赤ちゃん 便秘 原因。 赤ちゃんの便秘の原因は?便秘かどうかの判断方法、解消法、注意が必要な症状について|ベビーカレンダー

新生児の便秘はなぜ起こる?「原因」と「解消法」を徹底チェック| たまひよ

赤ちゃん 便秘 原因

うんちが何日も出ていないし、なんだか赤ちゃんのおなかが張っている気がする…。 そんなときに頭をよぎるのは「便秘」の2文字ですね。 赤ちゃんの場合はどれくらいうんちが出なかったら便秘といえるのでしょうか。 そもそも便秘とは、便がしっかり出なかったり、出ても固いうんちのことをいいます。 しかし、便秘の判断はとても難しいもの。 「何日でなかったら便秘」と、はっきりいえる日数はありません。 うんちの回数には個人差が大きく、1日に数回する赤ちゃんもいれば、2日に1回、3日に1回という子も。 毎日うんちが出なくても体調や機嫌に問題がなければ便秘ではないのです。 うんちが数日出ないとき、以下の項目のうちどれかが当てはる場合は、便秘である可能性が高いのでチェックしてみましょう。 便秘のときの 症状チェックリスト• 赤ちゃんの機嫌が悪い 母乳やミルクをたっぷり飲んで、おむつもちゃんと替えているのに赤ちゃんの機嫌が悪く泣いてばかりいる。 そんなときは、便秘かもしれません。 うんちがおなかにたまって不快になると、赤ちゃんの機嫌が悪くなります。 うんちをするときに苦しそう 便秘の場合、赤ちゃんがうんちをするときに、顔を真っ赤にして力強くいきんだりして、うんちを出すのが大変そうになります。 下腹部が張っている お腹がパンパンに張っているときも、数日うんちが出ていないなら便秘のサイン。 授乳後のおなかは大きく膨らむので、空腹時のおなかをチェックしてみましょう。 母乳やミルクを飲む量が減っている いつもより母乳やミルクを飲む量や離乳食を食べる量が減っている場合、おなかにたまったうんちが苦しくて食欲が減退しているのかもしれません。 うんちが固く、血がついている 赤ちゃんがしたうんちを観察して、いつもより明らかに固かったり、数滴の血がついているとき。 血がつく理由は固いうんちをがんばって出すことで、肛門付近に傷をつけてしまうからです。 赤ちゃんが便秘に なりやすい時期 赤ちゃんには成長の段階で便秘になりやすい時期があります。 新生児期 ほとんどの時間を眠っているか、仰向けの姿勢で過ごしている新生児期は、運動不足により便秘になりやすい時期です。 母乳を飲む赤ちゃんよりもミルクを飲む赤ちゃんのほうが便秘になりやすい傾向にあります。 生後2ヶ月頃 生後2~3ヶ月くらいになると消化器官が発達してうんちをおなかにためられるようになり、一部の赤ちゃんは便秘の症状を起こしやすくなります。 離乳食を始めた頃 運動不足で便秘がちな場合にはマッサージを試してみましょう。 ねんねの赤ちゃんなら、おなかに「の」の字を描くように手でおなかをさすってあげましょう。 おへその下あたりをスタート地点にして、おなか全体をやさしくマッサージします。 ほかにも、赤ちゃんの両足を自転車をこぐように動かしてあげたり、わき腹をゆらゆらしたりなど、さまざまな便秘対策のマッサージ法があります。 いくつか試してみて相性のよいものを見つけられるといいですね。 水分たっぷりを意識 離乳食を食べ始めた赤ちゃんの場合は、水分不足も便秘の理由になります。 母乳やミルクの量が減った分、白湯や麦茶など、水分を意識して取らせましょう。 消化のいい離乳食メニュー 野菜や食物繊維が不足すると、赤ちゃんも便秘がちになります。 バナナやさつまいものペーストのほか、すりおろしたりんごなどは便秘解消にもいい離乳食メニューのひとつです。 浣腸 食事やマッサージを試しても改善が見られない場合は、浣腸もひとつの方法です。 ここでは、薬剤を入れるものではなく、綿棒やこよりを使って刺激する方法を紹介します。 やり方は、和紙でつくったこよりか綿棒の先にベビーオイルなどをつけて、赤ちゃんの肛門に出し入れします。 いきなり肛門の中に入れるのではなく、まずは肛門をつついて刺激を与えます。 これだけでうんちをする赤ちゃんもいます。 続いて綿棒のコットンの部分だけを出し入れします。 1歳に近い赤ちゃんだったら綿棒の先で円を描くように少し強めに刺激しても大丈夫です。 綿棒浣腸は効果が出るのが早いため、している最中にうんちをしはじめるケースも多々あります。 行う際は替えのおむつをスタンバイしてから始めましょう。 それでもなかなか改善しない場合や、赤ちゃんの機嫌が悪いく、ミルクなどを飲む量が減ってしまい、体重が順調に増加していないなどの場合には、早めに受診するようにしましょう。 赤ちゃんの便秘はよくあること.

