シクラメン の 管理 方法。 シクラメン管理方法

シクラメンの夏越し方法

シクラメン の 管理 方法

シクラメンの株選び まず最初に、花選びが大切。 シクラメンがきれいに咲くか咲かないかというというのは、この株選びが重要です。 選ぶ時のポイントを幾つかご紹介しますね。 シクラメンの良い株• 小さい葉がたくさんついている• 花の高さがきれいに揃っているもの• 葉のシルエットが山形にこんもりとなっている• 株が小さくても、姿が整ったものが良いシクラメン• 葉の大きさが揃っていて、鉢の縁が葉で覆われ鉢土が見えないようなもの• 葉の形が左右対称で奇形の葉っぱがないもの• 色のついた蕾が葉の間からたくさん出ているもの シクラメンの良くない株• 葉が大きく広がってまとまりのないもの• 花に奇形があるもの• 花弁にシミがあるものは灰色カビ病の可能性がある• 株が大きい割に安いシクラメン• 葉を少し開いてみて、株元にカビや溶けてしまった葉っぱ、枯れた葉っぱが付いているもの• 葉が黄色くなっているものは萎凋病にかかっている可能性がある• 葉柄が伸びすぎているもの 購入するときのポイント シクラメンの姿は茎がシャッキっと伸びていて葉っぱが揃っているのがとても良い株です。 店頭の環境にも注意しましょう。 暖房の効きすぎた店内や寒すぎる環境にさらされた株はすぐには影響が出なくとも、必ず弱ってきます。 日当たりの悪い場所に置かれていたシクラメンも弱っている可能性がありますね。 店頭に並んでから日が経っているものも避けたほうが良いです。 安売りされてるものは注意です。 葉っぱが開いているのは、店頭に並んで日が経っているのかもしれません。 シクラメンは日光が大好き シクラメンはお日様が大好きです。 冬に部屋の中で育てている場合でも、1日に3時間はレースのカーテン越しの窓ぎわなどで日光浴させてくださいね。 夏は、風通しの良い半日陰になるような涼しいところに置きます。 シクラメンは肥料食い シクラメンはとっても肥料が大切です。 特に大輪系のシクラメンは、お花が咲かない原因が肥料不足ということがあります。 開花の最盛期に肥料が切れると、蕾の生育が遅れ、花が小さくなったり、株が徒長しやすくなります。 花が咲き続けている12月〜4月には1週間に一度カリ分の多い液肥をあげましょう。 花が咲かない、花が少ないようなら、鉢の縁に置き肥も与えます。 シクラメンは温度管理が大切 シクラメンを部屋で楽しむ時の注意としては、玄関や廊下に置かれることが多いと思います。 シクラメンは、温度が低すぎると花が咲かず、花も傷んできます。 夜の気温が下がりすぎるようなら、場所を移動させたり、 発泡スチロールに入れて保温し朝になったら取り出してあげるなどしましょう。 昼間と夜間の温度差も少ない方がシクラメンは元気に育ちます。 シクラメンのお手入れ方法 長く花を楽しむために欠かせないお手入れは、花がら摘みと葉組みです。 花がら摘み 花がらは花が終わったら根元から取り除きましょう。 方法は、花柄を持ってひねるようにして引き抜くと、元からきれいに取れます。 もし、途中で切れてしまったものを放置すると、切り口から病気にかかってしまいます。 必ず、根元から取り除くようにします。 抜き取りは株が水を吸って元気な状態にする。 鉢土が乾いていると途中で切れやすくなります。 シクラメンの花柄摘みは、枯れる前に行います。 花が古くなってきて、花弁の色が変わってきたときが適期です。 また、花柄をつまずそのままにしておくと、種が出来てしまいます。 種ができることで、蕾の発生や開花が鈍くなり、休眠してしまいます。 種をとりたいときには、一つだけにするとか、株に負担をかけないようにしましょう。 葉組み 葉組みとは、葉っぱを広げて根元に光が当たるようにすること。 葉っぱの数が増えると、球根に日光が当たらなくなり、花芽がつきにくい状態になります。 葉組みをして球根の上の芽に光が当たることで葉芽、花芽を分化させ花が咲きます。 ということは葉組みをしないと? 葉組みをしないで放置していると花の数が減ってしまい、さらには花がまとまりなくバラバラに咲きます。 葉組みをすることでどうなる? 葉の葉柄を周囲に広げて光を入りやすくし、花が中心部に揃って咲くってことですね。 葉組みと花柄摘みがよく分かる動画がありましたので、参考にされてくだいね。

