中学生 お 小遣い 相場。 中学生のお小遣いの額はいくら?相場に関する相談

大学生のお小遣いの平均は?相場の金額や状況別の現状とは

中学生 お 小遣い 相場

もくじ• そもそもお小遣いとは? 周りの友達がお小遣いを貰っている• 子供がほしいと言い出した• 子供に欲しいものがある• 子供にお小遣い帳をつけさせたい• 子供にお金の大切さを学ばせたい これらのように様々なことがきっかけで、 お小遣いをあげようと思われるママも、 いらっしゃると思います。 お小遣いは渡し方によっては、 「お金の大切さを学べる」 というメリットがありますよね。 ではお小遣いをあげるならば、 いくらくらいが相場なのでしょうか? 続いてご紹介したいと思います。 Sponsored Link 子供の小遣いの相場は? drwallet. では子供の小遣いの相場は、 いくらくらいなのでしょうか? 毎月お小遣いをもらっている 一般的なお小遣いの相場は、 以下のようになります。 子供の小遣いの相場:小学生の場合 子供の小遣いの相場としてまずはじめに、 「 小学生の場合」です。 小学生は基本的に、 紙幣であげるようなお小遣いではなく、 100円単位であげるのが相場です。 ですから小学生の場合は、 1年生は「 100円」からはじまり、 高学年では「 500円」が相場です。 子供の小遣いの相場:中学生の場合 子供の小遣いの相場としてつづいて、 「 中学生の場合」です。 こちらは小学生で 駄菓子などを買うという目的から、• 「ゲーム」• 「アクセサリー」 といったすこし高価なものを、 買いたくなる年齢でもありますよね。 ですから、中学生の場合はおおよそ、 「 1000円~3000円」が 相場になっているようです。 子供の小遣いの相場:高校生の場合 子供の小遣いの相場としてつづいて、 「 高校生の場合」です。 高校生では、 アルバイトをする子供もいますので、 お小遣いをあげる家庭と、 あげない家庭があると言えるでしょう。 しかし、 お小遣いがある高校生の場合は、 一般的な相場は「 5000円」です。 高校生にもなると、 家計のことも考えた上で、 お小遣いをあげる必要がありますね。 Sponsored Link 年齢別の小遣いの平均は? drwallet. おおよそではありますが、 ここでは年齢別の小遣いの平均が いくらぐらいなのか?紹介します。 年齢別の小遣いの平均:小学生低学年の場合 年齢別の小遣いの平均として まずはじめに、 「 小学生低学年の場合」です。 小学生の低学年である 「 1年生~3年生」の お小遣いの平均はおおよそ、 「 100円~300円」です。 この時期は、 駄菓子を買ったりするのに お金を使いますよね。 ですので、 たくさんあげる必要はありません。 またまだお金の価値観が、 分からない子供もいるため、 お小遣いをあげていない家庭もあります。 この時期は無理をして、 お小遣いをあげる必要はないでしょう。 年齢別の小遣いの平均:小学生高学年の場合 年齢別の小遣いの平均としてつづいて、 「 小学生高学年の場合」です。 小学生の高学年である 「4年生~6年生」のお小遣いの平均は、 おおよそ「 400円~800円」です。 なかには1000円くらいというママも、 おられるようですが、 多くても800円 が平均的になっています。 高学年にもなれば、 学校以外でも友達ができますよね。 特に習い事をした帰りに、 お菓子を買う子供もいるでしょう。 そのような付き合いのことも考えつつ、 金額的にはあげすぎないのが良いですね。 年齢別の小遣いの平均:中学生の場合 年齢別の小遣いの平均としてつづいて、 「 中学生の場合」です。 中学生の小遣いの平均として、 おおよそ「 1000円~3000円」です。 中学生にもなれば• 習い事• お昼ご飯 など様々なきっかけで、 お金を使う場面が増えますよね。 子供が小遣いをたくさん、 使いすぎてしまうようであれば、 あげすぎはよくありません。 この時期は反抗期もあるために、 きちんと性格をみて考慮しつつ、 子供と話し合うことをおすすめします。 この記事を読んで頂いた方へ この記事を読まれた方は、 下記の関連記事も参考にされています。 子育てに関する関連記事• drwallet. お金の管理ができる年齢• 計算ができる年齢 になってから、 あげるのが良いかもしれませんね。 また社会性を学ぶためや、• お金の価値• 習慣をつける練習 をすることを考えたり、 勉強をしてもらうために、 お小遣い制度を導入するのも、 良いかもしれません。 しかし家計のことも考えつつ、 お小遣い制度を取り入れるかどうかを、 判断すると良いでしょう。 今回は、 子供の小遣いの相場について、 小学生や中学生など年齢別の平均など、• そもそもお小遣いとは? 子供の小遣いの相場は? 年齢別の小遣いの平均は? 3つに分けて紹介しました。

