっているボルト。 ボルトのカーマもどんどん広がっていました。 そして、怒りに満ちたカワキは姿が変化。 それに対し驚くジゲン。 ナルトの攻撃で吹っ飛んだジゲンはナルトを倒すことを決断。 そしてカワキと口論の最中、ジゲンの能力でその場から消されたナルト。 ナルトが連れてこられたのは木の葉の里がないという世界。 そこにナルトを置き去りにしていこうとしてその世界から去ろうとするジゲン。 しかし、サスケの登場により、ジゲンとその空間での戦闘開始。 戦闘が始まり螺旋丸を放つナルト。 しかし、攻撃が当たらずジゲンの反撃で杭が刺さります。 その後はサスケの攻撃を防御するジゲン。 そして、影分身で応戦しようとしますが、杭の攻撃で影分身が全滅。 このやり取りでサスケはジゲンの能力は物質を小さくすることと分析。 そして、ジゲンの秘密も察していましたが、それをばらされたくないからなのかジゲンがすかさず反撃。 攻撃を防いだナルトとサスケはジゲンを攻撃しようとします。 しかし、その攻撃を自分の体を小さくして避けたジゲン。 その直後、自分の足元へ大玉螺旋丸を放つナルト。 術を吸収しようとしたジゲン。 その直後、ジゲンを刺そうとするサスケでしたが、ジゲンは時空忍術で回避。 さらに、2人を倒すために姿を変えたジゲン。 その姿が大筒木に酷似していると突き止めていたサスケ。 そして、ナルトに色々説明するサスケはスサノオを発動。 一方のナルトも尾獣モードになります。 戦いは続き突然ひびが入るジゲンの体。 その直後、ナルトとサスケを串刺しにします。 そして、ジゲンはサスケを殺そうとしますが、元の世界に逃げるサスケ。 一方のナルトは封印されてしまい、ジゲンの今いた世界から姿を消します。 その頃、カワキの体に異変が発生。 それは突然義手が外れたこと。 そして、カワキのもとにボルト・ミツキ・サラダが到着しますが、すぐにシカマルが現れてナルトに結界を張ります。 その直後、カワキに色々質問するシカマル。 そして、カワキのことを疑うシカマルに対し反論するボルト。 その直後、カワキの義手からチャクラを感じることに気付いたカワキ。 それはナルトが生きているという証でした。 そのことに気付いたカワキは、ボルトのカーマの力を合わせて時空間忍術を発動。 シカマルが影縛りの術で阻止しようとしますが、カワキの力で術を振り払いボルトたちは時空間忍術でできた穴に入ります。 そして、たどり着いた先にいたのはボロという人物でした。 『BORUTO』最新巻を今すぐ無料で読む BORUTO【第10巻】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ。 U-NEXTを使えば『BORUTO』最新巻も、今すぐ無料で読めます。 この情報は記事作成時のものです。 詳細はでご確認ください。 また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。 BORUTO【第10巻】最新刊の感想 ジゲンの強さには驚きました。 ほとんど杭の力だけでナルトとサスケを圧倒したというような印象を持ちました。 しかし、残念なのは敵の能力がマンネリ化しているような気がするという点。 とりあえず、術吸収能力が敵の能力として多くなっている印象が強いので次回対戦するであろボロにその能力があるのかどうかが気になります。 続いて気になったのは果心居士の動向。 殻のメンバーでありながらジゲンを倒そうと考えているようですが、なぜそのように思っているのかもう少しその理由がわかることを今後期待したいと思いました。 まとめ 以上、BORUTO【第10巻】のネタバレ・感想をご紹介しました。 次回はボロとの戦闘になると思うのですが、ボロの能力は何なのかとボルトたちはボロを倒すことができるのか気になります。 次の巻が早く読みたいですね! U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600円分のポイントが付与されます。 動画配信サービスとして有名ですが、実は電子書籍のラインナップも豊富にあります。 登録時の無料ポイントですぐに電子書籍を読む事もできます。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 U-NEXTは動画配信サービス有名で、見放題作品がとても豊富にあります。 電子書籍も豊富にラインナップされており、スマホ専用リーダーを使って購入した本を快適に楽しむこともできます。 jpは音楽だけでなく動画・漫画・電子書籍など幅広く楽しめるサービスです。 漫画や音楽で使えるポイントは600ポイント、更に動画で使えるポイントが1000ポイントもらえます。 電子書籍購入時には10%のポイント還元があるため、10冊購入すると1冊お得に読めてしまいます。 jpは動画配信サービスに見放題がありませんが、その代わりポイントに力を入れています。 ポイントは漫画の購入にも使えますし、映画やアニメもポイントで視聴できる新作や人気作が多いので、漫画に限らず楽しめます。 動画ポイントは漫画には使えませんが、映画やアニメに使えば無料で視聴することもできます。 Amazonアカウントを使って登録すると、特典として2週間の無料期間が付き、その間に最大900ポイントを貯められます。 フジテレビの公式サービスなだけあって動画が充実していますが、電子書籍サービスも充実しています。 登録時100P、8の付く日(8日、18日、28日)各400Pで合計900Pがもらえます。 ちなみに継続利用時は8日にプラス100Pもらえるので、同じだけポイントがもらえます。 もらえるポイントが月額利用料より多いんですよ! 2週間は雑誌と動画が見放題なので、この期間に漫画が原作のドラマやアニメなども見つけて楽しめます。 漫画購入の際は20%のポイント還元を受けられます。 ぜひお得なサービスを試してみてはいかがでしょうか。