次の

シクラメンの育て方|howto情報

シクラメン の 管理 方法

休眠させる方のやり方は「」を参考に。 大きなものは土の容量が多くなっての原因になる。 ここにこんなことを書くのはなんですが、シクラメンは毎年買い換えるのが気楽、かつ安上がりです。 の手間と経費と、肥料・土・鉢などお金がかかりますからね。 ガーデナーとしては廃棄するなんて心が傷みますから、夏越しは挑戦せざるを得ないのですが、 あまり気負わず、楽しむようにしてください。 何年も育てて花や葉っぱが少なくなったら肥料不足を疑いましょう。 春の注意点 葉っぱが黄色くなったらむしります。 黄色くなっていないならむしりません。 むしる時はをつまんで根元をひねって「プチ」って音がするようにして捩(ネジ)り切ります。 茎が残るとそこが腐ったりカビが生えて傷んで、の元になるからです。 緑の葉っぱは光合成をして球根に栄養をためているので無理にむしると球根が痩せやすくなり、翌期の開花が鈍くなります。 球根が腐らないように予防 休眠させない方法ではずっと水遣りをするので、過湿になりやすく、細菌性の球根腐敗病で腐りやすいです。 そこで前もってベンレート水和剤(ベノミル剤)を撒いておきます。 普通はそこまでしないですが、夏越しの確率はグっと上がります。 春に植え替えるという方法も 秋に植え替えるのが一般的ですが、春に植え替えることで秋の「これから発育するぞ」という時期に植え替えるを回避する方法もあります。 植え替えをする場合は、鉢から土ごと株を取り出して、土を落とさずに、一回り大きな鉢にスポっと入れて隙間に新しい土を入れます。 夏の管理場所 戸外の 雨の当たらない明るい日陰か半日陰で管理します。 風通しがよく涼しいところが適しています。 夏の直射日光に当たるとを起こして葉っぱが枯れてしまいます。 日当たりの悪いところで管理するの暑さ対策(30度以上で弱る)でもありますが、主には葉焼けを防ぐためです。 夏の水遣り 10日に一回か二週間に一回程度、ざっと土に水をかけてあげます。 球根に水をかけると球根の上部の凹んだところに水が溜まって、水が腐って球根まで腐ってしまいますので、 首の長いジョウロで土に水を注いでください。 受け皿や底面吸水に水が溜まっているなら水は捨ててください。 水が腐ると病気になります。 水をあげすぎると腐りますので控えてください。 気温が下がれば、また葉と根が出てきて復活するので秋になったら植え替えをしましょう。 肥料 6月以降は薄い液体肥料を一ヶ月に一回程度あげます。 濃いものをやると球根が腐りやすくなります。 葉っぱがなくなって休眠しているのであれば、肥料はやらないでください。 夏の注意点 とにかく涼しいこと。 雨に当たらないこと。 過湿になると腐りますので、風通しの良いところで管理しましょう。 夏越しは「風通し(=過湿にならない)」の一点にかかっています。 葉っぱがあるならば半日陰や明るい日陰で。 葉っぱがないなら涼しいところで管理する。 ない場合はネットで取り寄せましょう。 一袋が5リットルなど少量で小分けしてあって便利です。 開花には大量の「栄養」を必要とします。 これを補給するためにはたっぷりの(肥料)のフカフカの土が必要です。 根土はほぼ落とさない 植え替えの時に、鉢から株を取り出して植え替えるのですが、その時、根を張っている土を多少は落とすだけにします。 土を落とすと強いストレスになり、新しい土で植え替えても回復するまでに非常に時間がかかります。 根土は少し落とす程度にしてください。 徐々に日当たりへ シクラメンはもともと日光を好むものです。 ただ暑さと直射日光に弱いだけです。 その頃には新芽が出てきます。

