俺ガイル ss 暴力。 【俺ガイル】一色いろは・八色おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

SSまとめるー : 俺ガイル

俺ガイル ss 暴力

昨日は散々だった。 帰ったら鬼の形相の小町が玄関で待っていたのだ。 怒った小町も可愛いかったです。 なので今までの出来事を全て話すと、更に怒られた。 理由はこうである。 『自分を頼って欲しかった。 最愛の兄を少しでも助けたかった』 もうね、感無量ですよ。 お兄ちゃん冥利に尽きるとはこの事と見つけたり。 しかし、それを言い終わると小町が大泣きしてしまい、家族が「小町を泣かすとは何事だ!?」と言って俺の部屋に突撃して来た上に同じ説明をして、両親と妹が大泣きしながら「もっと家族を頼ってくれ」と懇願された。 取り敢えず、その場は収めたが、何故か嬉しさと恥ずかしさが込み上げるのは、こんな俺でも愛されているという実感のお陰だろうか。 その日はよく眠れた。 [newpage] 翌日、教室に着くと葉山が此方に来た。 察しは付くが一応理由を聞くとアイツはこう答えた... 。 「昨日のは許してやる。 反省したか?」 何を言っているんだろうかコイツは。 すると横から由比ヶ浜も首を突っ込んで来た。 「ヒッキー?冗談は昨日だけにしてね?早く私達に謝って。 じゃないと許さないから」 駄目だコイツら...... 早くなんとかしないと...。 最早、手遅れな事に気が付いていない様だ。 「あのさ、一個だけ良いか?」 「何だい」「また昨日みたいな冗談?」 なるべくしたくない行為だが、場合によっては行わざるを得ないかもな...。 「俺は別に、この場で噂の真実ってヤツをぶちまけても良いんだぜ?嫌なら席に戻って『オトモダチ』とでもベラベラ喋ってろ。得意だろ?」 「なっ、ふざけるなよ比企谷!!」 「そうだよ!!何言ってんのヒッキー!!」 クラス中の注目は此方に集まる。 そりゃあそうだわな......。 あの葉山隼人と由比ヶ浜由比ヶ浜結衣が喚き散らしてるんだからな......。 「何?どしたの隼人君」 戸部だ。 どことなく俺を睨んでいる気がする... のは、当たり前か。 「い、いや、気にしないでくれ。 戸部には特に関係も無い話だ」 「いやいや、寧ろ中核だろ。 聞かせてやろうか戸部?お前への謝罪の代わりに。 」 戸部はまぁ、悪い点が無い訳では無いが、修学旅行での偽告白の、ある意味での被害者でもあるのだ。 告白を邪魔された挙句、グループ掻き乱されたとあっては、流石に可哀想だしな。 告白の辛さは、俺も知ってるしな......。 「と、戸部!こんな奴の話なんて聞く必要なんか無いぞ!」 「そ、そうだよ!」 あぁ、お前らには都合が悪いじゃあ、済まない位には聞かれたく無いもんな。 でも分かってるか?お前らは今、自分の首を自分の手で締めてんだぞ? 「............ いや、聞かせて貰うわ。 一応」 戸部がそう答えると、二人は『止めろ』という視線を俺に送ってくる。 今更遅いっつーの。 お前らが先に仕掛けたんだろうが。 「じゃあ折角だ。 放課後、奉仕部の部室で葉山グループを集めてくれ。 それが話の条件だ。 」 「...... 分かった。 優美子と海老名さんで良いのか?」 「あぁ。 それで良いか?三浦に海老名さん?」 「あーしは勿論だし。 前から引っ掛かってたんだよね。 アンタの行動」 「...... ううん、逃げるべきじゃないよね...... 私も大丈夫」 「その代わり、アンタが間違ってんならキッチリ謝りなよ?ヒキオ」 「あぁ... 勿論だ」 これで役者は揃った...... 後は演じるだけだ...... 葉山、由比ヶ浜...。 その醜い上っ面を剥ぎ取ってやるよ...。 「じゃあ俺は放課後まで消える。 万が一でもの話だが...... 」 リンチなんざ御免だからな...。 そう告げると比企谷八幡は教室を出て何処かへ去った。 葉山は、先程の言葉が自分と由比ヶ浜に向けられた言葉である事を自覚していた。 煮えくり返る腹の底を隠して、葉山隼人は、由比ヶ浜結衣はその日を終えた。 何故なら彼らはこう思っているからだ。 『放課後になれば私達が正しい事を証明出来る』 自分達の過ちを認める事すら出来ない奴等が、 何を言っているのやら......。 舞台は整い役者も揃った、なかなか順調だ。 そろそろ終わりにしてやるよ...... 覚悟しろよ... ? [newpage] 放課後、俺の招集通りのメンツが揃った。 「集まって貰えた事を感謝する。 それじゃあ始めるが...... 良いか?」 皆が頷いた事を確認してから俺は説明を始めた。 戸部からの依頼。 海老名さんの来客の意味。 それは成功する筈の無い告白のサポート... そして、その告白を阻止したいという依頼だった。 