次の

【医師監修】赤ちゃんの便秘 解消法は?受診すべき?

赤ちゃん 便秘 原因

Sponsored Link 生まれたての赤ちゃんの頃は、一日に何度も便が出ていたのに、急に便秘になると心配ですね。 でも、 赤ちゃんの便秘は、珍しい事ではありません。 機嫌がよく、食欲があるなら、1~2日出なくても心配する事はありません。 でも、排便時に苦しそうだったり、長期間便秘が続くなど、気をつけなければならない場合もあります。 今回は、 赤ちゃんの便秘の原因と解消法と、受診の目安をまとめていきます。 ・赤ちゃんの便秘の原因は母乳?離乳食?病気? ・赤ちゃんの便秘解消法は? ・赤ちゃんの便秘を綿棒で解消する方法 ・赤ちゃんの便秘が続く時は病院へ行った方が良い? ・赤ちゃんが便秘の間はどんな離乳食が良い? Sponsored Link 赤ちゃんの便秘の原因は母乳?離乳食?病気? 赤ちゃんの便秘の原因を、月齢別にみていきましょう。 0カ月~離乳食が始まる前までの赤ちゃん 生まれたての赤ちゃんは、一日に何度も排便しますが、成長と共に、回数が徐々に減っていきます。 この時に、便秘ではないかと心配になる事があるようです。 でも、これは、 便秘ではなく、排便ペースの変化の場合が多いのです。 ミルクで育てている赤ちゃんの場合は、消化に時間が掛かって便秘になりがちという傾向がありますが、排便ペースが変わっただけという事が殆どです。 腸の発達によって、 便を腸内に留めておけるようになってくること、授乳回数が減ることなどが、変化の理由です。 ただ、偶に母乳量が足りなくて便の回数が減っている場合があります。 その場合は、 体重が増えなくなりますので、ミルクを足すなど対策が必要です。 離乳食開始~8ヶ月頃の赤ちゃん 離乳食を始めると、母乳やミルクの量や回数が減ってきますね。 そうすると、今までよりも、口にする水分量が減る事になります。 しかも、食物を口にすることで、腸内細菌にも変化が起こります。 その結果、 便が徐々に固くなってうんちの回数が減ります。 回数の変化には個人差があり、 1日数回出る子もいますが、3日に1回しか出ない子もいます。 便が硬過ぎたり、排便の時に苦しそうだったりするなら、 意識して水分補給をしてあげましょう。 9カ月~ 離乳食が進んで、ほぼ大人と同じようなものを食べ始めると、便秘の原因も大人と同じになります。 ・食べる量が少ない(便の量が少なくなり排便のペースが落ちる) ・食物繊維の不足 ・水分が不足 などが、原因です。 このような理由の他に、赤ちゃんならではの便秘の原因は、 腹筋が強くないので、固くなった便を排出するのが難しいということがあります。 食べる量を無理に増やすのは難しいので、まずは、 水分補給を多めにすることを心がけましょう。 赤ちゃんの便秘解消法は? 