キャラクターデザイン 副業。 【副業】デザイナー/ウェブデザインでお金を稼ぐには?

似顔絵(キャラクター)デザインで起業できますか?

キャラクターデザイン 副業

デザイナー向け副業サービス一覧 自分に合ったサービスが探しやすいように、目的別に分類しています。 「とにかく、すぐに稼ぎたい」「毎月安定して仕事が欲しい」「長く付き合えるクライアントが欲しい」の3つです。 それでは見ていきましょう! とにかく、すぐに稼ぎたい人向け まずは気軽に始めてみたい!という方はこちら。 自分のスキルを売りに出す、という感じのサービスです。 メリットはすぐに仕事に取りかかれること。 気軽な気持ちで始めて、本業が忙しい間はお休みなんてことも可能です。 デメリットは単発の仕事が多い(ものによっては、次につながるものもありますが)ので、継続的に稼ぐことが難しい点です。 Lancers(ランサーズ) ご存知ランサーズ。 記事書きました。 デザイン案件はもちろん、システム開発・ライティング・ネーミング・撮影・翻訳といった専門的なスキルから、アンケート・文字入力など簡単なものまで 色々なジャンルの依頼があります。 webデザインは• ウェブサイト制作・デザイン• スマートフォン・モバイル制作• バナー・アイコン・ボタン• ECサイト構築・運用• Webマーケティング・集客• 運営・更新・保守・SNS運用 グラフィックデザインは• ロゴ・イラスト・キャラクター• 印刷物・DTP・その他• POP・シール・メニュー• 看板・地図・インフォグラフィック• CD・本• プロダクト・3D に分類されます。 また、 応募の形式も複数の応募者が提出した中から選ぶコンペ形式と、見積もりと実績を提出してから仕事にとりかかるプロジェクト形式の2つがあります。 また、最近ではココナラのようなスキル販売型のや、クライアント先に週1日から常駐して仕事をするのようなサービスも。 ランサーズのまとめ• グラフィックからwebデザインなど幅広い案件がある• コンペ形式で気軽に応募できる• その他さまざまな働き方に対応 クラウドワークス ランサーズと似たサービスですが、案件数がやや少ないです。 基本的にランサーズをチェックすれば自分のやってみた仕事があるとは思いますが、無かった場合にクラウドワークスの方もチェックしてみる、といった使い方で良いと思います。 ココナラ 先日記事にもしましたココナラです。 ランサーズのように自分からクライアントを探す 営業マン型とは異なり、自分のスキルを公開してクライアントを募集する 店舗型のようなイメージです。 価格を最初から表記しないといけないんですが、価格帯的にはかなりみなさん安くしています。 価格競争にもなってくるので、安くないと仕事自体が入ってこないという難しさがありますね。 おひねりやオプションがないと、作業量と売上のバランスが厳しいかなと思っています。 とはいえ、ランサーズのように 「提案したけど決まらなかったから、作業がムダになった・・・売上がゼロだ・・・」ということがありません。 ある程度で修行したら、ココナラに出品してみるというのが良いかもしれません。 ココナラのまとめ• 店舗のように自分のスキルを登録、販売できる• 取引が決まってから制作に取り掛かれるので、ムダな作業が発生しない• カンタン登録 毎月安定して仕事が欲しい人向け ハーフコミット型と言われる、月の稼働時間がおおよそ決まっているものです。 メリットは毎月安定した稼ぎができること、デメリットは完全リモートワークではなく週一回のミーティングなどが必要になることです。 シューマツワーカー シューマツワーカーはその名のとおり、週末副業をしたい人専門のエージェント。 登録してエージェントの人に会ったので記事にしました。 未だ案件の紹介は来ませんね…. やはり デザイナー案件よりも、エンジニアの案件のほうが多いようです。 昨年スタートしたばかりのサービスなので、今後に期待です。 Midworks 正社員並みの福利厚生や保証がついて、フリーランスのような働き方ができるのが。 以前「」にも詳しく書きましたが、とにかく高額案件が多数。 