「姫菜...... これホントなの?」 「... 嘘じゃないよ」 愕然とする葉山グループ... まぁ、これが普通の反応だわな...。 続けるぞ」 誰も傷付かず、その上でグループの雰囲気を崩さない方法は皆無に等しかった...。 加えて、葉山は戸部の告白を本気で止める気がない。 由比ヶ浜に至っては海老名さんの真意にも気付いていない始末だ。 出来る訳ないじゃん... こんなの... 」 「あぁ... 出来ない筈だった。 流石に俺も匙を投げようかと思った... 」 「だが、俺には策が浮かんだ。 決定的で画期的。 だが実行者は蔑まれる解消法がな...... ここまで言えば何か分かるだろ?」 「あ......... 」 三浦は気付いた様だな...。 「考えてみれば簡単な理屈だろ?」 「海老名さんは告白を行って欲しくない。 戸部は自分の告白を受けて欲しい」 「... だからヒキオが告白した......... ?」 「そういう事だ。 一番マシな方法だろ?」 「ど、どういう事だべ!?」 話に付いて行けていない様子で戸部が焦りを見せる。 すると三浦が喋り出した。 「つまり、二つの依頼の達成場条件は『アンタが告白をせず、その上であーしらのグループを壊さない』事がクリア出来ていれば良いって事」 「?」 「...... ヒキオが姫菜に告白して、『今は誰とも付き合う気は無い』って言ったら、アンタどう思った?」 「そりゃ無茶苦茶ムカついたけど、海老名さんが誰とも付き合う気がないって言うから... また時期を見て...... 告白しようって...... 」 「結果的に、比企谷君が戸部っちの告白を止めた事になるんだよ」 「もう分かっただろ?俺の告白の意味と、それを喋られると誰が困るのかも」 「黙れ!俺も後からフォローしようと... !」 「後から?戸部が無残に振られてお前のグループが潰れた後でか?」 「何だと!?」 「おぉ、怖い怖い...... 落ち着けよ... オトモダチ想いの優しくて格好いい、葉山隼人君?また文化祭の時みたく、講釈は垂れないのか?」 「っ...... !!」 葉山が俺を掴みに掛かろうとした瞬間、バン!という音が部屋に響いた。 音の方へ目を向けるとそこには...。 「ストップ...... 言い争いは、いい加減にして」 海老名さんが居た。 机に手を当てながら彼女は再び口を開いた。 「落ち着いて。 話が進まないから...... 結衣と隼人君は黙ってて」 静かに、それでも威圧感のある低く冷たい声色で海老名さんが場を制した...。 俺には出来ない芸当だ。 これが修学旅行での偽告白の真実ってヤツだ」 各々に思う所がある様子だ...。 蔑んでいた相手が結果的に自分達のグループを守っていた何て笑い話にもならねぇもんな? 「... ヒキタニ君...... 俺、何かすげぇ勘違いしてたんだな... 」 「...... 別に普通だろ。 俺も、ああいう風になる事は予想してたしな」 「でも、それじゃヒキタニ君が...... !」 「俺は平気だ。 慣れてるしな... 」 「ただ、色々と予想とは違った所もあったがな... 」 「...... ゴメン。 ヒキタニ君... 」 「あーしもごめんなさい... ヒキオのやった事勘違いしてた...... ごめん... 」 「比企谷君...... 私もごめんなさい... 」 「... 全部終わった話だ。 お前らが謝る必要なんかねぇよ」 「それでも、まだ収まりが着かないなら、お前ら三人で悩め。 俺は、もう十分だ」 「...... 葉山達は出てくれ。 俺は雪ノ下と、話しておきたい事がある」 [newpage] 「私、あの修学旅行の日から考えていたの...... 」 「... やっと昨日、貴方が居なくなって気付いたの...... 貴方の行動の理由... 」 「愚かだったわ...... 何も見えていなかったのね... ふふっ...... 」 「間違っているのは自分だって気付いた...... 気付いた所で何も出来なくて... 苦しくて... 悲しいの...... !」 「雪ノ下...... 」 雪ノ下は泣いていた......。 「比企谷君...... 貴方に本当に酷い事を...... ごめんなさい... ごめんなさい...... !」 「俺達の関係は終わった... もう奉仕部には戻れない... 悪いな... 」 「っ... !」 過ごした時間は戻らない... 壊れた関係はもう、二度と治らないのだ...。 [newpage] 「だから、これは俺の勝手な申し出だ」 それでも、諦めきれない願いや、伝えたい想いがあるのなら...... それなら......。 「なぁ、雪ノ下...... 」 「比企谷君っ... !ありがとう... !!」 きっと、また始める事は、きっと出来る。 というか、また最後まで言えなかった...。

