アキラ 漫画 予言。 「東京五輪の中止を予言?」と話題再燃。私たちのなかに『AKIRA』は生きているのか

AKIRA (漫画)

アキラ 漫画 予言

場面はそれから一気に37年飛んで2019年、かつての東京は大戦後、東京湾上に建設された「ネオ東京」へと生まれ変わり、翌年にオリンピック開催を控えるまでに復興を遂げたところから、物語が始まる。 年が明ければ『AKIRA』の時代に追いつく 『AKIRA』は、講談社の青年マンガ誌『週刊ヤングマガジン』1982年12月20日号より連載が開始された。 いまから36年前のことだ。 現実の時間も、年が明ければ、ついに『AKIRA』で描かれた時代に追いつこうとしている。 奇しくもその翌年に東京でオリンピックが開催されることも一致する。 折しも12月23日より放送が始まるNHKスペシャル『東京リボーン』シリーズ(NHK総合)では、タイトル映像のデザイン監修を大友克洋、テーマ音楽を作曲家の山城祥二、題字を劇画家の平田弘史がそれぞれ担当する。 山城は大友自ら監督を務めた劇場アニメ版『AKIRA』(1988年)で音楽を担当した芸能山城組の組頭であり、原作マンガとアニメ版ともに題字を手がけた平田とあわせて、久々に『AKIRA』に携わったクリエイターが結集した。 なぜ『AKIRA』は東京五輪前の2019年なのか それにしても、『AKIRA』の時代設定になぜ2019年が選ばれたのか。 それはおそらく、同作の連載が開始された1982年が第2次世界大戦終結から37年後だったので、その時間幅をそのまま作中の第3次世界大戦後に当てはめたのだろう。 期せずして予言することになったオリンピックも、その翌年がちょうどオリンピックイヤーにあたることから、現実の1964年の東京オリンピックがそうであったように、戦後復興の象徴としてネオ東京でも開催するという設定になったのではないか。 それを証明するように、大友克洋は今回の番組に寄せたメッセージでこんなことを語っている。 《漫画の『AKIRA』は、自分の中では、世界観として「昭和の自分の記録」といいますか。 戦争があって、敗戦をして。 政治や国際的ないろいろな動きがあり、安保反対運動があり、そして東京オリンピックがあり、万博があり。

次の

AKIRAオリンピック中止のあらすじがヤバい!新型ウイルスも予言していた!

アキラ 漫画 予言

香港ではいまだ反送中運動が終わらず、今年になって武漢肺炎の流行で世の中が騒然としている中、ネット上では30年以上前にマンガ誌「週刊ヤングマガジン」に連載され、アニメ映画として公開された「AKIRA」が現在の東京の状況を予言していると話題になっています。 「AKIRA」は日本の漫画家でアニメーション監督の大友克洋氏が執筆した漫画で、1982年から連載され、その後、「AKIRA」はアニメ映画として1988年に公開されました。 その中ではまさに東京オリンピックが行われようとしている2020年の東京が描かれています。 日本の漫画家の平野健太さんは、昨年7月1日に、香港の抗議者が円形の交通標識を盾として持っているのを見て、以前見た「AKIRA」のシーンを思い出し、香港の抗議者の写真を「AKIRA」と並べた画像をツイートで投稿しました。 赤い枠で囲ったところをよく見ると、伝染病に対する世界保健機関(WHO)の対応が批判されている内容の街頭発表であり、「ちょっとゾッとした」と現在、武漢肺炎の発生でWHO が批判されている現在の状況と一致していることに驚きを隠せません。 ほんとだ AKIRAどんだけ予言してんだよ — 平野耕太 ( hiranokohta) 「予言」はそれだけではありません。 アニメーションの中で出てくるシーンに東京オリンピックのカウントダウンの看板で、147日と記してある下に「中止だ中止」と落書きが書いてあります。 因みにオリンピック開催前147日は2月29日となっています。 今のところ東京は今年の夏にオリンピックを開催する予定ですが、日本の武漢肺炎の流行が悪化しているため、「AKIRA」の「予言」が実現するかどうかはまだわからないところです。 「AKIRA」の連載が開始されたのが1982年。 作品の中に現れる38年後の東京を今と比べてみるとまた驚くべき予測がもっとみつかるかもしれませんね。 (大紀元日本ウェブ編集部) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

漫画アキラが東京五輪の中止を予言の噂!真相に重要なメッセージが!