次の

【BORUTO(ボルト)】第46話あらすじ解説ネタバレ|果心居士VSジゲン!!禊(カーマ)の正体について…|「ジャンプ」マンガ好き.COM

ボルト ネタバレ

このページの目次 OPEN• 1.ナルトの息子である「ボルト」の右目に起きた変化とは? ナルトの息子として活躍するボルトは、あり得ない能力を持つ父と、白眼を受け継ぐ母を持つ子供です。 相当な潜在能力を有しており、子供ながら父をも超える勢いで成長を続け火影候補筆頭という立場を得ています。 そんなボルトですが、第8話にて右目に 大きな変化が生じました。 ただの白眼とは違い、電流が走りながら白目が黒くなり、黒目の部分が青白く光っています。 白眼の特徴とは一致しないですし、右目だけの開眼なので、また新しい能力に目覚めたのでは、と考えられているのです。 ボルトの右目は、誰も得ていない能力を持っており、大きな変化が生じています。 スポンサーリンク 2.ボルトの右目の正体とは? ナルトの息子・ボルトの右目に起きた変化は、他の瞳術とは特徴が異なっています。 当初は、日向家に伝わり、妹「ヒマワリ」も開眼した白眼ではないかと言われていましたが、前述した通り特徴が異なるのです。 さらに、もし白眼だとしたら、どうして両目を開眼していないのかという点に疑問が残り除外されました。 次に浮かび上がったのが、「 転生眼」ですが、最強の瞳術として知られている一方、大筒木一族のチャクラを取り入れる必要があります。 幻の瞳術とされているものを、どうしてボルトが習得できるのかという謎が未解決。 ただし、右目に変化が起きるキッカケとなった夢で、トネリと思われる人物がチャクラをボルトに渡しているので、開眼条件はそろっています。 それでも、転生眼とも特徴が異なりますし、ミツキというキャラが開眼する可能性が高いので除外です。 では残るものは何なのかというと、物語でボルトの右目が「淨眼(じょうがん)」であると明らかになりました。 スポンサーリンク 3.ボルトの右目「淨眼」が持つ能力とは? ボルトの右目に宿った不思議な瞳術は、「淨眼」であると本編で明らかにされました。 青年期にはある程度の制御ができていますが、子供のボルトが任意に制御するのは不可能で、 自動的に発動します。 視認や透視といった能力を有しており、基本的には白眼に近いものなので「白眼の亜種」と位置づけられているのです。 ただし、見える対象というのは異界の存在に由来しているもの(チャクラ)に限られ、空間を飛び越えることも可能なので「神威」の能力に近いとも言われています。 ボルトの夢の世界で、トネリが神々の天下りを阻止するため、異空間のチャクラの流れ断ち切るため、ボルトに自身のチャクラを渡し開眼しました。 そうした経緯があるため、白眼の亜種でありながら他の瞳術とは全く異なる能力を有しているんですね。 しかし、開眼してから本当の力をまだ発揮していないので、どういった術を持つのか不明慮な部分が多いのも事実。 ただし、今後の物語において重要な役割を担うのは間違いありません。 スポンサーリンク 4.ボルトの右目に待ち受ける今後の予想 ボルトの右目が「淨眼」であると判明しましたが、今後は彼の右目にはどんな未来が待ち受けているのでしょうか? 夢の中でトネリが、大筒木一族の天下りを阻止するため、特殊な能力を有する淨眼をボルトに託しました。 ゴースト編では、一般的に見えない物体を目撃できたり、異空間のチャクラを 視認できるなど大きな活躍をしたのです。 ボルトの時代だからこそ有用となる能力ですが、彼の右目は今後重要な役割を担うと予想されています。 前述した通り、ボルトの右目「淨眼」は、青年期である程度コントロールができているのです。 それは第一話の冒頭で登場した、青年ボルトとカワキのバトルシーン。 ここでボルトは淨眼をコントロールしており、戦闘でも使用しているのが分かりますよね? 子供のボルトはまだコントロールができないので、能力を十分に発揮できていません。 しかしカワキとのバトルで使用しているため、今後はボルトの主力として大活躍をすると予想できるでしょう。 スポンサーリンク 5.ボルトの右目に関する謎と考察 ボルトの右目が淨眼であると判明し、白眼の亜種でありますが全く別の使い道があり、今後のストーリーで重要な役割を担うでしょう。 そんなボルトの右目には、以下に挙げる 謎が頻繁に取り上げられるので、考察と併せて紹介します。 ヒマワリはボルトのいたずらに激怒し、白眼を開眼してナルトを気絶させるポテンシャルの高さを見せつけます。 白眼は開眼したての頃は、まともに動かすこともできず能力を十分に発揮はできません。 少しずつ鍛錬を重ねてコントロールしていくのですが、ヒマワリは開眼したと同時にマスターし、ナルトを 気絶させました。 それだけの能力を持っていながら、どうしてボルトの右目だけが特殊能力を得る必要があるのか、という謎が出てくるのも納得ですよね? この点に関する考察として、「 転生者の候補だから」というものがあります。 ナルトはアシュラの転生体として、大筒木一族の能力を発揮しましたが、恐らくボルトは転生体の候補となっているでしょう。 ヒマワリではなく、ボルトがその候補になっているので、ボルトの右目だけが特殊能力を得たと考えられています。 しかし、淨眼の能力などを見ると、戦闘で使えそうなものは限られており、あまり強いと感じませんよね? 新しい瞳術としてボルト編で登場したのに、どうしてここまで微妙な能力なのか、という謎が出てくるのも不思議ではありません。 この点に関する考察として、「物語の終盤で上位版が開眼される」というものがあります。 写輪眼も後になって、「万華鏡写輪眼」という上位版が発見され、大変に強い能力を発揮しました。 そのため、淨眼も物語が終盤になってから上位版が発見される可能性が高く、ボルトがさらに パワーアップすると考えられるでしょう。 トネリのチャクラを得ているので、大筒木一族からさらなるチャクラを得られれば上位版を開眼するのは難しくありません。 現在能力が微妙なのは、上位版への伏線と考えられています。

