仁 最終回。 仁最終回アドリブ大沢たかおの演技と咲の手紙をネタバレ付きで徹底解説!

JIN-仁-:きょう「レジェンド」第6回(最終回)放送 龍馬斬られる! 仁が大手術 タイムスリップの結末は…

仁 最終回

(写真) 西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍が江戸へ入ったため、対する徳川家に仕えていた旧政府軍(旗本たち)は「彰義隊」を名乗って上野に集まり、反旗を翻す機会を伺っていた。 そんな時局の中、 橘恭太郎(小出恵介)は 勝海舟(小日向文世)からフランスへの留学を推薦されるも、 坂本龍馬(内野聖陽)暗殺のきっかけを作ってしまったこと、そして今後旗本としての自らの進むべき道を悩んでいた。 一方、体調が悪化するばかりの 南方仁(大沢たかお)は、 松本良順(奥田達士)から江戸が総攻撃にあった際の医学所への指図を頼まれる。 仁は、自らに残された時間を意識し、持っている医学の知識を残さず『仁友堂』の医師たちに引き継ごうとしていた。 新着情報 2011. 22 2011. 27 2011. 27 2011. 27 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 23 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 17 2011. 12 2011. 05 2011. 02 2011. 02 2011. 27 2011. 20 2011. 11 2011. 08 2011. 06 2011. 06 2011. 06 2011. 24 2011. 18 2011. 17 2011. 15 2011. 15 2011. 14 2011. 14 2011. 13 2011. 08 2011. 06 2011. 25 2011. 25 2011.