次の

旦那のお小遣いの平均相場額をパターン別に紹介!気になる内訳は?

中学生 お 小遣い 相場

スポンサードリンク 調査対象母集団 当然二人以上世帯のみ のうち子供がいる世帯に対して、その子供に渡しているこづかいの金額を尋ね、平均値を算出した結果が次のグラフ。 例えば小学校入学以前の子供に対してはよくあるケースだが、何か欲しがった時に買い与えるなどして、普段はこづかいを渡していない世帯は平均換算には含まれていない。 高校生では5800円ほど、大学生は こづかいをもらっているとすれば 平均で約2万2000円。 相場観としては「大体こんなところか」「やや中高生が低いような」との感想を抱かせる値ではある この理由は後ほど推測する。 小学校入学以前がいくぶん高いようにも思えるが、これは該当回答数が少ないために統計上のぶれが生じているものと考えられる 該当するのは17世帯。 このこづかい額の平均推移を高校生以下に限り 大学生はケタ違いに大きいためグラフが見難くなるので省略 、1971年以降について見たのが次のグラフ。 小学校入学以前は安定感が低く、1000円前後を大きく行き来し、2016年では2300円近くに跳ね上っているが、これは対象世帯数が少ないのが原因。 詳細値の2016年分を確認すると、小学校入学以前の子供を持つ世帯数は、今調査対象母集団においては17世帯のみとなっていた。 さらに例えば2016年で確認できる範囲では、最高額が3万円、最低額が100円となっており、大きなぶれが生じるのも仕方がない。 消費者物価指数が1980年後半以降、ほとんど変動していないのはで解説した通り。 子供のこづかい額も中学生・高校生向けの金額については、それに大体即している形となる。 一方1980年代後半では中学生・高校生で明らかに大きな減少、小学生でも小規模な減少が見受けられる。 いわゆる「バブル崩壊」が、子供のふところ事情にも少なからぬ影響を与えていたことが確認できる。 高校生については前世紀末から起伏を繰り返しながら、少しずつ減少する動きが見られる。 単に親の懐事情が厳しくなっている、あるいは高校生が使う携帯電話の電話料金を親に 一部 肩代わりしてもらう代わりに、フリーハンドで使えるおこづかいが減らされているのか。 後者と考えた方が道理は通る。 その実情は同じ金融広報中央委員会「知るぽると」で定点観測されている「子どものくらしとお金に関する調査」の結果からも明らかにされている。 ここ数年は上昇基調にあるのは幸いか。 なお世帯年収別で子供のこづかい額が変わるか否かだが、少なくとも今調査に限れば関連性はほとんど見られない。 余談となるが、同資料には2007年以降の仕送り額について、送る側・受ける側双方の平均金額も寄せられている。 「仕送りする側」が送る相手は単身世帯の学生の可能性もあり、それ相応の額が必要になる。 一方、受ける側は二人以上世帯のため「就労世帯だが手取りが少ないので、補助を親世帯から受けている」事例が多分に考えられるため、額面も少なめとなる。 経年変化を見ると、2010年の下落 イレギュラーか、リーマンショックの影響だろう をのぞけば、少しずつ増える傾向が見受けられた。 2012年は双方とも大きく減ったが、2013年以降は再び持ち直し、増加基調を示している。 仕送りを受ける側にしてみれば有りがたい話だが、送る側にはやりくりが大変な状況になりつつあるともいえよう。 ただし2014年をピークに、仕送りする側もされる側も、額面は減少するような動きを見せている。 仕送りをする側のお財布事情が厳しくなってきたのか、受ける側に余裕が出てきたのか。 今件調査からだけでは分からない。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の

中学生のお小遣い事情!金額の平均・相場や使い道について解説!