次の

【ボルトネタバレ】ナルトは死亡?殻や器?大筒木一族本家?BORUTOの謎と伏線まとめ

ボルト ネタバレ

スポンサーリンク ボルトネタバレ最新45話「アマドの狙いは何?」 今後こんなような漫画を描いて本にしたいけど予定は未定 このモードになったボルトはちょっとキレてる感じなのかな? ビビってるのはただのモブおじさんです — まつ fu6ide ナルトは病院で目を覚ましました。 すでにヒナタなど家族が傍で見守っています。 ボルトはナルトが意識を取り戻すと、「目を覚ますのが遅いよ」と。 そう言いながらも、かなり心配していたみたいですね。 ボルトはナルトの意識が戻ったので、カワキ達にも知らせに行くと走りだしますが「病院では走る!」とヒナタに怒られます 笑 その頃、同じ病院の別の病室にいたカワキ。 自身の体の状況について、筧スミレと一緒にカタスケから説明を受けていまいた。 カタスケによる見立てだと、カワキの右手に装着している義手が合ってない可能性が高いそうです。 そのため、カワキの血液中にあるナノマシンが過剰に反応していることが原因のようです。 もし状態で放置しておくと、カワキの身体機能は徐々に衰えるばかりか、筋肉の痛みが続くようになるとのことでした。 スミレはなんとか痛みを和らげるべく、鎮痛剤を使おうとします。 しかし、鎮痛剤を使用することによって、微妙な感覚が狂うのでカワキは拒否しました。 ただ、根本的な解決方法については、カワキの体の構造を理解できないので、すぐに見つけるのは難しいようです。 それに対してカワキは「簡単にはくたばらない造りになっているから心配無用だ」と。 すると、ボルトが現れてナルトの意識が戻ったこと伝えると、カワキは安心したようでした。 アマドと果心居士への警戒は続く? ナルトの病室を訪れていたのはシカマル。 シカマルは火影がどのように救出されたのかを説明しています。 この救出に関しては、ボルト達が所属する第七班、それにカワキが自己判断で行った作戦によって、火影を監視していた殻のメンバーの一人であるボロを倒したと言います。 とはいえ、成功したから結果的には良かったものの、最悪の場合やられていた可能性もあったので、今後は勝手な作戦はやめたほうが良いよ言います。 その一方で、ジゲンが次いつ攻め込んでくるかわからない状況が続いており、ナルトとシカマルは警戒を続けています。 殻のアジトにいたアマドは、準備が完了したことを果心居士に伝えています。 そのアマドが背中に背負っているのは、長方形のリュックのようなもの。 そんなアマドを見た果心居士は「かなり身軽なようだが、持ち物はそれで全部なのか?」と。 この準備において必要なのは、データ化された情報と細胞の一部分のみ。 残りの物や作業に関しては、あちら側にあるもので事足りるようです。 そして、果心居士の口寄せの術によって、ボイラーガマを口寄せ。 そんなタイミングで登場したのはデルタでした。 「ジゲンの指示もなしにどこへ行くのだ?」と。 もし裏切り行為であれば、仲間であっても見過ごすことはできないと。 果心居士はデルタを倒そうとしますが、アマドがそれを止めます。 そして、アマドがデルタにもう寝る時間だと言うと、いきなりその場に崩れ落ちてしまいます。 デルタには緊急停止させるような何らかのシステムが盛り込まれているのかもしれません。 ガマの口の中に入っていくアマド。 「いつでもOKだ」と言うと、逆口寄せする果心居士。 するとガマはどこかの森へと飛んでいきました。 ボルトの異変 サスケはサラダが入院している病室で、ボルトの戦闘中に起きた異変について聞いています。 ボルトが豹変するまで皆が手も足も出なかった相手を、頭部に角が生えて、右目に変化が現れたボルトは、圧倒的強さで倒したと言います。 