次の

★シクラメンの育て方 シクラメンの冬~夏の管理と画像 : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

シクラメン の 管理 方法

休眠させる方のやり方は「」を参考に。 大きなものは土の容量が多くなっての原因になる。 ここにこんなことを書くのはなんですが、シクラメンは毎年買い換えるのが気楽、かつ安上がりです。 の手間と経費と、肥料・土・鉢などお金がかかりますからね。 ガーデナーとしては廃棄するなんて心が傷みますから、夏越しは挑戦せざるを得ないのですが、 あまり気負わず、楽しむようにしてください。 何年も育てて花や葉っぱが少なくなったら肥料不足を疑いましょう。 春の注意点 葉っぱが黄色くなったらむしります。 黄色くなっていないならむしりません。 むしる時はをつまんで根元をひねって「プチ」って音がするようにして捩(ネジ)り切ります。 茎が残るとそこが腐ったりカビが生えて傷んで、の元になるからです。 緑の葉っぱは光合成をして球根に栄養をためているので無理にむしると球根が痩せやすくなり、翌期の開花が鈍くなります。 球根が腐らないように予防 休眠させない方法ではずっと水遣りをするので、過湿になりやすく、細菌性の球根腐敗病で腐りやすいです。 そこで前もってベンレート水和剤(ベノミル剤)を撒いておきます。 普通はそこまでしないですが、夏越しの確率はグっと上がります。 春に植え替えるという方法も 秋に植え替えるのが一般的ですが、春に植え替えることで秋の「これから発育するぞ」という時期に植え替えるを回避する方法もあります。 植え替えをする場合は、鉢から土ごと株を取り出して、土を落とさずに、一回り大きな鉢にスポっと入れて隙間に新しい土を入れます。 夏の管理場所 戸外の 雨の当たらない明るい日陰か半日陰で管理します。 風通しがよく涼しいところが適しています。 夏の直射日光に当たるとを起こして葉っぱが枯れてしまいます。 日当たりの悪いところで管理するの暑さ対策(30度以上で弱る)でもありますが、主には葉焼けを防ぐためです。 夏の水遣り 10日に一回か二週間に一回程度、ざっと土に水をかけてあげます。 球根に水をかけると球根の上部の凹んだところに水が溜まって、水が腐って球根まで腐ってしまいますので、 首の長いジョウロで土に水を注いでください。 受け皿や底面吸水に水が溜まっているなら水は捨ててください。 水が腐ると病気になります。 水をあげすぎると腐りますので控えてください。 気温が下がれば、また葉と根が出てきて復活するので秋になったら植え替えをしましょう。 肥料 6月以降は薄い液体肥料を一ヶ月に一回程度あげます。 濃いものをやると球根が腐りやすくなります。 葉っぱがなくなって休眠しているのであれば、肥料はやらないでください。 夏の注意点 とにかく涼しいこと。 雨に当たらないこと。 過湿になると腐りますので、風通しの良いところで管理しましょう。 夏越しは「風通し(=過湿にならない)」の一点にかかっています。 葉っぱがあるならば半日陰や明るい日陰で。 葉っぱがないなら涼しいところで管理する。 ない場合はネットで取り寄せましょう。 一袋が5リットルなど少量で小分けしてあって便利です。 開花には大量の「栄養」を必要とします。 これを補給するためにはたっぷりの(肥料)のフカフカの土が必要です。 根土はほぼ落とさない 植え替えの時に、鉢から株を取り出して植え替えるのですが、その時、根を張っている土を多少は落とすだけにします。 土を落とすと強いストレスになり、新しい土で植え替えても回復するまでに非常に時間がかかります。 根土は少し落とす程度にしてください。 徐々に日当たりへ シクラメンはもともと日光を好むものです。 ただ暑さと直射日光に弱いだけです。 その頃には新芽が出てきます。

次の