ドコモ光電話。 ドコモ光電話とは?NTT固定電話との違いを含めて徹底解説

ドコモ光電話ってどうなの?特徴やNTT加入電話との料金比較

ドコモ光電話

電話番号がなくなってしまって、同じ番号が今後は使えなくなってしまいます! その為電話番号を継続したい人は、いくら解約のほうが安くなるからといっても安易に解約しないでくださいね。 電話番号はもう不要で、ネットを再開するときにも電話は不要、もしくは電話番号は変わってしまってもいいという人だけは解約して問題なしです。 ただし1年や2年と長い期間使用しない場合は、 電話だけを残す方法もあります。 少し工事費はかかってしまいますし、できない場合もあるのですが、ネット回線は一時的に使わなくても電話だけ(もしくは電話番号だけ)残したい場合の方法をお伝えしますね。 電話だけ(もしくは電話番号だけ)を残したい場合には、以下のパターンが考えられます。 電話だけはそのまま継続して自宅で利用したい場合• ネットを使用しない期間は、転送して電話だけは使用したい場合• ひかり電話も休止したいが、また使う時のために番号だけ継続して持ち続けたい場合• ネットを使わない期間は電話も不要、またネットを使う時には電話番号が変わってもいい場合 自分がどれに当てはまるのかを考えて、しっかりと確認してくださいね。 電話だけはネットを利用しない期間もそのまま利用したい場合 これは自分が海外出張でネットはしばらく必要なくなるけれど、電話だけは残る家族が使用するから継続したいというような時ですね。 この場合は、できることならネットごと継続しておくのが1番手続きとしては面倒なことがなく、番号もそのまま使用できるのでおすすめです。 ただネット利用期間が長くなったり、先ほどの計算で解約したほうがお安く済むなら一度ネットは解約してしまう方がいいかなと思いますよね。 電話だけ継続できるかどうかは、その電話番号が もともとNTTのアナログ電話で利用していた番号かどうかによって変わってきます。 現在の電話番号がアナログ発番かひかり電話専用番号かがわからない場合は、ドコモ光もしくはNTTへ問い合わせをすると教えてくれますよ。 電話番号を継続したい場合は先に確認しておいた方が、選べる手続きがわかるのでスムーズに決められますよ。 ひかり電話も休止したいが、また使う時のために同じ番号を継続して持ち続けたい場合 ネットを利用しない期間はひかり電話も使わないが、また戻ってきた時には同じ番号をひかり電話で使用したいという場合。 この場合も、電話番号がアナログ回線で発番されているかどうかによって、できる手続きが変わってきます。 基本的には電話番号だけを、使用しない状態で保持し続けるということはできません。 その為、今利用しなくても電話番号を継続しておきたいという場合は、ひかり電話のままで、もしくはアナログに戻して継続するしかないんです もちろんアナログ戻しができるのは、アナログ電話で発番した場合のみ。 なので光発番の番号を今後も残したい場合は、ドコモ光自体を残しておくしかありません。 アナログ戻しができる場合でもアナログ戻しの工事費用がかかりますし(11,000円前後)、アナログに戻してからも固定電話の月額料金(1,600円前後)が継続してかかります。。 なのでドコモ光で継続したほうがいいのか、もしくは解約してアナログ戻しをしたほうが良いのかをしっかりと計算して考える必要がありますね。 ネットを使わない期間は電話も不要、またネットを使う時には電話番号が変わってもいい場合 ネットを使わない期間は電話も使用しない、そしてまたネットを使い始めても電話は不要、もしくは電話番号は今と違う番号で問題ないという場合。 そういう時は電話があるかどうかに関わらず、利用しない期間に解約するかどうかは料金で決めればOKです。 先ほどと同じように、継続した場合と解約した場合でお安い方法にしましょう。 またネットは解約しないとしても、電話だけは利用しないのであれば解約することもできます。 補足 一時中断手続きもあるんです もしリフォームや建て替えなどで、仮住まいへ移転する間だけ、転送ではなく連絡先の電話番号(携帯や仮住まいの固定電話)を案内したいという場合。 手続きとしてドコモ光の 一時中断という手続きが可能です。 