時透無一郎 小説。 【鬼滅の刃】私の継子【時透無一郎】

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透無一郎 小説

app. goo. 柱になるためには常人の何倍もの努力加えて、多かれ少なかれ何らかの才覚が必要なのは明らかですが、その中でも無一郎の剣士としての才能はずば抜けていますね。 無一郎の場合はあまねを通してですが、お館様直々に鬼殺隊のスカウトした描写があるのは、悲鳴嶼と無一郎のみになっています。 剣を握った事のない無一郎と、兄である有一郎の元に何度もあまねが足を運んでいたことからも、その期待の程が伺えると思います。 そんな天賦の才の持ち主である無一郎も、戦場を一歩離れれば14歳の少年なのです。 特に記憶を取り戻して以降は、炭治郎にそのかわいらしい笑顔を見せたり、無惨への怒りをあらわにしたりと、豊かな感情表現が見られるようになりましたね。 もしも無一郎が感情を失っておらず、入隊当初から今のような性格だったとしたら、妹や弟を持つ柱たちから「これでもか~!」というぐらいに猫可愛がりされていたかもしれないですね! 双子としてともに生を受けた兄弟に対して、片割れもしくは分身というような表現をする事がありますよね。 app. goo. 生まれた時から一緒に居て、両親を失ってからも手に手を取り合い共に生きてきた兄を、突然奪われた無一郎の喪失感はとても大きかったはずで、計り知れないところにあるのだと思います。 しのぶが姉・カネエの表情や生き方を真似る事で自身を変えようとしたように、無一郎が記憶喪失になったのも、心を守るためのひとつの術であったものだと考えられないでしょうか? ただ、無一郎の中では「こんなにつらいなら全て忘れてしまおう」という、自己防衛が働いたのと同時に「これからも片割れである兄と一緒にいたい」という、願望が同時に存在していたのではないかと思ってしまいます。 記憶を取り戻したあとで無一郎は「記憶のない時の僕は何だか兄に似ていた気がする」と、述べていますが、これは記憶を失ってもなお無一郎の心に兄の存在が残っていたという証拠だともいえるのではないでしょうか? 回想シーンを見る限り、幼少期の無一郎は気が強かった兄・有一郎とは、真逆の十物だったと推察できます。 口喧嘩ではいつも兄に勝てず、分が悪くなると悔し涙を浮かべて口をつぐんでしまう・・・そんな性格だったようですね。 app. goo. どの型にも霞のエフェクトがかかっていて、無一郎の太刀筋をうまく隠していますね。 大きめの隊服を着用して相手に、間合いや動作を悟られないように工夫している点から察するように、霞の呼吸は他の呼吸と比べて型ごとに大きく動作が異なるのかもしれないですね? 突然部屋に入ってきた半天狗の顎を一瞬ではねた「肆ノ型・移流斬り」、細かい連撃を高速で繰り返す「伍ノ型・霞雲の海」などに代表される技を繰り出すスピード無一郎の特徴の一つに挙げられます。 多くの剣士の刀を打ってきたであろう刀鍛冶の鉄穴森が「瞬きする間に斬っている」というコメントからもその速さが伺いしれるところですね。 スピードという点においては、善逸と無一郎は似たもの同士といえるかもしれないですね。 ただし、音という視点から考察すれば、二人はむしろ正反対の剣士だともいえます。 雷鳴を轟かせながら技を繰り出す雷の呼吸とは異なり、霞の中にいるかの如く静かに相手を斬る、それが無一郎の戦闘スタイルだといえるのです。 無一郎の代名詞ともいえる「漆ノ型・朧」は無一郎のスピードあってこその技です。 大きな緩急をつけて繰り出す「朧」で顎を斬られた上弦の「伍・玉壺」は「霞に巻かれているような・・・」と表現していましたね。 玉壺と戦った刀鍛冶の里編では単体で繰り出された「朧」。 