確定申告ソフトfreeeのフリーランス向けプランが利用無料• 書籍代10,000円まで負担• 税理士LINE 相談額負担• 顧問税理士紹介額負担• 給与保証制度• 業界最大手リロクラブの福利厚生サービス(年間30万円相当)• 保険の半額負担 といった福利厚生が多数。 リモート可で副業としてできる案件は限られますが、 独立を考えている方や副業もバリバリやっていきたい!という方はぜひ登録しておきましょう。 登録すれば様々な案件を紹介してくれるので、新しい取引先と出会える可能性が広がるかも。 あ、あとエンジニア・デザイナーだけじゃなく、Webマーケターの紹介案件なんかもありました。 Workship 岩上元社長。 スゲーいい人そう。 画像引用: 週2日から、かつ高単価の案件を扱っていますが、求められるスキルは完全にプロフェッショナルなもの。 デザイナーで言えば、サイトのアートディレクションやインタラクティブな情報設計ができる、など 見た目のデザインだけでなく総合的なスキルが求められる案件が多い印象。 登録自体は無料ですが、書類審査・面談を経てからの案件の紹介になります。 登録者もハイスキルな人が厳選されてそうですね。 会社員だけど土日の週2日だけ働きたい、といった案件もあるようなので自信がある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。 Midworksと同じく、を無料で提供してもらえます。 長く付き合えるクライアントや、長期的なプロジェクトに関わりたい人向け スポットやハーフコミット型と異なり、 プロジェクト単位で継続的に仕事をしたい場合はこちら。 会社や店舗のブランディングなどもこちらに当たります。 デザインスキルだけではなく、ビジネスへの深い理解も必要になってくるので生半可な気持ちではできませんが、間違いなく面白くやり甲斐のある仕事です。 yenta yentaはビジネスマッチングのスマホアプリ。 様々な企業の代表や役員など決済権を持つ人も多数登録しています。 うまくプロフィールを書けば、 クライアントやビジネスパートナーとして、長期的に仕事を依頼してもらえる可能性はあります。 実際に2018年2月現在、僕は使い始めて1ヶ月程度ですが26名の方とマッチングし、そのうち役員・取締役の方が10名いました。 詳しくはこちら。 けんすう氏 画像引用: まぁ面識はないんですが(笑)どうやらが掲載されているよう。 ぜひそちらもあわせてご覧ください。 ITプロパートナーズの登録は無料。 しかもFacebookアカウントで登録できるので、ぜひ登録してみましょう。 YOUTRUST YOUTRUSTはFacebook上の友人、もしくは「友人の友人」からオファーが届いて、副業がはじめられるサービスです。 僕も最初に副業を始めた時は友人からの依頼でしたし、 やはり信頼できる相手からの依頼が最初の取っ掛かりとしては良い気がします。 そういった意味で、友人・または共通の友人がいるというのは信頼関係の構築がしやすいはず。 僕も試しに登録してみましたが、そもそもFacebookの知り合いがめっちゃ少ないので友達候補がゼロでした…(涙) 「友達の候補はいません」 もっとこのサービスが広がってくれれば友達の友達から仕事依頼が来る…かもしれません。 今後に期待です。 FacebookのIDで登録できるのでぜひ。 番外編 3つと言いながら番外編です(笑)副業というよりはスキルアップだったり、趣味だったり…うまくいけばお金になるかも?というようなものを選びました。 ブログ 僕もやっております。 ブログです。 少しづつですが、収益が伸びてきました。 ご覧頂いている皆さまのおかげです。 デザイナーの方は結構ブログを副業でやっています。 代表的なところですと、• Manaさんが運営する• webデザイナーなら必ず一度は見てる• 最近デザインの薄い本を制作、販売中(僕も買いました)のスズキアユミさん()が運営する• イラストがめっちゃかわいい、すぴかあやかさん()が運営する• 最近は北海道で旧家のリフォームに励んでらっしゃるベーコンさん()運営の• 最近はnote芸人になった、某アダルトメーカーの元デザイナー、モンブランさん()運営の などなど。 