一時中断の手続きをしておくと、その期間に電話がかかってきた場合 『お客様の都合で電話を取り外しています。 』という案内を流すことができるんです。 ただし一時中断と言っても、 月額料金は一時中断中も引き続きかかり続けます。 なので実際の所一時中断手続きは、料金は止まらないけれどNTTの局内で光の信号を止めて電話のガイダンスを流すだけになります。 一時中断をする為に工事料金も3,000円前後はかかるので、もし特にガイダンスを流す必要もないのであれば、一時中断もせずにそのまま継続しておいた方がお安くすみますよ。 補足2 ドコモ光ミニへ変更するのもなしではないけれど・・・ もう1つ、一時的に利用しない期間に料金を抑える方法として、『 ドコモ光ミニ』へプラン変更する方法があります。 ドコモ光ミニとは、定額制使い放題の通常プランのドコモ光とは異なり、従量制でネットを使えばその分料金が増えるプランです。 その分、基本料金がお安く済む(2,700円~)ので、利用しない間だけドコモ光ミニへ変更するのもいい手段ではあります。 ただし、気をつけてほしいのが・・・• プロバイダ手数料が3,000円工事費2,000円かかる• プロバイダ契約が自動的に解約になる• もし少しでもネット契約したければ、プロバイダ契約が別途必要• 最大速度が1Gから100Mに遅くなる• ミニから通常プランへ戻る時にも工事費2,000円がかかる• マンションタイプの場合はミニへ変更はできない といった点。 その為、ミニへ1度変更し再度通常プランへ戻るためには7,000円の費用が必要になります。 契約期間の縛りがないので使いたい期間だけ、しかも通信制限なしで使えちゃうんですよ これならとりあえず契約してみて、あまり使わないようなら解約することも可能です。 それにスマホの料金がかなり抑えられるので、節約にもなっちゃいますよ。 もし光電話関係なく、自宅のドコモ光を中断したいと思っているなら、縛りなしWifiへの乗り換えも候補に入れてみてくださいね。 \縛りなし!使用制限なし!初期費用なし!/ ドコモ光の固定電話だけを休止することはできる? ネットはこれからも利用するけれど、固定電話はしばらく使っていないから休止したいなって思う人も多いんですよね。 ドコモ光のひかり電話は、 一時的に解約することはできます。 ドコモ光のネット回線はそのままで、電話だけを解約すれば、月々の電話の基本料金や通話料はかからなくなるのでお得になりますね。 ひかり電話だけを、番号を残したままで休止するということはできません なので今は固定電話は使いたいけれど、また今後使うようになった時には同じ番号で使いたいというなら、ひかり電話のままで継続しておくしかありませんよ。 ただし光電話はとってもお安いので、月々500円の基本料金だけで継続が可能です。 通話しなければ通話料もかからないので、番号を残したい場合は月500円を支払って継続するのがおすすめです。 解約してしまうと、必ず電話番号が消失してしまうので注意してくださいね。 また電話番号には特にこだわりがなく、今度また電話を使うようになった時は新しい番号で問題ないという場合は、電話だけを解約してしまって問題ありません。 ひかり電話だけを改めて使いたいとなった時に、新しい番号で光電話を追加しましょう。 もし現在ドコモ光のひかり電話のプランが、『 ドコモ光電話バリュー(月額1,500円)』になっているのであれば、使用しない期間は基本の『ドコモ光電話(月額500円)』に変更することで、1,000円月額料金を抑えることができますよ。 ドコモ光の一時休止について まとめ ドコモ光を一時的に休止したい場合、また固定電話を一時的に休止したい場合の方法についてお伝えしました。 結果的に休止という手続きはないので、継続をするか解約をするかのどちらかになります。 どちらの場合も、1番気をつけたいのはひかり電話の番号を残したいかどうかという点。 ひかり電話がない人や、番号にこだわりがないのであれば、とくに気にせずに解約でも継続でも選んで問題ありません。 ただし番号だけは絶対に無くしたくないという場合は、慎重に手続きを進めてくださいね。 電話番号は1度消失すると、同じ番号の取得は基本的にはできなくなってしまいます。

