シャフト 演出。 【今更だけど】やっぱりみんな“シャフ度”が好き!

シャフトとは (シャフトとは) [単語記事]

シャフト 演出

実は近年のシャフト作品の中にかなり苦手な作品 演出 があるので簡単にまとめてみようとおもう。 新房作品しかないのは視聴済みの作品に全て新房さんがかかわっているだけのことなので偶然。 というか近年のシャフト作品で新房さんがかかわっていない作品はほとんどない、といったほうが早いか… 水色が好きな作品、赤が苦手な作品、ピンクがボーダーラインである。 各話のや演出担当を分析すればもっと細かいデータ分析ができそうではあるのだが…そこまでやる気は起こらない… ていうか誤字があるぅううう、ひええ、ごめんなさい やる気は起こらないけれどこの制作陣の羅列からわかることは何もない… 笑 *紙芝居ぽさ 最初にシャフト演出が苦手だな、と思ったのは。 それから、か。 どうにもあの紙芝居感が好きになれない。 これは低予算による作画枚数の少なさをごまかす良い演出だった、という見方もあるらしいが、私は動きのある動画が好きなのでどうにも受容できず。 以降全て見続けているがやはり好きになれないまま。 *動いても苦手 動かないから苦手、というわけでもない。 ぬるぬる動いてるシーンでも、独特の"タメ"や煽りが苦手である。 たとえばカメラワーク、ななめ下からや、ななめ上からのカットが多い。 静画シーン以外でも見られるいわゆるシャフ度とか。 *空間の非現実感 たとえば阿良々木家のリビング。 メカクシティ1話でもやたら広い部屋がありえないと話題になっていたが、これは別に私的には問題ではない。 むしろシャフトの空間デザイン、レイアウトにはおもしろいものがある。 街中のシーンでも突如会話をしている二人しか空間に存在しないようなレイアウトなんかが挿しこまれていたりするが演出としては非常に面白い。 これが非現実的な作品世界とマッチしてすごい効果をもたらすこともある。 より、ほむらちゃんの部屋。 私的にすごい好き。 さらにによる空間演出。 思えばef2作品においてはかなりこのシャフト演出は抑え目である。 よく言えば個性が強く、悪く言えばアクが強すぎる… 使いようによってはかなりのよい効果をもたらすので悪いばっかりではないとは思うのだが。。 じゃあどうして自分はこんなにシャフト演出が苦手なのか… 謎 vanishment.

次の

シャフト演出についてちょっと考えてみた

シャフト 演出

シャフト角度とは、ので多く見られる演出である。 「 シャフト角」「 シャフ角」「 シャフ度」とも呼ばれる。 概要 を上げ(場合によっては側に体全体が反る)、挑発的に見下ろす様子、またそのときの顔の度をす。 以前から作品、特に作品によく見られる演出だったが(作品でない作品にもこの演出は多々見受けられる)、特にの『』でが見せた異様に首が曲がった度の以降に注を浴び、この言葉が使われるようになった。 余談だが、実際にシャフ度をしようとすると割と大変。 と関係ではあるが、「」では版シャフト角度とでもいうような場面がいくつか存在する。 また次作の「」にも版シャフト角度が登場。 通称・。 前者はいずれもであり、上のような画像結果の中に の男のが混ざり込む事態に。 シャフト角度がよく使われるシャフト作品• お絵カキコ 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

