春待つ僕ら ネタバレ 52。 『春待つ僕ら』最新話のネタバレ【53話】竜二の告白

春待つ僕ら ネタバレ13巻53話「強くて儚い」

春待つ僕ら ネタバレ 52

あなしん先生の『春待つ僕ら』はデザートに連載中の人気漫画です。 『春待つ僕ら』の前回(52話)のあらすじは・・・ 竜二がチョコを渡せなかったと知った美月は心配します。 そんな美月を朝倉はミニバスへ連れて行きます。 竜二の兄、拓が朝倉のおじいちゃんの後任としてコーチをしていました。 朝倉と美月は美月の手作りのガトーショコラを一緒に食べ、キスします。 竜二は再度カフェへ。 ナナに告白し付き合ってほしいと伝えました。 『春待つ僕ら』第53話 最新話のネタバレ 竜二の告白 告白した竜二は結果は昼に話すので屋上に集合とメッセージを送ってきました。 集まった面々はどっちだと思う?と首をひねっていました。 「ナナさんの返事な、ダメだった」 「理由は?」 「気になっている人がいるらしい。 あとパティシエの勉強で留学も考えていてこれからどんどん忙しくなるからって」 聞いてないという美月に 「ナナちゃんにはナナちゃんの日常があるってことだよ」 と若宮は言います。 「結局どうやったって俺のこと、そういう対象に見れなかったってことなんだと思う。 …ごめんな、応援してもらったのに。 みんなありがとな」 笑う竜二。 放課後。 竜二は無理をしているより、スッキリしたのとナナに気を遣わせないようにしているのではと朝倉は話します。 美月も朝倉も二人がうまくいくのではと感じていました。 「好きな人が好きって言ってくれて、こんな風にしてられんのって、貴重なことなんだなって」 「そうだね」 私にとっては奇跡だよ 抱き合う二人。 その後の竜二は それからの竜二は有言実行。 今まで通りにカフェに行き、ナナちゃんの前で何事もないように笑っていました。 ナナと二人きりになった美月は気になる人と付き合うのかと問います。 今それどころではないとナナ。 力になるという美月にそれより相談に乗ってほしいとナナは言います。 「ホントはね…あたしーーーー…」 話しかけたところでマスターに呼ばれてしまいました。 美月はシフトのない時に来るよと約束します。 そして約束の日。 美月は委員会で竜二と会います。 ナナさん、俺のこと何か言ってたかと美月に問う竜二。 気になる人とは付き合わないって言ってた、という美月にそっか…と安心したような竜二。 そりゃまだ好きだよね。 今日の相談、竜二さんのことだったらいいのにな…なんて期待しちゃダメかなぁ 委員会の後、ナナから美月に電話がかかってきました。 えっ、大丈夫!?というただ事ならぬ雰囲気に竜二はナナに何かあったのかと美月を問いつめます。 マスターが具合が悪くなり、念のため一日入院になってしまったようです。 病院どこ!?と竜二は焦ります。 病院に駆けつけた竜二 病院に駆けつけた竜二は迷っていました。 ナナの大学の友達を見つけ、話しかけます。 美月の思い人と思われる茶髪の男性はマスターははっきりしてるし、大丈夫だよと言います。 「ナナセがしっかりしてるから。 ナナセは母親の時も経験してるから慣れてんだよ。 ホントカッコイイ女だよ。 だから、大丈ーー」 こんな奴に負けたのか 竜二は上から見て男に威圧します。 「…もし付き合ってもナナさんのそういうとこに甘えんなよな」 言い捨てて竜二は去ります。 引き続き迷っているとナナが声をかけてくれました。 慣れたもんよと言うナナ。 「でも…「マスターまでいなくなったら怖くて仕方ない」ってナナさん初めて見た時言ってました」 学校が終わると父を心配して手伝いを買って出でいたナナでした。 「綺麗で明るいけど儚くて、女神のように優しい人だと思いました」 黙るナナに焦る竜二。 ーーしまった、また困らせた 雨の中、駆け出します。 「待って」 ナナが追いかけてきました。 「ほんとは無理してた…」 泣き出すナナ。 「竜二くんが好き…」 「へ?」 告白されて嬉しかったものの、決心がつかず、嘘をついたとナナ。 年の差や自分だけ経験豊富なのも引っかかっていたようです。 「何もかも初めての竜二くんと同じ気持ちで楽しく付き合えたらなって思ったけど…どう考えても自信ないんだもん…傷つけたくなかったし、ガッカリされたくなかったの」 濡れるナナに上着をかける竜二。 「ナナさんが自信なくても、俺はナナさんのこと全部受け止める自信ありますよ。 初恋なめないで下さい。 俺だってこれくらいできますから」 ナナを抱きしめると竜二はキスをしました。 『春待つ僕ら』第54話最新話のネタバレ.