次の

#3 葉山隼人は変われない

俺ガイル ss 暴力

雪乃 拘束系、八幡を見掛け話し掛けないと落ち着かない。 また、八幡を傷付ける者には容赦しない。 実は八幡の部屋の盗聴器や小型カメラを仕込みずっと監視している。 八幡がいないとヒステリックになるが八幡がいるとその鳴りは潜む。 結衣 依存系、物凄く八幡に甘えてくるが基本的に嫌がることはしない。 修学旅行の件で反省しており八幡にお詫びとして肉体関係を持とうとしている。 ただし暴走すると…彼女が求めるのは八幡の愛である。 沙希 妄想系、文化祭の発言からかなり意識し始め修学旅行の件でイジメを受けてる八幡を見て病んだ。 八幡を守るにはどうすればいいのか? 考えた結果が『夫婦』になることで八幡の妻になれば守れると思い込んでいる。 めぐり やや崇拝系、文化祭と体育祭で八幡の働きを見て意識し始めたが、イジメを受ける彼を見て本当の価値観を知らない生徒達を制裁する為雪乃達に協力し彼女も病んでしまう。 持てる力を使って八幡の願いを叶えようとする。 陽乃 排除系、超危険人物。 八幡に手を出そうものなら社会的な死と精神的な死が待ち受ける。 唯一八幡が暴走を止める事ができる。 とある計画を考えているが…判明する事はただ一つ碌でもないことは確かでまともな思考は捨てた方がいいかもしれない もしかしたら…R18に突入するかもしれないです。 狂った日常 そもそも何故こんな状況になったのか。 まずは文化祭の俺の自己犠牲で火がつき、修学旅行での依頼で更に燃え上がった…というより爆発した。 雪ノ下と由比ヶ浜は俺を傷付けて解決する事を望んでいなかった。 文化祭で相模に暴言を吐いて彼女を悲劇のヒロインに仕立てる事で相模のヘイトを俺が集めた。 しかし、これにより俺の評判は下がる事になり、陰口を言われるようになった。 そして、修学旅行…これが彼女達の理性の歯車が狂った瞬間だ。 葉山グループの問題を俺が二人が忌み嫌う自己犠牲で解決してしまった時に狂ったのだろう。 二人は川崎や城廻先輩、雪ノ下さんを仲間に加え俺に暴力や陰口を言う生徒達を断罪の名の元で裁いたのだ。 歪んだ正義とも言えるだろう。 一方で葉山グループだが… 「…」ペラ 海老名さんは三浦と一緒にいるようになった。 由比ヶ浜は海老名さんに対して罪悪感があるらしく暫くは距離を置くようだ。 一人の時はこのように何かの本を読んでる。 彼女からの謝罪を受け、その後葉山グループから抜けた。 「姫奈…」 一人だけ蚊帳の外だった三浦は戸部の告白の件を知らず、俺に全て押し付けたとして葉山に激怒しグループを抜けた。 俺と奉仕部に謝罪して海老名さんが孤立しないように一緒に居る。 いつかは由比ヶ浜と復縁できるように努めるらしい。 海老名さんが学校に来てるのを確認して安堵してるようだ。 戸部は…落ち着きがある生活態度になり、髪を黒く染めてるらしい。 俺のイジメが発覚するといの一番に駆け付け土下座してきた。 自分がどれだけ馬鹿な依頼をしたのかを…噂を流した大岡と大和とは絶交したらしくクラスでは一人でいる。 だが、部活のメンバーが支えてるらしく居場所はサッカー部になっているそうでよかった。 あいつもあいつで被害者だからな。 大岡と大和は碌に事実を調べようとせず。 俺の悪評を広めイジメを助長したとして停学処分を受けて学校に来ていないが…それ以上に部活での立場が失い同級生からも恨まれる事態になっている。 