とても参考になる記事を書いてらっしゃるので、デザイナーの方は要チェックです。 収益を公開してらっしゃる方もおりますが、 アウトプットをメインにやってらっしゃる方がほとんどなのかなと。 ブログをするメリットはお金だけじゃない アウトプットをたくさんすると、それ以上にインプットの精度と量が上がります。 インプットとアウトプットのサイクルを回せるようになるとデザインスキルが飛躍的に伸びたり、情報感度が高くなります。 また、実際にアイキャッチとかも作らなくてはいけないので、 デザインの作業量が増えますね。 WordPressを使えば PHPやCSSにも詳しくなるし。 情報発信すれば、そこからお仕事につながることもありますし。 実際に、ブログで「フリーランスになりましたー!」と言ったり情報発信したことから連絡いただいてお仕事させていただくことが増えました。 そういった意味で、 デザイナーがブログをするのは一石三鳥くらいのお得感があります。 オススメ。 登竜門 こちらはコンテスト情報サイト。 企業が賞金かけて、ロゴ制作やキャッチコピー制作させるアレです。 メリットは、• 大企業のクライアントが多い• 賞金額がでかい(10万30万とか)• 有名アートディレクター・クリエイティブディレクターに自分の作品を見てもらえる• 他の企業もチェックしてるので、次の仕事につながることも と盛りだくさん。 逆に デメリットは• 応募総数が半端なく多い• 稼げる確率は非常に低い• 一つの作品作るのにすっごい時間かかる(逆にかけないと通らない) という感じ。 あまり人気がなかったり、賞金額の低いものであれば倍率もそれなりなので、選びようによるかも。 どちらかというと、稼ぐ以外の目的をメインに考えないとくじけちゃうかもしれません。 本日のまとめ 以上、デザイナー向け副業サービスのまとめでした。 色々考えたりする前にまずはやってみるということが大事だと思いますので、気になるものがあったら手を付けてみましょう。 辞めたくなったら辞めればいいんだし。 何も失うものはありません。 あ、もちろん受注したら責任持ってやらないとダメですけどね! 副業のお悩みについてはこちらから。 それでは良い副業ライフを!.

次の

在宅でできる魅力的な副業10選!具体的な仕事例も紹介

キャラクターデザイン 副業

この記事の目次• デザイン・イラストの副業 本格的なデザイナーやイラストレーター クリエイター、作家等ではないとしても、 何かデザインしたりイラストを描いたり そういったことが少しでも得意であれば、 そのスキルをお金に変えてみませんか? 得意なことが収入の足しになるのであれば それだけで、ラッッキーで嬉しいですよね。 それに自分自身で稼ぐ力を身に付けれれば、 フリーランス等になった際にも安心です。 特に今の時代、数万円でも自分で稼げれば、 大きなリスクヘッジになってくるでしょう。 そこでこの記事では、そういったような デザイン・イラスト関係の副業を紹介。 リスクがそこまでなくて、気軽に始められる デザインやイラストの副業は意外にあります。 自分に合いそうなものが1つでもあれば、 是非、一度挑戦をしてみてくださいね。 もちろん、デザイナーのちょっとした副業や 本業として可能な仕事等も中にはあります。 では、みていきましょう。 ブログ更新の度に変更あり それぞれ順に詳しく説明していきます。 ちなみに、「個人的に受注する」とは サラリーマンとして働いている人は 「会社以外でデザインする」ことであり、 フリーランスをしている人にとっては、 「仕事 クライアント の出先を別に作る」 ような感じに考えると良いでしょう。 問題は、「どうやって仕事を獲得するか」 ということだけですね。 しかし、この問題はインターネットを用い 様々なサービスを利用することによって、 解決できることがほとんどできます。 「個人的に受注する」方法を5つ具体的に 紹介するのでチェックしてみて下さい。 ・オンライン上で簡単に仕事が探せる。 ・選ばなければ、沢山の仕事を獲得できる。 デメリット ・デザイン イラスト の現場に比べたら、 デザイン イラスト 単価は低い。 ・良案件には、応募者が殺到するため、 仕事獲得が難しい場合もある。 