中学生 お 小遣い 相場

パターン別!旦那のお小遣いの平均相場額 年代別 年代別に旦那のお小遣い事情は、どうなっているのでしょうか? 調べてみると、 50代と20代が、旦那に渡すお小遣いが、最も多い年代になっていました。 30代、40代になるとほぼ同じ割合で旦那のお小遣いが少なくなるという結果になっていました。 これは、20代や50代では、子供にお金が掛かっていないことが挙げられるでしょう。 30代40代は、ちょうど結婚して、子供を育てている時代ですので、子供の教育費であったり、マイホーム購入に伴い住宅ローンを組むことで、旦那のお小遣い事情を冷え込ませている要因になっています。 では、具体的に年代別に見ていきましょう。 20代 20代の平均の旦那にお小遣い額は、42,018円でした。 20代は、まだ結婚し間がない時期であったり、夫婦2人だけの生活のため、自由に使えるお金が多い結果になりました。 独身時代のお互いのお金の管理のまま、ただなんとなく決まった方法でやっている方が多いため旦那のお小遣いも多くなっています。 独身時代の生活スタイルを変えることなく、生活しているので、1度夫婦でお金について話し合う必要があるでしょう。 30代 30代の旦那のお小遣いの平均は、36,146円です。 20代の頃と比べると、6,000円程減っていることになります。 これは、子供が生まれて、子育てにお金が掛かってきたことと、子供が生まれたことにより、住宅購入による住宅ローンが大きな要因になってきます。 旦那も、子育て中は制限されることが多くなり、住宅ローンの重みがのしかかる時期になります。 今は、晩婚化が進んで、結婚する時期も遅いので、給料もそれなりにもらってから結婚になるので、家計の管理もしっかりと行う奥様が多いことが伺えます。 40代 40代になると、旦那のお小遣いの平均は、37,073円になり、30代に比べると少し回復します。 しかし、40代は、子供の教育費に多額の費用がかかる時期です。 子供の受験であったり、大学進学になってくると、かなり家計が圧迫されて、旦那のお小遣いへ影響もかなりでてくる時期でもあります。 加えて、会社でもそれなりの責任を任される世代でもあり、働き盛りになります。 そのため、お小遣いを使う暇がないという方も、いるようです。 50代 50代の平均的な旦那のお小遣いは、44,017円です。 子育てが、そろそろ終わりを迎えそうである時期で、子供の教育費も落ち着いてくるため、旦那のお小遣いも増えています。 住宅ローンも、終わりを迎えて、その分をお小遣いに回ってきているのか、20代より多くのお小遣い額になっています。 しかし、まだまだ住宅ローンや子供の教育資金がいる方も多くいて、「思う存分もらえているわけではない。 」というのが本音のようでした。 一方 妻が、専業主婦をしている方が、旦那のお小遣いが多いという結果が出ていましたよ! それでは、より詳しくみていきましょう。 子供がいるため、子育てにお金がかかるので、旦那のお小遣いは、子供がいない家庭と比べると3,000円ほどの違いが出てきました。 旦那のお小遣いは、子供の有無でもかなり違ってくるのです。 子供がいると、何かとお金はかかります。 今は、小さいうちから習い事を何個もさせたり、塾にも通わせている家庭も多いです。 そうなってくると、子供にかかるお金は、かなりかかってきてしまうため、旦那のお小遣いは、減らされてしまうのでしょう。 なんと、子供がいて妻が専業主婦のご家庭が最もお小遣いが多いという結果です。 これは、妻が働いていないことによって、貯蓄をする意識が高いことがうかがえるのではないでしょうか? 節約をして、家計のやりくりを上手にして、旦那のお小遣いもそれなりに渡せるなんて、素敵な奥さんですね。 また、敢えて仕事をしないことによって、無駄な出費を抑えているということも考えられます。 