胡蝶蘭 3本立て 相場。 豪華な胡蝶蘭の5本立てで差をつけよう!相場や大きさはどれくらい?

これを見れば恥ずかしくない!胡蝶蘭ギフトの値段・相場のまとめ

胡蝶蘭 3本立て 相場

胡蝶蘭と聞いて皆さんが真っ先に思い浮かべるのが、白い胡蝶蘭の鉢植えではないでしょうか?その白い胡蝶蘭の鉢植えに実際に何本が植えられているかご存知ですか?実は1本だけではないのです。 3本立ちだと3本の胡蝶蘭の株が寄せ植えされているのですよ。 その3本立ちの白い大輪系胡蝶蘭は、慶弔時の贈り物として定番中の定番です。 しかし同じ3本立ちでも実は様々な種類のものがあるのです。 まず胡蝶蘭の種類は、花の大きさと色によって分けられます。 大きさとしては大きい順に大輪系、中大輪系、ミディ系、ミニ胡蝶蘭に分けられます。 色は白が最もポピュラーですが、品種改良により様々な色目のものが販売されています。 白以外でよく目にするのはピンクや白い花びらに花びらの中心が赤い赤リップですが、他にも黄色や紫などがあります。 また最近では、科学技術によって染色されたブルー系の商品も目にする機会が増えました。 のシーン別相場などをご紹介しますね。 3本立ちの胡蝶蘭は大きく花の大きさと種類に分けられ、様々な種類のものがあることがお分かりいただけたかと思います。 3本立ちの胡蝶蘭の相場に関しても、花の大きさと数によって変わってきます。 また中大輪系やミディ系などの場合は、品種によっても金額に差が出る傾向があります。 しかし1番気をつけたいのは、どのシーンでどのくらいの金額のものが最適かということですよね。 そこで贈る際の相場をシーン別にご紹介しましょう。 経営者クラスの方へ…40,000~50,000円• 部長や課長クラスの方へ…30,000円前後• 友人として贈る場合…10,000~30,000円• 身内として贈る場合…20,000~50,000円• 身内として…10,000~30,000円• 友人として…5,000~10,000円• 個人で贈る場合…8,000~15,000円• 法人から贈る場合… 15,000~30,000円 同じ3本立ちでも、シーンによって相場が随分違ってくることに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 どのシーンにおいても、を贈るよう心掛けたいですね。 3本立ちの胡蝶蘭を贈る際に気を付けたい相場がシーンによって違うことをお分かりいただけたところで、3本立ちの胡蝶蘭を贈りたいシーンについてご紹介しましょう。 大輪系の3本立ちは、恐らく皆さんが胡蝶蘭と聞いて真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。 胡蝶蘭は贈り物として最も選ばれている商品ですが、中でも白い胡蝶蘭はため目にする機会も多いかと思います。 しかし同じ大輪系の3本立ちでも、色が変わると印象も変わってきます。 また大輪系や中大輪系より小さい花が愛らしいミディ系は、小ぶりなお花をたくさん付け個性的なお花が多いことから、ビジネスシーンよりは親しい間柄の贈り物向けとしておすすめです。 では実際に3本立ち胡蝶蘭のどれをどのシーンに選べば良いのかご紹介しますね。 就任祝いに3本立ちの胡蝶蘭を贈る場合、就任祝いそのものの相場がお相手の立場で変わってきます。 それ故に、どの立場の方に贈っても失礼がない相場である30,000円前後の胡蝶蘭を選ぶのがベターです。 種類としては、大輪系か中大輪系あたりが花のボリューム感が豪華に見えるのでオススメです。 色は白色が最もよく選ばれていますが、他の方から贈られた胡蝶蘭と差をつけるならを選ぶと良いでしょう。 また中大輪系の商品を選ぶ場合、3本立ちは5本立ちに比べるとコンパクトになるので花の形が丸みを帯びた品種を選ぶとゴージャス感が増しますよ。 