食 劇 の ソーマ 打ち切り。 最近の食戟のソーマ、つまらなくて炎上・・・・ : ジャンプ速報

食戟のソーマの3話・あと・打ち切りが話題

食 劇 の ソーマ 打ち切り

15,537• 3,704• 7,442• 2,011• 216• 1,630• 497• 597• 169• 115• 11,259• 102• 1,474• 1,566• 540• 274• 371• 544• 130• 272• 357• 195• 293• 226• 329• 446• 213• 125• 426• 236• 116• 139• 2,178• 767• 398• 113• 258• 176• 151• 129•

次の

食戟のソーマって、創作料理のアイデアが尽きたから連載終了したので...

食 劇 の ソーマ 打ち切り

進級試験で勃発!十傑席次をかけた「連帯食戟」! 薙切えりなの父・薊の手によって総帥の座を奪われ、学園の方針がガラリと変えられてしまいました。 学園内の雰囲気が一変してしまったまま、主人公・幸平創真たち1年生は進級試験に臨むことになります。 創真の仲間たちは薊政権に「反逆者」と呼ばれ、あらゆる策で次々と退学へと追い込まれていきました。 そんなとき、創真の父・城一郎が立ち上がります。 反逆者チームが勝てば「十傑席次と総帥の座を受け渡すこと」、薊チームが勝てば「城一郎が薊の下に着くこと」を条件に 連帯食戟を申し込みました。 アニメではこの連帯食戟の1st BOUTまでが描かれましたね。 続きが気になる形で終了してしまったアニメ版でしたが、つい先日 ようやく原作の方で決着がつきました!今回はそんな大盛り上がりの 連帯食戟の模様についてネタバレ解説してきたいと思います。 関連記事をご紹介! 1st BOUT 幸平創真・一色慧・女木島冬輔VS紀ノ国寧々・白津樹利夫・鏑木祥子 幸平創真VS紀ノ国寧々 記念すべき 1st BOUTでは 幸平創真と十傑第六席・紀ノ国寧々が対決しました。 テーマは「そば」。 和食を得意としている紀ノ国の実家はそば屋を経営していることから、和食の中でも特にそば料理を得意としていました。 紀ノ国は昔通りのやり方で一番粉を使った 「九割そば~桜えびのかき揚げを添えて~」を完成させます。 一方創真は三番粉を使った 「ゆきひら流・焦がし蕎麦」で対抗しました。 結果は創真の勝ち。 決戦の舞台である北海道は気温が低く、香りが立ちにくい環境になっていました。 いつも通りの手順で作った紀ノ国のそばは香りが弱くなってしまい、一方で三番粉を更に油で炒めた創真のそばは香り高い逸品になったことが勝負のカギになりました。 一色慧VS白津樹利夫 同じく1st BOUTで対決したのは 元十傑第七席であり極星寮の兄貴分でもある一色慧と、新十傑第七席・白津樹利夫です。 一色の得意料理は和食、一方樹利夫の得意料理はイタリア料理でした。 そんな二人に与えられた テーマは「うなぎ」でした。 樹利夫はメスの大型うなぎと水分の少ないトマトを使った 「カピトーネ・イン・ウーミド」を作ります。 一方一色は極星寮の仲間が作った食材を使用した料理 「ひつまぶし~極星寮風味~」で対抗します。 結果は一色の勝利。 調理中に極星寮の悪口を言ってしまった樹利夫に対して、一色は怒りを覚えてしまいます。 一色に本気を出させてしまった樹利夫は太刀打ちすることが出来ず敗北となってしまいました。 女木島冬輔VS鏑木祥子 1st BOUT最後の対決は 元十傑第三席・女木島冬輔と新十傑第五席の鏑木祥子の二人です。 女木島の得意料理は「ラーメン」で、「ラーメンマスター」の異名を持ちます。 この二人の対決ですが、実は原作でもその様子が描かれることはありませんでした。 創真と一色の対決が終了していた頃にはこの二人の対決にも勝負がついていました。 結果は女木島の勝利。 テーマは何だったのか、どのような料理を作ったのかは不明ですが、対決後には鏑木がアヘ顔で倒れている姿が描かれていました。 2nd BOUT 久我照紀・女木島冬輔・美作昴VS司瑛士・小林竜胆・斎藤綜明 久我照紀VS司瑛士 2nd BOUTでは 元十傑第八席・久我照紀と十傑第一席・司瑛士が対決しました。 月饗祭で創真と戦った久我がここでは味方になってくれました。 感動的な瞬間ですね。 久我は四川系中華料理、司はフレンチを得意としています。 二人の テーマは「緑茶」。 司は4種の茶葉と4種のピューレを組み合わせた 「4つの緑茶によるグラデーションビュレ・スープ」を作ります。 一方久我は 「緑茶黒酢豚」で対抗します。 結果は 司の勝利。 しかし久我は後に控える創真たちに繋げるため美作と協力しながら調理し、今までの自分とは違うところを見せつけました。 