次の

ドコモ光とフレッツ光の違いは何?料金やサービスなど利用時に差がつくポイントとは

ドコモ光電話

メタルケーブルと光ファイバーの素材 メタルケーブルは 銅線の通信ケーブル、光ファイバーは ガラス(や透明のプラスチック)線の通信ケーブルのことを指します。 メタルケーブルは光ファイバーと比較して電磁気の影響を受けやすい点がデメリットです。 ドコモ光では 光電話対応ルーターを設置することで合わせて光電話も使えるようになります。 光電話って本当に良いの?メリット・デメリット 【出典】NTTドコモ - ドコモ光電話 ドコモ光電話について感じたメリット・デメリットについて解説します。 メリット1. 月額料金が圧倒的に安くなる! 光電話を利用するメリットは、なんと言っても月額料金が安くなることです。 NTT 固定電話 月額1,600円程度 ドコモ光 光電話 月額500円〜 通話料金も同様に安く、 固定回線では何十円~何百円とかかってしまう通話料金が半額以下にまで削減できます。 メリット2. 光ファイバーの通信状態が段違い! 光電話は光ファイバーを利用しているので 補足 フレッツ光からドコモ光に転用する場合は、ひかり電話(フレッツ光)用のルーターがドコモ光でもそのまま使えます。 疑問2. ドコモ光電話は電話加入権が必要? ドコモ光を契約した際は光電話を申し込んでも、電話加入権は不要です。 電話加入権とは NTT回線の電話を契約する権利のことです。 通常はこの権利を使わないと電話設置ができません。 電話加入権は別名「施設設置負担金」(工事負担金)と呼ばれていて、電話加入することで36,000円の高額な費用が発生します。 しかしドコモ光を契約後に光電話に申し込むことで、電話加入権免除になるんですね。 これは大きなメリットと言えるでしょう。 ドコモ光を解約する際は要注意! 後にドコモ光からアナログの電話に戻す際は、別途で電話加入権が必要になります。 疑問3. ドコモ光電話の月額料金と通話料っていくらなの? ドコモ光電話の毎月の利用料は、以下の通りです。 月額500円からドコモ光電話を利用できます。 ドコモ光電話バリューは月額料金が1,000円アップしている分、オプションが複数付属しており無料通話分を繰り越すことも可能です。 頻繁に電話を使う場合は「 ドコモ光電話バリュー」、あまり利用頻度が高くないなら「 ドコモ光電話」を契約すると良いでしょう。 ドコモ光電話の通話料金は? ドコモ光電話の通話料金は、以下の表の通りです。 とくに固定電話宛の電話は 3分につき8円と破格です。 ドコモ光電話はオプションを使えば利便性UP! ドコモ光電話では通常の固定電話のように、 オプションを契約することでより便利に使うことができます。 また好きなオプションだけを契約することもできるので、不要なオプションを付けずに済みます。 オプションと月額料金を以下表にまとめました。 ドコモ光電話バリューで利用できるオプション機能 オプション 通常月額料金 税抜 通話中着信 300円 転送電話 500円 発信者番号表示 (ナンバー ディスプレイ) 400円 ナンバーリクエスト 200円 迷惑電話 ストップサービス 200円 着信お知らせメール 100円 別途契約が必須のオプション オプション 月額料金 税抜 ダブルチャネル 2回線分の通話 200円 追加番号 最大5つの電話番号を 使えるサービス 100円 ドコモ光電話バリューを契約すれば ほとんどのオプションが付属するので、これらのオプションを使う機会が多いなら「 ドコモ光電話バリュー」の契約をオススメします。 ドコモ光電話ではFAXも使える? ドコモ光電話はFAX機能も使えます。 電話機がFAXに対応していればOKなので、手元にない場合はFAXに対応した電話機や複合機を準備すると良いでしょう。 まとめ ドコモ光電話についてまとめると、• 工事費40,000円が実質無料• 開通月は日割で請求• com•