贈るタイミングとしては、就任日か就任日に近い大安や友引といったお日柄の良い日に先方にお届けできるようにしましょう。 もし可能なら、担当者にいつお届けするのが良いか聞いてみると安心ですね。 開店開業祝いに3本立ち胡蝶蘭を贈る時、まず考慮しないといけないことは飾る場所がどの程度あるかということです。 もちろん広い店舗や事務所の場合は、大輪系の豪華なものでも大丈夫です。 しかし隠れ家的な飲食店など小さい店舗などの場合は大輪系の胡蝶蘭を置くスペースが確保できない可能性も考えられますので、中大輪系やミディ系のものがオススメです。 特に中大輪系の3本立ちは、コンパクトな割に品種によっては豪華に見えます。 贈るタイミングは、開店開業日の前日に先方に届くようにしましょう。 当日は様々な準備やお客様のお相手などで忙しくされている可能性が高いからです。 そんな中で届いた胡蝶蘭を箱から出して配置を考えさせることは、相手を思いやっているとは言えません。 折角の贈り物が相手の迷惑になっては、元も子もありません。 そのような事態を防ぐ意味でも、お届け時間などについては直接先方にたずねてみるのも良い方法です。 3本立ちの胡蝶蘭をお供えのお花として贈る場合、まずは四十九日までと四十九日以降に分けて考える必要があります。 一般的にお供えの花は白と決まっているものの、四十九日以降であれば白以外の色でも失礼に当たらないからです。 大切なお身内を亡くされた遺族の方の気持ちに添うべく、周忌法要としてのお供えも回数を重ねるごとに淡い色目からちょっとずつ明るいお色みが入ったものにしていくと良いでしょう。 見た目の印象を考えると、種類は大輪系か中大輪系がベターですよ。 贈るタイミングは、葬儀や法要の日の前日までに届くようにしましょう。 特に葬儀の場合は、身内を亡くした悲しさと準備の忙しさにご遺族の方は余裕がありません。 お花の配置を考えさせるなどの負担を気持ちの余裕がないご遺族に強いてしまうかもしれませんから、胡蝶蘭は必ず前日までに届けるよう細心の注意を払いましょう。 なお受取人のお名前は喪主の方にするのが一般的ですので、そちらも注意してくださいね。 には、マナーに気をつけ失礼にならないよう気をつけたいですね。 長寿のお祝いとして3本立ちの胡蝶蘭を贈られる場合に考えなければならないことは、年齢別にテーマカラーがあることです。 還暦に赤いちゃんちゃんこを贈ることからも想像できるように、還暦は赤がテーマカラーです。 そして古希(70歳)、喜寿(77歳)といった70代は紫、傘寿(80歳)、米寿(88歳)といった80代は黄色、卒寿(90歳)、白寿(99歳)といった90代やそれ以上のご年齢だと白がテーマカラーになっています。 そのため、テーマカラーに沿った胡蝶蘭を選ぶとより喜ばれます。 例えば、還暦なら大輪系ピンクや中大輪系ピンク、喜寿などなら中大輪系やミディ系の紫の色味が強いもの、米寿なら大輪系や中大輪系の黄色系を選ぶと良いでしょう。 新築祝いに3本立ちの胡蝶蘭を贈る場合、種類も色目もあまり気にする必要はありません。 特に友人間や身内からの贈り物であれば、飾る場所や相手の好みに合わせたものを選べば間違いないでしょう。 また取引先の方などであれば、3本立ちは同じ大輪系でも5本立ちなどに比べるとコンパクトな上に豪華に見えるためオススメです。 ただ気をつけるべき点がひとつあります。 それは新築祝いに赤いラッピングなどは、マナーに反するということです。 赤は火の色ということから火事を連想させるため、新築祝いには選ぶべき色ではありませんので注意しましょう。 贈るタイミングとしては新しいお家のお披露目の場に持参するのが一般的ですが、その日は都合がつかないこともありますよね。 そういう場合は、新築のお披露目が落ち着く頃合を見計らってお届けするのが良いでしょう。 具体的には、新築後半月~2ヶ月以内がベストです。 相手が親しい方なら、都合の良いお届けの日時を聞いておくと良いですね。