その結果、あの第一席である司に大きく体力を消耗させることができました。 料理漫画なのにまるでバトルもののような展開、手に汗握ります。 女木島冬輔VS小林竜胆 同じく2nd BOUTで対決したのは 元十傑第三席・女木島冬輔と十傑第二席・小林竜胆です。 1st BOUTでも登場した女木島の得意料理は「ラーメン」でしたね。 一方竜胆は「希少食材マスター」と呼ばれています。 ワニなどの珍しい食材を自ら調達し、巧みなナイフ捌きで調理するというワイルドなスタイルが特徴的です。 この二人に与えられた テーマは「唐辛子」。 竜胆はワニ肉と大量の唐辛子を使った料理を作りました。 料理名は登場しなかったので不明です。 一方女木島はアフリカの調味料であるハリッサを使い、アフリカのシチューであるチキンムアンバをベースにした 「アフリカラーメン」を完成させました。 結果は 竜胆の勝利でした。 しかし第三席の料理に全力で対抗した竜胆は、司同様に大きく体力を削られて倒れこんでしまいます。 第一席と第二席をここまで消耗させた二人は、仲間たちに「よく健闘した」と褒めたたえていました。 美作昴VS斎藤綜明 2nd BOUT最後の試合は 美作昴と十傑第五席・斎藤綜明の対決です。 美作は「周到なる追跡(パーフェクト・トレース)」と呼ばれる技術を持っています。 相手の料理作法や技術を完璧にコピーし、それに独自のアレンジを加えて相手を上回るという技術です。 一方斎藤の得意料理は寿司です。 実家は寿司屋を営んでおり、幼い頃から店を手伝っていました。 そんな二人に与えられた テーマは「まぐろ」でした。 斎藤は 「まぐろ十貫 小玉紅玉寿司(こだまルビー寿司)」で勝負をしかけます。 一方美作は久我のサポートも兼ねた 燻製醤油を作り、 斎藤の小玉紅玉寿司にアレンジの軍艦巻きを付け加えた逸品で対抗しました。 結果は 斎藤の勝利。 勝負の決め手となったのは隠し包丁の入れ方でした。 隠し包丁を入れすぎた美作の寿司はネタが早く溶けすぎてしまい、寿司としては味気なさを感じる料理になってしまっていました。 寿司というのは長年の修業が必要と言われますが、ここでまさか美作のトレースが敗れる結果となってしまいました。 3rd BOUT 幸平創真・田所恵・タクミ・アルディーニVS斎藤綜明・茜ケ久保もも・叡山枝津也 幸平創真VS斎藤綜明 2nd BOUTまでで互いのチームが3人ずつ敗れ、残りは5名ずつとなりました。 3rd BOUTでは 幸平創真と十傑第五席・斎藤綜明の対決が繰り広げられました。 テーマは「バター」です。 斎藤はオレンジ果汁とレモン汁を使った特製酢飯で 「海鮮バター丼」を作りました。 一方創真は同じ3rd BOUTの場に立った恵やタクミと協力して調理をします。 恵のりんごバターやタクミのチーズ、そして仲間たちと共に作った食材を使って 「ゆきひら流焦がしバターピラフ稲荷寿司」を完成させました。 結果は創真の勝利。 いつも一人で走ってきた斎藤はこの創真のチームプレーを見て、自分には無いものを感じ、敗北を自ら認める形になりました。 田所恵VS茜ケ久保もも 同じく3rd BOUTでは 田所恵と十傑第四席・茜ケ久保ももの対決となりました。 恵は創真が遠月学園に編入してきた頃からの友達です。 郷土料理が得意で、相手を気遣うことが出来る優しい料理が特徴的です。 一方ももは遠月学園当代きってのパティシエと呼ばれており、SNSでも人気のお菓子職人です。 二人に与えられた テーマは「りんご」でした。 ももは優雅な香りを持つ「ダマスクローズ」というバラを使った 「女王様の林檎タルト」を作りました。 一方恵は、四宮シェフに教えてもらった技法を使ったりんごバターや、タクミの針生姜を使った どら焼きで対抗します。 結果は ももの勝利。 しかし審査員の一人が恵に投票したことから、ももに動揺を与える形となりました。 タクミ・アルディーニVS叡山枝津也 3rd BOUT最後の試合は タクミ・アルディーニと十傑第九席・叡山枝津也の対決となりました。 タクミは日本人とイタリア人のハーフで、幼い頃から店で料理修業をしていたことからイタリア料理を得意としています。 一方叡山は「錬金術士(アルキミスタ)」という異名を持ち、フードコンサルティングとして活躍しています。 そんな二人に与えられた テーマは「牛肉」です。 叡山はタクミの料理を先読みし、苦み成分を多く加えた牛ローストでタクミの料理を妨害する作戦に出ました。 一方タクミは叡山の作戦を見破り、時雨煮と4種のチーズを組み合わせた「双つの月が輝くピッツァ」を作りました。 結果は タクミの勝利。 叡山の作戦を逆に利用する形となったタクミの料理が勝る結果となりました。 