次の

ドコモ光電話

ドコモ光電話

オプション サービス内容 月額料金 発信者番号表示 (ナンバーディスプレイ) バリュー かけてきた相手の電話番号を対応の電話機の ディスプレイに表示されるサービス。 400円 転送電話 バリュー かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に 転送するサービス。 500円 通話中着信 (キャッチホン) バリュー 通話中に第三者から着信があった場合 通話を保留したまま第三者と通話ができるサービス。 300円 ナンバー・リクエスト バリュー 電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に 「電話番号を通知してかけ直すよう」伝えるサービス。 発信者番号表示の契約が必要。 200円 迷惑電話ストップサービス バリュー 迷惑電話を受けた直後に電話機で登録操作をすることで 同じ電話番号からの着信があった時に 「電話を受けられない」ことを伝えるサービス。 200円 着信お知らせメール バリュー 着信があったことを、あらかじめ指定した パソコンや携帯電話のメールで確認できるサービス。 100円 ダブルチャネル ドコモ光電話1契約で、 同時に2回線分の通話ができるサービス。 200円 追加番号 ドコモ光電話の契約番号+4電話番号で 最大5つの電話番号を持ち利用できるサービス。 100円 ドコモ光電話の通話料 ひかり電話はアナログ電話に比べて基本料金が安いだけでなく、通話料も安いです。 番号ポータビリティ(今使っている固定電話の番号を引き継ぐこと)がある場合• ドコモ光で新たに固定電話の番号を発行する場合 で変わります。 工事内容 工事料金 注意事項 番号ポータビリティあり(NTTや他社の固定電話の番号を引き継ぐ場合) 派遣工事 3000円 NTTの固定電話番号を引き継ぎ 加入権を休止する場合NTTから休止料金が 2000円別で請求がくる 無派遣工事 3000円 番号ポータビリティなし(ドコモ光で新規に固定電話の番号を発行) 派遣工事 1000円 無派遣工事 1000円 基本的には、この工事料金となりますが、追加番号(2番号以上)の契約をし鳴り分け設定をした場合は 上記工事料金に加え プラスで1000円かかります。 で光電話を転用する場合は工事費がかかりません。 NTTの固定電話で加入権を持っている固定電話の番号を引き継ぐ場合は 加入権の休止料金が2000円かかり、NTTから請求がくるので注意! 元々NTTで使っていた固定電話の番号を他社へ引き継いで今使っている場合 加入権の休止料はかかりません。 ドコモ光開通後にひかり電話だけを契約した場合の工事料金 ドコモ光を開通後にひかり電話だけを後日契約した場合、 事務手数料が2000円(税抜き)が、かかるので注意 こちらも、追加番号の契約で鳴り分け設定などをする場合、下記工事料金に加え1000円プラスでかかります。 NTTの加入電話(アナログ電話)を利用中の方 今、NTTの加入電話(アナログ電話)を使っている人は固定電話番号を変えずにそのまま、ドコモ光電話に番号を引き継ぐことが出来ます。 このことを 番号ポータビリティと呼びます。 速度もキャッシュバックもNO. 1 新規工事料金が無料・dポイントが10000pt貰える ドコモ光電話にするデメリットと注意点 ドコモ光電話に限らず、ひかり電話のデメリットと注意点と言えますが ひかり電話なので、ひかり電話に対応している電話機を使う必要があります。 ほとんどは今使っている電話機で大丈夫だと思いますが、黒電話などの場合はひかり電話で使えないので注意が必要。 ドコモ光電話だけの契約は出来ない! ドコモ光電話はドコモ光のインターネット回線を利用して使う固定電話です。 他社では、ひかり電話のみの契約もできるところがありますが ドコモ光では、インターネット回線を契約しないとひかり電話を契約することができません。 インタネット回線は使わないけど、ひかり電話だけを使いたいという方はあまりいないと思いますが もしひかり電話だけを契約したい場合は、2段階定額プランのドコモ光ミニを契約してひかり電話を使うといった方法もあります。 自宅でセコムなどのホームセキュリティーやガス検診を利用している人 ひかり電話にすると、今、契約しているホームセキュリティやガス検診が利用出来なくなる可能性や、追加で工事が発生する可能性があります。 もし、利用している場合は、事前にひかり電話を契約できるかどうか確認しておきましょう。 ドコモ光で新たに固定電話の番号を発行した場合 ドコモ光で新たに発行された固定電話の番号は ドコモ光専用番号となります。 その為、ドコモ光を解約、ひかり電話を解約してしまうと、固定電話の番号もなくなります。 もちろん、他社へ固定電話の番号を引き継ぐことが出来ません。 IP電話はない ドコモ光電話で新番発行した番号は、市外局番から始まる番号を発行されます。 050から始まるIP電話はドコモ光電話ではありません。 まとめ 注意点を踏まえた上で、ネットだけドコモ光、固定電話はNTTのアナログ電話として使うことも出来ます。 携帯電話が普及している中で自宅に固定電話を持っていない人が多いですが 現在固定電話を使っている人や、新たに固定電話を新設しようか考えている人は 料金の安さを選ぶならひかり電話はオススメです。 速度もキャッシュバックもNO.

次の