コロナ ウイルス 予言。 AKIRAの予言まとめ!オリンピック開催や新型コロナウイルスやWHOなど

ババ・ヴァンガが新型コロナウイルスを完全予言! 今後は欧州から、ほとんどの人口が消え、日本に巨大地震、隕石落下、東京オリンピックは中止!?

コロナ ウイルス 予言

【ストーリー】 1982年、東京で新型爆弾が炸裂したことがきっかけとなり、第三次世界大戦が勃発し、その爆発で巨大なクレーターができた東京は、大半が水没。 戦争が終わり、東京は「ネオ東京」として、復興の道を歩み出す。 そして2020年の東京オリンピックを控えたこの街で、「AKIRA」という凄まじい超能力を持つ子どもを巡る争いが、繰り広げられていく。 「TOKYO2020」の開催時期が一致していること。 そして同時に、 作中で描かれている新聞の見出しに「WHO、伝染病対策を非難」と描写されていることから、オリンピック開催時期とウイルス蔓延を、予言していたのではと、噂されているのです。 この日は、横浜港に停泊していた、ダイヤモンド・プリンセス号で、「陽性」と確認された人々が700人を突破し、 WHOが危険度を、最高レベルの「非常に高い」に引き上げた日と一致するのです。 なぜこれほど一致しているのか。 それは定かではありませんが、 作者の大友氏が描きたかったのは、昭和の時代の東京だったそう。 1964年の東京オリンピックは、第二次世界大戦後の復興にお金を使うべきだと、反対が多い中開催されている。 そして 昭和に流行った伝染病といえば「エイズ」。 当時は今以上に、風評やデマが交錯し、パニック状態だったという。 大友氏が描いた、昭和の時代を描いた東京が『AKIRA』の世界なら、その時代から数十年も経っている今、東京は何も変わっていないということになりますね。 アメリカの人気アニメ『シンプソンズ』の予言 アメリカの長寿アニメ『シンプソンズ』はご存知でしょうか? 1989年から、アメリカ・FOXテレビで放送開始され、 アメリカアニメ史上、最長寿番組。 現在は60か国以上、20か国語に翻訳され、全世界では、毎週6000万人以上が視聴していると言われています。 シンプソンズは、過去に放送された内容が何度も現実化していることから、予言するアニメとして、ファンから噂されているのです。 そして今回的中させた予言は、 2007年公開の劇場版『ザ・シンプソンズ MOVIE』で、俳優のトム・ハンクスが、声でカメオ出演したストーリーで、ウイルスに感染してしまうということ。 (作品では、日本のインフルエンザが荷物とともに、アメリカに上陸し感染が広がるというストーリー) 作品の中でトムハンクスは、 「私はトム・ハンクスです。 (街で)もし私をみかけたら、そっとしておいてください」 と言ったことから、オーストラリアで感染し、隔離状態だったトム・ハンクスを、予言していたと言われているのです。 トドメに例の「シンプソンズ」もあの「トムハンクス」を取り上げている。 「計画」以外の何物でもない。 偶然が重なると必然と言われていますが、果たして。。。 これはすごい! 2000年に放送されたシンプソンズでトランプが大統領になることを予想していただけではなく、各州の投票結果までもばっちり予想してた! — おばけ obakemoji イルミナティカードの予言 都市伝説マニアの間では有名なイルミナティカード。 このカードに描かれていることが、またしても的中したと噂になっています。 【イルミナティ カードゲーム 】 1975年に発表した小説『『イルミナティ』三部作(英語版)』に触発され、1982年に発売された、スティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。 元々、イルミナティカードに描かれたイラストが、数々の重大事件を予言しているとして話題になっていましたが、今回のコロナウイルス蔓延を予言していると思われるカードがあることで、更に話題になっています。 カードに描かれている人々の服装が、五輪のカラーと一致している点や、銀座の時計台に形が酷似しています。 下記イルミナティカードはオリンピック開催に民族が逃げ惑う姿はコロナ原因を示すようだ。 建物崩壊は今年か延期来年に人工大地震が起こる暗示として準備するべき。 当時はまさかと思ったし誰も信じてくれなかったけど現実になってビビってる。 関さんすごい、、 時計台一緒、、 — かめち画伯 kamechigazou このイルミナティカードは東京五輪が決定してから、ずっと噂されており、開催が危うくなるのではないかと当初は噂されていただけですが、開催が延期となった今、いよいよカードの予言が現実化しつつあると、言われているのです。 ババ・ヴァンガの予言 ブルガリアの「国民的おばあさん」、別名「バルカン半島のノストラダムス」と呼ばれている、 盲目の予言者「ババ・ヴァンガ」はご存知でしょうか。 1911年に生まれた彼女は、亡くなる1996年までに、数多くの予言を残したと言われています。 的中した予言は、 ・第二次世界大戦の始まりと結果、 ・共産主義国家の誕生と東欧の共産主義国家の崩壊、冷戦の終わり、 ・米国同時多発テロ など。 最後の予言は、5079年の 「人類が現在の宇宙から別の宇宙に行くため、世界が終了する」で締めくくられているそう。 そして今回、 彼女は「新型コロナウイルスの蔓延を的中させた」と言われているのです。 ババ・ヴァンガは1970年代に「2019年の終わり頃に新種の殺人ウイルスが中国から始まる」, 「ヨーロッパ全土から、ほとんどの人が消える」。 — アグネス agnes2001hisae 予言の内容は以下の通り。 彼女が新型コロナに言及したのは、亡くなる数年前。 ブルガリアの体操指導者、ネシュカ・ステファノバ・ロベバ氏が面会した際、『ネシュカ、コロナが私たちの至るところにある』と話した。 その時のロベバ氏は、彼女の言葉が、何を意味していたのか分からなった。 コロナはブルガリアで「保護者」を意味し、ロベバ氏は「『コロナ』はロシアの保護下にあることを意味。 ロシアと関係の深い中国も指しており、新型コロナウイルスが中国から発生し、世界に蔓延することを、『至るところにある』と表現したのではないかとのこと。 少し上げ足を取ってしまう言い方をすれば、風邪と言われている症状の一部は、コロナウイルスによるもの。 謎のYoutube動画「すべては計画されていた?」 約1ヵ月ほど前の2020年2月末、多くのYouTube視聴者のオススメ動画に急に現れた、 「AlphaZebra」というアカウント名による謎の動画。 その動画には、一人の外国人男性が写っており、 彼はある内部情報を受取り、それを公表すべきだと思い動画を配信した、と語っているのです。 衝撃なのが、 「今回起こったパンデミックが、全て計画されていたもの」だということ。 こっそりと、中国で生物兵器をばら撒く作戦が計画されています。 この生物兵器は、始めは中国人をターゲットにばら撒かれるでしょう。 生物戦争はさらに広がっていくでしょう。 Youtubeより一部抜粋 上記の内容は、動画開始15分頃から語られています。 この動画の信憑性が高い理由は、公開されたのが今から9年前の2011年だったということ。 そして動画を観た視聴者が、口を揃えて言っているのが、 世界中でパンデミックになり始めた時期に、急にオススメ動画としてアップされてきたということなんです。 彼は真実として伝えたいということだったのか。 今起こっていることが、全て計画されたことだとすると、大きな力が動いているのでしょうか。 事実、 世界の専門家の間では『人工的なウイルスだろう』と語られています。 全てイルミナティが計画していることだとすると、イルミナティカードの内容が一致することも、納得できますよね。 夜間のクラブやカラオケで感染多発、小池知事が緊急会見で利用自粛呼びかけ|BIGLOBEニュース — BIGLOBEニュース shunkannews しかしこの会見を見た人の多くの人が、3密を体現している会見の場に矛盾を感じています。 「人と会うときは、6フィート間隔あけてください」と要請するNY州知事の記者会見と、「3つの密を避けてください」と要請する東京都知事記者会見の比較。 どっちが説得力あるよ? — 菅野完 noiepoie 会見の場だけではなく、政治家が行う会合は全て3密状態。 政治家は感染しないウイルスなんですかね。 「基本的対処方針」の原案判明 政府対策本部 ここで、小池百合子都知事が言った『NO!3密』を復習したいと思います。 しかし感染拡大が懸念され初めてからも、ずっと平常運転のパチンコ店に、疑問を感じている人は多いですよね。 「 パチンコ業界が、警察官僚や警察関係者の天下り先となっていて、与党自民党への政治献金なども、毎年多額に上っていることは、あまり知られていない。 (Yahooニュースより一部抜粋)」 パチンコ利権の重鎮は、安倍総理ということです。 納得ですね。 「パチンコはいいんですか?」関口宏が新型コロナ自粛で投げかけた素朴な疑問 パチンコ業界は警察官僚の天下り先となり、自民党への政治献金も毎年多額に上っている。 誰もが予想していたオリンピック延期ですが、延期が決定したとたんに、突如増えた感染者数。 患者数、急に増えたな。 やっぱりオリンピックが延期になるまでは伏せてたんだろな。 外出自粛要請とか、なんか書かれたシナリオ通り事が進んでる気がしてならない。 このままではいずれ緊急事態宣言が出されるな。 恐怖政治の時代が訪れる。 まさかコロナがきっかけとはね。 — えうげね 282Jin 外勤先で看護師が、オリンピック延期になってから感染者増えたの、隠してたからだと言ってた。 日々の私達の診療を見ててその発言が出るとは、我々を冒涜してるとしか思えない。 患者よりオリンピックだか国だかへの忖度が大事なんてことあるか💢💢 あの脳みそ虫ケラ以下の看護師は絶対に許さない💢💢 — 🐈実験したくてイライラしてきたみゅーこ🐈 myumyumyumyum9 オリンピック延期が決まったとたんにPCR検査をしまくる厚労省。 何故もっと早くに医療機関に検査をさせなかったのか。 一般の患者が検査を受けたくても縛りがあった。 現実から避けていただけの厚労省。 感染者が増えると都合が悪かったのだ。 これが安倍政権の姿だ。 手遅れになるのは目に見えた。 — クラーク koutaro0677 国民の安全よりも利益のことしか考えていないことが見え見えですね。 矛盾だらけの報道!感染者数は自らの目で調べよう 連日、なぜか回復者数を報道せず、上乗せして感染者数ばかりを報道し、視聴者や国民の不安を煽ってばかりいるメディア。 感染していても、発症しない人がいるように、発症しても軽症で、すでに回復している人も多くいらっしゃいます。 毎日新たな感染者数がカウントされるが、同様に何処かで回復した人の数も公表してほしい。 本日の感染者数と、本日又は今週の退院者数。 日本を代表するコメディアンが亡くなり、感染者数も増加する暗い毎日。 確認されている感染者数と、回復者数、死亡者数が一目で確認できます。