しかし上弦の壱・黒死牟戦での無一郎は「伍ノ型・霞雲の海」の後に朧を使って攻撃するのではなく、速い霞雲の海を見せる事で、緩急が持ち味の朧の効力をさらに引き上げたのでしょうね。 app. goo. 刀鍛冶編での無一郎と玄弥はそれぞれ別の鬼と戦っており、二人が説職するシーンは描かれていませんでした。 しかしその後無限城で再会した二人からは、柱と一般人ではなく、もっと距離が縮まっている様子が見て取れますね。 もしかしたら刀鍛冶で初対面を果たして以降、二人は何らかの交流を重ねてきたのかもしれないですね。 app. goo. 黒死牟のあらゆる攻撃によってジワジワと追い詰められ、最後の最後、胴体を真っ二つに切られてしまいました。 この胴体を真っ二つに切られた事が死亡に至らしめた要因です。 序盤の戦闘で左腕を失います。 直ぐに止血をして立ち向かうが、串刺しにされてしまいました。 ここで不死川実弥・不死川玄弥・悲鳴嶼行冥の3人が到着。 その間に無一郎は胸に刺さった刀を自力で抜きます。 そして、黒死牟の動きを少しでも止めるため、リスクを犯して懐に飛び込む事を決意します。 見事懐に入り込み、黒死牟のみぞおちに刀を刺す事に成功!しかし、その際に片足を切られ失う…。 追い詰められた黒死牟は、玄弥・無一郎の足止めから解放するために決死の全体攻撃を放つちます。 この全体攻撃で無一郎は胴体が真っ二つに…。 残酷すぎます。 結果的にこの全体攻撃が無一郎にとって致命的なダメージとなりました。 無一郎はこの状態になっても最後まで日輪刀を離しませんでした。 その際、怒りによって日輪刀が「赫刀化」しています。 この赫刀化しか無一郎の日輪刀は、黒死牟に致命傷を与えました。 時透無一郎の名言 まとめ【鬼滅の刃】時透無一郎の最後・名言を考察【最新情報】 今回は【鬼滅の刃】時透無一郎の最後・名言を考察【最新情報】について検証してみました。 剣技に優れ日の呼吸の子孫、すなわち黒死牟側の子孫に当たるわけですが、記憶を取り戻してからの無一郎は有一郎としの心の二面性をあわせもちます。 鬼滅の刃のメインテーマとも言える家族愛・兄弟愛・絆がここでも見事に描かれることになりました。 無一郎の技・朧はカッコイイ技・強い技ランキングでも上位です。 無一郎にはまだまだ活躍して欲しかったと残念に思いますが、無一郎の意思は鬼殺隊の中で永遠に引き継がれていくことでしょう。 今回も最後まで御愛読ありがとうございます!.

次の

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透無一郎 小説

使用する呼吸:霞の呼吸 日輪刀の色:白 誕生日:8月8日 年齢:14歳 身長:160cm 体重:56kg 出身地:東京府 奥多摩郡 大岳山(現:奥多摩 大岳山) 趣味:紙切り、折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる) 好きな物:ふろふき 霞の呼吸の使い手で、霞柱。 長髪の黒髪で、起伏のない表情が特徴。 いつもぼーっとしている。 炭治郎が鬼である禰豆子を連れていたことが議題となった柱合会議ではほとんど話を聞いていなかった。 しかし、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の言葉を炭治郎が遮ったときは、表情を変えて炭治郎を制した。 この事から、産屋敷耀哉に忠誠を誓っていることがわかる。 時透がいつも上の空なのは、幼少期の記憶を喪失していることに原因がある。 この記憶は炭治郎の言葉をきっかけに取り戻した。 記憶を取り戻す前は、自分中心な性格で、刀鍛冶の里の人間に暴言や暴力を振るっていた。 それにより炭治郎からは反感を抱かれた。 