ジャベリン ありがとう ね。 遊戯王カードWiki

ジャベリンありがとうねぇ!<15本目> [ニコニコあっぷる]

ジャベリン ありがとう ね

場か手札から、星の数が合計8個以上になるよう カードを生け贄に捧げなければならない。 で登場した・の。 により。 攻守が中途半端なだが、を活かせば採用の余地はある。 特にや等、儀式以外でもしやすい点はとなる。 をにをすることで、このと用のを一度に揃えられる。 、でを無視してすることもできる。 また、8故にに対応するので、のパーツが揃わなくてもはある程度防げる。 同のにはが存在するため、これらのと共存させることは難しくない。 でする場合、はや、が適任。 いずれもが高く、の及びのを共有できる。 を軸としたではに溜まった等を処理しつつができる。 外見やゲームのから察するに、同様にクワガタとカブトムシが合体したのようである。 唯一のであり、また、が2550である。 登場当初はでこれに勝るが系統ぐらいで、好きのデュエリストには重宝されていた。 もっとも、当時はで固める利点も特になかった。 「攻撃守備ともにかなり高い はさみに挟まれたら真っ二つだ」と書かれている。 DM4ではインセクター羽蛾戦のデモ画面にこのが描かれている。 しかし肝心のCPUの使用するには投入されてない。 真DM2ではとの時にが600アップするを持っていた。 辛うじてを倒せる数値だが、このゲームではが出しやすいので、こののを狙う必要はほとんどなかった。 だがの揃っていない序盤での羽蛾戦では、もたもたしているとこのをされ対処不可能になることもある。

次の

ジャベリン(ガンダムシリーズ)とは (ジャベリンとは) [単語記事]

ジャベリン ありがとう ね

概要 [ ] が開発した試作型。 単独長距離侵攻を目的とした機体であり、アメリア製モビルスーツとしては第3世代機にあたる。 最大の特徴である両肩の主翼兼シールドと高出力スラスターは、に頼らずに安定した大気圏内飛行を実現し、同時に高い運動性と機動力を機体に与えている。 コクピットの構造はと共通しており、ある程度共通の部品が使用されている。 武装は多数装備されており高い汎用性を持つ。 その中でも本機独自の兵装として対艦攻撃用のビーム・ジャベリンを持ち、先端に内蔵されたビーム・ワイヤーによりもリーチの長い攻撃が可能。 試作機はほぼワンオフに近い生産形態だった事からの専用機として扱われ、との大陸間戦争、の対戦で活躍したものの、予備パーツの不足から整備性に難点を抱えていた。 その後モスグリーンカラーの量産機が開発され、アメリア軍に配備されている。 登場作品と操縦者 [ ] 第3話より登場。 パイロットののインパクトとビーム・ジャベリンの威力の前に特に印象が残りやすい。 奪還の為にに攻撃を仕掛け、と共にに帰還するが、やといった名うてのパイロットやの最新鋭機の前に後手に回っていき、クリムがアメリア本国に帰国した後は予備パーツも無くなった為、第9話で無人モビルスーツとして戦闘の弾除けに使われ、のによって撃墜された。 また、一般機は第22話から登場しているものの、時折画面に映る程度で目立った活躍はしていない。 装備・機能 [ ] 武装・必殺攻撃 [ ] バルカン砲 頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。 胸部にも大口径の物が2門内蔵されている。 弾丸は他のの機体と同様炸薬式である。 本機専用のビーム・ライフル。 高機動長距離航行というモンテーロの特性に合わせて消費エネルギーが抑えられ、携行バッテリーマガジン数が軽減されている。 新型コライダーを搭載しているため威力に関しては従来の物と変わりない。 ビーム・ジャベリン 対艦攻撃用に開発された長槍状の武装。 ジャベリン表面にを発生させることが可能で、名の通り投擲武装としても使用可能。 重金属粒子の収束は困難を極めていたが、磁気装置の改良によりジャベリン本体金属を溶かすことなくビームを発生させることに成功した。 投擲せずに近接武器としても使用出来る他、回転させることで相手の攻撃を防ぐ盾にもなる。 非使用時は分割された状態でシールド裏のパイロンに装備される。 余談だが、初期稿での名称は「バスターランス」であった。 ビーム・ワイヤー ジャベリンに内蔵されている海賊部隊共通の武装。 鏃状の小型ビーム発振器をチェーンのように多数繋げた物をリール状のユニットに格納しており、各発振器の後端にある2基の噴射口からビームを纏わせて使用する。 ビーム・サーベルとは異なり鞭のようにしなる為、運用の幅が広い。 使用された発振器は切り離され、その次の発振器が新たな先端部となる。 ワイヤー・フック 左腕部に内蔵されているワイヤー兵器。 電流を流す事で対象の電子機器にダメージを与える。 ミサイル サイドアーマーに片方3発ずつ計6発装備されているミサイル。 散布下での命中率は高くないが、防御用の煙幕や囮として使用できる。 威力自体は高い。 シールド 両肩部に装備されている可動式シールド。 高出力スラスターと兵装パイロンを備え、大気圏内飛行時には主翼としても機能する。 対決・名場面 [ ] モンテーロの圧力 『Gレコ』第3話より、記念すべき初登場回。 同じく初登場のクリムと共に颯爽と出撃し、デレンセンのMS部隊と交戦。 3機と3機、1機を嬉々と撃墜・行動不能に追い込むという、機体名を冠したサブタイトルに相応しい怒涛の活躍を見せた。 また、同話では「ジャベリンありがとうね!」「ジャベリンはッ!こう使うッ!!」といったクリムの代表的な台詞やコックピット内トイレの初描写などの印象的なシーンも登場している。 関連機体 [ ] この機体のデータが本機にフィードバックされている。 本機の運用データが使用されている。 この機体には本機の戦闘データがセッティングされている。 余談 [ ]• 当初はアイーダ機もデザインされており、赤いアイーダ機と青のクリム機でコンビとなるようイメージされていた。 その後アイーダの機はが設定された為、没案となった。 アイーダ機は後頭部がやや大型化しており、額には稲妻のようなブレードアンテナが装着されている。 また、シールド裏にはジャベリンではなくビーム・サーベルがマウントされている。 アイーダ機以外にも初期稿としてカラーのモンテーロが存在しており、クリム機の搭乗が想定されていた。 商品情報 [ ] [ ] リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

