コロナ スピリチュアル。 コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

新型コロナウイルスと人類とスピリチュアルの関係【COVID

コロナ スピリチュアル

《スポンサーリンク》 世の中に偶然はありません。 全ては必然として生み出されています。 2020年という節目の年にコロナウィルスが世界に蔓延っていることにも、大きな意味があります。 なぜ急にこんなことが起きたのだろうと不思議に思っている人もいると思いますので、スピリチュアルな視点からコロナウィルスについて解釈していきたいと思います。 コロナウィルスは地球の変革を後押ししている コロナウィルスは、私たちの生活に大きな変化をもたらしました。 特に経済面での影響が大きく、お店や仕事を休まざる終えない状況にある人もいると思います。 これまで地球は物質的な星として重要な役割を担ってきました。 私たちは光の存在(魂の存在ともいう)ですが、この物質界で肉体を持ちお金というツールを使って感謝の気持ちを交換しながら生活しています。 これまでこの世界ではお金が価値のあるもの、価値を象徴するものとして、人々の間に存在してきました。 時にはお金の有無が人々の間に差別、格差を生むこともありました。 しかし2020年はそんな経済を中心とした社会の終焉を迎える年なのです。 コロナウィルスによって経済活動が止まったことで、信用社会という新たなステージが開かれているのです。 次の世界はどんな世界? 貨幣経済が終わりを迎えると、次にやってくるのは信用経済です。 これまではお金を多く持っている人が持てはやされ、いくら持っているかが大事とされる社会でしたが、これからは信用や信頼といった目で見えないものが価値となっていきます。 例えばスキューバーダイビングを習う時、その道のプロとただのちょっと上手い人。 どちらに教えてもらいたいですか?当然その道のプロと言われている人ですよね。 つまりそれぞれ好きなものを突き詰めている人が評価されていく社会なのです。 これは人が本当にやりたいことをやれるまさに素晴らしい時です。 やりたいことをやりたいだけやった人が評価されるため、皆が自分の好きなことに思いっきり楽しむことができます。 これまで稼げないからと諦めていた道がある人は、ぜひ再びその道にチャレンジしてみてください。 まさに今はそんな人が花開く時代に来ているのです。 《スポンサーリンク》 さいごに テレビを中心として色んなメディアがコロナウィルスについて悲観的な見解を伝えてきますが、どうかそれらに惑わされないでください。 きちんと正しい情報だけ耳を傾け、恐れに意識を向けないでください。 コロナウィルスもあなたの人生の中で起きていることです。 つまりコロナがある事実をよく捉えるか悪く捉えるかはあなた次第なのです。 コロナで仕事が休みになったから、いつもより長く家族と過ごせるから幸せだな〜とか、転職などに悩んでいた人はこれを機会として利用して本当にやりたかった仕事に切り替えるのも一つの手です。 ただ闇雲にコロナウィルスを恐れるのではなく、あなたの人生にコロナウィルスを上手く活かしてみてください。 それによってどんないいことが自分にもたらされただろうかと考えてみてください。 キャンベルのスープ缶の絵で有名な画家アンディーウォーホルは自宅が火事になったときも、慌てふためくわけでもなく、あー燃えてるー!こんな経験滅多にできないなー!としみじみとその光景を眺めていたそうです。 みなさんもどうかそんなスタンスで、コロナが蔓延している今を捉えてみてくださいね。 また、という数字から見たスピリチュアルの解釈も紹介していますので、合わせて参考にしてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

