マニラ コロナ。 コロナ対策でマニラを「封鎖」。現地からは「すでにスーパーは大行列」との声(BuzzFeed Japan)

ベスト ウエスタン ホテル ラ コロナ (Best Western Hotel La Corona Manila)

マニラ コロナ

皆様、こんにちは。 さきめろです。 新型コロナウイルスの影響は全世界に広がり、誰もが見えない不安と戦っている状況だと思います。 私は一緒に働くチームメイトがヨーロッパとアジアに住んでいるので、現地の生の声を聞く機会があります。 各国、ロックダウン措置のため在宅勤務を余儀なくされています。 今まで経験したことのない不安と混乱の中、チームで励まし合って日々のタスクをこなす毎日です。 今回は、わたしの暮らすフィリピン・マニラの様子をお伝えできればと思います。 いつもは渋滞がひどい場所ですが、今は閑散としています。 わたしの住むメトロマニラ(Metro Manila)はフィリピンの首都。 ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、メトロマニラのロックダウンを宣言したのが3月15日。 4月14日までの1ヶ月、メトロマニラは閉鎖されることになりました。 ロックダウンによって、ほとんどの会社はオフィスをクローズ。 公共交通機関も営業を停止。 Grab Car、タクシー、バス、ジープニー、UVエクスプレスは営業を停止。 Angkasというバイクタクシーも停止となりましたが、隠れて働くライダーもいるようです(アプリは通常通り使えます)。 一部の飲食店(主にファーストフード店)は営業しています。 ただ、ほとんどがデリバリーサービスのみ。 ありがたいことにGrab FoodやFoodpandaは営業しているので、食事のデリバリーは利用できます。 料理嫌いの我が家はすごく助かっています。 スーパーマーケットは営業しています。 感染を防ぐために、室内に入れる人数を制限しています。 写真のように、入り口に椅子を並べて待たされる光景はいままで想像したこともありませんでした。 だれもが心配なのが病院です。 多くのクリニックはクローズ。 大きな病院でもキャパオーバーと言われています。 日本人からよく利用されているマカティメディカルセンター(Makati Madical Canter)では『フルキャパシティー』のため、新型コロナウイルスの患者はもう受け入れられないとのことです。 我が家はもうすぐ2歳になる娘がいるので、とても心配です。 病院は新型コロナウイルスに感染している人がいる可能性が高く、できれば病院には行きたくないです。 ヘルシーなひきこもりライフを心がけないといけないですね。 フィリピン|コロナウイルス感染者と死者数 フィリピンの新型コロナウイルス感染者・死者数は以下の通り。 (2020年4月5日現在) ・感染者数 3246人 ・死者数 152人 ・回復者数 64人 先日、4月3日に新たに385人の感染者が確認されたとのこと。 日に日に感染者が増えている状況。 『感染者』といっても、当たり前ですがテストを受けられた人しかカウントされていませんので、実際はもっと多いはずです。 最新の状況は、のウェブサイトから確認してください。 医療従事者の感染 フィリピンでは医療従事者の死者数が現在14名確認されています。 これは全体の死亡者数の10分の1。 フィリピンの医療現場の問題は、感染を防ぐ設備や保護服の不足だそうです。 もちろん、ドクターなどの医療従事者は、病院でテストを受けやすい環境にいるという背景もありそうですが。 メトロマニラのロックダウンはいつ終わる? Photo from フィリピン留学を控えていた方、ビジネスのためにフィリピンへ通っていらっしゃった方からよく聞かれる質問。 わたしには確実なことはわかりません。 ロックダウンを延長するかしないか、政府は様子を見ているところで決断をしていません。 わたしは延長されると考えています。 フィリピン大学のサイエンティストが出した予測によると・・・ ・フィリピンでパンデミックのピークは4月~6月 ・60万人~140万人の感染者が出る(症状が出ないケースも含む) ・感染者の80%はメトロマニラ ・新型コロナウイルスの終息は来年になる ピークは4月から6月までと予測されるなら、このまま4月15日にロックダウンを緩めてしまったら、一気に感染者が増えるかもしれません。 ロックダウンは6月まで続くのでは、というのがわたしの個人的な予想です。 コロナウイルスパンデミック。 人のいない時間に、少しだけ中庭で日光浴します。 わたしは在宅勤務になり、オフィスに居るよりも思考がモヤッとしてしまったり、疲れが溜まったり、気分が落ち込んだりしてしまします。 そういうときは、アロマオイルでリフレッシュ。 ストレッチしてカラダをほぐす、といったことをしています。 こういう時こそ、引きこもって家族との時間を大事にするのもいいですよね。 我が家はパパがいつも忙しくて家族3人が一緒に過ごす時間がほとんどなかったのですが、いまは一緒に映画を見たり、部屋の中でテニスをして楽しんでいます。 今回のブログでは、フィリピンの新型コロナウイルスについて書きました。 この情報が、必要な人に届くと良いなと思います。