先の項で説明したように、赤ちゃんの便秘解消には、 水分補給が鍵です。 母乳や薄めに溶いたミルク、麦茶、白湯などで赤ちゃんに水分を十分あげるようにしましょう。 離乳食が始まってからは、ヨーグルトなどの乳酸菌を多く含む食品や果物のペースト、食物繊維が多いさつまいもや青菜などの 野菜を意識して取り入れましょう。 また、 マッサージや体操などで、腸を動かしてあげるのも効果的です。 便秘解消マッサージ(「の」の字マッサージ) おへそを中心に時計周りにゆっくりとお腹をなでてあげましょう。 あまり力を入れ過ぎないように、手のひら全体でやさしくなでるようにします。 赤ちゃんの便秘解消に「のの字マッサージ」 便秘解消の体操 赤ちゃんをあおむけに寝かせて両足首を優しく持ってあげて、「右、左、右、左」と両足を交互に動かします。 赤ちゃんのモモとヒザでお腹を押すことになるので腸が刺激されます。 遊びの一環として行う事ができますね。 Sponsored Link 赤ちゃんの便秘を綿棒で解消する方法 おしりマッサージ 綿棒浣腸は、効果的ですが、肛門を綿棒で直接刺激する事になります。 嫌がる子もいるかと思います。 綿棒浣腸よりも、 刺激の弱いおしりのマッサージをまずはご紹介します。 赤ちゃんの肛門のすぐそば(背中側)を指で押したり、軽くとんとんとたたいたりしてマッサージをします。 うつ伏せにして、お尻の割れ目と背中の境目を、撫でてあげるのも、効果があります。 綿棒浣腸 ベビーオイルやワセリンをたっぷり含ませた綿棒を用意します。 綿棒を1cmくらい肛門に入れて、10秒ほどゆっくり回してから優しく引き抜きます。 ・1週間以上便秘の状態が続いている ・おなかが膨らんで固い場合 ・血便、嘔吐、発熱がある場合 ・1日中泣いている(10分~30分おきに泣く)場合 ・ぐったりしている、元気がない、いつもと泣き方が違うなどの場合 このような場合は、感染症や腸閉塞などの便秘以外の病気かもしれませんから、受診しましょう。 また、慢性的な便秘が続く場合も、一度受診した方がいいでしょう。 赤ちゃんが便秘の間はどんな離乳食が良い? 離乳食が便秘の原因になることもありますが、成長するにつれ、母乳やミルクだけでは栄養をまかないきれなくなります。 ですから、 便秘を理由に離乳食を止めてはいけません。 便秘解消によい食べ物を積極的に取り入れましょう。 赤ちゃんの便秘は、珍しくなく、 水分を多めに取ることや、 マッサージをすることなどで解消できる事が分かりましたね。 便秘が続くと、食欲が落ちてしまい、成長に必要な栄養が摂れなくなる恐れもありますから、記事の便秘解消法を試してみてくださいね。 それでも、 一週間以上便秘が続く場合や、おなかが固い、血便、嘔吐、発熱、いつもと様子が違うなどの症状がある時には、受診をお勧めします。