新型コロナのスピリチュアル的な意味とは?人類滅亡の危機か

コロナ スピリチュアル

おはようございます。 ちょろです。 突然変異のコロナウイルスを原因とする、「新型肺炎」が、世界的な広がりを見せていますね。 2020年2月11日に新型、コロナウイルスの正式名称が決まりました。 「COVID-19」です。 「コロナウイルス病」の英語表記「coronavirus infection」を略した「COVID」と、感染が確認された2019年の「19」を組み合わせた名称です。 これから、世界中はこの「COVID-19」と、戦い続けていかなければいけません。 中国国内の感染者数は、2020年2月27日の時点で、78497人を超え、死者数も2744人を越えています! 実態把握には未だに時間が掛かりそうです。 また、かなりのペースでの広がりも見せていますね。 しかも、中国では「全ての感染者数の把握は難しい」とも言われています。 さらには、日本国内でも156人以上の感染者が確認されていて、東アジア圏、東南アジア圏、ヨーロッパ圏で、驚異的な広がりを見せています。 日本国内では「市中感染」と呼ばれる、国内患者間での感染が懸念されていて、確実に新型コロナウイルスは広がってきているようです。 中国政府も、「初期対応の遅れ」は認めていますが、こうして全世界中に広がり始めた新型ウイルスからの脅威は「沈静化」を待つしかないでしょう。 2月27日の時点では、「中国の感染者数の増加」は、落ち着きつつあるようです。 逆に、日本国内でのパンデミック化(驚異的な感染拡大)に注意が必要です。 専門家の話では、「恐らく、2月中が最も感染のピークで、4月ごろになると鎮静化してくる」との予測になっています。 本当に、そうなることを祈るばかりです。 でも、考えてみてください。 人類が、どうしてこの地球で永らく繁栄しているのか?を。 結論から書いておきますと、 人類の持ったスピリチュアルパワーがあれば、あらゆる病気に適応していける ということです。 つまりは、人類の歴史、あなたの人生、僕の人生、の中で、こういった変化は毎日のように起きていて、そこに対応し続けているのが人類の素晴らしさなのです。 では、具体的に見ていきます。 コウモリのコロナウイルス【COVID-19】が人に感染して変異し続ける 今回の「新型肺炎」の原因は「コロナウイルス」と呼ばれるウイルスです。 ウイルスとは、「細菌」とは違って、抗生物質では死滅することはありません。 生物の体内で増殖して増え続ける物質です。 この聞きなれない「コロナウイルス」ですが、以前から存在が知られているものは「6種類」。 そのうち、4種類は「比較的軽度な感染症」を引き起こすだけの弱いウイルスです。 感染すると、主に風邪の症状を引き起こすだけになります。 しかし、残りの2種類は、2002年に中国で大流行した肺炎「SARS」の原因のウイルスであったり、あるいは、「MARS」と呼ばれる「中東呼吸器症候群」を引き起こす、ウイルスです。 今回の「新型肺炎の原因」になっているコロナウイルスも、「重症な肺炎」を引き起こすタイプのウイルスだと言われています。 現に、中国国内で、この新型肺炎が原因で亡くなられた方は1380人を超え、SARSの流行時より多くなっているのです。 (恐らく、政府が把握できていない事例が他にも多々ある) ただし、後述しますが致死率は2. 5%程度と、SARSほどは高くないので、慎重な行動と、手洗いうがいの徹底、アルコール消毒の徹底で予防が可能です! 原因は「市場でやりとりされていた野生動物」だと言われています。 野生動物には、彼らしか持たない「コロナウイルス」が、存在します。 そのウイルスは通常は「人には感染しない」のですが、ウイルスの一部で「突然変異」が起こり、人間に感染してしまうというのです。 その、変異は人間の体の中でも繰り返され、やがて「人から人へ感染」するようになり、今回のような「感染の拡大」を起こしています。 いつ、流行が治まるかも分からない世界を僕達は、しばらく生きていくことになります。 人類にはスピリチュアルパワーがあるから大丈夫 それでは、人類は「このままウイルスの攻撃で個体数を減らしてしまう」しか、対応できないのでしょうか? いえ、そんなことはありません。 僕達人類には大きな目に見えないパワー「スピリチュアルパワー」があるのです。 今まで、人類が長きにわたりこうして文明を築いてこれたのも、ひとえに「スピリチュアルパワー」を使えたからです。 もちろん、「スピリチュアルパワー」で、ウイルスの感染は止まりません。 医学的な方法で「ウイルスを鎮静化」させていくしかないでしょう。 しかし、その「ウイルスを鎮静化させたい」と思って、現実を変えていくのは何でしょうか?そうそれは、、 ・人類が無意識的に使うスピリチュアルパワー なのです。 例えば、あなたは将来、「学校の先生」になりたいと夢を持ったとします。 