仕事をしていると、子供の保育料であったり、食費であったりが、かかってきます。 そういった意味で、妻が専業主婦であることは、旦那のお小遣いへの影響にもつながっているのです。 子供ありの場合と比べると、3,000円ほど高い結果になりました。 子供の子育てにかかる費用のため、旦那のお小遣いが減らされてしまうのは、明らかのようです。 子供のいない共働き家庭であれば、子供にかけるお金が必要ありません。 また、お小遣い制を取らずに、夫婦で共通の財布でやりくりするという家庭も多かったです。 子供がいなくて、妻が専業主婦の場合が、最も旦那のお小遣いが少ない結果になっています。 これは、子供が生まれるまでに、しっかりと貯めておこうという考えからなのか、不妊治療費としてかかるためなのか、衝撃の結果でした。 不妊治療の場合、治療に専念するために、仕事を辞めざるを得ない方もいます。 不妊治療は、仕事と両立することが、大変難しいとも言われています。 そのため、専業主婦になり、治療に専念するのです。 しかし、不妊治療の治療費は、大変高額なため、旦那のお小遣いを減らして、なんとか頑張っている場合もあるようでした。 また、妻が、なかなか働いてくれないという家庭もあるようです。 世帯年収別 世帯年収別でも、旦那のお小遣いについて調べてみました。 世帯年収が高ければ、高いほど旦那のお小遣いは増えると思いきや、 世帯年収は旦那のお小遣いに影響は出ないという結果でした。 それでは、詳しくみていきましょう。 世帯年収300万円以下 世帯収入が300万円以下の場合は、旦那のお小遣いは、5000円~3万円でした。 これは、収入が少ない分お小遣いとして渡すのではなく、必要な時に渡すというシステムを導入している家庭が多いためこの結果になりました。 世帯年収300~500万円 世帯年収が300~500万円の場合は、30,000円以上50,000円以下が多いようです。 余裕がある世帯とはいえませんが、毎月ギリギリというわけではないので、旦那にお小遣いとしてそれないりに渡すことができます。 世帯年収500~1,000万円 世帯年収500~1,000万円の場合は、かなり余裕がでてくるのか、旦那のお小遣いも、3万円~10万円という高額のお小遣いを渡している家庭もあるようです。 500万円と1,000万円では、かなり違ってくるので、幅の広いお小遣い設定になっていました。 世帯年収1,000万円以上 世帯年収1,000万円以上の場合は、「それなりに貰っているのだろう。 」と思うところなのですが、なんと5万円という結果でした。 これは、あまり渡してしまうと、「何をするかわからない。 」という奥さんの配慮であったり、「そもそもお金を使わない。 」という方もいました。 旦那のお小遣いの内訳 では、旦那はお小遣いをどのように使っているのでしょうか? 旦那のお小遣いの内訳についてご紹介していきましょう。 この昼食代を浮かせたいために、お弁当を持参したり、自ら作るという旦那さんもいるくらいでした。 また、昼食代に「そこまでかけれない。 」という旦那さんは、ワンコイン弁当であったり、カップラーメンであったりと工夫しながら昼食をとっているようでした。 タバコが大幅に値上がりしたことから、禁煙にチャレンジして、結局止めてしまった方もいたくらい、タバコの値上がりは、旦那のお小遣い事情を左右していました。 健康になって、「よかった。 」と家族からは好評のようです。 お小遣いが、ピンチの時は、缶コーヒーにしたり、激安のスーパーでまとめて買っておいて持参したりという工夫をしている人も! 少しでもお小遣いを減らさないようにしている旦那もいました。 誕生日はもちろん、普段の何もないときにでも、「うまそうだったから。 」と妻にプレゼントを買う旦那さんもいるそうですよ。 