次の

赤ちゃんの体の冷えが下痢や便秘の原因に!症状・影響と6つの対策

赤ちゃん 便秘 原因

それまでは、赤ちゃんの1日の排便の回数は減ったり増えたりします。 赤ちゃんが便秘かどうかの正しい見分け方と、便秘になったときの解消法、そして受診する際に知っておきたいことなどをまとめて解説します。 月齢別・便秘の主な原因(1~4ヶ月、5〜8ヶ月、9ヶ月〜1歳) 赤ちゃんの便秘の原因は、主におっぱい・ミルク、水分の不足や食物繊維不足などで便がかたくて出にくい場合と、ガス腹 お腹の中にガスがたまった状態 になっていきむ力が弱くて出にくい場合があります。 ただし、ウンチの回数やかたさは個人差があり、成長とともに変化もします。 生後1~4ヶ月の赤ちゃんの便秘 この時期の赤ちゃんのウンチは、水のように緩く、1回の量は少なめです。 回数は個人差が大きく1日1回の子もいれば8回の子もいます。 ミルクの赤ちゃんは、母乳の場合よりも回数が少なめの傾向があります。 このころの便秘は、腸の発達の影響や、授乳回数が減っていくことに伴う場合が多くみられます。 とくに生後2〜3ヶ月ごろになると、急にウンチが出なくなることがあります。 これは消化器官の働きが高まって、腸から体に水分が吸収されやすくなるためで、とくに母乳の場合に多くみられます。 また、ミルクや母乳の量がたりないと、腸に十分な水分が供給されず、便秘になる場合もあります。 生後5〜8ヶ月の赤ちゃんの便秘 生後5ヶ月ごろに離乳食がスタートすると、ミルクや母乳から摂取していた水分量が減ります。 ウンチは少しずつ大人と同じような形状に近づいていきますが、状態や回数はコロコロ変わりがちです。 消化機能がまだ未熟なうえ、母乳やミルク以外のものを初めて消化することもあり、便秘がちになる場合があります。 便秘でウンチが太くかたくなり、肛門が切れてしまう赤ちゃんも増えます。 生後9ヶ月〜1歳の赤ちゃんの便秘 離乳食後期から完了期になると、消化能力も高まってウンチはさらに大人に近づきます。 ウンチの量や回数もその子なりにだんだんと定まり、1日1〜2回程度に落ち着いてくる子が多いです。 この頃には食物繊維の多いものを食べるとお通じがよくなるなど、大人と同じような効果も表れてきます。 その一方で、食べる量や内容によってお腹の調子が変わりやすい子もまだ少なくなく、とくに1歳近くなると、日中の遊び方や睡眠リズムなども便通に影響があるなど、食べ物だけでは判断しにくい場合も出てきます。 食事量、水分量とともに生活サイクルも含めて整えていきたい時期です。 この頃は便秘のかたいウンチで肛門が切れたり、肛門が拡張してイボのようなヒダができたりすることがあります。 ヒダは成長すると自然になくなることがほとんどですが、ヒダの間に汚れたまりやすいのでぬるま湯などで洗い流して清潔にしておくことが大切です。 これって便秘? そう思ったときの確認ポイント 排便の回数は赤ちゃんによって個人差が大きく、2〜3日出ないからといって必ずしも便秘とは限りません。 便秘かもしれないと感じたら、まずは以下の点を確認しましょう。 何日くらいウンチが出ていないか、かたさはどうかをチェック 排便がつらそうなほどウンチがかたくなっていないかなどを観察します。 排便が3日に1回でも、スムーズに出るのならその子のリズムと考えていいでしょう。 日ごろから赤ちゃんのお世話の記録ノートやアプリなどで、排便の回数やかたさを記録しておくと比較しやすく便利です。 ウンチのときに痛がったり苦しそうにしていないかを観察 排便のペースには個人差があるので、何日出ていないかよりも、ウンチを出すときに顔をこわばらせていないか、いきんでも出なくて苦しそうにしていないか、 肛門が切れていないか、お腹が張ってつらそうでないか、などのほうが重要です。 赤ちゃんはもともとぽっこりお腹ですが、横から見て胸よりお腹が高かったり、おへそが出ていたら、お腹が張っている状態です。 軽くたたくとポンポンと音がします。 機嫌や食欲はあるか観察 ウンチが出ていなくても、赤ちゃんの機嫌がよくてよく手足を動かし、食欲もあるなら安心です。 そのまま様子を見ていてよいでしょう。 体重が減っていないかを確認 ウンチがなかなか出なかったりお腹が張っていると、食欲がなくなります。 そのために栄養がとれずに体重が減ってしまうことがあります。 