花 より 男子 二 次 小説 大人 - [B!] 花より男子 二次小説(大人向け・・・)

より 二 次 大人 花 男子 小説 L'homme du

より 二 次 大人 花 男子 小説 [B!] 花より男子

より 二 次 大人 花 男子 小説 Last Promise

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (1ページ)

より 二 次 大人 花 男子 小説 花より男子の二次小説、大人バージョン

より 二 次 大人 花 男子 小説 花より男子の二次小説、大人バージョン

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (7ページ)

より 二 次 大人 花 男子 小説 [B!] 花より男子

より 二 次 大人 花 男子 小説 Last Promise

より 二 次 大人 花 男子 小説 花より男子の二次小説、大人バージョン

新たな道へ 15

より 二 次 大人 花 男子 小説 新たな道へ 15

より 二 次 大人 花 男子 小説 L'homme du

新たな道へ 15

花より男子の二次小説、大人バージョン

でも、なんか、自分の中で、結婚まで吹っ切れないというか。

  • 」 類に気付き、軽く会釈をした。

  • 「四年後に必ず迎えにいきます」 ふたりの約束。

  • 」 そう言って、類は稜の肩をポンと叩き、その場から離れて言った。

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (7ページ)

  • 忙しいのにごめんなさい。

  • 」 司は、ぶつかった相手の顔をじっーと見て、立ち止まっていた。

  • 彼女の部屋で暮らし始めて数ヶ月後の事だった。

新たな道へ 15

プレゼントとか貰い慣れてるだろうから。

  • ちょっと相談したいことがあるんだけど、時間もらえますか??」 「牧野?相談?、、、あぁ、わかったよ。

  • それが、男と女の関係。

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (7ページ)

  • 」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。

  • 時間を追いかける、苦しい恋から、解き放たれたふたりは、新しい道を、またみつけるために、それぞれに歩き出す。

  • 「へぇ〜。

[B!] 花より男子 二次小説(大人向け・・・)

「ねぇ、F4よっ!!まさか、こんなところでお目にかかれるなんてっ!」 「大人になっても、やっぱり素敵だわぁ」 パーティーに出席していた女性達が、騒ぎ始めた。

  • 「それで?彼女とは?」 「それっきり、、、音信不通です。

  • 」 「私、どうしたら。

  • だから、君には本当に申し訳ない。

花より男子の二次小説、大人バージョン

けれど、それは何も特別なことではないし、今までだって、何度か似たようなことがあったじゃないか。

  • 必死に、彼女の居場所を探した。

  • 」 「えっ!?そうなの〜??スゴい、偶然じゃない?」 「うん、ビックリした。

  • それが、どんなに難しいことなのか。

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (7ページ)

それは、総二郎も認めていた。

  • 梓の誕生日パーティ当日。

  • さらさらと。

  • その瞳は、そう継げていた。

新たな道へ 15

2人の様子を見ていた司。

  • 一通り、食事が終わり、デザートのケーキを食べていた時だった。

  • あの、梓さんに招待されまして。




2021 cdn.snowboardermag.com