その他 ・コンペ形式になることも多い。 副業 複業 プラットフォームを利用する。 クラウドソーシングサービスだけでなく、 副業 複業 に特化したプラトフォームを 利用する手もあります。 おすすめは次の2つです。 アナザーワークス• FaceBookを利用して会員登録するだけで、 副業 複業 を探すことができるサービス。 Another worksはクラウドソーシングの ような働き方も可能にはなりますが、 他のサービスと違う点は、 会員登録無料で システム手数料が全くかからない点です。 また自分から求人にエントリーできることや 自分のスキル 技術 をアピールすることで、 企業から直接のアプローチもありますね。 デザイン・イラストの副業を探すなら、 クラウドソーシングサービスと合わせて を登録しておきましょう。 クラウドソーシングサービスは、 デザイン・イラスト案件を探し易いですが、 ただ 作業単価が比較的低いのが難点です。 高額報酬の案件等も中にはありますが、 応募者の多くが殺到するのでそこから 仕事を勝ち取ることは至難の業になります。 そこで、作業単価が高い副業をした人に おすすめなのが 「」という 副業を仲介してくれる副業専門サービス。 その名の通り、スキルや経験を持っている 「プロ」をクライアントに派遣する形態を とっているので、その分報酬も高いです。 本業に支障がない、 週1勤務や月2勤務も 可能であり、さらに月収15万円以上と、 実務の割にかなり稼ぐことができます。 自分の培ってきたスキルや経験を活かし、 それに見合った報酬を受け取りたい人は、 是非プロの副業に挑戦してみて下さい。 似顔絵のプレゼント• 学祭・イベントでのビラやポスター• 結婚式のウェルカムボード• 会社のプレゼン資料の挿絵• 年賀状のイラスト• SNSのイラストや画像制作 こういったことがある際に友達や知り合いに 今、デザインやイラストの制作などを していると話すと依頼に繋がりやすいです。 わざわざ、デザイン・イラスト会社に 発注するまではいかないんだけれども、 ちょっとしたデザインやイラストが欲しい 友達や知り合いは周りに意外にも多いです。 しかも、身近な人なのでハードルは低め。 ただ、そこまで収入にはできませんが、 お小遣い位の収入やご飯を奢ってもらう それくらいの報酬を得ることが可能です。 それと、 この方法はどうしても価格交渉が しにくかったり、身近な存在だからこその やりにくさも存在します。 もしも友人・知人から仕事を受注するなら 今後の受注のための実績作りとして割り切り 説明の上で仕事をした方が良いでしょう。 仕事・制作の実績の作る方法としては、 独立するデザイナー向けの記事ですが、 次の記事を読んでみて下さい。 デメリット ・そこまで収入にはならない。 ・価格交渉が難しい。 その他 ・本業としてやっているなら 収益度は高くなりますね。 企業や会社から直接の依頼・案件 これは、副業に当たるというよりも デザイナーやイラストレーター等と 自信を持って名乗っていいお仕事。 友人・知人の依頼、クラウドソーシング 案件紹介エージェント・サービス等の 副業の気軽さはなくってしまうのですが、 デザインやイラスト 絵 関連においては 1番お金になる仕事になってきますね。 企業や会社からの依頼をもらうには ある程度のスキル・知識と信頼が必須。 もし今、デザインやイラストが趣味で これから仕事にしていきたいのならば、 この記事も合わせチェックしましょう。 イラスト作品の販売• イラストデータの販売• グッズの販売• LINEスタンプの販売• noteでコンテンツ販売• イラスト・デザインのスキルの販売 デザイン・イラスト関連の副業として すぐお金になるのは上記で紹介をしてきた 「デザイン・イラスト案件の受注」ですが デザインやイラストの制作等ができる人は、 「自分の商品」を作ることも可能です。 この副業でネックになるのは集客ですが、 とにかく基本コストゼロ・リスクゼロで 始めることができる副業の種類なので、 まずはやってみる価値はあると思います。 いつでも売れる状態にしておいて、 上記で紹介したブログを育てていくことで 少しずつ販売に繋げることが良いでしょう。 