体重を量ってみて、順調に増えているなら心配ありません。 ただし、一般的ではありませんが慢性的な便秘の原因には、肛門や腸、神経などに何らかのトラブルがあるケースもあります。 以下のような場合は小児科を受診しましょう。 ・生後1ヶ月前後で授乳すると吐く ・1週間以上の便秘が何度も起こる ・いきんでいるのに、排便できずに苦しそう ・ウンチをするのを嫌がって泣く ・お腹が張って、苦しそうにうなっている ・ウンチがかたくて肛門が切れて出血した 先生に伝えたいポイント 受診の際には授乳や水分補給の量と回数、離乳食や食事の内容などに加え、以下のことを先生に伝えるようにしましょう。 ・ウンチの回数とかたさ ・おならが頻繁に出ているか ・ウンチの写真を撮れる場合は、写真を見せる ・げっぷは上手に出せているか ・最後のウンチの状態はどうだったか ・機嫌の善しあしや食欲はあるか 病院での治療 浣腸や薬は続けると癖になるはウソ? ホント? 病院では、まずおっぱいやミルクが不足していないかの確認や食事内容を見直し、水分補給やマッサージなどのホームケアを優先します。 赤ちゃんが苦しがっているときや、ホームケアで改善されないときなど、赤ちゃんの状態に合わせてグリセリン浣腸を行ったり薬を処方することがあります。 薬は「カマ 酸化マグネシウム 」、「テレミンソフト ビサコジル 」、ラキソベロン液 ピコスルファートナトリウム 」などが一般的です。 いずれも腸の働きを活発にさせたり、腸内の水分を増やして便をやわらかくして排便を促します。 グリセリン浣腸は、薬剤を肛門に入れて使います。 直腸内に直接薬剤を入れて刺激することで排便を促します。 即効性があり頑固な便秘に使われます。 ほとんどの便秘改善薬は、それを使うことで習慣化することはありません。 使い続けて問題はないでしょう。 浣腸を頻繁に行うことを心配するママもいますが、浣腸には便を溜めないようにして腸管の拡張を戻すという大事な役目があります。 症状によっては継続して浣腸を行ったほうがいい場合もあります。 ただし、医師の診断を受けることが大切ですので、ドラッグストアなどで市販されている子ども用の浣腸剤を自己判断で使うことは避けましょう。 かたいウンチをするときは肛門が痛くなるので、赤ちゃんでもウンチを我慢してしまい、ますます便秘になってしまいます。 出にくくなったとき、何もせずに放っておくことがいちばんいけません。 下記を参考にホームケアをしてあげましょう。 【水分補給】こまめに水分を与えてウンチをやわらかくします 水分不足で便秘になるケースは少なくありません。 とくに夏場は汗で水分が失われ、ウンチがかたくなりやすくなります。 おっぱいやミルクを十分に飲んでいるかチェックしましょう。 たりていないようなら、湯冷ましなどで水分をこまめに与えます。 たりている場合もこまめに水分補給をして、赤ちゃんのウンチをやわらかくしましょう。 母乳は授乳量がわからないので、赤ちゃんの体重をこまめにチェックすることが大切です。 体重がなかなか増えない場合は、かかりつけの小児科医に1回の授乳量を調べてもらい、対処法を相談するのがおすすめです。 また、お母さんの食事内容も影響するといわれています。 魚だけ、野菜だけなど、何かに偏った食事をせずにバランスのよい食事を心がけましょう。 水分もしっかりとることが大切です。 離乳食が進むと母乳やミルクの量が減ってくるため、水分が不足気味になって便秘を招くことがあります。 麦茶や湯冷ましなど離乳食に影響の出ないカロリーの低い飲み物で水分を補給しましょう。 【離乳食&食事】意識して食物繊維を加えましょう 食物繊維が多い食生活を心がけます。 離乳食や食事では、さつまいもやりんご、野菜など、食物繊維の多いものをメニューに加えます。 ウンチの様子を見ながら加減するとよいでしょう。 なお、離乳食初期はお腹を食べ物に慣らすとともに、食べ方を覚える大事な時期です。 便秘がちになっても離乳食を中断したりせずに進めましょう。 不足しがちな水分は湯冷ましなどを与えて補います。 【マッサージ】「の」の字で腸を刺激します 朝起きたときやおふろ上がりに、おへそのあたりに手のひらをあてて、「の」の字を書くように赤ちゃんのお腹をマッサージしましょう。 お腹が少しへこむくらいの力でマッサージするのがポイントです。 