沢尻 エリカ 逮捕。 沢尻エリカ逮捕!沢尻会の友達芸能人が芋づる式にヤバい!?【メンバー画像】

横川直樹がMDMA所持で逮捕!沢尻エリカの供述?ホームページやSNSも削除済み!

沢尻 エリカ 逮捕

女優の沢尻エリカ(写真:Imaginechina/アフロ、2018年6月に中国・上海にて) 女優の沢尻エリカが11月16日13時頃、合成麻薬の一種であるMDMAを所持していたとして、警視庁・組織犯罪対策5課によって逮捕されていたことがわかった。 逮捕容疑は麻薬取締法(麻薬及び向精神薬取締法)違反で、逮捕場所は東京目黒区内の沢尻の自宅マンションであったという。 沢尻エリカが所持していたとされるMDMAは、化合物「メチレンジオキシメタンフェタミン」を指し、俗にエクスタシーなどとも呼ばれる違法薬物。 沢尻エリカを逮捕した警視庁・組織犯罪対策5課は、銃器と薬物事案を担当する警視庁内の部署で、2016年2月に、元プロ野球選手の清原和博を逮捕するなど、捜査能力の高さで知られる。 1986年生まれで今年33歳の沢尻エリカは2009年、当時所属していた大手芸能プロダクション、スターダストプロモーションを契約解除され、のちにその理由が「大麻使用疑惑」であったことを週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)によって報じられた経緯がある。 現在は、2010年に設立した個人事務所「エル・エクストラテレストレ」に所属し、2011年より大手芸能プロダクションのエイベックス・マネジメントと業務提携していた。 沢尻エリカは、2020年1月より放送されるNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』に出演予定だった。 役どころは、斉藤道三の娘でのちに織田信長の正妻となる濃姫役。 同ドラマは2019年6月にすでにクランクインしており、今後の影響が懸念される。 ある大手芸能プロダクション幹部は、本サイトの取材に以下のように語った。 「『麒麟がくる』の撮影がどこまで済んでいるのかはわからないが、沢尻が演じる濃姫は重要な役どころであり、撮り直しとなればどれだけの費用が発生するのか。 戦国時代を描く大河ドラマは冒頭部に合戦シーンを放送することが多い。 NHKのみならず、沢尻の業務提携先のエイベックスのダメージも大きいのではないか。 仮にエイベックスが代役を出すとしても、今のエイベックスに沢尻クラスの女優はいない。 飯豊まりえではとても名前が立たないし、川栄李奈はつい先日第一子を出産したばかり。 (現在放送中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』に出演していた)ピエール瀧の今年3月の逮捕、チュートリアル徳井義実の10月の所得税無申告問題に続き、NHKは本当に災難続きだ」 (文=編集部).

次の

「沢尻エリカ逮捕は政権の指図」元首相も認めた陰謀論は本当か

沢尻 エリカ 逮捕

容疑者(33)が16日、合成麻薬MDMAの所持で逮捕され、世間は大騒ぎだ。 この事件について興味深い発言をしたのがタレントのラサール石井(64)。 ツイッターに<まただよ。 政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。 次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ>と書き込んだのだ。 石井は明言していないが、安倍首相の「」問題を指しているのだろう。 確かに調べてみると、政権の不祥事などが炎上中に有名人が摘発される事件は過去に複数起きている。 そのひとつが、2016年2月2日の(52)の逮捕だ。 前月の1月21日発売の「週刊文春」でアベ友・経済再生相(当時)の口利きワイロ疑惑が報じられた。 大臣室での現ナマのやりとりなど総額1200万円を受け取っていたとされる。 甘利氏は同1月28日に大臣を辞任したが、国会での追及は続いた。 ところが清原が逮捕され、テレビなどの報道は清原に集中。 甘利氏は「睡眠障害」を理由に国会を長期欠席した。 ジャーナリストの田中良紹氏はメルマガに<(警察が)2年以上内偵を続けていた元プロ界のヒーローを甘利大臣辞任表明の4日後に逮捕したのは最強の目くらましと考えられたからではないか>と書いたが、甘利氏はまんまと逃げおおせ、今では税制調査会長だ。

次の

沢尻エリカがヤク中なのはみんな知ってた!過去の大麻パーティー写真とスターダスト解雇の画像|oricoma

沢尻 エリカ 逮捕

女優の沢尻エリカ(写真:Imaginechina/アフロ、2018年6月に中国・上海にて) 女優の沢尻エリカが11月16日13時頃、合成麻薬の一種であるMDMAを所持していたとして、警視庁・組織犯罪対策5課によって逮捕されていたことがわかった。 逮捕容疑は麻薬取締法(麻薬及び向精神薬取締法)違反で、逮捕場所は東京目黒区内の沢尻の自宅マンションであったという。 沢尻エリカが所持していたとされるMDMAは、化合物「メチレンジオキシメタンフェタミン」を指し、俗にエクスタシーなどとも呼ばれる違法薬物。 沢尻エリカを逮捕した警視庁・組織犯罪対策5課は、銃器と薬物事案を担当する警視庁内の部署で、2016年2月に、元プロ野球選手の清原和博を逮捕するなど、捜査能力の高さで知られる。 1986年生まれで今年33歳の沢尻エリカは2009年、当時所属していた大手芸能プロダクション、スターダストプロモーションを契約解除され、のちにその理由が「大麻使用疑惑」であったことを週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)によって報じられた経緯がある。 現在は、2010年に設立した個人事務所「エル・エクストラテレストレ」に所属し、2011年より大手芸能プロダクションのエイベックス・マネジメントと業務提携していた。 沢尻エリカは、2020年1月より放送されるNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』に出演予定だった。 役どころは、斉藤道三の娘でのちに織田信長の正妻となる濃姫役。 同ドラマは2019年6月にすでにクランクインしており、今後の影響が懸念される。 ある大手芸能プロダクション幹部は、本サイトの取材に以下のように語った。 「『麒麟がくる』の撮影がどこまで済んでいるのかはわからないが、沢尻が演じる濃姫は重要な役どころであり、撮り直しとなればどれだけの費用が発生するのか。 戦国時代を描く大河ドラマは冒頭部に合戦シーンを放送することが多い。 NHKのみならず、沢尻の業務提携先のエイベックスのダメージも大きいのではないか。 仮にエイベックスが代役を出すとしても、今のエイベックスに沢尻クラスの女優はいない。 飯豊まりえではとても名前が立たないし、川栄李奈はつい先日第一子を出産したばかり。 (現在放送中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』に出演していた)ピエール瀧の今年3月の逮捕、チュートリアル徳井義実の10月の所得税無申告問題に続き、NHKは本当に災難続きだ」 (文=編集部).

次の