次の

春待つ僕ら 最新 52話 ネタバレ 感想 竜二 ナナちゃんに告白

春待つ僕ら ネタバレ 52

Contents• 春待つ僕ら52話のあらすじと感想ネタバレ! それでは早速、春待つ僕らのあらすじと感想ネタバレを紹介したいと思います。 春待つ僕らの登場人物を紹介! 春野美月(はるのみつき) 高1で友達関係が苦手で喫茶店のバイトをしている。 小学校の頃の親友あやと高校で再会。 最初あやちゃんの事を女の子と思っていたが再会して男だと知る。 神山あや(かみやま) 美月の事が昔から好きで、バスケが凄く上手い。 朝倉永久(あさくらとわ) 美月と同じクラスで無口。 いつも寝ていて天然。 美月の事が好き。 若宮恭平(わかみやきょうへい) ミニバス時代から仲良し。 高2でミステリアス、いつも冷静でみんなのお兄さん的存在。 多田竜二(ただりゅうじ) 高2でやんちゃそうな見た目と違って恋愛に純情。 喫茶店の店長の娘のななさんに思いを寄せる。 宮本瑠衣(みやもとるい) 高1。 無邪気な笑顔が可愛いムードメーカー。 実は腹黒い。 山田レイナ 美月と同じクラスで初めての友達。 かなり変わった趣味を持つBLが好き。 ナナ 美月がバイトをする喫茶店の店長の娘。 美月のお姉さん的存在。 春待つ僕らのドラマCDはまじで声優さん豪華すぎるからこれは見てほしい 謎 いや、もうまじで。 ナナの声が聞こえて反応するものの、それは訪ねてきた友達に向けられたものでした。 みんなでお祝いで飲み会をやろうと話していて、その中の男友達がナナに付き合おうと冗談ぽく言ってました。 竜二はそのまま帰っていきました。 美月は初めてのバレンタインデートで浮かれてます。 待ち合わせ場所にはもう永久がいました。 永久の家に向かう途中、おじいちゃんたちは温泉旅行へ行ってレン君は入試で来ないと聞いて、緊張しだす美月。 考え事して歩いてると、永久に肩を抱かれて車から守られました。 動揺した美月が焦って壁側に寄って、持ってきたチョコレートを少しつぶしてしまいました。 完璧だったプランが台無しになって落ち込む美月。 でも永久が渡したチョコを大事そうに持ってくれるので、嬉しいと思うのでした。 家につきましたが、永久が帰ってきてから食べようというので、どこかに行くのかと拍子抜けしました。 おじいさんの後任のコーチが決まったので、ミニバスに顔を出すことにした永久。 そこで竜二のことを思い出した美月は、昨日の結果がどうだったのか永久に聞きました。 永久は渡せなかったことだけは聞いたようでしたが、詳しい話はまだ今度と言われたようです。 昨日の竜二の様子を、その後任のコーチに聞いてみようと提案します。 ミニバスへ行くと、竜二のお兄さんが後任のコーチでした。 なつかれてる永久が子供たちに竜二兄の評判を聞くと、目つきや言葉使いが不評でした。 それに笑ってしまった美月が存在に気付かれて、永久の彼女だとバラされます。 竜二兄が子供らは永久にシュートフォームを見てもらうように言って、美月と二人で話したがりました。 怖がる美月に、竜二兄はこんなとこに連れてきたのは昔1on1で負けた時に言った、くだらない一言が原因なんだと謝りました。 美月はいつもと違う永久が見れるので、新鮮で嬉しいと答えました。 竜二兄は竜二が言うような、永久にピッタリな子だと喜びました。 美月は竜二の昨夜の様子を聞きました。 珍しく夕食を食べなくて静かだったと聞いて心配になりますが、今朝はカツ丼食べて元気だったので心配ないと言われました。 竜二兄との話も終わり、美月は竜二の幸運を祈るのでした。 永久の家に帰って、一緒にチョコレートを食べます。 美味しく出来てて、美月もほっと一安心。 そこで美月は永久が緊張してる美月のために、外へ連れ出したことを知りました。 美月は自分の知らない永久を知れて嬉しかったとお礼を言いました。 話してるうちに二人の距離は縮まって、永久は美月にキスをしました。 無言になってると、永久の部屋のドアをミルクがひっかきます。 ナナが店が終わって外に出ると、竜二が待ってました。 竜二は笑って、ナナに告白しました。 スポンサーリンク 春待つ僕らを無料で読む方法!試し読みも出来る! さて面白かった春待つ僕ら、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。 そんなあなたのために今すぐ電子書籍で無料で読める方法をご紹介しましょう! 本屋に買いに行くのも、借りに行くのもこーんなに寒い 毎日じゃ嫌になっちゃいますよね!雪も心配です。 それにネットでマンガを読むなんて通信量や料金、安全性なんかもいろいろ気になっちゃいますよね。 そこで安心出来る電子書籍サービスは、 「」 です。 ポイントを貰えるので、電子書籍が無料で読むことが出来ますよ! それでは、それぞれのおすすめポイントを紹介していこうと思います! アプリ性能、コンテンツ数、対応端末・・・と以前よりも大幅に増えており、 現在では、動画配信だけに留まらないサービスへと発展しています。 しかも31日間無料キャンペーン!初めて登録した方は月額無料キャンペーンがついてきます。 春待つ僕ら52話のネタバレあらすじと感想• 春待つ僕らを無料で読む方法 をご紹介してきました。