理由は所属する野球部とラグビー部で数ヶ月の部活動停止と対外試合の禁止を言い渡されている。 特に試合というレベルアップの場を失った彼らは二人を許す事ができず部活での居場所を失い半ば追い出される形で退部となった。 相模は…文化祭で明らかになった真実から周りからの白い目に耐えきれなくなって引きこもりかけたが。 俺がフォローする形で今は学校に来ている。 それでも由比ヶ浜と川崎からは殺気に溢れた目で睨み付けられ怯えている。 因みに俺が相模に言い詰める奴らに言った言葉はこれだ 『お前達もサボったんだろ? なら相模と同罪だ。 相模を責める権利は無い』 流石に言い返せなかっただろう。 相模と一緒になってサボったのだから。 その後、その状況を作り出してしまったお詫びとして雪ノ下さんが夜這いを仕掛けようとしたがマイルームのドアを死守し窓も完全に塞いで完全勝利のS判定をかまして防衛に成功。 あの時の冷や汗は半端無かった着ていたパジャマが汗だくになってパンイチで寝た。 誰かが天井から見ていた気がしたが疲れですぐに寝てしまった。 他にもF組の男子7名中4名は停学処分で3名は退学処分となった。 実は体に痣ができるぐらい殴られライターで炙られそうになったりカッターナイフで首元を突き付けられたので傷害と障害未遂で警察に厄介になったが…実は川崎と雪ノ下がそいつらを返り討ちしていた。 川崎は身に着けた空手で急所を的確に叩き込み雪ノ下は合気道で投げていた。 その間に由比ヶ浜が先生達を呼び俺がイジメられていた証拠を突き付けて俺のイジメは止んだ。 F組の教室の空気はかなり重い…原因のはあいつだが 「葉山…」 葉山…あいつの状況は一言で言うと地獄…かもしれない。 今までの事が周囲に知られ広まった。 テニスコート、チェーンメール、千葉村、文化祭、修学旅行…テニスコートでは戸塚が言い返せない事を利用し強引に使おうとした。 チェーンメールでは身内に犯人がいるのに有耶無耶にした。 (犯人は大和だった)千葉村では自分の都合を押し付けて留美を無理矢理仲良くさせようとした。 文化祭では無責任な相模を推薦し文化祭の崩壊の危機に間接的に関わっていた事と真実を隠していた事。 修学旅行では自分のグループの問題を俺に丸投げにして学校での立場を失わせたとして、彼女達から罵倒され教師陣と両親からも叱責されクラスメートからの信頼を失い『卑怯者』というレッテルを貼られた葉山… 周りからは皆の葉山隼人を演じできもしないのに首を突っ込み余計に事態を悪化させる…そして、俺が尻拭いをする。 あいつは否定していたが事実俺が尻拭いしているので反論ができず。 あいつは見事に仲良くしていた皆からハブられ見捨てられる結果となった。 皆と仲良くを信条とするあいつが皮肉なことに皆から拒絶されるとは葉山自身が思わなかっただろう。 教室でのあいつはただ俯いているだけ時折何かを呟いているが俺には分からない。 戸部と三浦に話掛けてやり直そうとしたが彼らはそれを受け入れなかった。 それはそうだ。 どう言おうがグループの人間を裏切ったからだ。 シンボルでもあった金髪は黒に染め、坊主頭になっていた。 目は俺以上に腐っている。 でも俺は俺で問題があった。 「やっはろー! ヒッキー! 」 今日も狂った日常が始まる。 いつもの日常は帰ってこない。 どんなに嘆いてもだ。