アキラ 漫画 予言

映画『アキラ/AKIRA』が未来で起こることを予言していた? 「AKIRA」で描かれた年代に現実世界が追いついたことに加え、物語で描かれた出来事に現実世界で起こっている出来事が重なっているとして、 AKIRAの予言が的中したとSNS上などで非常に大きな反響がありファンの間でも大いに盛り上がっています。 ここからは「AKIRA」で予言された出来事と、現在の我々が体験していることとして予言が的中した出来事を紹介します。 2020年に入ってから新型コロナウイルスの感染拡大の歯止めが効かなくなり、中国の武漢を発端としたパンデミックが現実化しつつあります。 この感染拡大を受け、各国は渡航制限や入国制限を行い、国同士での往来が非常に厳しく制限される事態となりました。 新型コロナウイルスの感染拡大は中国にとどまらず南極大陸を除く全大陸に拡大しており、特に韓国、日本、イラン、イタリアなどでは新たな感染拡大の震源地となるのではないかと言う懸念も広がりつつあります。 そして、このような事態は映画『アキラ/AKIRA』でも同様に起こっていたのです。 出典: 「AKIRA」の世界でも2020年に東京オリンピックが開催されることが既に決まっていました。 現実でも2020年に東京オリンピックが開催されることだけでも予言が的中しており驚きですが、開催までの日数カウントダウンの右下には「中止だ中止」や「粉砕」と落書きされていることがわかります。 「AKIRA」の世界でも東京オリンピックを中止にしたい勢力が存在していることが窺えます。 また、現実世界でも新型コロナウイルスによって2020年の東京オリンピックを中止とした方が良いのではないかと考える人も少なからず存在します。 そもそも東京オリンピックが開催されることが決定された時から予算などの問題によって開催を反対する人々が存在していたのですが、大きな話題となったのはやはり新型コロナウイルスの感染拡大に国民が危機感を持ち始めてからです。 最初に新型コロナウイルスによるオリンピック中止の可能性が報道がされたのは1月29日で翌日の午前10時にはTwitterのトレンドで「東京オリンピック中止」というキーワードワードがランクインしました。 その後も何かと話題になりましたが、大きな話題となったのは国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーであるディック・パウンド(Dick Pound)氏が東京オリンピックの中止について言及したことでした。 国際オリンピック委員会のメンバーの発言だけに衝撃が走りました。 またこの発言によって「本当に中止になってしまうのではないか?」という国民感情が生まれた日が2月27〜28日で オリンピック開催までの日数がほとんど画像の日数147日と同じであったことも「予言的中」だとして大きな話題となりました。 画像の右はしには「 WHO、伝染病対策を非難」と書かれておりAKIRAの世界でも伝染病が蔓延していることが窺えます。 これは現実世界でも新型コロナウイルスによる感染拡大への対策の初動が遅れているとして、世界中から日本の対応が非難されたことと一致します。 特にクルーズ船への対応については各国から様々な批判の声が上がっていました。 上の画像をよく観ると「赤痢」や「難民テント」と書かれているようにも見えるため、相当数の伝染病の蔓延が広がっていたと考えられます。 これらを踏まえるとAKIRAの物語は伝染病の感染拡大が広がること、2020年の東京オリンピックの開催が危ぶまれていることなどを予言していたことになり、もし本当に東京オリンピックが中止となれば更に予言が的中したことになりもはや偶然とは言えなくなるかもしれません。 「AKIRA」では 「前総理の行った税制改革の歴史的失敗である」 といったセリフが登場します。 この改革がこれから先経済に悪影響を与えたとしたら、このセリフも未来を予言していたということになるのかもしれません。 そして、「AKIRA」では第三次世界大戦という架空の戦争が登場しています。 世界ではそのようなことは起きていませんがAKIRAの第三次世界大戦では東京が崩壊しネオ東京というものが造りあげられました。 この第三次世界大戦は日本でいうところの東日本大震災にあたるのではないかとの見方もされています。 東京オリンピックの中止運動の一つに、「震災からの復興もままならないのに」という意見も存在しました。 そういった点から少し一致しているかもしれません。 この他にも漫画で描かれたスタジアムと建築家のザハハディットさんがデザインした国立競技場 実際には予算の関係で没案となった が似ていることなども予言の一つとして挙げられます。 1988年に公開された映画は実写映画として帰ってくる可能性がある。 2019年には『AKIRA』の実写化作品が公開されることが発表されたが、その後保留という形となっている。 実写化が実現した場合、監督は発表されたタイカ・ワイティティとなる可能性が高い。 タイカ・ワイティティ監督といえば昨年公開の『』で2020年アカデミー賞脚色賞を受賞している。 タイカ・ワイティティは監督として最近注目され始めたもののその実力は評価されており、MCUの『マイティーソー・バトルロイヤル』は大絶賛されている。 ともあれ、日本の漫画とタイカ・ワイティティのタッグを近い将来見ることができるとなるとその期待値は高まるばかりだ。

次の