腸が刺激されてウンチやおならが出やすくなります。 【綿棒浣腸】綿棒を2㎝ほど入れて回す、がコツ 0歳代であれば綿棒浣腸をしてみましょう。 まず、綿棒を入れるときの目安となるように、綿棒の先から2㎝くらいのところに印をつけます。 綿棒の先にベビーオイルをつけ、2cmほど肛門に入れて浣腸をします。 入れたら肛門を広げるように、やさしく綿棒をぐるっと回すのがコツです。 綿棒を入れすぎないように注意しましょう。 ウンチが肛門から顔を出したら、おしりふきで便をふき取るようにしながら肛門を軽く刺激すると、より出やすくなります。 しばらくやっても出ないときは、少し時間を置いてやってみてもいいでしょう。 【便秘予防】日ごろから軽い運動を取り入れて ウンチを出すためというより、便秘にならないようにする予防として、月齢に応じて、抱っこする、座る、歩くなど、動作を変えて腸が動く程度の軽い運動をさせるようにしましょう。 はいはいや伝い歩きを始めるようになったら、できるだけ室内を広くして十分に体を動かせるようにしてあげます。 幼児の場合は外などで体を十分に動かす遊びをさせましょう。 先輩ママが教える「効果があったおすすめ便秘解消法」 水分補給・離乳食&食事・マッサージ・綿棒浣腸などのホームケアにプラスして効果的だった便秘解消法を、先輩ママに聞きました。 赤ちゃんの様子や好みを観察しながら、ホームケアと組み合わせてトライしてみてください。 ただし、これらはすべて先輩ママの体験に基づいており、医学的に根拠がないものもあります。 ママも赤ちゃんも「玉ねぎ」でスッキリ 「うちの子も便秘ちゃんだったので、まる3日出なかったら綿棒浣腸をするようにしていました。 面白かったのは、離乳食を食べるようになってから、玉ねぎを食べると便秘が解消していたこと。 私自身も玉ねぎが便秘に効く体質なので、子どもも似たのかな」 「バウンサーやチャイルドシート」が刺激に 「このころの子たちは腹筋が発達していないので、ころんと横になった状態ではうまくいきめなくて出にくいそうです。 うちの子はバウンサーやチャイルドシートに乗せるとよく出ます。 知り合いの助産師さんいわく、少し背もたれの立ったスタイルがお腹に力が入りやすく、排泄を促してくれるからだそうですよ~」 最終的には「オリゴ糖」でした 「うちの子の排便回数は生後1ヶ月のときは1週間に一度くらいのペースでした。 小児科の飲み薬で少しよくなりましたが、最終的にはオリゴ糖が効いたと思います。 赤ちゃんせんべいが好きだったので、それをオリゴ糖使用のものにしました。 それ以降出るようになり、食事量も増えて歩くようになってきたら、運動量が増えたからか快便になりました」 「きな粉、青のり」がおすすめ 「離乳食が進むと便秘になる子もいますよね。 食品ならきな粉、青のりが便秘解消にいいですよ。 後期ならば油で焼いたものやバターなど、油分もよいかもしれないですね」 恐るべし「ごぼうの煮物」! 「うちの子も便秘で悩んでいました。 離乳食後期くらいに保育園でごぼうを煮たおかずが出たとき、スムーズに排便できたこともあり、食物繊維恐るべしと思った記憶があります。 シンプルに出汁で煮たものです。 水分と繊維がよかったのかも」 「オートミール+にんじんヨーグルト」で解消! 「8ヶ月の子です。 先生からはにんじんと大根の酵素が便秘にいいので食べさせてあげてと言われ、栄養士さんからはオートミールがいいと言われました。 2日間出ないときは、朝ごはんにオートミール、にんじんヨーグルトを食べさせています。 うちの子には合っているみたいで、その日か翌日の朝には大量のウンチが出ます!」 まとめ 赤ちゃんが便秘でつらそうにしているのを見るのはママもつらいものですよね。 でも赤ちゃんの便秘は、大きな問題がなければ成長とともに落ち着いてくる場合がほとんどです。 「の」の字マッサージや綿棒浣腸などを取り入れながら、赤ちゃん時期の便秘を乗りきリましょう。 (取材・文/かきの木のりみ) 監修 Profile:片岡正 先生(かたおか小児科クリニック院長) 1978年信州大学医学部卒業。 東京大学医学部小児科、都立府中病院小児科、日本赤十字社医療センター小児科などを経て、1996年に神奈川県川崎市にて「かたおか小児科クリニック」を開設。 NPO法人「VPDを知って子どもを守ろうの会」理事。

次の