厄 災 の アルケオ タニア。 【FF14】アルケオタニアの攻略と報酬

FF14 Online Wiki

厄 災 の アルケオ タニア

Wiki更新履歴• FF14 Online Wikiは、Wikipediaなどと同じ「Wiki」というシステムを利用して作られています。 Wikiはみんなで編集できるシステムです。 荒らしでない限り編集を歓迎します。 Wiki編集については、、を、また管理人情報、、RSS更新情報・ブックマークなどについてはをご覧下さい。 Wiki内に記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 【お知らせ】• 当Wikiでは、株式会社 が開発・販売する「ファイナルファンタジーXIV」のスクリーンショットやイメージイラストなどを利用しています。 それらの著作権はすべて株式会社 に帰属します。 , LTD. All Rights Reserved. FINAL FANTASY, SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks of Square Enix Holdings Co. , Ltd.

次の

【FF14】絶バハムート討滅戦をクリアするまでのお話② ~攻略からクリア編~

厄 災 の アルケオ タニア

カンストしたことだし、エキルレ ID へ。 XIV 5. 0 のネタバレがあります。 クリスタリウムにそびえるシルクスの塔は、200 年後の原初世界から 100 年前の第一世界に跳躍してきたもの。 みたい。 ので、いま、原初世界と第一世界の両方に同じシルクスの塔が存在する。 てことでシルクス・ツイニング。 なるほど、データログによると第八霊災を生き抜いた人々は、第十三世界へのゲートから越境手段を、アレキサンダーから時間遡行を、オメガから次元の狭間の通過方法を得て、理論を確立させたんですね。 ていうか 3 ボスに人造のアレキサンダー居たしね。 ……つまりまだ跳べるってことだよね。 万能に思える古代人の創造魔法だけど、魔法そのもので時間に干渉するのは不可能ぽい。 エメトセルクも「 恐らく」そうだろうと表現してた。 干渉出来ていたのなら断定するし、終末の災厄が取り返しのつかない状況となった時点で 200 年後のガーロンド・アイアンワークスと同じ事を考え実行したはず。 けどその創造魔法の産物であるアレキサンダーは、時間に干渉出来る。 であれば、十四人委員会はゾディアークではなく、アレキサンダーを創造すべきでしたね。 終末の災厄の始点にアレキサンダーと共に跳躍し、迅速な初期対処を行えばそれでよかった。 まあ当然、アレキサンダーの創造にもゾディアークと同じくらいの犠牲が必要になるだろうけど、終末の災厄が起こらないのだから犠牲となる彼らも以降存在しない。 自らを犠牲に出来る人たちだから、それでよしとしたはず。 ……よしとしない? それじゃあ我々「なりそこない」と何も変わらない。 何も変わらないなら我々「なりそこない」が歴史を簒奪しても別に構わないよねー。 つまり古代人はヤリカタを間違ったのではないか。 「なりそこない」の方がよっぽど上手く立ち回った気がするんですが。 アナイダアカデミア。 初代ミトロンは「類い希な水棲生物の創造者」、初代ハルマルトは「 植物分野の創造において多大な貢献を果たした」「 美しい迷宮庭園の創り手」だったそうで。 そんでラハブレア院では「 幻想生物の創造を研究」をしてた。 海向こうの大陸で、 意図しない創造現象の発現が確認された。 当時のラハブレアによると「 人々の潜在意識下にある恐怖心の集合体ではないか」とのこと。 アレキサンダーを創造し、過去へ飛び、アルケオタニアの創造を阻止する。 エリディブス氏へ。 今からでもこれをやるべきでは? なお残存する世界の命を犠牲にして創造しようとするのはダメです。 投稿日: カテゴリー タグ.

次の

FF14 Online Wiki

厄 災 の アルケオ タニア

カンストしたことだし、エキルレ ID へ。 XIV 5. 0 のネタバレがあります。 クリスタリウムにそびえるシルクスの塔は、200 年後の原初世界から 100 年前の第一世界に跳躍してきたもの。 みたい。 ので、いま、原初世界と第一世界の両方に同じシルクスの塔が存在する。 てことでシルクス・ツイニング。 なるほど、データログによると第八霊災を生き抜いた人々は、第十三世界へのゲートから越境手段を、アレキサンダーから時間遡行を、オメガから次元の狭間の通過方法を得て、理論を確立させたんですね。 ていうか 3 ボスに人造のアレキサンダー居たしね。 ……つまりまだ跳べるってことだよね。 万能に思える古代人の創造魔法だけど、魔法そのもので時間に干渉するのは不可能ぽい。 エメトセルクも「 恐らく」そうだろうと表現してた。 干渉出来ていたのなら断定するし、終末の災厄が取り返しのつかない状況となった時点で 200 年後のガーロンド・アイアンワークスと同じ事を考え実行したはず。 けどその創造魔法の産物であるアレキサンダーは、時間に干渉出来る。 であれば、十四人委員会はゾディアークではなく、アレキサンダーを創造すべきでしたね。 終末の災厄の始点にアレキサンダーと共に跳躍し、迅速な初期対処を行えばそれでよかった。 まあ当然、アレキサンダーの創造にもゾディアークと同じくらいの犠牲が必要になるだろうけど、終末の災厄が起こらないのだから犠牲となる彼らも以降存在しない。 自らを犠牲に出来る人たちだから、それでよしとしたはず。 ……よしとしない? それじゃあ我々「なりそこない」と何も変わらない。 何も変わらないなら我々「なりそこない」が歴史を簒奪しても別に構わないよねー。 つまり古代人はヤリカタを間違ったのではないか。 「なりそこない」の方がよっぽど上手く立ち回った気がするんですが。 アナイダアカデミア。 初代ミトロンは「類い希な水棲生物の創造者」、初代ハルマルトは「 植物分野の創造において多大な貢献を果たした」「 美しい迷宮庭園の創り手」だったそうで。 そんでラハブレア院では「 幻想生物の創造を研究」をしてた。 海向こうの大陸で、 意図しない創造現象の発現が確認された。 当時のラハブレアによると「 人々の潜在意識下にある恐怖心の集合体ではないか」とのこと。 アレキサンダーを創造し、過去へ飛び、アルケオタニアの創造を阻止する。 エリディブス氏へ。 今からでもこれをやるべきでは? なお残存する世界の命を犠牲にして創造しようとするのはダメです。 投稿日: カテゴリー タグ.

次の