次の

JIN-仁-:再編集版「レジェンド」のラストに「涙腺ぶっ壊れたでありんす」「神作品!」

仁 最終回

『JIN-仁-』ドラマ1期の最終回までのあらすじ・ネタバレ まずは、第1話からのあらすじをサラッとおさらいし、後半では最終回のネタバレを細かくまとめています。 」 脳外科医・南方仁 大沢たかお はあることがきっかけで江戸時代にタイムスリップしてしまう。何とかして現代に戻ろうとする仁の前に、1人の男が現れた・・・。 第2話「命を救う事の悲劇」 男の正体が坂本龍馬 内野聖陽 だと知り、愕然とする仁 大沢たかお 。その頃、江戸ではコロリという死の伝染病が再び猛威を振るおうとしていた。 第3話「未来との決別…」 コロリが江戸で猛威を振るい始めた。仁 大沢たかお は、緒方洪庵 武田鉄矢 や佐分利祐輔 桐谷健太 らと治療に当たる。しかしそんな矢先、仁の体に異変が・・・。 第4話「運命と悲劇の再会」 龍馬 内野聖陽 と吉原を訪れた仁 大沢たかお は、花魁・野風 中谷美紀 と出会う。仁の婚約者・未来 中谷美紀・2役 と瓜二つの野風に驚く仁だったが・・・。 第5話「神に背く薬の誕生」 野風 中谷美紀 から重度の梅毒に侵された夕霧 高岡早紀 を治して欲しいと懇願された仁 大沢たかお 。特効薬であるペニシリンの製造方法を思い出し・・・。 第6話「生きてこそ…」 医学館の奥医師・多紀 相島一之 から素性を問われた仁 大沢たかお 。龍馬 内野聖陽 と恭太郎 小出恵介 が釈明するが、医学館の仁に対する不信感は拭えず・・・。 第7話「生きる遺言…」 佐分利 桐谷健太 が起こした騒動により、西洋医学所を去った仁 大沢たかお 。ある日、大怪我を負った患者のため、ペニシリンを洪庵 武田鉄矢 に依頼するが・・・。 第8話「歴史の針が変わる」 野風 中谷美紀 の頼みで、仁 大沢たかお は花魁・初音 水沢エレナ の診察をする。うわ言で澤村田之助 吉沢悠 の名をつぶやく初音に、恭太郎 小出恵介 は・・・。 第9話「残酷な神の裁定」 仁 大沢たかお への想いが日増しに強くなっていく野風 中谷美紀 。一方、咲 綾瀬はるか も仁への恋心を募らせていた。そんな中、江戸の町に大火事が起こる。 第10話「坂本龍馬、暗殺…」 野風 中谷美紀 の身請け話が決まり、最後の診察をすることになった仁 大沢たかお 。野風の体の一部に異変を感じるが、あることを理由にそれを伝えられずにいた。 最終話「タイムスリップの果て…時空を超えた物語が今!! 一方の野風(中谷美紀)も、隠居に落籍される日を待つばかりとなった。 仁は「これで良かったんだと」未来と自分の写った写真を眺めていた。 そこへ佐分利(桐谷健太)がやってきて、「わたしにも、乳の岩(癌)かもしれない患者を調べさせてほしい」と言い、仁は迷いながらも野風の元に佐分利を連れていった。 身体を佐分利が触診し、「胸から汁が出ることはありますか?」と聞くと、「はい」と答える野風。 その結果から、佐分利は「私の経験からまず、岩(癌)に間違いないと思います。 」と診断したが、仁は「そうとも言い切れないんじゃないでしょうか。 また身体にメスを入れることになると身請け話も無くなる。 」と佐分利の診断を否定した。 それは、野風が恋人・未来の先祖であり、手術をしないことで、 未来が生まれなくなるのではないかという不安からだった・・・。 仁の言葉を聞いた野風は、笑顔で「(仁)先生が、そういうのなら、切らない方がいいのでしょう。 」と手術をしないことを了承した。 龍馬が戻ってきた! ぞの頃「仁友堂」に、 消えたはずの坂本龍馬(内野聖陽)が、やって来た。 刺客に襲われ、川に落ちた後に、海の近くの漁師に助けられ、居心地が良すぎて、しばらく滞在していたと、笑いながら話すのだった。 仁の前に戻ってきた龍馬は、土下座をして「野風を助けてくれ!手術の責任が全部、俺のせいにしろ。 」と言った。 その言葉で、思い直した仁は、野風の手術を佐分利と行うことにした。 身請け話は無くなり、遊郭・鈴屋を、白無垢で皆に見送られながら出ていく野風は、どこか幸せそうだった。 一方、藩医・三隈(深水三章)は、野風の岩(癌)を見抜けなかったことを、大名の隠居に罵倒され、仁を恨み、 手術を失敗させようと画策していた。 その頃、咲は佐分利から野風の手術をすることになったと伝えられるが、自身の結納の日と重なり、心が揺れていた。 野風の手術当日 そして結納の日を迎えた咲だったが、仁の傍に居たいという気持ちを抑えられず、兄・恭太郎の助けもあり、縁談の場をあとにして、仁友堂へ走った。 その頃、野風の手術場の前に、藩医・三隈が根回しした武士たちが集まり、手術を失敗させようとしていた。 咲が到着するやいなや、短刀を持ち出し「何人たりとも消毒せずに、手術室へ入ることは許しませぬ!」と言い、仁も「大殿さんの指示ではないですよね。 」と言い、侍たちを追い払った。 野風の手術は無事に終わったが、 仁が埋めていた未来の写真は消えて無くなり、「これで良かったんですよね?」と尋ねる仁に、咲は「はい。 」と答えた。 野風との別れからラストへ 野風が仁友堂を去る日がやってきた。 野風は「最後に先生にお願いが…ちょっとこちらへ来て下さい。 」と 口づけをし、「これからは己の足で、歩み、誰よりも幸せになる」と言った。 そして、野風が去っていくとき、 雪がハラハラと舞い落ちてきた。 仁は龍馬と一緒に、町を見下ろす丘にいた。 仁は、龍馬に「私のこと、もしかして知っているかもしれませんが…」と言いかけるが、「聞いても仕方ないこと!」と一蹴され、「また明日。 」と二人別れるのだった。 仁は町に沈む夕日を見ながら、 仁 「未来…君はずっと僕に言いたかったんじゃないだろうか。 己の足で、もう一度歩いてみろ。 きっと思った以上に美しいのだから人生はとー」 と思った。 そして、仁は、仁友堂で額の傾きを直しているときに、踏み台から落ち 頭を打った。 すると以前の頭痛が・・・そして ホルマリン漬けの胎児の目が見開きEND。 1部のラストが、また謎の胎児でしたが、それが何を意味するのかは明かされませんでした。 しかし、この秘密は、第2部「JIN-仁-」完結編で明かされます。

次の

仁最終回のその後は?続編・シーズン2は現代に戻れず江戸で生活?

仁 最終回

(写真) 西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍が江戸へ入ったため、対する徳川家に仕えていた旧政府軍(旗本たち)は「彰義隊」を名乗って上野に集まり、反旗を翻す機会を伺っていた。 そんな時局の中、 橘恭太郎(小出恵介)は 勝海舟(小日向文世)からフランスへの留学を推薦されるも、 坂本龍馬(内野聖陽)暗殺のきっかけを作ってしまったこと、そして今後旗本としての自らの進むべき道を悩んでいた。 一方、体調が悪化するばかりの 南方仁(大沢たかお)は、 松本良順(奥田達士)から江戸が総攻撃にあった際の医学所への指図を頼まれる。 仁は、自らに残された時間を意識し、持っている医学の知識を残さず『仁友堂』の医師たちに引き継ごうとしていた。 新着情報 2011. 22 2011. 27 2011. 27 2011. 27 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 26 2011. 23 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 19 2011. 17 2011. 12 2011. 05 2011. 02 2011. 02 2011. 27 2011. 20 2011. 11 2011. 08 2011. 06 2011. 06 2011. 06 2011. 24 2011. 18 2011. 17 2011. 15 2011. 15 2011. 14 2011. 14 2011. 13 2011. 08 2011. 06 2011. 25 2011. 25 2011.

次の