アラビア ジャスミン。 ジャスミン(マツリカ)の育て方…水やりと挿し木と日当たりなど栽培まとめ

アラビアジャスミン(マツリカ)の挿し木に成功したもよう

アラビア ジャスミン

ジャスミンの育て方解説!7つの栽培のコツとは 1)ジャスミンの紹介 (1)ジャスミンとは ジャスミンは、別名を「茉莉花 マツリカ 」「素馨 ソケイ 」といいます。 暖かい地方が原産で、ジャスミンの仲間は世界で約300種類ほど知られています。 趣味の栽培のほか、香料やお茶などの用途でも広く栽培されています。 花の色も白色や黄色があり、花ごとに開花期や、花言葉が違っています。 (2)科目・原産地 ジャスミンとは、[シソ目モクセイ科ソケイ属]の総称をいいます。 原産地は、ジャスミンの細かな品種によって異なりますが、 大まかにはアジアやアフリカの亜熱帯地方や熱帯地方です。 (3)草丈・開花期 ジャスミンは品種ごとで、草丈や開花期が異なります。 大よそで草丈は2m~7m、開花時期は春~夏にかけてが多いです。 (4)名前の由来 ジャスミンの名前は、ペルシャ語が語源とされています。 名前の由来は諸説ありますが、有力なものとして、ペルシャ語の 「ヤースミーン 神様からの贈り物 」ジャスミンの語源となったと 言われています。 (5)期待できる効果・効能 ジャスミンには、不安解消などのリラックス効果や、痛みの緩和、 肌への潤いなど、様々な効能があります。 (6)育てる難易度・耐寒性 ジャスミンを育てる難易度としては初~中級レベルです。 しかし原産地が熱帯や亜熱帯地域の品種は寒さに弱いため、冬場には室内に 取り込むなどの対策が必要になります。 2)ジャスミンの3つの種類と特徴 今回は、比較的日本でよく栽培されている種類をご紹介します。 (1)アラビアンジャスミン(マツリカ) モクセイ科で、半つる性の常緑低木。 東南アジアやインドなどの温かい地域が 原産のため、寒さに弱いです。 入手方法はネット販売や、ホームセンター、ガーデニング専門店などで手に入ります。 値段は凡そ種だと大体300円代、苗の状態だと600円代で購入が可能です。 (2)ハゴロモジャスミン モクセイ科で、つる性低木。 平地や暖地では露地で越冬できるため、 フェンスなどに絡ませて育てたり、釣り鉢などにして育てられることもあります。 入手方法はネット販売や、ホームセンター、専門店などで手に入ります。 値段は300円代から高いもので7,000円代までですが、 大抵は安く購入出来ます。 (3)コモンジャスミン モクセイ科で、半つる性。 多年草で、何かに絡ませながら育てます。 また、開花する際には、5つの花びらをつけます。 入手方法はネット販売や、ホームセンター、 専門店です。 値段は600円代から購入できます。 3)ジャスミンを育てるのに用意する6つのグッズ (1)グッズの種類 ・ハーブ用の土 自分で用意する場合は、赤玉土6に対し、腐葉土4の配合で ・鉢植え ・移植ごて 苗を植えたり、移植に使うシャベル ・剪定ばさみ ・ジョウロ ・支柱 逆Uの字の形 (2)グッズを選ぶ基準 植物の中でも、ジャスミンはつる性のため、なるべくつるが張りやすい ように考えながら選びます。 (3)初期費用 大体5,000円前後で揃えられます。 (4)入手方法 ホームセンターへ行けば一通り入手が可能です。 4)ジャスミンの5つの栽培ステップ (1)ステップ1:種まきの時期 品種によって若干種まきの時期が異なりますが、凡そ種まきに適した時期は、 3月下旬~4月下旬頃で、十分に暖かくなってから行いましょう。 また、秋に行う場合には、9月下旬~10月下旬頃を目安に種まきを行います。 (2)ステップ2:肥料 ホームセンターなどで売られている、市販のハーブ用の肥料を用いるのが最適です。 (3)ステップ3:水やり 土が乾いていたら、しっかりと水をやりましょう。 鉢底から水が出るくらいにやって、受け皿に水が溜まったら、その水は捨てます。 (4)ステップ4:増やし方 ・行う時期 開花後 ただしハゴロモジャスミンの場合のみ、8月~9月頃 ・増やし方(挿し木) 成長した固い枝を選んで、枝の先から3~5節(葉の付け根と付け根の間を、 「一節」と数えます)に切ります。 その後約1時間ほど水に浸したら、 新しい用土に挿して土を盛り、たっぷりと水やりをします。 (5)ステップ5:植え替えのコツ ジャスミンは根が傷つきやすいため、あまり土を落とさずに行うことが重要です。 植え替え後は、1週間程度日陰に置き、根が伸びてくるのを待ちましょう。 また、鉢植えの場合は、背が大きくなってきたら植え替えを行います。 背の高い支柱に交換し、つるを巻き直してあげましょう。 5)ジャスミンを効果的に育てる7つのコツ (1)土の種類・鉢植え ・土の種類 ジャスミンは中性~弱アルカリ性で、水はけのよい土を好みます。 