もし、集客が軌道に乗ってくれば 好きなものを作り稼げるようになるので、 商業デザイナーとして受注した案件等を するだけよりも収益の分散化に繋がって、 ストレスもまた少なくなるかもしれません。 イラスト作品・絵の販売 自分の描いたり、作ったりしたものを オリジナルの作品 商品 の1つとして、 とにかく販売をしていきたいという方 イラストレーターよりも画家の方 に 特におすすめな方法になります。 メリット ・好きなことや得意なことでお金を稼げる。 ・自分のデザイン・イラストを販売できる。 ・オンライン上で簡単に作品の出品が可能。 デメリット ・オンライン上のサービスを利用すると 手数料が必要。 ・作品が売れないと1円にもならない。 その他 イラストデータの販売 オリジナルの作品を売るのでなく、 Pixta等のストックサイトのように データを個人で販売するもの可能ですね。 一方で、オリジナル アナログ の作品は 価格が高いならばお金に繋がってきますが、 そこまで高額にして販売を行っていくには 知名度や人気度、高いスキルが必要ですし、 購入者が決まれば作品は相手の元にいきます。 なので、効率はあまり良くありません。 ですが、データ販売だと在庫も無限ですし 著作権や版権などを譲らない限りはずっと それを何人もの人に売ることができます。 先ほど少し紹介しましたが、BASEなら ネットショップがすぐに手軽に開設でき データの販売も可能になってきますね。 デメリット ・ある程度の需要がないと売れない。 その他 LINEスタンプの販売 LINEクリエイターズスタンプ自作販売、 ヒットすれば、すごいお金に変わる副業。 聞いた話によると、数千万を月に販売する すごい人達も一時期はいたようです。 ですが、LINEは日常に欠かせないSNSとして 現在はとても有名なツールになってしまい、 スタンプの制作も制作アプリが出るほど かなりお手軽にできるようになったために、 クリエイターの数はとても多くなりました。 そのため、なかなかスタンプを作っても 沢山売るのが厳しくなっています。 今は毎日新しいスタンプが出ているので その中で売れるスタンプを作るには、 スタンプの魅力・可愛さ、作家の知名度、 SNS等での宣伝拡散も必要不可欠です。 逆に言えば、キャラクターがすでにあり 他のもので売れていたり有名なら、 かなり収入が見込める分野になります。 高額の収入は難しいのですが、 普段使うSNSに自作のスタンプが あるのは何か嬉しいものですよ。 オリキャラやユニークなアイデアのある人は 1度トライしてみてはいかがでしょうか。 販売後は売れれば自動的にお金が入る。 ・ スタンプ8個から申請、審査期間数日 (昔は40個から申請、審査期間数ヶ月 とかなり制作の難易度も低い。 ・ヒット作を生み出せれば、 報酬数千万円と一攫千金も可能。 デメリット ・ライバルが多いので、稼ぐ難易度は高い。 その他 ・2017年5月時点で 登録クリエイター数は 約72万人であり、 販売スタンプ・着せ替え数は約 40万超。 LINEスタンプの作り方は次の記事を参考に。 ・自分のスキルを活かせる。 デメリット ・手数料がかかる。 ・デザイン イラスト の現場に比べたら、 デザイン イラスト 単価は低い。 その他 ・デザインやイラスト以外にも色んな スキルを販売できる。 Illust AC イラストAC の利用• ストックフォットの利用 Illust AC イラスト AC の利用 というのは無料でイラストを ダウンロードが可能なサイトの1つ。 このサイトにクリエイターとして登録し 自分が制作したイラスト デザイン 素材を アップロードして誰かのダウンロードで、 Illust ACならば1回約3円の少額ですが 頂くことができるようになっています。 有名でないのに購入してもらえるのか 不安の気持ちがあるかもしれませんが、 ダウンロード側も無料で使用できるため 有料でない分、クオリティーの高さは 思っている以上に要求されませんね。 ただ、ストックイラストを利用する上で 大切な点は多くのイラストを登録すること。 その他 ブログの運営 デザインやイラストなどの記事や 情報をブログに書いてお金にする。 