ご連絡が遅くなり申し訳ございません 英語。 正しい敬語で「申し訳ございません。連絡が大変遅くなってしまいました。」はなんと言いますか?

「申し訳ありません」と 「申し訳ございません」の違いと正しい使い方・例文

ご連絡が遅くなり申し訳ございません 英語

申し訳ございません。 「申し訳ございません」というフレーズについては、下記のdogasadevildeifiedlivedasagodさん の回答がわかりやすいので、ぜひご覧ください。 謙譲語……自分あるいは自分の側に属するものを低い地位におくことで、相対的に相手の地位を高め、敬意を表す言い方です。 例)申す、承る 「申し訳ございません」は「お変わりございませんか」と同じです。 文語では格助詞「が」は従属節以外では原則として姿を見せないのです。 「異議なし」 文語 =「異議がない」 口語 その文語体が書翰文や改まった挨拶表現に生き続けているのです。 「異存ございません」を「異存のうございます」などと言うことはありません。 「申し訳ない」は一個の形容詞だから「ない」を「ありません」「ございません」に置き換えることはできないというのは適切ではありません。 「もったいない」や「なさけない」などと同日に論ずべきではありません。 ただこれは文末の述語部分についての話です。 「申し訳ないことを致しました」を「申し訳ございませんことを致しました」とは言いません。 この場合に「申し訳ない」を一個の形容詞のように扱うということは理に適っています。 文末の述語部分で敬語表現が適用された場合をこれと同一視すべきではありません。 「ご連絡」の部分は,自分の行為ではありますが,「ご」を付けても大丈夫だと思います。 この場合の「ご」は,尊敬語あるいは丁寧語を作る接頭語です。 以下,ウィキより> 御(お、おん、み、ご)は、日本語の敬語を作る接頭辞である。 仮名表記されることも多い。 読み 【お】 和語に付く代表的な読みである。 希に、和語以外に付くこともある(例: お弁当・お勉強)。 平安時代までは、ま行音の前にのみ見られた希な形だったが、鎌倉時代から、語幹の頭音に関わらず付くようになった。 【おん】 平安時代までは、ま行音の前以外では「おん」(古い表記では「おむ」)という語形が一般的だった。 【ご】 和語に付く「お」の代わりに漢語に付く。 【み】 他の読みとは若干意味が異なり、神や皇室に関わる場合に使う。 用法 一般名詞・・・一般名詞に付き、尊敬語・丁寧語を作る。

次の

返事が遅くなり誠に申し訳ございませんって英語でなんて言うの?

ご連絡が遅くなり申し訳ございません 英語

「ご連絡が遅くなり申しわけありません」 は正しい表現です。 「ご連絡」を尊敬語と誤解される方が多いのですが、 「お(名詞)」や「ご(名詞)」は丁寧表現で、相手の行動にも、自分の行動にも使えます。 「すぐ、お調べいたします」などの謙譲表現はご存じですね。 自分が神社に参るのも「お参りしました」です。 上司に自分が報告するのも「ご報告します」です。 自分が電話するのも「お電話いたします」です。 以下の表現を確認してください。 1、[尊敬語]「お(ご)+動詞の連用形+になる」 例文、先生がお書きになりました。 例文、先生がご報告になりました。 2、[謙譲語]「お(ご)+動詞の連用形+する(いたす)」 例文、私がお書きします(いたします)。 例文、私がご報告します(いたします)。 この2のように「お(ご)」は自らの行動の謙譲表現としても使われるのです。 「ご連絡」のように、動作性の名詞に接頭語がついた形は、尊敬語、謙譲語、丁寧語のすべてになります。 ただし、それは、動作性の方向性がはっきり出ている場合、例えば「ご連絡を差し上げる。 」のような形に限られるように思います。 ご質問の文の場合、「ご連絡を【差し上げる】のが遅くなり申し訳ありません。 」なら問題ないのですが、「ご連絡が遅くなり」では、動作性が弱まり、「【私の】連絡」のニュアンスが強くなるので、謙譲語として使うことに違和感が生じるのではないでしょうか。 ただ、私が所有する何冊かの敬語関連の書物には、すべて「『ご連絡』は謙譲語として使われる」とだけあり、上記のようなことは書かれていません。 よって、私が今自信を持って言えるのは、「ご連絡を【差し上げる】のが遅くなり申し訳ありません。 」が正しい言い方である、というところまでです。 」も謙譲語であるといえるようです。

次の

「返信(返事・返答)が遅くなり申し訳ありません」英語ネイティブはどう言う?

