お シッコ 甘い におい。 耳垢が甘い匂いを発生させる原因について

女の子の甘い匂いは体臭なの?え!!病気!?

お シッコ 甘い におい

元々、汗は無臭ですが、かいた汗を放置するとにおいを発します。 私たち人間の体には、全身のいたるところに「エクリン腺」という汗腺があるのですが、ここから出る汗はほとんどが水分で、においの原因である物質も含まれていません。 しかし、このほとんど水分である汗を放置すると、皮膚の表面にある垢や皮脂などの汚れと混ざり合い、それらが細菌に分解されることでにおいが出るのです。 また、エクリン腺とは別の汗腺に「アポクリン腺」があります。 アポクリン腺は、脇の下など体の限られた部分に存在する汗腺で、毛包という毛根を包む袋とともにあります。 この汗腺の場合、汗は毛に沿って分泌されており、本来は無臭。 しかし、たんぱく質が少量含まれており、このたんぱく質が皮膚表面の細菌によって分解されることで、特有のにおいが発生するのです。 汗のにおいケアの定番の制汗剤とボディシートですが、用途に応じて使い分ける必要があります。 実は、制汗剤は汗をかいた状態で使ってもあまり意味がありません。 まずはボディシートで汗を拭き取り、清潔な状態にした肌に制汗剤を使うことで、においのケアができるのです。 また、制汗剤はスプレータイプのほかにもシートタイプやロールオンタイプ、クリームタイプなどがありますから、シーン別に使い分けることで、効果的に汗のにおいを取り去ることができるでしょう。 フレグランスの種類も特に豊富なタイプです。 長時間汗を抑える効果が期待できます。 外出前、汗をかいていない状態の脇の下など、汗をかきやすい部分に使いましょう。 汗をかいても落ちにくいタイプです。

次の

リチウムイオン電池から匂いがした場合の対処方法は?【甘い匂い】

お シッコ 甘い におい

耳垢が甘い匂いを発する理由 いったいどのようなことが原因なのでしょうか。 例えばメープルシロップ尿症かアルカプトン尿症を発症した場合は、まるで耳垢が桃の缶詰のような甘い匂いがする場合があります。 ちなみにメープルシロップ尿症とはバリン・イソロイシン・ロイシンのアミノ酸の代謝の異常が原因で起こる疾患で、低血糖などの症状が現われます。 またアルカプトン尿症とは全身の軟骨や線維細胞に黒い色素が沈着する疾患で、大人の場合は関節炎などの症状が現れる病気です。 いずれの場合も身体にも異常が現われますので、放置せずにすぐに医療機関に診察してもらう必要があります。 疲れのサイン? ところでメープルシロップ尿症やアルカプトン尿症のような深刻な病気のほかに、心身が疲れている場合もこのような甘い匂いがする場合もあります。 そのような場合も医療機関で尿検査や血液検査を受けて、身体にどこも悪いところがないか見てもらうことが望ましいでしょう。 耳垢の臭いは結構身体の不調や異変を知らせるサインにもなります。 スポンサーリンク きつい体臭や糖尿病の可能性 湿っている場合は臭いもきついので、特にわかりやすいようです。 耳の中にはアポクリン腺という、汗に関係する汗腺が存在しています。 つまり耳垢が湿っていて臭いがすると、体臭も強くなっている可能性があります。 また甘酸っぱい匂いの場合は、糖尿病になっている可能性がありますので、そのような場合も放置せずに検査を受けた方が良いでしょう。 健康な人でもあり得る ところで耳垢の甘い匂いの原因には体調不良や疾患のほか、健康な人の場合はフェロモンの発生が関係しているということがわかっています。 よく耳の後ろに香水をつけるのは、おしゃれのほかに耳元から発するフェロモンが関係しているようです。 ちなみに耳垢は多少は湿っているものですが、あまり湿っていると耳の炎症やばい菌の繁殖を助長する原因になります。 臭いのあるないに関わらず、耳の中はなるべく傷つけないようにすることが大切です。 スポンサーリンク.

次の

耳垢が甘い匂いを発生させる原因について

お シッコ 甘い におい

オシッコをしていると、色やにおいなどが気になって「何かの病気にかかったかな」と心配になったことはありませんか? まずは、色についてお話します。 尿は腎臓で血液が濾過されて、身体の中の不要な老廃物を捨てるために作られたものです。 正常な尿は薄い黄色をしています。 水分を摂りすぎると薄くて透明になったり、夏の時期や激しい運動の後は濃くなって茶褐色に見えたり、薬や食べ物で尿に色がつく場合は、どれも正常の範囲です。 明らかな赤やピンク色の場合は「血尿」の疑いがあります。 腎臓でオシッコが作られてから身体の外に出てくるまでのどこかに、がん等の重大な病気がないかどうか検査する必要があります。 激しい運動後に、コーラ色や赤ワイン色に見える時は、筋肉がつぶれてミオグロビンという物質が尿に出てくるためです。 黄褐色に見える時は、肝臓などに病気の場合があります。 肝臓で作られるビリルビンやウロビリノーゲンという物質が尿に混ざっているためです。 ビリルビンは正常ならば胆汁となって腸から外に出されます。 肝臓や胆管に異常があると血液のほうに漏れて、尿に出てくるためです。 白く濁っている時は、細菌感染で膀胱炎になっている場合や、気温の変化や、尿の酸性アルカリ性の変化で、尿の中に溶けなかった結晶成分がそのまま出ている場合もあります。 牛乳のように見える時は、乳糜尿 にゅうびにょう という稀な病気のこともあります。 次は、においについてお話します。 尿のにおいは、香りやにおいの強い食べ物を摂った後や、オシッコが濃くなるとアンモニアのにおいが強くなります。 尿に細菌感染が起こると、尿素をアンモニアに変えるウレアーゼという酵素がさらにアンモニアを増やして、尿はアルカリ性に傾きます。 そして細菌がアルカリでますます増殖するという悪循環になって、アンモニア臭は強くなります。 糖尿病では甘い香りがしたりすることもあります。 尿が泡立つ場合は、尿にタンパク質が多く含まれていることがありますから、腎臓病の検査が必要でしょう。 心配な時はかかりつけの医師に相談して、必要があれば泌尿器科の専門医を受診してください。

次の