次の

ブラザー・トラップ【最新話】第52話のネタバレ!感想や考察も!|漫画の王様

春待つ僕ら ネタバレ 52

スポンサーリンク 春待つ僕ら 前回のあらすじ ここまでのふたりの変化も感慨深いものがありますが、読み返してみるとあなしん先生の絵もけっこう変わりましたね。 最近はラインもより美しくなってきたなぁとしみじみしている読者です。 「今着きました 校門で待ってます」 そう言う永久くんに、あやちゃんの返事はがっくりするものでした。 誰にも知らせないで出発したいようだと美月ちゃんも言っていたけど、これには永久くんもスマホを見つめて立ちつくしてしまいますよね。 振り返ると、しれっと永久くんの前を通過して女子たちににこやかに手をふるあやちゃんが。 …この子はこういうやつだ…!!! 「神山サン」 永久くんが声をかけると、大爆笑して綾ちゃんが振り返ります。 「すっっごい落胆してたねー そんなに俺に会いたかった?」 …あやちゃん、笑い泣きしちゃってるよ…。 若干ピキッと来ている永久くんの肩を抱いて、どっか行こうとのんきに言うあやちゃんの後ろ姿がタイトルシーンになるのですが、このページって、よく考えたらものすごく貴重ですよね。 イケメンがイケメンに肩を抱かれて歩いて行く…尊い…!!! 一方、その頃美月ちゃんは、ショッピングビルの中のバレンタインコーナーにレイナちゃんといました。 ちゃんとチョコをあげるのは永久くんひとりと決めて、他のみんなにはナナちゃんと作ったお菓子をあげようということに決めたみたい。 そして、サプライズでナナちゃんにも日ごろの感謝を込めて何かを、と思っているようです。 さらに、瑠衣くんがバレンタイン誕生日なんですね。 ナナちゃんとはそのケーキも作ることにしたようです。 お菓子作りまつりだな!!私も毎年お菓子作りまつりですが。 でもとっても楽しそうな企画です。 このシーンでの、レイナちゃんの様子が私にはちょっと意外でした。 レイナちゃんって、前回まではもっとこう、美月ちゃんといえどもバスケ部の誰かとつき合うことになったのはフクザツ…という感じがバシバシ伝わってくる感じだったのですが、今回はしっかり美月ちゃんのバレンタインを見守る感じになっています。 みんなのチョコを作る企画も、とっても好意的に聞いています。 これは、ちょっと嬉しい変化ですねぇ。 前回、クラスメートに祝福されたり他のファンにやっかまれたりしている美月ちゃんを見て、親友の自分はちゃんと応援してあげようと思ってくれたのかしらと思って。 よかったなぁ、と思っていたら、美月ちゃんがバレンタイン特設コーナーにあの人を発見。 そう、それはナナちゃんに逆チョコをあげようと思っていた竜二さん。 美月ちゃんが声をかけると、竜二さんてば逃亡しますが、美月ちゃんが人にぶつかってすっころび、お財布をひっくり返すというサザエさんのようなそそっかし事件を起こした時にはちゃんと戻ってきて小銭を拾ってくれるのでした。 …いいやつすぎる…! 美月ちゃんがお礼を言いながら、チョコを選んでいたのはナナちゃんへか、と聞くと、彼はちょっとふてくされたようにこう言います。 バレンタインに告白。 どこが女々しいのか…でもそう思うあたりも竜二さんぽくていいですね。 