自分の家の庭に元々ある土を用いるようなことは避けましょう。 ・鉢植え 地面に置くタイプのものでも、吊るすタイプでも特に決まりはありません。 ただし、ジャスミンのつるがきちんと張れるように考慮しましょう。 (2)種の巻き方 ジャスミンは実をならすことが珍しい植物なので、 基本的には苗を購入して栽培します。 ・鉢植えの場合 最初に鉢の底に小石や軽石を敷き、土が出ていかないようにします。 その後、用土を鉢の大体8分目辺りまで入れたら、真ん中に穴をあけます。 根に土がついた状態のままのジャスミンを植えて、穴に埋めた後は、 根元まで土がかかるように覆います。 ・地植えの場合 水はけの良い土で植えます。 また、他のハーブ同様に、なるべく傾斜のついた 場所に植えたり、周りに溝をつくり、半日陰が出来る場所を選ぶなど、 可能な工夫をしましょう。 (3)日常の手入れ 毎日の水やりと、花が終わった後には必ず剪定をしましょう。 (4)肥料・水やり ・肥料 2月~3月頃と、5月~6月頃 開花後 には、寒肥として窒素、リン酸、 カリを含んだハーブ用の肥料や、油かすなどの有機化成肥料を与えます。 ・水やり ジャスミンは乾燥に弱い植物です。 そのため、日々の水やりは欠かさない ように注意しましょう。 (5)日当たり・置き場所 ジャスミンは日当たりの良い場所を好みます。 そのため、秋と春には一日中 日が当たる場所で育てましょう。 夏場は直射日光が当たらない半日陰の場所で、 冬場には出来るだけ室内に入れましょう。 (6)増やし方 根を張るまではの間は明るい日陰に置きます。 また、乾かさないように適度な水やりを怠らないようにしましょう。 (7)虫対策・健康的に育てるコツ 主に春~秋にかけて、アブラムシやカイガラムシ、ハダニといった害虫が発生しやすくなります。 定期的に薬剤を散布して予防しますが、カイガラムシなどは薬剤が効きにくいため、発生が少ない 場合には、ブラシのようなもので植物を傷つけないように気をつけながら、かき落とす方法が お勧めです。 大量に発生してしまうと駆除が大変なので、毎日注意深く観察を行いましょう。 6)ジャスミンを育てる時に特に注意すべき3つのこと (1)品種によって種まき時期が違う ジャスミンはとても品種が多く、品種ごとに種まきの時期が違っています。 そのため、栽培を始める際には、自分がどの品種のジャスミンを育てるのかを、 しっかりと把握した上で種まきを行いましょう。 (2)梅雨の季節 ジャスミンは、水が多過ぎても生育が悪くなり、枯れてしまうことがあります。 鉢植えの場合には雨除けをしましょう。 また、庭に植えている場合には、 マルチを張るかわらを敷くなどして、水はけをよくします。 (3)品種によって開花時期が異なる 種まき同様に、ジャスミンは品種によって開花の時期も違ってきます。 そのため、肥料を与える時期をきちんと確認して行いましょう。 7)ジャスミンの成長後の効果的な3つの用途・楽しみ方 (1)香りを楽しむ 開花後には、ジャスミン特有の魅惑的な香りを楽しめます。 リラックスしたい時や、夜寝る前に心を落ち着かせたい時などに、 少しだけ摘んで室内に置いておくと良いでしょう。 (2)お茶として楽しむ ちょっと本格的に、ジャスミン茶を作ってその味と香りを楽しむことも出来ます。 (3)料理として楽しむ ジャスミンティーを使ったちょっとした料理や、香りづけとして ジャスミンを使用することで、いつもの料理がお洒落に変身出来ます。 8)ジャスミンを育てる3つの魅力とは (1)色々な品種を楽しめる ジャスミンには様々な品種があり、それぞれに香りが違ったり、育て方が違ったりします。 同じ仲間の違う品種を育てることで、ジャスミンの様々な魅力を知り、栽培する楽しさを 感じることが出来ます。 (2)香りの効果を楽しめる ジャスミンは他の花とは違い、その香り自体に様々な効能があります。 神経をリラックスさせたり、体の痛みを和らげたりなど、育てることによって、 自分自身の心身の癒しも同時に得られることも、魅力の一つです。 (3)ジャスミンティーにして楽しめる 最近では、個人でもハーブティーを作って楽しむことが出来ます。 ジャスミンも他のハーブ同様にお茶として香りと味を楽しむことが 出来るので、見た目・味・香りのすべてを楽しめるというところが、 ジャスミン最大の魅力ともいえます。 今回のまとめ 1)ジャスミンの紹介 2)ジャスミンの3つの種類と特徴 3)ジャスミンを育てるのに用意する6つのグッズ 4)ジャスミンの5つの栽培ステップ 5)ジャスミンを効果的に育てる7つのコツ 6)ジャスミンを育てる時に特に注意すべき3つのこと 7)ジャスミンの成長後の効果的な3つの用途・楽しみ方とは 8)ジャスミンを育てる3つの魅力とは.