次の

新型コロナウイルスの出現を示唆した予言者・占い師・未来人はいるのか?

コロナ ウイルス 予言

新型コロナウイルスは日月神示で予言済み!?567(コロナ)でミロクの世が訪れる 日月神示では、子の年を中心に10年が人類にとって正念場だと書かれています 子の年とは干支の子年のことであり、直近では 2008年と2020年があります(すいません2015年って書き間違えていたので直しました)。 2008年であった可能性もありますが、2020年の方が濃厚と考えられることが多いですね。 2020年を中心としたとき、前後5年のことなのか、前後10年のことなのかとも意見が別れますが、変革はまだまだこれから起きそうなので前後10年のことだと私は考えています。 つまり2010年から2030までの間に世の立て直しが行われるということです。 日月神示の中ではそれを 大峠と呼びます。 その立て直しのあとには 弥勒(ミロク)の世が訪れるという……。 仏教の教えによれば、弥勒の世(以下ミロクの世)とは弥勒菩薩がこの世に降り立ち全ての生命を救うとされる世のことです。 ミロクの世というのが実際にどんなものかは分かりませんが、日本式の世界が待っていると日月神示には書かれています。 さて、この記事で言及したいのは、 『ミロクの世』と『コロナ』の関連性です。 日月神示という預言書は言葉遊びが多く使われており、例えばミロクの世のことは666(ミロク)と表されたり、369(ミロク)と表されたりします。 三つの6でミロクと、3(ミ)6(ロ)9(ク)ですね。 666(ミロク)は悪い世界のことを言い、369(ミロク)は良い世界のことを指したりします。 そしてミロクという言葉にはもう一つの数字があります。 それが 567です。 一見どうやってもミロクとは読めませんが、訳ありでそうなっているようです(笑) そんな567は素直に語呂合わせで呼べば何ですか? そうです。 コロナです。 つまり567(コロナ)=666(ミロク)=369(ミロク)ということなんですよね。 神様がどのような意図を持って立て直し後の世界と同じ言葉にしたのかは定かじゃないですが、これを大峠の一環として考えるならば、この難局を乗り切れば新しい世界が待っているのかもしれません。 666の世界か、369の世界かは私たち次第なんですけどね。 ……とは言ったものの、日月神示が言うところのミロクの世が訪れるまでにはまだ時間があり、神様いわく何やらエド(東京)を火の海にしなければならないとのこと……。 大峠はまだまだこんなもんじゃないというのです。 これについてはイルミナティカードでの予言も気になりますよね。 以下は東京オリンピック2020で災害が起こるのではないかと噂されるイルミナティカード。 新型コロナウイルスだけでなく大火災も加わるとなると、かなりヤバいですね……。 とりあえずは目の前の危機である新型コロナウイルスパニックに立ち向かいましょう。 まとめ 日月神示による新型コロナウイルスの予言について書いてみました。 新型コロナウイルスは、良くも悪くも人間社会に作用すると私は感じています。 人を死に至らしめたり経済活動を阻害したりと一見悪いことしかないように思いますが、それにより世界中の衛生観念が見直されたり、社会システムが見直されたりして、コロナ後の世界を新しく一変させることとなるでしょう。 まだ始まったばかりの新型コロナウイルスパニックは、今後どのように進展するのか誰にも分かりません。 気を引き締め、日月神示に書かれているままに最悪の大峠とならないように生きましょう。

