マグロ 漬け 丼 タレ。 安いマグロが、本マグロ級に変身! 驚きの“漬けタレ”レシピ

マグロ漬けの時間は一晩?日持ちする?保存方法は?

マグロ 漬け 丼 タレ

漬けマグロ・たれ 作り方 1 材料(作りやすい分量) マグロ 約200g しょうゆ 大さじ3 みりん 大さじ1. マグロを用意します。 マグロはスーパーで売っている普通の刺身用のほか、ぶつ切りのマグロ・少し時間が経ってしまったマグロ(理由は後述)でも美味しく作ることが出来ます! まずはじめに、みりん大さじ1. 5・料理酒大さじ2を弱火にかけ、 アルコールを飛ばします。 注意点としては、火が強い・長時間火にかけると 「水分」も一緒に飛んでしまいます。 またマグロの黄金比は、今回は以下の割合で作ります。 しょうゆ:みりん:料理酒 3:1. 5:2 実は、多くのレシピ本で見る割合は「3:1:1」などが一般的です。 その中でこの割合を黄金比にした理由として、以下のことが挙げられます。 塩気が多ければ多いほど保存に向いていること、その名残から、多くのレシピは塩気が少し強めに作られている印象でした。 しかし私自身、 「保存食として何日も日持ちさせるよりも、 美味しく食べたい!」 と思ったこと、 そして何より 「そのまま食べる・丼にする」どちらも大満足できるレシピにしたいと思い、塩気を減らし甘さと風味を加えました。 この割合で作ると、漬け込み時間で塩気は多少左右されますが、 刺身・丼どちらでも美味しく召し上がることが出来ます。 この際、火にかけ過ぎると水分も飛んでしまうため、短時間でさっと行う。 【材料】 マグロ 約200g、しょうゆ 大さじ3、みりん 大さじ1. 5:2 漬けマグロの作り方 まとめ 漬けマグロの作り方をご紹介しました。 漬けマグロは調味料で塩気・香り・コクを加えるため、 ぶつ切りのもの・日が少し経ってしまったものを美味しく食べる方法としても便利なレシピです。 また、このレシピは「思い立ったら作る」ことができるくらい簡単なレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

次の

鮪のプロ直伝♪マグロ漬け丼に!漬けタレ♪ by ☆Sonomi☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

マグロ 漬け 丼 タレ

漬けマグロ・たれ 作り方 1 材料(作りやすい分量) マグロ 約200g しょうゆ 大さじ3 みりん 大さじ1. マグロを用意します。 マグロはスーパーで売っている普通の刺身用のほか、ぶつ切りのマグロ・少し時間が経ってしまったマグロ(理由は後述)でも美味しく作ることが出来ます! まずはじめに、みりん大さじ1. 5・料理酒大さじ2を弱火にかけ、 アルコールを飛ばします。 注意点としては、火が強い・長時間火にかけると 「水分」も一緒に飛んでしまいます。 またマグロの黄金比は、今回は以下の割合で作ります。 しょうゆ:みりん:料理酒 3:1. 5:2 実は、多くのレシピ本で見る割合は「3:1:1」などが一般的です。 その中でこの割合を黄金比にした理由として、以下のことが挙げられます。 塩気が多ければ多いほど保存に向いていること、その名残から、多くのレシピは塩気が少し強めに作られている印象でした。 しかし私自身、 「保存食として何日も日持ちさせるよりも、 美味しく食べたい!」 と思ったこと、 そして何より 「そのまま食べる・丼にする」どちらも大満足できるレシピにしたいと思い、塩気を減らし甘さと風味を加えました。 この割合で作ると、漬け込み時間で塩気は多少左右されますが、 刺身・丼どちらでも美味しく召し上がることが出来ます。 この際、火にかけ過ぎると水分も飛んでしまうため、短時間でさっと行う。 【材料】 マグロ 約200g、しょうゆ 大さじ3、みりん 大さじ1. 5:2 漬けマグロの作り方 まとめ 漬けマグロの作り方をご紹介しました。 漬けマグロは調味料で塩気・香り・コクを加えるため、 ぶつ切りのもの・日が少し経ってしまったものを美味しく食べる方法としても便利なレシピです。 また、このレシピは「思い立ったら作る」ことができるくらい簡単なレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

次の

鮪のプロ直伝♪マグロ漬け丼に!漬けタレ♪ by ☆Sonomi☆ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

マグロ 漬け 丼 タレ

漬けマグロ・たれ 作り方 1 材料(作りやすい分量) マグロ 約200g しょうゆ 大さじ3 みりん 大さじ1. マグロを用意します。 マグロはスーパーで売っている普通の刺身用のほか、ぶつ切りのマグロ・少し時間が経ってしまったマグロ(理由は後述)でも美味しく作ることが出来ます! まずはじめに、みりん大さじ1. 5・料理酒大さじ2を弱火にかけ、 アルコールを飛ばします。 注意点としては、火が強い・長時間火にかけると 「水分」も一緒に飛んでしまいます。 またマグロの黄金比は、今回は以下の割合で作ります。 しょうゆ:みりん:料理酒 3:1. 5:2 実は、多くのレシピ本で見る割合は「3:1:1」などが一般的です。 その中でこの割合を黄金比にした理由として、以下のことが挙げられます。 塩気が多ければ多いほど保存に向いていること、その名残から、多くのレシピは塩気が少し強めに作られている印象でした。 しかし私自身、 「保存食として何日も日持ちさせるよりも、 美味しく食べたい!」 と思ったこと、 そして何より 「そのまま食べる・丼にする」どちらも大満足できるレシピにしたいと思い、塩気を減らし甘さと風味を加えました。 この割合で作ると、漬け込み時間で塩気は多少左右されますが、 刺身・丼どちらでも美味しく召し上がることが出来ます。 この際、火にかけ過ぎると水分も飛んでしまうため、短時間でさっと行う。 【材料】 マグロ 約200g、しょうゆ 大さじ3、みりん 大さじ1. 5:2 漬けマグロの作り方 まとめ 漬けマグロの作り方をご紹介しました。 漬けマグロは調味料で塩気・香り・コクを加えるため、 ぶつ切りのもの・日が少し経ってしまったものを美味しく食べる方法としても便利なレシピです。 また、このレシピは「思い立ったら作る」ことができるくらい簡単なレシピになっていますので、ぜひ試してみて下さい。

次の