映像化不可能と謳われた「『物語』シリーズ」のヒットと『シャフト』の映像技法【中編】

シャフト 演出

その後1980年代頃からアニメの制作全般を請け負うようになり、 1995年から自社企画のアニメを制作するようになりました。 また、 2000年頃から新房昭之監督とタッグを組み、数々のヒット作を飛ばしています。 独特の色彩感や演出方法で知られており、 「シャフ度」(キャラクターが後ろから首を90度曲げて振り返る仕草)と呼ばれる特徴的な表現も多いため、作品がひと目で分かる印象的なスタジオになっています。 今回は、アニメ史に残るヒット作を多く手がけ、不動の位置を築いたシャフト制作のアニメを10作品紹介します!どうぞ最後までお付き合いください! 第10位:3月のライオン 『3月のライオン』は、羽海野チカによる将棋漫画で、『ヤングアニマル』にて2007年から連載、現在13巻まで刊行されています。 累計発行部数は300万部を突破している人気作品です。 『3月のライオン』は、2009年のマンガ大賞で3位、 2011年のマンガ大賞で1位を受賞、同年 第35回講談社漫画賞一般部門を受賞し、2014年には 第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞、これ以外にも数々の賞を受賞しています。 物語は、幼い頃に 両親と妹を事故で失い、父親の友人だった棋士・幸田に内弟子として引き取られ、 中学生でプロ棋士となった主人公・桐山零が、橋向かいの三月町に住む 川本家の3姉妹や、棋士たちとの関わりの中で 人間として、棋士として成長していくというストーリーです。 心理描写が演出で美しく再現 『3月のライオン』は、将棋の場面はもちろん、それ以外でも 心理描写を漫画的な表現で丁寧に描いている作品で、この心理描写の場面を シャフトの色彩で美しくアニメーションに起こし、より美しく、情緒豊かなアニメとなりました。 関連記事もチェック! 第9位:月詠 -MOON PHASE- 『月詠』は、有馬啓太郎による漫画で1999年から2009年まで『COMIC GUM』に連載されました。 『月詠 -MOON PHASE-』は、2004年にアニメ化に際して付けられたタイトルです。 物語は、心霊写真ばかり撮ってしまうカメラマン・森丘耕平が、 ドイツの古城に幽閉されていたヴァンパイアの少女・葉月と出会い、葉月が耕平の手を借りて城を脱出し、生き別れの母親を探すために耕平と共に日本へと向かう、というストーリーです。 シャフトでの新房監督初作品 2001年にタツノコプロ制作の『The Soul Taker 〜魂狩〜』という作品の下請けを行ったシャフトの仕事が新房監督の目に止まり、この作品からタッグを組むようになりました。 シャフトでの新房監督初作品です。 4回に渡りアニメ化された人気作 アニメは2001年に放送されて人気となり、その後2002年に第2期が放送されました。 また、2期では原作が完結していなかったため、 原作と違う衝撃的な結末で、当時その結末に 賛否両論が巻き起こり、大きな話題となりました。 第7位:まりあほりっく 『まりあほりっく』は、遠藤海成による学園ギャグ漫画で、 「まりほり」の愛称で親しまれています。 『月刊コミックアライブ』にて2006年から2015年まで連載、全13巻が刊行されました。 コミックスの 累計発行部は190万部を突破しており、アニメ化以外にもドラマCD化、2011年には『月刊コミックジーン』にて スピンオフ作品である『まりあほりっく spin-off』も連載されていた人気作品です。 物語は、 男性恐怖症で、女の子が大好きな主人公・宮前かなこが、天の妃女学院附属中学高等学校に編入した際、1歳年下の美少女・衹堂鞠也と出会います。 しかし、 実は毬也が男であることを知ってしまったことから、秘密を守るための 奇妙な共同生活が始まる、というストーリーです。 声優・小林ゆうさんの演技が話題に 『まりあほりっく』は、シャフト独特の演出はもちろんのこと、ヒロイン(?)役の 衹堂鞠也の1人2役の演技でも話題になりました。 主人公のかなこに素を見せる時の男の子の声と、建前の美少女の声がどちらもぴったり当てはまってしまうすごさは、 ぜひ一度見てもらいたいです。 第6位:荒川アンダー ザ ブリッジ 『荒川アンダー ザ ブリッジ』は、中村光によるラブコメ漫画で、2004年から2015年まで『ヤングガンガン』で月1回連載、全15巻が刊行されています。 累計発行部数は600万部を超え、アニメ化後2011年に 実写ドラマ化、翌年には実写映画化も果たしている人気作品です。 主人公の市ノ宮行は、世界のトップ企業社長の御曹司であり、幼い頃から 「他人に借りを作るべからず」と教わってきました。 そんな行が荒川に住む美少女・ニノに助けられたことで、彼女の 「私に恋をさせてくれないか?」という願いを叶えるべく、河川敷での生活が始まります。 シュールなギャグ演出がシャフトとマッチ アニメは2010年から2期に渡り放送され、その後の実写化に続く人気を得ました。 