次の

【予知夢】武漢のコロナウイルス感染は予言されていた~マリアさんと生徒たちの夢など+有効なウイルス対策

コロナ ウイルス 予言

「2020年の大予言」はコロナウイルスに言及していたか オカルト雑誌ムーの2020年2月号では「2020年の大予言」という特集が組まれ、数々の専門家が2020年を占っていた。 はたしてコロナウイルスのパンデミックは示唆されていたのか? 占い師や予言者たちの言葉をシンプルにまとめてみた。 大石眞行(断易)• 2月~3月に関東以北の太平洋側で地割れなどの災害• 8月~9月にかけて西日本太平洋側で情報網の寸断による災害• 娯楽系の産業が元気になるが2020年に限ったブームになる。 経済界の超重要人物が失脚する• 政治では破壊と再生が進む• 空き屋、廃屋に対する強制的な整備が始まる• オリンピックをめぐり、大きなスキャンダルが発生する。 11月、日本に被害が及ぶような周辺諸国の問題が発生する。 「いつも話題になる国」は勝手に自滅する。 小野十傳(奇門遁甲術)• 地震、火山噴火、火災、水害、竜巻、何が起きも不思議ではない。 特にに関東と北海道。 時期は3月~6月、12月。 中部地方と九州は春から夏にかけて豪雨と地震• 政治の素人が日本を踏みにじる• 外食より家で食事をとる方向へ。 老舗の倒産や貧富の差の拡大。 オリンピックは大失敗し、隣国から嘲笑される。 飛行機事故の暗示。 芸能界やスポーツ界の薬物汚染が日常化。 温暖化の影で利権や核や宇宙開発が静かに進む• キャッシュレスに絡む犯罪で少年少女のグループが世界を戦慄させる 小林世征(サイキック)• 九州の宮崎から鹿児島にかけての地域、秋田、青森は台風と水害に注意。 北海道南部にも水害の気配がある。 秋田、北海道北東部、三重県、奈良県南部、和歌山、山梨、神奈川は大地震に警戒した方がいい。 首都圏直下型地震は起きない。 自民党が政権を握り続ける。 日本経済はわりと大丈夫。 東京オリンピック以降は緩やかに下降する。 宝くじの当選金がもっと上がるかもしれない。 冬の寒波が例年より早く訪れる• 九州あたりで大きな飛行機事故が起きる。 日本が得るメダルは最大で18個くらい。 アフリカで疫病が流行し、ヨーロッパにも飛び火するが、日本には入ってこない。 トルコを中心に、民族間紛争や石油問題がヒートアップする。 フランスは国内トラブルで国が割れる。 インド、スリランカ、バングラデシュで津波の被害が発生する。 アメリカ大統領はトランプが再選する 高橋桐矢(ジオマンシー)• 台風、長雨による河川の氾濫、浸水被害、土砂崩れ、地震による津波の可能性もある。 特ににしにほん。 政治では女性が活躍する。 景気は悪くない。 東京オリンピックが終わる秋口まではプチバブル。 弱者である少女が被害者となる事件が増える• 世界的な自然災害や事件の心配はない。 イギリスのEU離脱がまたも延期になる• 中国や韓国との関係が改善する• トランプが再選する ヘイズ中村(トート・タロット)• 小、中規模の火山爆発• 地震は震度5程度で収まりそう• 人口の土地が被害を受ける• 自民党政権は揺るがないが、首相は夏か年末に替わる。 経済は大企業は良いが、一般大衆の収入は下がり気味に。 外国運は良いので貿易関係は順調。 オリンピックは大過なく開催できる。 社会インフラに老巧化の危険が高まる。 暴走車による事故が多くなる。 民族間の対立、社会格差、テロ、環境破壊などが悪化していく。 日照不足による世界的な不作で小麦の輸入が困難になる 村松潔(西洋占星術)• 自然災害は起こり続けるが、それが地球にとって健康なことだ。 政治では女性の力が重視される。 経済はキャッシュレス化が進み、税金は上がり続ける。 