次の

フィリピン駐在員レポート 〜コロナ禍による突然のマニラ首都圏封鎖〜

マニラ コロナ

大統領令により、 マニラ首都圏(メトロマニラ)は3月15日から4月14日まで封鎖。 これにより、人の移動が制限されます。 以下、日本語での要約です。 ・大統領令により、マニラ首都圏は3月15日から4月14日まで封鎖(戒厳令ではありません)。 ・マニラ首都圏への陸路、国内航空、国内海路の移動が禁止。 ・貨物や食品などの物流は移動可。 ・公共交通機関に関しては閉鎖しない。 しかし距離は考慮する。 ・OFW(Overseas Filipino Workers)は出国可能。 ・外国 コロナが発生している国、日本含む からの入国は制限(今後禁止になる可能性あり)。 フィリピン人の配偶者、子ども、外交官などは除く。 メトロマニラ以外は各自治体が判断する。 ・集団でのイベント禁止。 見つけた場合、指示に従わない場合は逮捕の可能性あり。 ・警察、軍隊が足りていないので、バランガイの長も警察としての役割を行う。 ルールを守らない場合は逮捕の可能性あり。 ・7日間単位で、解除もしくは、修正、延長を検討する(毎日会議)。 ・社会的な混乱に対しては軍隊を発動する。 大統領談「今回の封鎖処置はフィリピン、フィリピン人の安全のためです。 警察、軍隊の配備は安全のためです。 皆さんに協力をお願いします。 お互い助け合っていきましょう」 クレイジーマニラ読者の方へ。 各自情報収集に努めてください。 また、近日中にフィリピン旅行を予定している方、今フィリピンに旅行で滞在している方へ。 事態を注視して、早めの旅程再検討をお願いします。 フィリピン、マニラで生活する皆さんへ。 今回の事態が早く収束しますよう願います。 その中には,国内感染が発生している国(注:日本を含む。 )からの入国制限,メトロマニラの全てのレベルの学校の4月12日までの休校,首都圏に出入りする陸路,内航船舶,国内便航空機の3月15日からの停止等が含まれています。 万一,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話してから早めに受診するようにしてください。 フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ 在フィリピン日本国大使館 1 3月12日,ドゥテルテ大統領は,新型コロナウイルスの対策として,次の措置をとることを発表しました。 (1)公衆衛生警戒水準をコード・レッド・サブレベル2(最高レベル)に引き上げる。 (2)マニラ首都圏において次の措置を30日間とる。 ・マニラ首都圏の全てのレベルの学校を4月12日まで閉鎖。 ・期間中、多くの人が集まるイベントは禁止。 マニラ首都圏全体について隔離措置をとる。 それ以外の地方は、異なる家庭から二人の患者が出た段階でバランガイ隔離。 二つのバランガイに出た段階でミユニシパリテイ、シテイ等のレベルで隔離、二つのミュニシパリティ、シテイ等に出た段階でprovince全体を隔離する。 (注:アニョ内務地方自治大臣は,マニラ首都圏外からマニラ首都圏への通勤は,マニラ首都圏で雇用されていることの証明を提示すれば可能と発言。 ) ・行政機関は期間中機能停止。 ただし最低限の職員は維持。 公衆衛生等は完全に機能させる。 立法・司法も同様にすることを勧告 ・民間企業には柔軟な業務体制を取ることを推奨。 DOLE(労働雇用省)・DTI(貿易産業省)がガイドラインを発出。 製造・小売り・サービス業は営業継続を勧告。 ・首都圏内の公共交通機関は原則として継続して運航する。 ・首都圏に出入りする陸路、内航船舶、国内便航空機は3月15日に停止。 ・上記措置は毎日モニターし決定から毎日再評価する。 上記措置は,フィリピン国家警察やフィリピン国軍によって実施される。 (3)マニラ首都圏以外の地方自治体(LGU)は学校の閉鎖に裁量を有する。 (4)フィリピン人国外労働者(OFW)は,湖北省を除く中国本土に,危険を理解する旨の誓約書に署名して渡航することが認められる。 (5) 国内感染が起きている国(注:日本を含む。 )からの渡航者は入国制限を課される。 ただし、フィリピン人及びその外国人配偶者・子,フィリピン政府が発行した永住査証所持者、9 e 外交査証所持者は除く。 2 フィリピン保健省は,フィリピンにおける新規新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を3月8日夕刻に発表された4例に加えて,10日に9例,11日に16例,12日に3例確認し,合計52例となった旨発表しました。 また,初のフィリピン人の死亡者1人を確認し,死亡者の合計が2人になったことを発表しました(詳細は,下記リンクのフィリピン保健省報道発表を参照願います。 3 皆様におかれましては,下記リンク先その他の信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。 適切な手洗い,会話の際には2メートル以上の距離を置く,咳エチケット等は特に心がけてください。 万一,新型コロナウイルス(COVID-19)に感染のおそれがあり,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話連絡してから,早めに受診するようにしてください。 なお,フィリピン保健省は,保健省(DOH)ホットライン: 02 8-651-7800 内線1149,1150への電話も呼びかけています。 doh. gov. doh. gov. doh. gov. facebook. doh. gov. doh. gov. dfa. gov. facebook. gov. gov. kantei. anzen. mofa. mofa. mhlw. mhlw. mhlw. mhlw. emb-japan. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines 電話: 63-32 231-7321 FAX : 63-32 231-6843.

