ブンバボーン いつから。 おかあさんといっしょ最新DVD「ブンバボーン・パントスペシャル」

からだダンダン(体操)はいつからで意味は?ブンバボーンも名残惜しい!

ブンバボーン いつから

「おかあさんといっしょ」を2019年3月に卒業した元体操のお兄さん・小林よしひささんと元「パント」のお姉さん・上原りささん。 2人の軌跡を収めたメモリアルDVD『NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン! パント!スペシャル ~あそび と うたがいっぱい~』が2019年6月19日(水)に発売されます。 発売に向けて、まずは、りさお姉さんのオフィシャル・インタビューを公開します! 「幸せな経験ができました」 りさお姉さんが語る「おかあさんといっしょ」を通じて、子どもたちから貰ったものとは? 子どもたちの「やってみたい」の種をまくのが私たちの役目 上原りさお姉さんが7年間担当した身体表現のコーナー「パント!」。 「風船」や「バナナ」、「ロープ」など、様々な演目をパントマイムで表現する遊びだった。 「パントマイムは、それまで経験してきたダンスとは違う動きが必要で、戸惑うこともありました。 そして、何もないところにモノがあるように見せるということが、どんな風に子どもに伝わるのか分からない部分もありました」 「おかあさんといっしょ」に参加した当時、まだ大学生だったりさお姉さん。 当然、不安も多かった。 「ところが、実際にはとても長いロープをイメージする子や雪遊びを真剣に楽しむ子がいたりと、子どもたちの想像力のたくましさは思った以上で、とても驚かされたんです。 考えてみれば、そもそもおままごとも想像力で遊ぶもの。 その共通点に気づいてから、難しく考えずに、肩の力がいい具合に抜けました」 さらに、「パント!」とおままごとは、大人がすることを子どもが真似するという点でも似ている。 「パント!」も、おままごとのような感覚で楽しんでもらうことを意識したという。 「でも、大事なのは、子どもたちに押しつけるのではなく、子どもたちの自主性。 自分の子ども時代を思い出すと、誰かにやらされたことは楽しくなかった記憶もありますし(笑)。 だから、子どもの心の中に『お兄さん・お姉さんの真似をしたい』という芽が出るように、種をまき続けるのが、私たちの役目だと思います。 それは歌や体操も同じだと思います」 そして、その種から芽が出たことを実感できる瞬間は、「パント!」のお姉さんとしてのやりがいの大きなひとつにもなった。 「スタジオ収録のときに、みんなが『やりたい!』と猛アピールしてくれたり、テレビの前でじっと『パント!』を見ていた子が急に真似をし始めたというお手紙をいただいたときはウルッとしましたね。 子どもたちから、とてもパワーをもらいました」 りさお姉さんの弾ける笑顔に込められた熱い思い りさお姉さんの大きな魅力といえば、笑顔や豊かな表情だ。 弾けるようなビッグスマイルに子どもたちも大人たちも魅了されたのは間違いない。 「でも、昔の映像を振り返ると、お姉さんになったばかりのころは、やっぱり緊張がにじんだ表情ですね。 それがだんだんと自然なものに変わるのが楽しいです」 このDVDに収録された「どんなかお」では、りさお姉さんの様々な表情をフィーチャー。 番組に参加してからまだ日の浅いころのフレッシュさがいっぱいだ。 「いえいえ、まだまだ甘くて恥ずかしいです。 実は昔、妹に変顔をイジられたことがあって、ずっとコンプレックスでした。 お姉さんになるオーディションでは『変顔をしてみて』と言われ、拒否したことも(笑)。 意識が変わったのは、3~4年目だったかな。 たくみお姉さんがガッツリ変顔をしていましたから、私がやらないわけにはいかないって。 それと、子どもたちが楽しんでくれたことが大きかったです。 「大学の先生に教えていただいた『頑張るよりも顔晴る』という言葉です。 『頑なに張る』というのはつらいから、『顔が晴れるように』だったり、『心が晴れやかになるように』がんばろうという意味です。 そのおかげで視聴者の方々から『りさお姉さんの笑顔で元気になれます』といった声を何度もいただきました。 難しいこともあったけど、結果的に先生の言葉を表現できていたと思うと、こんなにうれしいことはありません。 とても幸せな7年間でした。 ご予約・ご購入前に店舗にご確認ください。