次の

マツリカとは

アラビア ジャスミン

ハダニ ハダニもアブラムシと同じ時期に発生しやすいです。 葉っぱの裏に取り付きます。 予防のために霧吹きを葉の裏側に頻繁にすると良いでしょう。 また、ハダニやアブラムシを放って置くとすす病などを引き起こします。 すす病 すす病はアブラムシなどの害虫の排泄物が原因で発生します。 すす病になると葉にすすみたいなものが付着したように見えます。 すす病になったら薬剤を塗布して対処しましょう。 また、すす病が発生したら害虫がアラビアンジャスミンに住み着いていないかも確認しておいてください。 マツリカ アラビアンジャスミン の植え付け・植え替え マツリカは4月から7月に植え付けます。 秋に植えることも可能です。 植え替えは8月から9月に行いましょう。 マツリカのポット苗を選ぶ際には茎がしっかりしている苗を選びましょう。 葉つきも良いとなおさら良いです。 植え付けの際にはなるべく根を傷つけないようにしてください。 根を傷つけると枯れやすくなります。 鉢植えの場合には苗より一回り大きい鉢に植え付けます。 つるが伸びるのであんどん支柱などを立てておきます。 地植えの場合には苗より一回り大きな穴を掘って植えます。 この場合にも支柱を設けておきましょう。 開花は7月から9月まで。 マツリカを育てるならば是非とも剪定を定期的にしましょう。 花が終わったらつるを半分程度切り落とすほか、軽く切り戻します。 また、大きくなるとかなり横に広がって倒れやすくなることも。 この場合には支柱を立てて補強するか横に広がった部分を切り戻します。 剪定をすることによって花付きも良くなります。 剪定しないでおくと養分が芽に取られて花もつきにくくなることがあるのです。 剪定することで虫などもつきにくくなるので定期的にシておきましょう。 ジャスミンティー アラビアンジャスミンの花を剪定したらジャスミン茶に利用してみるのも良いでしょう。 作り方も簡単で、花が開き始めたらこれを採取して乾燥させた後に茶葉と混ぜるだけです。 とはいえ、品種によっては毒性があるもので気をつけてください。 マツリカ アラビアンジャスミン の花言葉 アラビアンジャスミンは花言葉も豊富です。 例えば、「清純無垢」「愛想の良さ」などの花言葉があります。 真っ白なアラビアンジャスミンの花色がこうした花言葉の由来です。 他にも、「温和」「素直」「可憐」「長すぎた春」「気立ての良さ」などの花言葉もあります。 他に英語の花言葉などもあるので調べてみるのも良いでしょう。 色毎の花言葉 色によって花言葉が異なります。 例えば黄色のマツリカは「優美」「しとやか」「上品」などの花言葉があります。 一方、白色だと「温順」「別離」「愛想の良さ」などの花言葉があります。 まとめ この記事ではアラビアンジャスミンの育て方について紹介しました。 アラビアンジャスミンは寒さ対策をしっかりして育てると良いでしょう。 また、アラビアンジャスミンを育てるならば是非ともジャスミンティーなどにもチャレンジしてみてほしいです。