広告費 アドセンス やアフィリエイト、 スポンサー、ブログからの制作依頼など そういったことから収入を得ることが可能。 具体的には、デザインの学び方やだったり イラストの描き方だったり知識や技術を 書いていく感じになりますね。 デザインやイラスト自体ができない訳でなく 記事のアイキャッチや挿絵、漫画など ブログ運営でも何かしら制作もできます。 ただ、ライティング力やSEOの知識が 必要になってくるのでそこは少し勉強が必要。 ブログ運営を本格的に始めるなら、 WordPressを使っていきましょう。 世の中にはデザイナーやイラストレーター、 クリエイター等になりたい人も多いですし、 デザイン・イラストの知識やスキル等を 身に付けたい人も数多く実際にはいます。 ターゲットを学生 大学生 にしてみたり、 綺麗な書類等を作りたいビジネスマンに してみたり、切り口は数多くありますし、 ニーズはあるでしょう。 教える場所はリアルとWebと分かれますが Webでは次のようなサービスを利用すると 販売しやすいと思います。 ・個人で自由に教えることができ、 学びたい人に対し個人個人にあった方法や ペースで自由に制作できる点が大きい。 ・収入面では、生徒やお客さんがつけば 毎月安定した収入が入るようになります。 デメリット ・利用に手数料がかかる。 その他 デザイン・イラストの副業から本業へ ここまで副業 複業 をメインに デザインやイラストなどの得意を活かして それをお金に換える方法を紹介しましたが、 デザインやイラストが好きならそれを 本業にするのもアリではないでしょうか。 もともと、ぼくはアパレル店員ですが デザイン・イラストが好きだったので、 途中からあてもなかったのに仕事を辞め フリーランスのデザイナーになりました。 初めは少し大変でしたが、 今ではあの時辞めて良かったと思っています。 もし、今の仕事よりデザインやイラストが やりたいなら挑戦してもいいかもしれません。 クリエイターって敷居が高いイメージですが 転職エージェントに登録をしてみたりと、 未経験でもなれる職業にもなってきています。 2020-03-19 17:41 副業を始め自分で稼ぐ方法を身につけると 自分のライフスタイルの変化に合わせて、 様々な働き方ができるようになるはず。 デザイン・イラストの副業まとめ デザインやイラスト関連の仕事って めちゃくちゃ難しいという訳で決してなく、 ハードルの低いものも意外にあったりして 自分の得意をお金に変えることができます。 それにデザインやイラストの需要というのは なくなることはなくて、必要とされている 人や場所等はかなり多く存在していますね。 是非、この機会にデザインやイラストの 副業に一度トライをしてみてください。 最後に自分にあった副業がこの記事を見て、 何か見つかったならそれだけで幸いです。 なお、デザイン・イラストの副業関連の 記事はこちらにまとめてあります。

次の

Webデザイナーは副業でもできるの?仕事を獲得する方法と収入の目安

キャラクターデザイン 副業

キャラクターとは、ゲームやアニメ、企業広告や各種グッズで見られる人物や動物、植物やロボットなどの総称です。 キャラクターデザインでは、こうしたキャラクターと呼ばれるもの一般をデザインし、ビジュアル化します。 まずは、キャラクターデザインの仕事に含まれる、具体的な内容について確認しましょう。 オリジナルキャラクターの作成 キャラクターデザインでは、オリジナリティのあるキャラクター作成が求められます。 パターンとしては原作や指示書があるケース。 まず、原作がある場合は、定められた世界観を踏襲しつつそのキャラクターらしい外見やポーズを考えます。 概要が決まっている分ビジュアル化しやすいというメリットがありますが、縛りは厳しくなります。 オリジナリティや魅力を出すには、デザイナーのスキルが必要です。 一方、指示書のみの場合は、ほぼゼロからキャラクターを作り上げることになります。 クライアントやアートディレクターの意図を的確にくみ取り、いかにキャラクターに反映させるかが、デザイナーとしてのスキルの見せ所となるでしょう。 