特に、『荒川アンダー ザ ブリッジ』は独特の世界観とシュールなギャグが売りであり、 シャフトの演出がそれを最大限発揮できた作品でした。 関連記事もチェック! 第5位:ネギま!? 『魔法先生ネギま! 』は、赤松健の漫画で、 「ネギま」の愛称で親しまれています。 『週刊少年マガジン』2003年から2012年まで連載され、全38巻が刊行されました。 『ネギま!? 』は、 アニメ2期のタイトルです。 迷信とされた魔法が密かに存在している世界で、イギリスの 魔法学校を首席で卒業した10歳の天才少年・ネギ・スプリングフィールドは、修行の課題で、日本の女子中学校の教育実習生として 2年A組の代理教師を行うことになります。 キャラの魅力を引き出したアニメ2期 2005年に放送された第1期では、豊富なメディアミックス展開で、主に 女性声優を中心に人気を獲得しましたが、2006年に放送された2期では、声優をほぼ変更せず、それまで注目されなかった生徒などにスポットをあてるなど、 キャラクターの魅力をより引き出す演出で人気となりました。 第4位:さよなら絶望先生シリーズ 『さよなら絶望先生』は、久米田康治によるブラックコメディ漫画で、『週刊少年マガジン』にて、2005年から2012年まで連載、全30巻が刊行されています。 累計発行部数は800万部を突破しており、2007年に 第31回講談社漫画賞少年部門を受賞している人気作品です。 「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香は、桜の木で首をくくる 「何事もネガティブにしかとれない男」糸色望と出会います。 糸色は風浦の高校の新しい担当であり、癖の強い生徒たちとの騒がしい日々が始まる、というストーリーです。 アニメは芸術祭推薦作品に 『さよなら絶望先生』は、元々 独特のレトロ調の世界観を持っており、この世界観がシャフトの個性的な演出が見事にハマり、大きな人気を獲得、2007~2009年まで3期に渡って放送、2008年には、 文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品にも選ばれています。 関連記事もチェック! 第3位:ひだまりスケッチシリーズ 『ひだまりスケッチ』は、蒼樹うめによる4コマ漫画で、『まんがタイムきららキャラット』で2004年から連載、2016年時点で9巻まで刊行されています。 また、アニメ化以外にも、アンソロジーコミックや、ゲーム化など、 メディアミックス展開がされている人気作品です。 やまぶき高校美術科に合格した主人公のゆのは、学校の前にある 「ひだまり荘」に入居します。 物語は、この「ひだまり荘」に暮らす同級生の宮子や、上級生のヒロや沙英、そして新入生の乃莉となずなを合わせた 6人の賑やかな日常を描いています。 アニメは4期に渡り放送される人気に アニメは2007年に放送されて大きな人気となり、その後 2014年まで4期に渡り放送されました。 また、これらのテレビシリーズ以外にも、幾度となく特別編が放送、2013年には 『ひだまりスケッチ 沙英・ヒロ 卒業編』が2話連続、前後編で放送されました。 関連記事もチェック! 第2位:〈物語〉シリーズ 「〈物語〉シリーズ」は、『化物語』を始めとする、 西尾維新による小説シリーズで、現在23巻まで刊行されています。 『化物語』だけでも上下巻を合わせて 累計発行部数が50万部を突破しており、2009年のアニメ化以降さまざまなメディアミックスを果たしている人気作品です。 そんな5月のある日、ひょんなことから クラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまい、阿良々木は 「怪異」にまつわる事件に巻き込まれていくことになります。 シリーズの円盤出荷累計が200万枚を突破する大ヒット 原作者である西尾維新さんは、当初この作品を 「メディアミックス不可能な小説」というコンセプトで、作品中に 数々のパロディや 文章ならではのメタフィクショナルな表現も多く取り入れていました。 しかし、シャフトが作品中の言葉遊びや非常に長い会話文などを、 シャフト独特の演出方法で見事に映像に落とし込み、原作の独特の世界観をマッチさせることに成功、作品のシリーズは大ヒットして、物語シリーズの全てをアニメ化するまでになりました。 2017年までに『終物語 下巻 』まで全ての物語がアニメ化されており、『傷物語』は、2016~2017年にかけて 三部作として劇場上映されました。 物語は、願いを叶える代償として魔法少女となり、「魔女」と呼ばれる 敵と戦う過酷な運命を背負った少女たちの姿を、魔法少女として 優れた素質を持ちながらも傍観者として関わる中学生・鹿目まどかを中心として描かれています。 また、アニメ作品として国内外を問わず高い評価を得ており、 2015年SUGOI JAPAN Awardグランプリ、 第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など数々の賞を受賞、また、 グッズの総売上額は400億円に達しています。 関連記事もチェック!.

次の