4th BOUT 薙切えりな・一色慧・タクミ・アルディーニVS茜ケ久保もも・司瑛士・小林竜胆 薙切えりなVS茜ケ久保もも 4th BOUTでは 元十傑第十席・薙切えりなと十傑第四席・茜ケ久保ももが対決しました。 えりなは「神の舌(ゴッドタン)」と呼ばれる素晴らしい味覚の持ち主で、今回の連帯食戟のキーパーソンでもある人物です。 この二人に与えられた テーマは「黒糖」です。 ももは醤油クリームを使って塩キャラメルのような風味を出した 「黒糖ロールケーキ城」を作りました。 一方えりなは特製のギリシャヨーグルトと黒糖餡を使ったどら焼き風パンケーキ 「スフレ・レジェ・ドゥ・グラース」で勝負に出ます。 結果は えりなの勝利。 ギリシャヨーグルトを使うことでスフレ生地のコクと風味が深まり、黒糖餡の存在感を更に引き立てる結果となったことが決め手でした。 そしてえりなはここで恵が作ったどら焼きという選択肢を持ってきています。 読者としては感動的な場面ですよね。 一色慧VS司瑛士 同じく4th BOUTでは 元十傑第七席・一色慧と十傑第一席・司瑛士の対決が繰り広げられました。 二人に与えられたテーマは「野ウサギ」でした。 一色は得意なフレンチの代表的ジビエ料理 「野ウサギの王室風仕立て(リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル)」を作ります。 一方一色は昆布と蛤出汁に、野ウサギと味噌の椀種で二段構えの味を表現した 「特製一色汁」で対抗します。 結果は 司の勝利。 やはり第一席の圧倒的な強さにはさすがの一色も太刀打ちできませんでした。 タクミ・アルディーニVS小林竜胆 4th BOUT最後の試合は タクミ・アルディーニと十傑第二席・小林竜胆の勝負となりました。 二人に与えられた テーマは「ヤリイカ」です。 希少食材マスターの竜胆はピラルクーという魚を使ったペルー料理のマッシュポテト 「カウサ」を作りました。 一方タクミは南イタリアの郷土料理 「カラマリ・リピエーニ」で勝負を仕掛けます。 結果は 竜胆の圧勝。 やはり十傑の強さは尋常ではありません。 しかしここでタクミが試合後に竜胆に気になる一言をかけます。 「小林先輩…あなたは どうして…そんなに怯えているのですか?」不意を突かれたような竜胆の表情も印象的なシーンでした。 FINAL BOUT 幸平創真・薙切えりなVS司瑛士・小林竜胆 遂に迎えた FINAL BOUT。 最後は 2人1組になっての勝負形式になりました。 反逆者チームは 幸平創真と薙切えりな、十傑チームは 第一席の司瑛士と第二席の小林竜胆での対決となりました。 テーマは 「コース料理」。 一人が前菜を作り、もう一人がメインを作ります。 十傑チームは竜胆が前菜、司がメインを担当しました。 竜胆は蟻の酸味を利用した 「きのこのミルフィーユ~デュクセルを挟んで~」を作り上げます。 司は鹿肉を使った 「白き鎧の皿~ソース・シルヴイユ」をメインとしました。 一方反逆者チームは創真が前菜、えりながメインを担当しました。 えりなにスペシャリテを作らせないと勝てないと踏んだ創真は、前菜にメイン級の料理 「時限式・生意気小僧原始肉」を作ります。 それを受けたえりなは究極のスペシャリテ 「楽園から飛び立つ真の美食(ル・ブラ・ヴェリタブル)~不良娘風~」を作り上げました。 両者はこれまで作り上げてきた料理の集大成をここで見せつけることになります。 勝者は反逆者チーム!十傑メンバー及び総帥の総入れ替えに! 結果は 反逆者チームの勝利。 「神の舌」を持つえりなが今まで辿り着いたことのなかったスペシャリテを作り上げることが出来たことが勝利へのカギとなりました。 勝負に勝った反逆者チームは十傑席次と総帥の座を取り戻すことになります。 話し合いの末、 総帥の座にはえりなが、十傑第一席には暫定で創真が就任することになりました。 創真は「第一席をかけた食戟はいつでも受ける」とし、共に荒野でぶつかり合おうと生徒たちと約束しました。 料理界を変えるという野望の下に生まれた薊政権はこの連帯食戟によって崩れ落ちました。 アニメは1nd BOUTまで…。 続編求む! 大盛り上がりの末に決着を迎えた連帯食戟ですが、アニメは1st BOUTまでで最終回を迎えてしまいました。 連帯食戟は十傑メンバーのかっこいい姿や、反逆者チームの成長した姿を見ることが出来ます。 ぜひアニメ化してもらいたいですね。 そして今回は簡単にしか紹介できませんでしたが、もっと詳しく連帯食戟の模様をご覧になりたい方は 原作を読んでみることをおすすめします。 今回ご紹介できなかった 過去の話や、 料理の詳細などがわかるようになっています。 ぜひ手に取ってみてくださいね。 関連記事をご紹介!.