他人に全く興味を抱かなかったが、記憶を取り戻してからは少し変化が現れている。 特に顕著なのは炭治郎への対応であり、柱稽古で時透の元を訪れた炭治郎にはこれまで見せたことがないような笑顔を見せた。 しかし、他の人間には辛辣だった。 刀を握って2ヶ月で柱まで登りつめた天才児。 その実力は相当なもので、柱数人分の力があるとされている上弦の鬼を一人で倒した。 『日の呼吸(全ての呼吸の大元となった呼吸)』を使ったとされる『始まりの剣士』の血族である。 上弦の壱・黒死牟との戦いで、元『始まりの剣士』だった黒死牟(人間だった時はの名は継国厳勝)の子孫だということが明らかになる。 黒死牟との戦いの中で『透き通る世界』に入ることが可能となった。 また、その戦いで日輪刀を赫刀に変化させた。 黒死牟はその日輪刀から灼けるような痛みを感じていた。 刀鍛冶の里で、上弦の伍である玉壺を撃破した。 異空間・無限城では上弦の壱である黒死牟と戦闘を行う。 岩柱の悲鳴嶼行冥、風柱の不死川実弥、実弥の弟である不死川玄弥と共に黒死牟を倒すことに成功するが、その戦いで命を落とした。 時透無一郎の来歴・活躍 有一郎と無一郎 無一郎が10歳の時、母親は肺炎で、父親は薬草を取りに行って崖から足を滑らせて死亡している。 それ以降、双子の兄である有一郎と共に育った。 有一郎は「情けは人の為ならず。 誰かのために何かしても、ろくなことにならない。 」と言う。 無一郎が「違うよ。 人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ。 父さんが言ってた。 (後に炭治郎が同じセリフを発言し、それがきっかけで時透が記憶を取り戻すことになる)」と反論するが、有一郎は「人のために何かしようとして死んだ人間の言うことなんてあてにならない」と言い切った。 」といって無一郎を愚弄した。 無一郎を叱咤する有一郎 ある日、二人の元に産屋敷耀哉の妻である産屋敷あまねが訪ねて来た。 あまねは二人が凄腕の剣士の子孫だといい、鬼殺隊に入るよう勧誘しに来たのだった。 無一郎は「剣士になろうよ。 鬼に苦しめられている人たちを助けてあげようよ。 」と言うが、有一郎は鬼気迫る表情で「お前に何ができるって言うんだよ!米も一人で炊けないような奴が剣士になる?馬鹿も休み休み言えよ!本当にお前は父さんと母さんそっくりだな!楽観的すぎるんだよ!どういう頭してるんだ!具合が悪いのを言わないで働いて体を壊した母さんも、嵐の中薬草なんか取りに行った父さんも!あんなに止めたのに…!母さんにも休んでって何度も言ったのに!人を助けるなんてことはな、選ばれた人間にしかできないんだ!先祖が剣士だったからって子供の俺たちに何ができる?教えてやろうか?俺たちにできること。 犬死にと無駄死にだよ!父さんと母さんの子供だからな!」と言い、無一郎の意見を突っぱねた。 それから二人は口を利かなくなった。 無一郎と有一郎 夏のある晩、鬼が二人の家に現れる。 鬼は有一郎に致命傷を与え「どうせお前らみたいな貧乏な木こりはなんの役にも立たねぇだろ。 いてもいなくても変わらないようなつまらねぇ命なんだからよ」と言った。 その時、無一郎はこれまでに一度も感じたことない怒りを感じ、我を忘れて鬼と戦った。 気がつくと鬼は頭を潰され、朝日に溶けていった。 傷を負った無一郎が這いつくばりながら家へ戻ると、意識朦朧となった有一郎がいた。 有一郎は「…神様…仏…様…。 どうか…どうか…弟だけは…助けてください…。 弟は…俺と…違う…心の優しい…子です…。 人の…役に…立ちたいと…いうのを…俺が…邪魔した…。 悪いのは…俺だけ…です。 バチを当てるなら…俺だけに…してください…。 わかって…いたんだ…。 本当は…。 」と話した。 