次の

ジャスミン種類別、栽培のポイント

アラビア ジャスミン

マツリカ(アラビアンジャスミン)の育て方のポイントは? 5度以上の環境で育てることが、花を咲かせるコツです。 茉莉花は、暖かい東南アジアやインドが原産の花木で、寒さに当たると枯れてしまいます。 外の気温が10度以下になったら、室内に取り込んで育てた方が安心です。 マツリカ(アラビアンジャスミン)の苗植えの時期と方法は? 茉莉花は、実がどのようにしてつくのか知られておらず、種が市販されていないので、苗から育てるのが一般的です。 鉢植えで育てた方が冬越しをしやすいのですが、沖縄など温暖な地域であれば、地植えもできます。 苗植えは、4~7月が適期です。 根が傷つくと生育が悪くなるので、根についた土は崩さずにそのまま植え付けましょう。 鉢植え 苗よりもひと回り大きな鉢を準備し、植え付けます。 つるを伸ばしながら生長するので、アジサイの栽培で使うあんどん支柱を立てるとよいですよ。 植え付けた後は、春から秋は屋外の日向に置き、冬になったら室内に取り込んで管理していきます。 地植え 日当たりがよい場所を選び、苗よりも1回り大きな植え穴を掘って苗を植えていきます。 強い日差しに当たると葉っぱが焼けてしまうので、真夏は寒冷紗などをかけて日除け対策をしてください。 また、つるをよく伸ばすので、株の横に支柱を立てておきます。 マツリカ(アラビアンジャスミン)の土作り・水やり・肥料の与え方 土作り 水はけのよい柔らかな土を好みます。 鉢植えは、赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜあわせた土がおすすめです。 地植えは、あらかじめ地面を耕しておき、2~3割ほど腐葉土を混ぜておきます。 水やり 鉢植えは、春~秋の間は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。 一方、冬は土の表面が乾いてから数日おいて水やりをします。 地植えは、極端に乾燥していない限り水やりの必要はありません。 肥料の与え方 植え付けるときに、油かすか骨粉、ゆっくり効く緩効性化成肥料を土に混ぜておきます。 そして4~10月までは1~2ヶ月に1回、緩効性化成肥料を株元から少し離した場所に置きます。 根元の近くに肥料を置くと、株が弱ってしまうので注意してください。 また、花がうまく咲かないときは、液肥を与えると効果的です。 マツリカ(アラビアンジャスミン)の植え替えの時期と方法は? 根をよくはり、根詰まりを起こすと花つきが悪くなってしまいます。 鉢植えは、2~3年に1回植え替えをしましょう。 4~5月か9~10月の花が咲いていない時期が適期です。 植え替えの手順は、植え付け時と同様です。 マツリカ(アラビアンジャスミン)の増やし方!挿し木の時期と方法は? 茉莉花は挿し木で数を増やすことができます。 花が咲き終わった後の7~10月が最適です。 その年伸びた硬い枝を選ぶ 2. 枝を先端から3~5節のあたりで切り落とす 3. 先についている葉っぱを3~4枚残して、他を切り落とす 4. 切り口を斜めにカットし、半日ほど水に浸ける 5. 切り口に発根促進剤をつけて、バーミキュライトや赤玉土(小粒)に枝を挿す 6. 数週間ほどで発根するので、十分に根をはったら植え替え可能.

次の