海外では男性から女性にお花を贈る日なんだよ、と肩をゆさゆさして教えてあげたい衝動にかられます。 そんなやりとりをしているところに瑠衣くんと恭介さんが合流し、美月ちゃんのお誘いでみんなでチョコを作ることに。 楽しそう!! そして、何故か会場は永久くんのおうちに…。 本人いないんですがいいのかね。 瑠衣くんから「おまえんちの前にいるんだけど」と電話がかかってきて、永久くんはおばあちゃんがいるはずだから勝手にやってて、と答えます。 男の子たちのこういうところ、いいですよね! うちの夫の友達も、夫の実家に夫がいなくても入り浸っていたりするのですが、それを知った時には衝撃でした。 男の子って、本人いなくても友達んちに上がりこんで和めてしまうのか!と思って。 そういう安心な関係性、すごくいいなぁって思うのです。 彼らもそうなんですねぇ。 瑠衣くんは美月ちゃんのことちょっと好きだったりしたから永久くんとのおつきあいが少し変化するかと心配していたのですが、そんなことはなさそうで安心しました。 さて、一方電話を切った永久くんは、あやちゃんと河川敷のベンチにいました。 電話の内容を伝えると、あやちゃんはにこにこしながら言います。 「ほんと好きだよねそういうの かわいいねぇ」 「…バカにしてますよね?」と永久くん。 「いや 楽しそうでいいと思うよ 俺が美月にしてあげられないことってそういうことだから」とあやちゃん。 小さい頃、そういうみんなで遊ぶということが全然できなかったことを気がかりに思っているあやちゃん。 美月ちゃんのことを本当に想ってるんだなぁって発言が素敵です。 しかし、「俺といたら二人の世界に閉じ込めちゃうから」と続くあやちゃん。 …なんとかしようと思った方がオバちゃんはいいと思うよ、そういうところ…(汗)。 このシーン、あやちゃんの愛情の深さを本当に感じられる、とっても素敵なシーンになっています。 永久くんはバスケで負けたままなのは悔しいから、また試合がしたいと言うけれど、それはムリだとあやちゃん。 自分が狙っているのは誰も手が届かない所だから、と言うのです。 ををを、さすがバスケの本場に帰る人は言うことが違う…!!! バスケのことも含めて、今は自分のことを忘れてほしい、と言うあやちゃんの気持ちを思うと切ないですね。 「せっかく初めて恋したのに 余計なこと考えさせたら可哀想でしょ」 もう、なんなのこの子!愛が深すぎて若干怖い!!!(思わずムンクになる読者) でも、続く言葉がもう、名言! 「だから俺のこと思い出す暇なんてないくらい 幸せにしてあげてね …彼氏クン」 いつだったか、永久くんに「お友達クン」と言い放ったその口で、今度は永久くんを「彼氏クン」と呼んだ…!!(泣) まぁ、1歳上とは思えない上から感が否めないのは精神年齢がすげー上ってことでこらえよう…。 あやちゃんじゃなかったらアゴつかみたい衝動にかられそうなセリフですよ…! 永久くんは、あやちゃんにはどうしたって敵わない、ということを再確認したようです。 でも、それだけでは終わらないのが永久くんです。 「だからずーっと目標にしていく たとえ傍にいなくても 忘れられるわけないでしょ?俺がぬるいことしてたらどこからでも奪いに来そうだし」 あああ、このセリフを言う永久くんの挑戦的なほほ笑みが本当にかっこいい…!!