次の

おかあさんといっしょ「ぱわわぷ体操」が終了→「ブンバ・ボーン!」へ

ブンバボーン いつから

子供たちに大人気の体操 『ブンバ・ボーン!』の振付師「たにぞう」氏がダンスを監修 お子様たちに大人気の体操 『ブンバ・ボーン!』の振付師「たにぞう(谷口國博)」氏が【日やけ止め ぬりぬり体操】のダンスを監修。 かわいいキャラクター「ピュアみるくん」やお子様の大好きな生き物が登場し、一緒に踊ります。 初めはボトルを振るところからスタート。 キャップを開け、その後、腕から足、最後にはお顔、耳・首まで、服から出ている部分は、しっかりと紫外線対策ができるダンス動画です。 出典 : この体操には、基本的な「肩」「腰」「手」「股関節」「太もも」「足」という、6つの部位を楽しみながら動かす動作が入っています。 この動きをすることで身体が健やかに育ちます。 また幼児期に取得しておきたい左右の認識とバランスの動作も入っています。 音楽では、繰り返しのリズムやアップテンポのリズムに心もワクワクするような動作も取り入れているため、身体だけでなく心も育つ体操となっています。 保育士101名への製品試用を伴う調査。 「ぜひ勧めたい」「勧めたい」の合計。 身長の低いお子様は、地面からの照り返しの影響を受けやすく、大人よりも、多くの紫外線を浴びる傾向にあります。 (花王調べ) 「ビオレUV」は、これからも、紫外線の影響を受けやすいお子様の肌と向き合い、紫外線対策を習慣化する啓蒙活動を積極的に行ってまいります。 SPF、PA表示は国際的な基準で1㎝2あたり2mg塗布して測定した値です。 製品選択時の目安とお考えください。

次の

おかあさんといっしょ「ぱわわぷ体操」が終了→「ブンバ・ボーン!」へ

ブンバボーン いつから

子供たちに大人気の体操 『ブンバ・ボーン!』の振付師「たにぞう」氏がダンスを監修 お子様たちに大人気の体操 『ブンバ・ボーン!』の振付師「たにぞう(谷口國博)」氏が【日やけ止め ぬりぬり体操】のダンスを監修。 かわいいキャラクター「ピュアみるくん」やお子様の大好きな生き物が登場し、一緒に踊ります。 初めはボトルを振るところからスタート。 キャップを開け、その後、腕から足、最後にはお顔、耳・首まで、服から出ている部分は、しっかりと紫外線対策ができるダンス動画です。 出典 : この体操には、基本的な「肩」「腰」「手」「股関節」「太もも」「足」という、6つの部位を楽しみながら動かす動作が入っています。 この動きをすることで身体が健やかに育ちます。 また幼児期に取得しておきたい左右の認識とバランスの動作も入っています。 音楽では、繰り返しのリズムやアップテンポのリズムに心もワクワクするような動作も取り入れているため、身体だけでなく心も育つ体操となっています。 保育士101名への製品試用を伴う調査。 「ぜひ勧めたい」「勧めたい」の合計。 身長の低いお子様は、地面からの照り返しの影響を受けやすく、大人よりも、多くの紫外線を浴びる傾向にあります。 (花王調べ) 「ビオレUV」は、これからも、紫外線の影響を受けやすいお子様の肌と向き合い、紫外線対策を習慣化する啓蒙活動を積極的に行ってまいります。 SPF、PA表示は国際的な基準で1㎝2あたり2mg塗布して測定した値です。 製品選択時の目安とお考えください。

次の