軍事産業が盛り上がる気配がある• 食糧問題に関するトラブルが起きやすい• 医療関係では画期的な改善策が多く出てくる• 日本が世界の国々との連携と調整に力を使う• 自然災害が増え、紛争も増加する やましたやすこ(数秘術)• 台風の大型化で被害が出る。 九州~四国全域、東海地方が要注意。 北海道~北関東にかけて、11月以降極端な寒冷源正。 沖縄~南西諸島でM6. 0以上の大型地震が発生する。 国内消費は冷え込むが、オリンピックの影響で大都市のみ一時的に景気が良くなる。 多数のM&Aが協議され話題になる。 オリンピック期間中は台風シーズンで、水辺で開催される競技でトラブルが付きまとう。 福島原発のお潜水が海洋へ放出され、近隣の水産業に壊滅的なダメージを与える。 北の国々で極度の大雪と寒冷。 南アメリカ南部とオセアニアでも慣例と乾燥が予測される。 インド北部やアフリカ南部でも寒冷現象がおき、多くの死者が出る ゲッターズ飯田の2020年占い 当たると評判の占い芸人ゲッターズ飯田氏。 彼の2020年の占いでは、パンデミックによる大混乱が予測されていたのか…? 2020年は子(ね)年。 干支(えと)のスタートの一年になります。 実は20年は、価値観ががらりと変わる大転換の年で、今までいいとされてきたものや通用してきたものが、そうではなくなります。 具体的には、土地やお金などよりも、目に見えないものや、はかなく消えていくものに価値が見いだされるようになります。 大手企業なら安心という昔ながらの価値観はさらに揺らぎ、倒産する会社もありそうです。 大手新聞社も例外ではありません(笑)。 参照元:• 価値観がガラリと変わる大転換の年になる• LGBTQのようなマイノリティが社会で認めやすくなる• 庶民的なものが好まれる社会になる• 土地やお金よりもはかないものへの価値が高まる 未来人は新型コロナウイルスを予言したのか? いわゆる「未来人がネットに登場して未来を語る」というフォーマットは、おそらく2000年にアメリカのネット掲示板に登場したジョン・タイターが最初だろう。 ジョン・タイターは2036年からやってきたタイムトラベラーで、IBM5100という古いコンピュータを手に入れるためにこの時代に来たという。 タイムマシンの設計図を公開したり、すごくリアリティのある未来人であった。 これをきっかけに日本でも「自称未来人」が溢れることになる。 とはいえ、全員が全員ニセモノとは限らない。 ひとりくらいは本物が紛れていて、新型コロナウイルスについての示唆を残したのでは…? と思い調べてみたのだけれど、数ある未来人の中でウイルスによるパンデミックを予言した人はひとりもいなかった。 おそらく違う世界線からやってきたか、或いはただのウソであったのだろう。 占いや予言の内容からわかること というわけでまとめると、 2020年に新型コロナウイルスで世界中が大混乱に陥ることを予言していた人はいなかった。 2020年のパンデミックは未来人、予言者、占い師、だれもが予測できなかった自体ってわけだ。 今回まとめてみた予言や占いの内容を読むと、面白い事実に気付く。 結局のところ、占いや予言は その時点で予測できることや想像の範囲内のことしか語られていないのだ。 日本は地震や火山や自然災害が多いから、それに関する予言は多い。 けど、医学の発達した現代にパンデミックが起きるなんて誰も想像もできなかった。 だから、そんな予言もないってわけだ。 東日本大震災の後に「大地震の夢を見ていた!」なんて予知夢の報告も多数上がったが、ウイルスによるパンデミックの予知夢を見たなんて話も聞いたことがない。 オカルト好きとしてはとても残念だけれど、未来人とか予言とか占いとか、まったく当てにならないってことなのだろうね。 関連記事:.

次の