湖東 リトル シニア - 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】(高校野球ドットコム)

シニア 湖東 リトル 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】(高校野球ドットコム)

シニア 湖東 リトル 湖東リトルシニア野球協会

元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】(高校野球ドットコム)

シニア 湖東 リトル 元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

シニア 湖東 リトル 元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

シニア 湖東 リトル 元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

シニア 湖東 リトル 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】(高校野球ドットコム)

シニア 湖東 リトル 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】

シニア 湖東 リトル 湖東リトルシニア野球協会

元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

シニア 湖東 リトル 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】(高校野球ドットコム)

元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】

シニア 湖東 リトル 元プロ野球選手が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。チーム発足わずか8年で全国大会に出場できたワケ【前編】

元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】 チーム設立が2012年と歴史は浅いが、これまでに5人の海外派遣選手を送り出すなど、確かな育成力を誇っている湖東リトルシニア。

  • 生まれつき左利きだったこともあり、野球を始めてからすぐに投手を始めたという。

  • 近所に住んでいた先輩から誘われて、土山・山内スポーツ少年団に入団した。

  • 昨年もエースの南琉人がMCYSA全米選手権の日本代表に選出されている。

元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

勉強も大事ですし、私生活の面でも幅広い視野を持った選手になってほしいですね。

  • 「野球だけをしていれば良いとなるのはやめてほしいというのが一番にあります。

  • 近所に住んでいた先輩から誘われて、土山・山内スポーツ少年団に入団した。

  • 元プロ監督が最初に苦労したのは設備の確保 湖東シニアの練習風景 チームを立ち上げたのは村西哲幸監督。

関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】

「どうしても硬式野球となると、場所を確保するのが大変なので、最初の2年間は色んな場所を借りて限られた中での練習でした」と村西監督は当時を振り返る。

  • それでも2012年12月に東近江市に本社を置く株式会社関西オークラのグラウンドを練習場として使えるようになり、現在は恵まれた環境で練習を行うことができる。

  • 中学野球は高校野球に向けてのステップである。

  • 生まれつき左利きだったこともあり、野球を始めてからすぐに投手を始めたという。

元プロの監督が指揮する湖東リトルシニア(滋賀)。全国大会にも出場経験のあるチームの練習方針に迫る!

卒業後はドラフト3位で横浜ベイスターズに入団し、7年間のプロ人生を歩んだ。

  • 着実に成果を出している湖東リトルシニアはどのようなチームなのだろうか。

  • 2011年1月に立ち上げ準備を始め、翌年4月にチームが始動した。

  • 引退後は彦根市で野球塾の「彦根ベースボールアカデミー」を開校したが、「野球だけでなく、社会に出て行くまでの教育を含めた野球チームを立ち上げよう」と現在はコーチ兼統括部長の窪田辰徳とともにクラブチームの立ち上げを決意。

湖東リトルシニア野球協会

卒業後はドラフト3位で横浜ベイスターズに入団し、7年間のプロ人生を歩んだ。

  • 高校でどのポジションでも守れるように全員が二遊間の守備練習をする 内野守備練習の様子 村西監督が指導の根本に心がけているのが人間教育だ。

  • 「最初は全然ストライクが入らず、バッターも抑えられず、苦しんでいましたが、6年生になると、だんだん自覚が芽生えて、バッターを抑えることの楽しさを覚えました」 投手としての楽しさを知った南は中学に上がると、湖東リトルシニアに入団。

  • 「最初は全然ストライクが入らず、バッターも抑えられず、苦しんでいましたが、6年生になると、だんだん自覚が芽生えて、バッターを抑えることの楽しさを覚えました」 投手としての楽しさを知った南は中学に上がると、湖東リトルシニアに入団。

関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】

【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】 チーム設立が2012年と歴史は浅いが、これまでに5人の海外派遣選手を送り出すなど、確かな育成力を誇っている湖東リトルシニア。

  • ワンプレーに対してなぜこの練習が必要なのかという意図を私は考えて野球をしておけば良かったなというのがありますし、周りの方々の協力があって野球ができているんだというのを感じてほしい。

  • 新型コロナウイルスの影響で8月に延期となったJA共済杯第26回日本リトルシニア全国選抜野球大会の出場権も獲得している。

  • 高校時代は比叡山のエースとして3年時に春夏連続甲子園に出場している。




2021 cdn.snowboardermag.com