ご連絡が遅くなり申し訳ございません 英語

」です。 この例文は、後半の表現を「申し訳ございません」と「申し訳ありません」より丁寧な表現にしたものです。 より具体的な例としては、「返信が遅くなりまして申し訳ございません。 下記、頂いていた打ち合わせの日程についての確認です。 」などの形で使用することが可能です。 特に目上の人や大切な取引先相手に使用すると効果的です。 」です。 「滞る」とは「遅くなる、遅延する」と同じ意味で使われる言葉です。 「とどこおる」と読みます。 具体的な例としては、「ご無沙汰しております。 当社繁忙期でありましたことから、返信が滞ってしまいまして申し訳ありません。 」などの形で使用できます。 状況によっては、相手に返信が遅くなった理由を素直に述べた方が良い場合もあります。 」です。 「誠に」という言葉を加えて深い謝罪の気持ちを表しています。 より具体的な例としては、「返信が遅れてしまいまして誠に申し訳ありません。 以下、お問合せ頂いていた件に関する回答です。 」などの形で使用できます。 こちらの都合で待たせてしまった相手に簡潔に謝罪の意を述べ、本題に移りましょう。 」です。 「お詫び申し上げます」とは、「謝罪します」という意味の丁寧な言葉です。 より具体的な例としては、「返信が返信が遅れてしまいましたことお詫び申し上げます。 以下がご要望頂いておりました商品の見積もりです。 」などの形で使用できます。 仕事では優先順位を考えた末、止むを得ず返信が遅くなる場合もあります。 柔軟に上記のような例文を活用して対応しましょう。 」です。 この表現は、「返信が遅くなり申し訳ありません」と同義で使えますがニュアンスとしては少し軽くなるのですでに気の置けない間柄の人にしか使用しないようにしましょう。 より具体的使い方を挙げると、「返信が遅れてしまいすみません。 お手数ですが以下の内容をご確認ください。 」などの形で使用することができます。 すでに関係性の築けている人に対して使用すると効果的です。 上記までで、「返信が遅くなり申し訳ありません」と同義の例文を具体的に挙げながら説明してきました。 下記関連記事内では、ビジネスでメールで謝罪するだけではなく、相手を訪ねて謝罪が必要な際に役立つコンビニの菓子折り10選をご紹介しています。 値段の相場や具体的な渡し方についてもまとめています。 」です。 手紙の場合は、メールの「返信」とは区別して「返事」という言葉を使うのが適切です。 今日ではSNSやメールなど電子デバイスを介したメッセージのやり取りが活発なので手紙を書くという行為自体が少なくなってきましたが、それでも返事を書く際にはこの「お返事が遅くなりまして申し訳ありません。 」などの表現を上手く使用していきましょう。 」です。 この例文は、1つ目の例文よりも少し堅いニュアンスを伝える表現となります。 「長くお返事をしておらず」とは「長い間、返事を出していない」という意味です。 相手が目上の人や年上の場合、このようにより丁寧な表現を使うと良いでしょう。 」です。 この例文は、後半部分を「お詫び申し上げます」とより丁寧なものに応用することも可能です。 「お詫びする」とは「謝罪する」という意味です。 この言葉もメール返信の例と同様、深い謝罪の意を示す際に手紙を書く際にも使用することができますので、しっかり覚えて実際の手紙の中で活用してみましょう。 」です。 これを直訳すると、「返信が遅くなりすみません。 」となり、転じて「返信が遅くなり申し訳ありません」となります。 この英語例文は、メール返信が少し遅くなってしまったような場面で使える、非常に使用頻度の高い表現です。 ビジネスで外国とのやりとりが多い人はこれをメールの実際のやりとりで見ることも多いと思います。 」です。 この例文は1つ目の例文をほぼほぼ同義のフレーズで、「返信が遅くなり申し訳ありません」の意味で使用することができます。 一般的に、日本文化では仕事でも自分の非をすぐに認める方が良いとされますが、英語圏ではすぐに謝ることが効果的ではない場合もあります。 ビジネスメールの返信時にも、自分が今なぜ、どんなことにどの程度の謝罪の気持ちを持って誤っているのか?を意識しながらこれらの例文を使いましょう。 」です。 これを直訳すると、「私の返事の遅延について申し訳ありません。 」となり、これも転じて「返信が遅くなり申し訳ありません」となります。 この表現は、どちらかと言うと堅くて重みのあるイメージのある表現なので特に役職や年齢が自分より高い目上の人に使用すると効果的だと言えるでしょう。 」です。 直訳すると、「あなたに返信するのがとても遅くなってしまったことを謝罪します。 」となります。 英語で「apologize」と使うと「謝罪する」という意味となり、自分の詫びる気持ちを強調して伝えることとなります。 例文のように何日も返信が滞ってしまった際に使用しましょう。 」です。 直訳すると、「返信に長くかかってしまった私をお許しください。 」です。 転じて「返信が遅くなり申し訳ありません」となります。 ただ、「forgive」という言葉は「相手に許しを請う」という動詞なので使い方によっては相手に許してもらうことを要求している響きになることもあります。 その点には十分に注意して使用しましょう。 ビジネスメールは届いてからどのくらいで返すべき?お詫びはいつから必要? ビジネスメールの返信の時期はその内容の緊急度で判断しよう ビジネスメールの返信の時期はその内容の緊急度で判断しましょう。 ビジネスではその緊急度や重要度によってそれに今対処すべきか、それとも後で対処すべきかを判断する能力が求められます。 その時の状況によって適切に判断し返信の時期を決めていきましょう。 止むを得ず返信が遅くなった場合でおよそ3日以降の返信からは謝罪しよう お詫びの時期については、止むを得ず返信が遅くなった場合でおよそ3日以降の返信からは謝罪するようにすれば良いでしょう。 ただ、この期間も相手の役職や返信時期、相手との関係性によって前後します。 常に今の状況と照らし合わせながら判断しましょう。 「返信が遅くなり申し訳ありません」と同義の表現をビジネスにも活かそう! 当記事では、「返信が遅くなり申し訳ありません」と同義の表現を具体的な例文を含め分かりやすくまとめてきました。 ぜひこれらの表現の意味と使い方をしっかり理解し、これらを実際のビジネスの場面で活用してみてください。 下記関連記事内では、「以後気を付けます」という言葉の意味を分かりやすくまとめています。 敬語表現のメールでの丁寧な謝罪の仕方も学べますよ。 気になる方は当記事の内容と合わせてぜひチェックしてみてください。

次の