その豹変した姿については、ボルトなのにボルトでないような感じだったそうです。 サスケはその話を聞いて、大筒木が原因だと言います。 サラダはボルトの事が心配で落ち着かないようですが、とりあえず今は何も考えずに傷を癒すことが大切だとサクラは言いました。 サスケに話があるというミツキと屋上へ行きます。 ミツキもボルトに突然起こった異変は、誰が見たとしても明らかにヤバイ感じだったと。 ミツキはボルトに対して殻のメンバーが、「大筒木モモシキの器」と発していたと証言しました。 サスケはそのことから、楔にモモシキの魂が存在しており、その魂がボルトの身体を乗っ取ろうとしていたのでは?と考えていました。 もしこの仮説が正しければ、これまで楔がなぜボルトに力を与えたのかも説明がつくと。 そうなると、カワキの楔についても別の大筒木が蘇るために与えたのかもしれないと、ミツキは考えました。 ただサスケとしては、カワキに楔を刻んだジゲンが大筒木という事になるということに、あまり納得いかないようです。 サスケとしては、ジゲン自身も他の存在の器になっているように感じていました。 バトルの特訓をしているのは、シカダイ、いのじん、チョウチョウ。 そこへ現れたのは、逆口寄せによって飛ばされたアマド。 猪鹿蝶にここで会えるのはラッキーだと。 アマドはシカダイの父に話しがあるようでした。 シカダイはアマドの怪しいと思い、影縛りの術を繰り出します。 しかし、科学忍具で超音波のようなもので、跳ね返されてシカダイが動けなくなりました。 スポンサーリンク ボルトネタバレ最新45話「アマドが木の葉になる?」 BORUTO映画後設定 サスケとシカマル、ボルトとサラダ — 瑠璃 TRuri810 ナルトは回復したようで、シカマルと一緒にカワキの病室に来ています。 シカマルはジゲンが襲撃してくるので、カワキの監視を強化すると伝えます。 ジゲンと戦えるのは、現在はナルト、サスケの2人だけ・・・ カワキも大事を取って行動範囲を狭めるようです。 すると、シカマルにシカダイが殻の者に拘束され、その時に首に爆弾を装着されたと報告が入ります。 シカダイを襲ったのは「アマド」という者だそうで、シカマルと話をしたいみたいです。 アマドの狙いはなに? サイ、モエギと木の葉の忍たちは、シカダイの元に来ています。 モエギは止められましたが、土遁の術を放ってアマドを取り押さえるものの、すでにシカダイに着けられている首輪は、時間で勝手に爆発すると言われます。 アマドが言うには、本当は誰も傷つけることはしたくないのだと。 とにかくシカマルと話したいということで、山中一族の術を使って会話します。 一番は火影に直接頼みたいことがあったようですが、ジゲンに倒されただろうと言うアマド。 なので、最も火影に近い里の相談役であるシカマルと話たいそう。 シカマルはボロを倒したこと、火影が帰ってきていることを伝えて、ナルト達も会話に加えました。 ナルトはアマドに対して直接、木の葉になぜ来たのか聞きます。 アマドの要求は「木の葉へ亡命したい」ということでした。 もちろん、その見返りとして自分が知りうる情報を全て話すとのことでした。 アマドが亡命する? まさか、科学忍具を作り出した科学者アマドが木ノ葉に逃れたいとは・・・ もし木の葉に慣れれば、殻について情報を提供するとも言っています。 これまで、果心居士とアマドが不穏な動きが気になっていました。 個人的には、木の葉へやってくるという可能性についてはノーマークでしたね・・・ アマドは単に木の葉へ亡命するわけではなさそうで、さらにこの裏には何か思惑があるのは間違いないでしょう。

次の