有一郎が無一郎に冷たく当たっていたのは、有一郎がなんとしても無一郎を守ろうとしたためであった。 小鉄から鍵を取り上げようとする時透 炭治郎が刀鍛冶の里を訪れた時、時透無一郎も里に来ていた。 炭治郎が刀鍛冶の鋼鐵塚を探していた時、『始まりの剣士』の動きを再現したという『縁壱零式』と訓練を行うため、縁壱零式を起動させるための鍵を持っている小鉄という少年に迫っていた。 小鉄が鍵を渡そうとしないのを見ると、問答無用で暴力を振るい、それを看過出来ない炭治郎が割って入る。 しかし、その炭治郎の腹部にも一撃を放つ。 小鉄が縁壱零式が壊れそうなことを説明するが、時透は「柱の時間と君たちの時間は全く価値が違う。 少し考えればわかるよね?刀鍛冶は戦えない。 人の命を救えない。 武器を作るしか能がないから。 」と言い放ち、鍵を要求した。 それを聞いた炭治郎が時透に反論するが、時透は炭治郎を気絶させ、鍵を奪っていってしまう。 その後、自身の担当の刀鍛冶である鉄穴森を探しに炭治郎の元を訪れる。 炭治郎が「一緒に探そうか?」と申し出ると、時透は「なんでそんなに人を構うの?」と問う。 すると炭治郎は「人のためにすることは結局、巡り巡って自分のためにもなっているものだし、俺も行こうと思ってたからちょうどいいんだよ。 」と言って笑った。 それを聞いた時透は呆気にとられたような顔で「えっ?何?今何て言ったの?今…今…」と言った。 その時、上弦の肆である半天狗が襖を開けて部屋に入って来て、戦闘となる。 時透の攻撃は一度は避けられるものの、二撃目で半天狗の頸を斬り落とした。 しかし、半天狗は追い詰められれば追い詰められるほど強くなる鬼で、斬り離した頭と胴体が『積怒』と『可楽』という二匹の鬼に変化した。 時透は可楽が持っていた天狗の団扇により突風を起こされ、遥か彼方へ飛ばされてしまう。 小鉄を守った時透 時透は一刻も早く炭治郎の元へ戻ろうとするが、そこで魚のような化物に襲われている小鉄を目にする。 時透は小鉄を助けるより、半天狗を討つ事の方を優先しようとするが、その時「人のためにすることは巡り巡って自分のために」という炭治郎の言葉を思い出し、小鉄を救った。 小鉄は他の刀鍛冶を救うように懇願し、時透はそれを拒否しようとする。 しかし、時透は脳裏に「失った記憶は必ず戻る。 心配いらない。 きっかけを見落とさないことだ。 ささいな事柄が始まりとなり君の頭の中の霞を鮮やかに晴らしてくれるよ。 」と話す産屋敷耀哉の姿を見る。 そして刀鍛冶を救いに向かった先で上弦の伍である玉壺と遭遇する。 玉壺は芸術家を気取っており、刀鍛冶職人に刀を突き刺して壺に活けた作品を時透に見せた。 それを見た時透は「いい加減にしろよクソ野郎が。 」と言って斬りかかる。 それを躱した玉壺は壺から金魚を生み出す。 金魚は麻痺毒の塗られた針を吐き出した。 時透は刀鍛冶職人をかばって攻撃を受ける。 それを見た玉壺は「本当に滑稽だ。 つまらない命を救って、つまらない場所で命を落とす。 」と言う。 それを聞いた時透は、以前にも同じようなことを言われたような気がした。 時透は一瞬で移動して玉壺の頸に日輪刀を振り下ろすが、玉壺は敵を水の壺の中へ閉じ込める血鬼術『水獄鉢』を繰り出した。 玉壺は刀鍛冶職人を殺害するためにどこかへ行ってしまう。 時透は肺に残った空気を使って『霞の呼吸 壱ノ型 垂天遠霞』を使うが、水獄鉢を破ることはできなかった。 時透は諦めようとするが、小鉄が時透を助けようとする。 小鉄は玉壺が生み出した化物に傷つけられながらも、時透を封じ込める壺に空気を吹き込んだ。 時透はその空気を利用して『霞の呼吸 弐ノ型 八重霞』を繰り出して水獄鉢を脱する。 水獄鉢の中で時透は忘れていた記憶を思い出していた。 時透には両親と双子の兄がいた。 しかし、両親は十歳の時に死んでしまい、それからは兄と二人で育った。 