次の

5本立ち胡蝶蘭の大きさは?ギフトシーンとおすすめ3選

胡蝶蘭 3本立て 相場

相場 胡蝶蘭を贈答品として選ぶ際の相場は、大きく分けて3つの観点があります。 立場(個人の贈り物か法人の贈り物か) 2. 用途(お祝いシーン) 3. お相手との関係性 開業祝いや就任祝いなどを「一般的な法人のお祝い」の基準としますと、相場は 2〜3万円と言われています。 (LIFULL FLOWERの商品の場合、標準の相場より低価格でご提供しているため、「3本立て33輪」もしくは「3本立て40輪」がおすすめです。 ) 特にお付き合いの深いお相手の場合は1ランク上の商品、大切なお取引先の場合は2ランク上、というイメージでお選びいただきますと間違いがないでしょう。 また、100周年のお祝いや社長ご就任といった、特に大きなお祝いでは多くの法人が輪数(お花の数)の多い豪華な胡蝶蘭をお贈りします。 本数と輪数 胡蝶蘭の種類で必ず見かける「〇本立て・〇輪」という種類ですが、これは 「1つの鉢に入っている株(茎)の本数」と、 「茎についているお花の数」を表しています。 本数のほとんどが奇数なのは、胡蝶蘭に限らず日本では古くから「奇数が縁起が良い」とされているためです。 (「末広がり」の8は例外。 ) 当然この本数・輪数がより多いものが大きく豪華な商品となります。 ただ、必ずしも「このお祝いシーンでは3本立て」「このお祝いシーンなら5本立て」と用途によって決まっているわけではなく、 お送りするお相手との関係性などで変わってくるとお考えください。 なお、ビジネスシーンの場合、届いた胡蝶蘭はお届け先様のエントランス等に飾られることも多くあります。 送り主(法人名)が記載された「立て札」とともに並ぶことを考え、 見劣りのしないランクの商品を選ぶことも求められるかもしれません。 お問い合わせ お問い合わせは、lifull-flower lifull. comへお願いいたします。 lifullflowerのハッシュタグでぜひ投稿してください• 胡蝶蘭の商品一覧【LIFULL FLOWER】開店祝い・移転祝いといった用途に応じて、高品質の胡蝶蘭を選び、購入することができます。 胡蝶蘭の種類・選び方・相場・贈る際のマナーなども掲載。 一般的に法人のお祝い事の相場とされている2〜3万円程度前後で買うことができる、花のプランも紹介しています。 また、木札の立札が無料で、お好きな種類の木札を選ぶことができます。

次の

3本立ちの胡蝶蘭を贈るのにオススメのシーン5選

胡蝶蘭 3本立て 相場

胡蝶蘭は3本立以上の鉢が一般的に多く見られますが シンプルな1本立ちを取り扱うショップもあります。 1本立ちの値段相場やおすすめの胡蝶蘭を紹介します。 ミニ胡蝶蘭(マイクロ胡蝶蘭、テーブル胡蝶蘭)、 ミディ胡蝶蘭、大輪系胡蝶蘭と様々ですが大きいものの方が高値になります。 1本立ちはミニ胡蝶蘭やミディ胡蝶蘭の品種で販売されているところが多く、 大輪系はほとんど見かけません。 花びらに文字が入った 「メッセージ胡蝶蘭」など、ユニークな胡蝶蘭もあるので 大切な人へのお祝いギフトやお礼に贈るのにおすすめです。 同価格でアマビリスの1本立ちもあり。 1本立ちの胡蝶蘭はシンプルで派手過ぎず、 どんな部屋にも飾りやすいのが大きな魅力です。 お花は飾るだけで リラックス効果やリフレッシュ効果があると言われています。 1本立ちの胡蝶蘭をテービルや棚の上に飾るだけで お部屋が和やかな印象になるでしょう。 値段も3,000円前後からあるので、気軽に購入できるのも嬉しいところ。 胡蝶蘭を初めて購入する方も、お試しで買うのにおすすめです。

次の