様々な業種の仕事がある キャラクターデザインはキャラクターが登場するあらゆる媒体が対象です。 前述したようにデザインの範囲は幅広く、ゲームやアニメ以外にも企業マスコットや自治体キャラクターもキャラクターデザインに含まれます。 加えて近年は、キャラクターマーケティングも盛んになっており、一般企業や自治体独自のキャラクターも珍しくはありません。 意外な企業がキャラクターを募集するケースがあり、デザインの仕事は業種を超えて展開しています。 デザイン料の相場は? キャラクターデザインの相場は、描き方やサイズ、依頼先によって異なります。 キャラクターデザイン料の相場はどのくらいなのでしょうか。 1点3〜5万円 キャラクターデザイン料の相場は、1点3~5万円ほどです。 ただし、金額の決め方は会社やデザイナーによって異なるため、あくまで目安と考えておきましょう。 相場金額を決める要素としては、『キャラクターデザインの煩雑さ』『サイズ』『デザイナーのキャリア』があります。 デザイナーとしてのキャリアが浅いうちは高単価案件を得にくく、相場以下の案件も多いのが実情です。 キャラクターデザイナーとして安定した収入を得るには、まずは着実に実績を積み上げていくことが必要となります。 修正回数やポーズ数で費用が加算される デザインの修正回数やポーズ画数が増えれば、料金相場は高くなります。 ポーズの追加に関しても3000円からなどと定めることが多く、似たようなキャラクターでも、デザインにかかる手間暇によって金額相場は大きく異なります。 デザイナーの知名度によっても異なる キャラクターデザイナーの知名度が高ければ、料金も比例して高額になります。 人気や知名度が高いデザイナーを起用すれば、多くの人の注目を集めるのは容易です。 ゼロから広告を打つよりも高い宣伝効果が見込めるため、コストをかけてでもネームバリューのあるデザイナーを選ぶクライアントは多いでしょう。 また、評価される実績があるデザイナーなら、その実力は担保されています。 質の高いキャラクターデザインが見込めるため、高い料金を払ってでも安心を買いたいクライアントには好まれるのです。 キャラクターデザイナーに必要な能力 キャラクターデザイナーの仕事は、クライアントの意図にそってキャラクターを作り上げることです。 スムーズな作業のためには、画力以外の能力も備えておく必要があるでしょう。 キャラクターデザイナーとして必要な能力について考察します。 イメージを具体化する力 キャラクターデザインでは、頭にあるイメージを適切に具体化できるデッサン力が必要です。 クライアントが意図するキャラクターを生み出せたとしても、それを実際に描き出す力が無ければ、キャラクターデザイナーとしては不十分です。 デザイナーなら頭に浮かんだイメージをそのまま絵に写し取れるスキルは必須でしょう。 また、キャラクターデザインは、人物だけを対象としません。 植物、動物、架空の生き物などあらゆるものを具体的に描ける想像力は必要です。 ソフトを使いこなすスキル デザイナーが絵を描く際に必須となるのが、ペイント系と呼ばれる『Photoshop』と、ドロー系と呼ばれる『Illustrator』です。 キャラクターデザインではIllustratorがメインというケースが多くなります。 しかし後の加工や修正はPhotoshopで行うため、デザイナーならどちらも習得しておく必要があるでしょう。 また、『Maya』など3DCG用のソフトも使用できれば、キャラクターデザイナーとして仕事の幅が広がるでしょう。 コミュニケーション力 キャラクターデザイナーとしての作業を円滑に進めるには、コミュニケーション能力も必要です。 クライアントの意向に沿えるよう、デザイン前のミーティングは積極的に行い、クライアントの要望やイメージを聞き出さねばなりません。 この時クライアントと適切なコミュニケーションがとれるか否かが、デザインの出来を左右します。 また、キャラクターデザインは、大きな仕事の流れの一部です。 ほかの仲間やデザイナーとオープンな関係を築ければ、アドバイスやセッションもやり取りしやすくなります。 職場の雰囲気が良くなれば仕事も楽しくなり、デザインにもよい影響を与えるでしょう。

次の