次の

メインキャラクター

食 劇 の ソーマ 打ち切り

連隊食戟あたりまではすきだったけどな— K09am K09am1 食戟のソーマ終わったなぁ、打ち切りだよなって感じの終わり方だったな。 正直薊のところで終わると思ってたからノワールとか出てきて意味わからなくなってきたもんな。 続けるなら普通に2年生編って感じで学園生活重視の方が良かったかも。 — そう ggosinon0821 食戟のソーマ打ち切り非常に残念だな~。 薊政権打倒までは神作だったのに。 重大発表もあったせいか、割とサラッと終わっちゃったなぁ。 大好きで今まで読んできた漫画だっただけに、ちょっと寂しいね。 『』先生、『』先生、『』さん、皆さま本当にお疲れ様でした。 ・ 食戟のソーマの最終話 「堂々の完結!」みたいになってるの謎なんだが… 堂々どころか全部適当になってんじゃねぇか…… ・ 食戟のソーマの最終回お粗末な終わり方だった ・ 食戟のソーマは 絶対にもっと良い終わらせ方 できたはず ・ 食戟のソーマ面白くなくなったとか言ってたけど 終わるとなると割と悲しい ・ BLUE編がグダグダすぎて 購入止めようかと思ってた矢先だったので、 タイミングとしては良かったのかな… 文化祭あたりが好きだった。 ・ 食戟のソーマ打ち切りとは言え 個人的には嫌いな終わり方やな 物語完結せずに終わるパターン嫌いやわ😥 漫画読んでて.

次の