クリム・ニック

ジャベリン ありがとう ね

概要 [ ] が開発した試作型。 単独長距離侵攻を目的とした機体であり、アメリア製モビルスーツとしては第3世代機にあたる。 最大の特徴である両肩の主翼兼シールドと高出力スラスターは、に頼らずに安定した大気圏内飛行を実現し、同時に高い運動性と機動力を機体に与えている。 コクピットの構造はと共通しており、ある程度共通の部品が使用されている。 武装は多数装備されており高い汎用性を持つ。 その中でも本機独自の兵装として対艦攻撃用のビーム・ジャベリンを持ち、先端に内蔵されたビーム・ワイヤーによりもリーチの長い攻撃が可能。 試作機はほぼワンオフに近い生産形態だった事からの専用機として扱われ、との大陸間戦争、の対戦で活躍したものの、予備パーツの不足から整備性に難点を抱えていた。 その後モスグリーンカラーの量産機が開発され、アメリア軍に配備されている。 登場作品と操縦者 [ ] 第3話より登場。 パイロットののインパクトとビーム・ジャベリンの威力の前に特に印象が残りやすい。 奪還の為にに攻撃を仕掛け、と共にに帰還するが、やといった名うてのパイロットやの最新鋭機の前に後手に回っていき、クリムがアメリア本国に帰国した後は予備パーツも無くなった為、第9話で無人モビルスーツとして戦闘の弾除けに使われ、のによって撃墜された。 また、一般機は第22話から登場しているものの、時折画面に映る程度で目立った活躍はしていない。 装備・機能 [ ] 武装・必殺攻撃 [ ] バルカン砲 頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。 胸部にも大口径の物が2門内蔵されている。 弾丸は他のの機体と同様炸薬式である。 本機専用のビーム・ライフル。 高機動長距離航行というモンテーロの特性に合わせて消費エネルギーが抑えられ、携行バッテリーマガジン数が軽減されている。 新型コライダーを搭載しているため威力に関しては従来の物と変わりない。 ビーム・ジャベリン 対艦攻撃用に開発された長槍状の武装。 ジャベリン表面にを発生させることが可能で、名の通り投擲武装としても使用可能。 重金属粒子の収束は困難を極めていたが、磁気装置の改良によりジャベリン本体金属を溶かすことなくビームを発生させることに成功した。 投擲せずに近接武器としても使用出来る他、回転させることで相手の攻撃を防ぐ盾にもなる。 非使用時は分割された状態でシールド裏のパイロンに装備される。 余談だが、初期稿での名称は「バスターランス」であった。 ビーム・ワイヤー ジャベリンに内蔵されている海賊部隊共通の武装。 鏃状の小型ビーム発振器をチェーンのように多数繋げた物をリール状のユニットに格納しており、各発振器の後端にある2基の噴射口からビームを纏わせて使用する。 ビーム・サーベルとは異なり鞭のようにしなる為、運用の幅が広い。 使用された発振器は切り離され、その次の発振器が新たな先端部となる。 ワイヤー・フック 左腕部に内蔵されているワイヤー兵器。 電流を流す事で対象の電子機器にダメージを与える。 ミサイル サイドアーマーに片方3発ずつ計6発装備されているミサイル。 散布下での命中率は高くないが、防御用の煙幕や囮として使用できる。 威力自体は高い。 シールド 両肩部に装備されている可動式シールド。 高出力スラスターと兵装パイロンを備え、大気圏内飛行時には主翼としても機能する。 対決・名場面 [ ] モンテーロの圧力 『Gレコ』第3話より、記念すべき初登場回。 同じく初登場のクリムと共に颯爽と出撃し、デレンセンのMS部隊と交戦。 3機と3機、1機を嬉々と撃墜・行動不能に追い込むという、機体名を冠したサブタイトルに相応しい怒涛の活躍を見せた。 また、同話では「ジャベリンありがとうね!」「ジャベリンはッ!こう使うッ!!」といったクリムの代表的な台詞やコックピット内トイレの初描写などの印象的なシーンも登場している。 関連機体 [ ] この機体のデータが本機にフィードバックされている。 本機の運用データが使用されている。 この機体には本機の戦闘データがセッティングされている。 余談 [ ]• 当初はアイーダ機もデザインされており、赤いアイーダ機と青のクリム機でコンビとなるようイメージされていた。 その後アイーダの機はが設定された為、没案となった。 アイーダ機は後頭部がやや大型化しており、額には稲妻のようなブレードアンテナが装着されている。 また、シールド裏にはジャベリンではなくビーム・サーベルがマウントされている。 アイーダ機以外にも初期稿としてカラーのモンテーロが存在しており、クリム機の搭乗が想定されていた。 商品情報 [ ] [ ] リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の