「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる。 そして人は自分でない誰かのために信じられないような力を出せる生き物なんだよ、無一郎。 」と無一郎に話したのは父親だった。 しかし兄の有一郎はそんな父の言葉を信じず、無一郎のことを無能だと罵った。 ある日、産屋敷耀哉の妻である産屋敷あまねが訪ねて来た。 あまねは二人が凄腕の剣士の子孫だといい、鬼殺隊に入るよう勧誘しに来たのだった。 無一郎はその要求を受けようとするが、有一郎は顔色を変えて無一郎を叱咤した。 それから兄弟は話さなくなった。 ある夏の晩、二人の家に鬼が到来する。 鬼は有一郎に致命傷を与える。 激昂した無一郎は怒りで我を忘れて戦った。 鬼は頭を潰され、朝日に焼かれた。 傷を負って這いつくばって家に帰った無一郎は、意識朦朧とする有一郎を目にする。 有一郎は「…神様…仏…様…。 どうか…どうか…弟だけは…助けてください…。 」と話した。 有一郎が無一郎に冷たく当たっていたのは、何としても無一郎を守ろうとしていたからだった。 玉壺の頸を落とした時透 玉壺が炭治郎の刀鍛冶である鋼鐵塚を殺そうとしているところに、時透が現れる。 時透は痣を発現していた。 玉壺は壺から蛸の足を無数に出し、時透を一度は拘束するが、刀鍛冶から自身の刀をもらった時透は『霞の呼吸 伍ノ型 霞雲の海』で蛸足を斬り捨てて玉壺に迫る。 玉壺は壺から壺へ瞬間移動できる能力を持っていたが、時透の素早い攻撃は玉壺の頸に傷を負わせた。 玉壺は一万匹もの肉を喰らう魚を壺から吐き出す血鬼術『一万滑空粘魚』を繰り出すが、時透は『霞の呼吸 陸ノ型 月の霞消』で全ての魚を斬り落とした。 すると玉壺は脱皮をし、真の姿を見せる。 脱皮した玉壺の体は金剛石よりも硬い鱗で覆われていた。 さらに玉壺の拳は触れたものを魚に変える能力を持っていた。 玉壺は鱗を打ち付けて縦横無尽に動き回る血鬼術『陣殺魚鱗』で攻撃しようとするが、時透は『霧の呼吸 漆ノ型 朧』を繰り出す。 『霧の呼吸 漆ノ型 朧』は動きに緩急をつけて敵を撹乱する技である。 玉壺は時透を捉えられず、まさに霞に巻かれたようだった。 時透は「ねえ君は、君はさ、なんで自分だけが本気じゃないと思ったの?」と言って玉壺の頸を斬り落とした。 玉壺は頸が落ちて時透を見上げるまで、頸を斬られたことに気づいていなかった。 時透は転がった玉壺の頭に「お終いだね。 さようなら。 お前はもう二度と生まれて来なくていいからね。 」と告げた。 その後、半天狗をあと一歩の所まで追い詰めていた炭治郎の元へ現れ、鋼鐵塚が研いでいた日輪刀を炭治郎へ投げて渡す。 炭治郎はその刀で半天狗の頸を落とした。 腕を斬られる時透 鬼舞辻無惨が鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元を襲撃する。 炭治郎や柱たちは産屋敷の元へ集うが、異空間・無限城に落とされてしまう。 時透は岩柱である悲鳴嶼行冥と行動していたが、無限城内部は半天狗の代わりに上弦の肆となった鳴女の血鬼術により部屋が動いており、悲鳴嶼とはぐれてしまう。 時透はその先で上弦の壱である黒死牟と遭遇する。 黒死牟と対峙した時透は、怖気から身体の震えが止まらなかった。 時透を見た黒死牟は、時透に名を訪ねる。 時透が名を名乗ると、黒死牟は「成る程…そうか…絶えたのだな。 」と呟いた。 時透が何のことかを問うと、黒死牟は「私が…人間であった時代の名は継国厳勝…。 お前は…私が…継国家に残して来た…子供の…末裔…。 つまりは…私の子孫だ…。 」と明かした。 時透の先祖は『始まりの呼吸』を使う剣士とされており、その人物を眼の前にして動揺する時透だったが、自分を律して一瞬で平常心を取り戻す。 