次の

【6月25日更新 最新版】フィリピン航空 7月以降のフライト運休スケジュール及び航空券の取消料免除規定について

マニラ コロナ

「封鎖」になると、どうなる? フィリピン政府の発表によると、マニラ首都圏への陸路、空路、海路での出入りは原則禁じられる。 マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)も首都圏内にある。 3月12日夜のフィリピン政府の発表では、「日本を含む国内感染が起きている国からの渡航者は入国制限を課される」とされていたが、14日の発表では、中国など12日以前の入国制限に、イタリアとイランのみについて、入国制限が追加発表された。 在フィリピン日本大使館は14日ので、「これら2か国以外の国内感染が起きている国については、12日の発表は変更された(日本からの入国制限は撤回された)ということだと理解しています」としている。 現在海外にいるフィリピン人や外国人配偶者・子、国外で働いているフィリピン人労働者の帰国は許可される見込み。 やもそれぞれ、移動規制に従い、国内線などの航空券払い戻しや日程変更などを実施している。 マニラ首都圏が「封鎖」される一方で、ドゥテルテ大統領のお膝元で、現在娘のサラ・ドゥテルテ氏が市長を務めるミンダナオ地方ダバオ市でも、似たような措置が発表されている。 ダバオ市は「封鎖」はされていないが、ダバオ市民は同市外に出ることは原則された。 また、ダバオ市を訪問する予定の旅行者などは予定を延期し、現在市内にいる短期滞在者も直ちに去るよう、呼びかけれられた。 「妊娠中の妻が心配。 スーパーもすでに大行列」 首都圏マカティ市に住む、中国国籍で日本永住者の20代男性は、BuzzFeed Newsに対し、「封鎖への不安で、すでに連日どこのスーパーも大行列ができていて、食料を買うのも大変です」と話す。 封鎖は12日夜に発表されたが、数日前から封鎖の可能性が浮上しており、人々は買い占めを始めていたという。 消毒液やマスクに関しては「入手困難です」と話した。 男性の妻は、数日前に妊娠が分かったばかり。 男性は「自分が感染するのは心配していないが、妻に移してしまうのが一番心配です」と話す。

次の