(鼻血) 不敵にほほえみを返すあやちゃんもカッコイイけど!! なんなのこの二人!帰っていく後ろ姿も超絶尊いんですけど!!(何故か怒り口調) 結局、あやちゃんは出発日を教えてくれはしませんでした。 こっそりいなくなった方がキレイだという美学。 まだ子どものくせに、かっこつけちゃってなぁ。 でもきっと、あやちゃんはいろんな決断を後悔しない大人になるのでしょうね。 そして一方その頃、永久くんのおうちでは、みんなで作ったチョコレート菓子が完成。 トリュフやらクッキー、きっとガナッシュ入りのなんか美味しいやつだろなというものやら、ラッピングまでできたものがいくつも並んでいて、おなかすいちゃいます。 おじいちゃんおばあちゃんも見に来て、わいわいしている様子がとても素敵なシーン。 「散歩だ」と言いながら、おめかしして出かけるおじいちゃん。 結婚記念日のディナーに行くのだとこっそり教えてくれるおばあちゃん。 嬉しそうに腕を組んで出かけてゆくご夫婦の後ろ姿がとっても素敵。 「ああいうのが俺の目標だ 俺はナナさんとあんな風になりたい」 竜二くんがキリッとした顔でラッピングしながらそんなことを言い、みんなを驚かせます。 「竜二さん…!頑張ろうね このリボンあげる しっかり願かけとくから」 しゅるしゅると結び付けて、手を合わせる美月ちゃん。 つられてそこにいた全員がチョコに向かって手を合わせているのがおもしろい…。 こんなほっこりしたシーン、しばらくぶりな気がしますねぇ。 私はこの作品の一番好きなところは、仲間とのあったかいつながりが見えるところなのですが、今回はもうおなかいっぱいです。 そして、バレンタイン当日。 ナナちゃんとマスターへのサプライズも成功して、瑠衣くんの誕生日パーティーもカフェで開催したみんな。 大喜びしている瑠衣くんがとってもかわいいのですが、この後に大事な用事が控えていました。 あやちゃんの出発日を、永久くんが根性見せて鳳城のメンバーから聞きだしたところ、バレンタインだということが発覚。 みんなでお見送りに行くことになったようです。 あやちゃんと向き合う美月ちゃん。 ああ、美月ちゃん泣いちゃうのかしら、あやちゃんもちょっと複雑な表情です。 と、そこへ割り込んできたのは瑠衣くん。 なんとも彼らしい言動で、しんみりした空気をぶち壊してくれました。 和やかな空気の中、あやちゃんはこれまでとは少し違う表情を見せてくれながら出発。 手には、瑠衣くんからのセンベツ。 「あら いいものもらったじゃない」と言うあやちゃんママも素敵だなぁとしみじみします。 あやちゃんも、ふっと笑いながら「でしょ」と答えるのです。 あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 春待つ僕ら 第51話の感想 ラストに…最初に登場した頃とは別人のあやちゃんがここにおる…!!と思ってなんだか泣けました~。 飛行機を見送りながら、みんなでおしゃべりしているシーンがまたいいのです。 この人たちらしいなっていうところもあれば、美月ちゃんと永久くんの間には確実に前とは違う甘い空気が流れていて、ほくほくしてしまいます。 それぞれのバレンタイン、一体どうなっていくのかな。 次号もまだまだバレンタイン編のようです。

次の