時透は『霞の呼吸 弐ノ型 八重霞』『霞の呼吸 伍ノ型 霞雲の海』を繰り出すが、黒死牟は難なくその攻撃を躱す。 時透は痣を出して『霞の呼吸 漆ノ型 朧』を繰り出す。 その技を見た黒死牟は「実に良き技。 流麗で美しい。 」と評した。 そして「此方も抜かねば…無作法というもの…」と呟き、『月の呼吸 壱ノ型 闇月・宵の宮』を繰り出す。 時透はその一刀で左腕を斬り飛ばされる。 時透はすぐさま止血して『霞の呼吸 肆ノ型 移流斬り』を繰り出すが、刀を奪われ、その刀で柱に串刺しにされる。 黒死牟は「我が末裔よ。 あの方にお前を鬼として使って戴こう。 」と発言する。 その後、他の柱が戦っている間に自力で刀を引き抜く。 そして胴を分断されていた不死川玄弥に黒死牟の髪を喰わせて助ける。 そして負傷して絶体絶命だった不死川実弥も助けた。 そして自身が戦えなくなる前に黒死牟を倒そうとする。 『透き通る世界』に入ることが可能となり、黒死牟の攻撃を掻い潜って日輪刀を体に突き刺すことに成功する。 しかし、その時、時透も左脚を切断されている。

次の

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

時透無一郎 小説

「だけどな無一郎 どれだけ善良に生きていたって神様も仏様も結局 守ってはくださらないから 俺がお前を守らなければと思ったんだ」 概要 の双子の兄。 享年11歳。 双子だけあって無一郎と見分けがつかない正に瓜二つな容貌をしており、腰に届くほどの髪を伸ばした小柄で中性的な少年。 髪色は黒から毛先にかけて青のグラデーションになっている。 のような妙な髪型だが、なのか、そういう癖なのかは不明。 人物 弟の無一郎に比べ冷酷とも言える程厳しい性格で、正論ながら何かとキツイ物言いが目立つ少年。 しかしそれは全て家族や弟を思いやり、人の為に身を削りがちな彼らを守りたいと思うからこその言動であり、本人もひどい物言いが多い自分を気にしていた。 だった無一郎の「概ね正しくも残酷」と評される言動は彼に似ていたらしく、兄弟の死を無意識に忘れたがった無一郎が有一郎と自分を同一視したがった為とも取れる。 最期 本編の時間では既に死亡している為、全ては無一郎の回想となる。 十歳の頃、体調が悪いのを黙って働き通した母が風をこじらせて肺炎で死亡し、父もまた嵐の中を薬草を探しに出て崖から転落死した。 有一郎は母に何度も休むよう言い、嵐に構わず出ていこうとする父を止めたが、そんな息子の心配を余所に両親は死んでしまった。 どれだけ善良に生きても神も仏も助けてくれない。 なら自分が弟を守るしかないと、無一郎への態度はキツくなり、鬼殺隊に二人を勧誘しに来たあまねのことも「なにか企んでるに決まっている」と追い返した。 しかしある日、夏の夜にとを開けて寝ていた兄弟を鬼が襲い、有一郎は左腕を切り落とされ致命傷を負ってしまう。 無一郎は怒りのままに鬼を殺し続け朝日で灰にした後、瀕死の体で兄の元へ戻り、必死で手を伸ばす。 既に命もろとも意識も失おうという有一郎は今際の際に 「無一郎の無は無限の無」「お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ」と言い残し、弟の目の前で果てた。 無一郎は兄を冷酷な人で自分を嫌っていると思い込んでいたが、有一郎は優しくしてやれないことを申し訳なく思いながらも、それでも家族を守りたかったのだ。 余談 単行本14巻のおまけにて、幼い有一郎がべそをかく無一郎と手を繋いでいる様子を、洗濯中の母が笑みを浮かべて見守っている様子が描かれている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の