次の

八幡「お前はもう1人じゃない」

俺ガイル ss 暴力

25 ID:hAWsjDUN0 奉仕部部室にて いつの間にか出ていた声は、自分でも震えているのがわかった。 八幡「それでも、俺は……」 嗚咽が漏れそうになるのを必至で飲み込む。 声も言葉も一緒に飲み込んでしまいたかったのに、声も言葉も途切れ途切れに出て行ってしまう。 歯の根がカチカチ鳴って、勝手に絞り出されてしまう。 08 ID:hAWsjDUN0 終わり! 解散! 閉廷! こんな私ですが俺ガイルは大好きです。 暴力は大嫌いです。 あくまでこれはキレツッコミssです。 短いssでしたがお付き合いいただきありがとうございました。 それでは。 29: 以下、 すげぇ面白かったわ 46: 以下、 最後ワロタ 勢いがよろしい 【Amazon. jp限定】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 続 第1巻 初回限定版:渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱 早期購入特典:特製ブックカバー付 全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付 [Blu-ray] NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-06-24 Amazonで詳しく見る 関連記事 - 琴浦さん「(もうすぐ期末テストかあ…)」 - 八幡「由比ヶ浜、なんてことを・・・雪ノ下の顔が・・・」 - 陽介「天城にはこのまま犠牲になってもらおうぜ」 - 咲「姉帯さんのロングスカートの中を探検したい」 - 六花「普段は封印しているのだが実は邪王真眼な私って異端?w」 - れんちょん「河童なのん!」ケロロ「違うであります!」 - フリット「こらアセム!格納庫は危ないから来ちゃダメだろ!」 - 村吉「のよりんスイッチ?」 - リト「俺の10年後の姿?」美柑「そんな、これって……」 - パワプロ「そろそろ弾道上げたいなぁ」あおい「へー」 - アニ「私達、いい友達になってたと思わない?ミカサ」 - 提督「頼む!俺と付き合ってるってことにしてくれ!」鈴谷「は?」 - 小鷹「隣人部の為に俺は星奈とは付き合わない」理科「黙れよ」 - 戸塚「ねえ、キミ」越前リョーマ「何すか?」 - 憲兵「この鎮守府は私が守ってみせる!」 Amazonの新着おすすめ ダブル美少女の心を読んでラブ奴隷に落とした件 DVD付き 進撃の巨人 14 限定版 講談社キャラクターズA 大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS 提督初心者に告ぐ! 闘うお嬢さんたちアンソロジー 何これ!? THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版 ラブライブ! ネオサイタマに潜入した。 Blu-ray BOX 初回限定生産 特典CD付 最新記事 - 兄「大変だ!! キャラパン税が可決されたぞ!! 」妹「マ…マジで!? 」 - モバP「志希の弱点を発見してしまった」 - 【SS】クレヨンしんちゃん 超放電!復讐のビリビリ大作戦 - 【俺ガイルSS】やはりここでキレないのは間違っている - スネーク「こちらスネーク。 ネオサイタマに潜入した。 か、可愛い…… 岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!! 遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!! 遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・! クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!! ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww 僧侶「ひのきのぼう……?」話題作 勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS 肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった 男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作 犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし! モバイルゾーン 新着コメント! ---------------------------------------------------------------------------- ---------------------------------------------------------------------------- ---------------------------------------------------------------------------- ---------------------------------------------------------------------------- ---------------------------------------------------------------------------- ----------------------------------------------------------------------------.

次の