趣味は、ジムであったり、釣りであったり、楽器であったりが人気でした。 お小遣い全額を趣味に費やす方もいて、お小遣いの内訳は、人それぞれのようでした。 旦那のお小遣いの管理方法 では、旦那のお小遣いの管理方法はどのようにしているのでしょうか? 以下3つの方法をご紹介しましょう。 毎月決まった額を渡す• その都度必要分を渡す• この方法であれば、家計に対して、旦那のお小遣いが、一定であるので計画が建てやすいというメリットがあります。 しかし、毎月一定であるが故に「渡しすぎ?」「足りない?」「貯金に回せないかな?」など、なかなか最適なお小遣い設定金額が決まらない家庭も多くあります。 例えば、「会社の忘年会の会費が必要」であったり、「友達と釣りに行く」であったり、「趣味の雑誌が発売されている」であったりと申告があれば、その都度渡す方法です。 この方法は、毎月どれだけ渡せばいいのか、把握が難しい場合があります。 その一方で、「言うのが面倒だし、交渉するのも煩わしい。 」と考える旦那には、あまりお小遣いを要求しないので、毎月お小遣いがそれほどかからない場合もあるようです。 通帳に毎月、振り込む手間がありますが、旦那の方も、下ろしに行く手間を考えると、無駄使いを防ぐ効果があったそうです。 知らず知らずのうちに、旦那のお小遣いが貯まっていて、それなりの額になったら、家族で旅行に行ったという方もいて、なかなかおすすめの方法です。 旦那のお小遣いを増減させるタイミング では、旦那のお小遣いの増減をするタイミングについて、どうしているのでしょうか? 以下5つのタイミングについてご紹介していきましょう。 何回も、浮気をする旦那のお小遣いをグンと減らした、奥さんがいました。 お小遣いが少ないので、浮気することができずに、返って「家計に余裕ができて貯金できるようになった。 」と喜んでいる家庭もありました。 旦那への、お仕置きには、お小遣いを減らすのは大変効果的なようですよ。 理由を聞くと、「旦那の頑張りに対するご褒美。 」であったり、「仕事へのモチベーションアップ。 」であったりとなかなかいい効果があるようです。 旦那も、このアップしたお小遣いで奥さんに、プレゼントを買ってあげたりと、お互い嬉しいお金の使い道になっています。 新年度の準備金であったり、税金の振込みであったりが、一気にくるので、旦那のお小遣い減額処置をする家庭もありました。 一方で、旦那も転勤であったり、引越しであったりとお金がかかることもあるので、「この時期は、お金に余裕がない。 」という家庭も多かったです。 子供のためのお金であるため、旦那も「仕方ない」と諦めているようです。 何とか頑張って返したい妻は、 旦那のお小遣いをダウンさせて、その分をローン返済の為に使うという家庭もありました。 旦那も、しぶしぶ承諾といった感じでしょう。 昼食代を減らしたり、飲み会を減らしたりして工夫しながらしのいでいるようですよ。 旦那のお小遣い制は古い?今どきの共働き夫婦のお小遣い制事情 では、今どきの共働き夫婦のお小遣い制事情について調べてみました。 どうやら旦那のお小遣い制は、もう古くなっているのです。 貯金は、将来への備えであったり、子供の教育費にあてているようで、お互いの収入は、知らずにそれぞれでやっていくというなんとも、今時な夫婦のお金事情を見ることができました。 お互いが、どういったお金の使い方をしているのか、全くノータッチの家庭も多く、お小遣い制にする魅力を感じないことから、この形になったそうです。 お互いに出し合って、残りの分は、それぞれのお小遣いとなります。 どちらか一方が、全て家計を管理するのではなく、家族間で話し合いの場をもって、そのお財布の使い道を話し合う家庭もありました。 子供たちのお金の教育にもなり、夫婦のお金への不安もなくすのが目的ということでした。

次の