北 の 富士 勝昭。 白鵬“禁じ手”北の富士氏「横審にけんか売ってる」

北の富士勝昭の「ヤクザと関係ある」の噂検証

北 の 富士 勝昭

本名:竹澤 勝昭 生年月日 :1942年3月28日(74歳) 出身 :北海道旭川市 身長: 185cm 体重: 135kg BMI :39. 1977年に井筒部屋と合同させる形で九重部屋を継承しました。 その後、千代の富士を第58代横綱に 育てたことで知られるようになります。 他の活動 NHK大相撲解説者 現役時代は 玉の海 正洋(たまのうみ まさひろ、1944年2月5日 — 1971年10月11日) と熾烈なライバル関係にありました。 両者は比較的対象的な関取でした。 北の富士が夜の帝王と呼ばれ、恵まれた体格で 相撲を取っていたのとは対照的で 玉の海は相撲に真摯に取り組み 全く派手なところがありませんでした。 身長も177cmと本当に小さく 稽古を積み重ねて横綱になった力士でした。 残念ながら玉の海は27歳の若さで急死してしまいました。 現役横綱の急死は、北の富士にとっても 大きな喪失であったと推察できます。 スポンサーリンク 北の富士勝昭の武勇伝 1.歌手デビュー 出典 :detail. chiebukuro. yahoo. jp 夜のヒットスタジオに出演した最初の力士 もともと相撲甚句などを歌う 力士は歌の上手い人が多いのですね。 1967年に発売した横綱北の富士が歌う、 「ネオン無情」50万枚を売り上げました。 その後もレコードをリリースして、1969年には歌番組 「夜のヒットスタジオ」に「歌手」として出演して 「君を慕いて」を披露しています。 現役中にキャバレーやちゃんこ屋を経営 現役を引退してからの副業はよく聞きます。 が、現役時に行うと言うのは、相撲協会は 黙認だったのでしょうか? 現役当時から北の富士勝昭は、栃王山と一緒に名古屋でキャバレー 「月世界」を札幌市や名古屋市では 「ちゃんこ北の富士」 を経営して、副業に取り組んでいました。 場所休場中にハワイでサーフィン 不眠症!?理由がぶっ飛んでますね。 北の富士勝昭は、現役時代に不眠症を理由に 休場中にハワイ旅行に行きサーフィンをしていたことが バレたことがあります。 相撲協会から注意を受け、帰国することになり謝罪して、 その後の夏巡業に参加しました。 北の富士勝昭と千代の富士(九重親方)との関係 仲が良くなかったようです。 先代の九重親方(元北の富士)が部屋(九重部屋) の運営を千代の富士にまかせて、 自分は協会の役職(理事)の方に専念しようと考え、 二人の間で話ができていました。 実際に、二人は陣幕、九重の年寄名跡を交換し、 千代の富士が九重部屋を継承したのですが 陣幕親方(北の富士)はこの千代の富士の裏切りのために、 理事に留まることができず(落選) 九重部屋を飛び出して八角部屋(元北勝海)に移籍した後、 年寄を廃業し解説者になっています。 このいきさつで2人のなかは良くなかった と言われています。 スポンサーリンク.

次の

ノート:北の富士勝昭

北 の 富士 勝昭

「北の富士勝昭」は、の関係者を対象とした の関連記事です。 高鉄山の告発に [ ] 名誉毀損の訴訟を起こさなかったから真実だっただろう、というのは乱暴。 逆に事実であっても名誉毀損は成立するものなので。 削除しました。 高鉄山と関係者が同じ日に肺炎でなくなったというのは、すごい偶然だとは思うけれど、その後の警察の調査で事件性はないとされています。 北の富士の項目に書くようなことじゃありません。 削除しました。 -- と 2007年2月8日 木 20:20 UTC 相撲協会退職後・解説者としての項 [ ] 肥大化しています。 面白い発言があったからと次々追加しても仕方がないと思います。 残すのだとしたら、ある程度「傾向」として纏めて整理すべきではないでしょうか。 --() 2012年5月24日 木 23:21 UTC.

次の

北の富士流

北 の 富士 勝昭

人間力満開の痛快な人生! 横綱まで上りつめて引退した後、親方として千代の富士、北勝海の二人の横綱を育てあげる快挙をなし、さらに相撲協会をはなれてNHKの解説者となってからは、自由奔放にして情のある辛口の解説で、70歳半ばにいたる今も人気の真っ只中に君臨し続ける北の富士。 その比類なき人生のこなし方に、作家の村松友視さんが迫ります。 女優の浅丘ルリ子さんも大絶賛で、「粋で華やかで色気がある。 私、北の富士流の味方です」として以下のような文章を寄せています。 「北の富士さんは姿の美しい横綱でした。 今は解説の歯に衣着せぬ物言いを楽しんでいます。 人の美しさは生き方からにじみ出るものでしょうが、村松さんの作品を読んで、北の富士さんの粋や華、心意気や色気の秘密がよくわかりました」 村松さん自身、偶然酒場で出会った北の富士さんと、酒場のコースターにお互いに伝言を書き残して従業員に渡してもらうという、ペンフレンドのような不思議な関係を続けていました。 大相撲ファンのみならず、人が鮮やかに生きるとはどういうことか、そのヒントを与えてくれる傑作です。 第52代横綱、北の富士。 現役中は幕内最高優勝10回、ライバルにして親友でもあった玉の海とともに「北玉時代」を築いた名力士であり、引退して年寄 「九重」を襲名してからは千代の富士・北勝海の2横綱を筆頭に多くの力士を育て上げた名伯楽でもあった。 千代の富士が引退するとあっさりと部屋を譲 って相撲協会を去って評論家に転進、上等そうな着物を粋に着こなした姿でテレビに登場し辛辣ながらユーモアのある解説で親しまれている。 彼は現役 の頃には「夜の帝王」、「プレイボーイ横綱」、「現代っ子横綱」などの異名を取った個性派で、エピソードには事欠かない人物である。 作家の村松友視氏 によるこの評伝は、北の富士本人はもちろんのこと親類・友人、直弟子の北勝海(現・八角理事長)など多くの関係者への取材を積み重ねて構成されてお り、北の富士という時に誤解されがちな人物の真実に迫っている。 北の富士の型破りなエピソードは枚挙にいとまがない。 現役力士では最初の歌手デビュー(129p~ )、断髪式後に白のタキシードを着て登場(164p~ )、 拳銃密輸などの物騒なスキャンダル、そして数々の女性たちとの浮名、などなど。 これらのエピソードについても村松氏は丹念に取材しその真相を描いて いる。 ところどころやや思い入れが強すぎるかな、と感じられる部分もなくはないが、村松氏が北の富士という破天荒で華やかな男に惚れきっていること が伝わってくる内容となっている。 特に相撲に関心があるわけではありません。 新刊本の紹介にあったので読んでみました。 北の湖がなくなりウルフが亡くなり、角界のスターがいなくなるのはさみしい気がします。 そんな背景で読み始めたのかもしれません。 どんな世界にも一流になるには苦労はつきもので、北の富士の努力や苦労も推して知るべし。 貧しい子供時代があってハングリー精神が育つのでしょう。 解説者としてたまにテレビを見たときにお姿を見ますが、ダンディーでおしゃれです。 嫌味ではなく、醸し出す雰囲気だと思います。 夜の帝王の異名もわかる気がします。 現在活躍中の方のことを書くのは難しいと思いますが、北の富士流があまり理解できずに読み終えた感じです。 私の読解力が足りないのかもしれませんが。 北の富士をほんの少し身近に感じるようになったかな。

次の