ひ ゃ っ ぷん で 名著 - 100分 de 名著

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 名著105「資本論」:100分 de

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 名著105「資本論」:100分 de

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 名著105「資本論」:100分 de

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分de名著 カール・マルクス『資本論』

名著105「資本論」:100分 de 名著

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分de名著 カール・マルクス『資本論』

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分de名著 カール・マルクス『資本論』

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分de名著 カール・マルクス『資本論』

100分 de 名著

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分de名著 カール・マルクス『資本論』

100分 de 名著

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分 de

100分de名著 カール・マルクス『資本論』 2021年1月

っ ひ で 名著 ぷん ゃ 100分 de

100分 de 名著

猛威をふるい続ける新型コロナウィルス禍。

  • 「商品」に頼らないで生きていくことはもはや不可能に。

  • 第三回は、「資本論」を読むことでイノベーションの矛盾を浮かび上がらせ、本来あるべき豊かな労働を取り戻すには何が必要かを考える。

  • 著書に「大洪水の前に」「人新世の資本論」などがある。

名著105「資本論」:100分 de 名著

パンデミックや気候変動といった地球規模の環境危機をふまえ、いまこそ必要な社会変革に向けた実践の書として『資本論』をとらえ直す、まったく新しいマルクス論。

  • (というわけで、内田樹さんには伏して御礼申し上げます)。

  • それが今回放送された4つの視点だったのです。

  • ドゥルーズによる哲学の定義「概念を創造すること」。

100分 de 名著

優秀なIT技術者やエンジニアたちが利益優先の会社を飛び出て「コモン」を拡大していけるような「ワーカーズ・コープ」を立ち上げてみる。

  • しかし、「100分de名著」では、パイロット版ともいうべき「1週間de資本論」という番組をすでに放送しています。

  • 概念を創造し、今までみえなかった現実をみえるようにすること。

名著105「資本論」:100分 de 名著

(更に驚くべきことに、ほぼ同時期に、斎藤さんを知る他の出版社の編集者からも、損得ぬきでお会いしてみませんかというお誘いが。

  • 今にして思うと、「大洪水の前に」の初版が2019年4月ですから本当に早い時期の幸運な出会いでした。

  • そうした中で、資本主義では問題は解決しない、もっと抜本的改革が必要だとして、新たな社会像を考えるためのヒントをマルクスの思想に求め始めています。

  • それこそが「資本論」の大きなメッセージの一つなのですから。

100分de名著 カール・マルクス『資本論』 2021年1月

短時間だったのですが、とても魅力的にこの著作のことを語られる内田さんの話にぐいぐい引き込まれ、その足ですぐにこの本を購入して読んでしまうことに。

  • 労働者も自らこの論理を内面化し、価値増殖運動の歯車になってしまう。

  • 派遣労働などの非正規労働者の切り捨て、サラリーマンの給与カットやリストラ、相次ぐ中小企業の倒産等々…すでにその影響はじわじわと現れています。

  • その結果、本来豊かな労働を「構想」と「実行」に分離、創造的な「構想」のみを資本家が奪い、単純労働のみを労働者に押し付けるといった過酷な状況が構造的に生じてしまうという。

名著105「資本論」:100分 de 名著

そこで、番組では、グローバル資本主義社会が行き詰まり、その暴力性をむき出しにしつつある中で、もう一度、別の未来の可能性を、マルクスの代表作『資本論』を通して考えてみたいと思います。

  • 経済思想研究者の斎藤幸平さんは、ソ連や中国といった既存の社会主義国家にはなかった全く新しい社会ヴィジョンが、マルクスがその生涯をかけ執筆した大著『資本論』のうちに眠っているといいます。

  • 単に理解するだけではなく、一歩踏み出して実践していくこと。

  • そして、「今の時代と切り結ぶ」という視点が評価され、無事企画は採択されたのです。




2021 cdn.snowboardermag.com