そうすると、あなたが学生時代に起こす行動は何でしょうか? きっとそれは、「学校の先生になる為に勉強する」ということですね。 つまりは、「目的のイメージ」があるから、そこに向かって「行動を起こす」のが、人間の凄さです。 その目的のイメージに向けて、スピリチュアルパワーを動かし、世界を変えているのは「人間の不思議な力」だったのです。 ということは、今回の「コロナウイルス」での、新型肺炎の大流行も、「医療機関での適正な処置」さえ受けてういれば、何の問題もないことだと、言えそうです。 それだけ、僕達人類は「スピリチュアルパワー」を上手く使いこなし、今世界で出来る事を、総動員して行っているのです。 焦らずに、多くの情報に触れ、医療機関からの最新のニュースに耳を傾けましょう。 コロナウイルス【COVID-19】の様な変異は常に人類に迫り続けている さらに、僕はこう考えています。 ・世の中では物凄い量の「突然変異」は日常茶飯事で、その中を人類は生き抜いている ということです。 つまりは、「今回のコロナウイルスの変異のようなことは、日常的」なのではないか? ということです。 ただ、たまたま、「人間の体に物凄い負担がかかる症状」が起こるだけで、世界の変化は、常日頃から起こり続けているのではないでしょうか? そして、その変化に対応すべく、僕達人類は知恵を絞って生きている。 それはまさに「無意識領域で世界を完全に変えている事」と、同じことではないでしょうか? 「生きる事」に対して、「めっちゃ意識」している人は、あまりいないでしょう。 何となく「生きている」「生かされている」状態を、毎日繰り返しているだけです。 そうやって、当たり前に生きる僕達は無意識領域である「潜在意識」の力で、この世界を維持しているのです。 そして、その潜在意識を動かすのは、目に見えないパワーの「スピリチュアルパワー」になります。 変異が起こり続けても、大丈夫です。 きちんと、人類の変化に対応できるお医者さんが、世界中には揃っています。 スピリチュアルパワーを使って変化に対応し続ける人類は強い 僕達「人類」の歴史は、約20万年あります。 元々は、海に存在する「ただのアメーバ」だったのかもしれません。 やがて、陸に上がり、二本足で歩き、めっちゃ凄い脳みそを手に入れ、大きな文明を築きました。 人類として、この世界に降り立って20万年。 その、長い歴史の中で、「変化」は、間違いなく繰り返され続けてきました。 そして、今日も変化を繰り返しています。 その変化の一つに、今回の様な「コロナウイルスの突然変異」も含まれるのでしょう。 そうした、現実の変化に適応して来たからこそ、僕達人類は「今も強大な文明」を持っていられるのです。 もちろん、「突然の変異」で、命を落とされてしまう方もいらっしゃるでしょうが、それは、どの時代の事でも同じことです。 生きている限り、人はいつかは死にます。 だからこそ、スピリチュアルパワーを持ち、「目的のイメージを持ち」、潜在意識を変えて、世界を創り変えることは非常に重要なことだと思います。 今はただ、医学的に正しい重要な情報を沢山手に入れて、「平和になった未来」をイメージしながら、毎日の行動を起こして行きませんか? それで、全ては少しづつ未来へと繋がっていくはずでしょう。 日本で感染が広がってもスピリチュアルがコロナウイルスから国を守る 2月27日現在では、日本国内の感染者数は、「156人」となっています。 変異したコロナウイルスは、「暑さ」にも強いのと情報もあり、ひょっとすると「春でも」感染者は増えて行ってしまうかもしれません。 しかし、心配する必要はありません。 人類は「生き残る為」に、ものすごい勢いでスピリチュアルパワーを使っています。 こうやって、テレビやネット、SNSを通じて細かい情報を発信し続けているのもその一つ。 僕達人類は、「なんとかして、あらゆる方法を駆使しながらコロナウイルスから人体を守ろう」としているのです。 その、目的をハッキリとさせておけば、何の問題も無いのです。 過剰にマスクをしてもコロナウイルスには意味がない? その為には、「お医者さん」の言う事はきちんと聞いて、間違えた情報に耳を傾けないことが大切になります。 今、世の中では「使い捨てマスク」が不足しています。 転売屋も、大量の在庫を買い占め、ネットであくどい商売をしています。 しかし、「コロナウイルスに感染していない人がマスクをし過ぎても」あまり効果は期待できないそうです。 あわてて、「価格が高騰した使い捨てマスク」を大量に買うよりも、以下の事に気を付けましょう。 ・アルコールを使った手の消毒 ・家に帰ったらうがいをする ・家に帰ったら手洗いをする 新型のコロナウイルスは、「飛沫感染」が主な感染ルートです。 感染した人の、「咳やくしゃみの唾液」から感染します。 あるいは、「便」からの感染もあるそうです。 新型コロナウイルスは「アルコールに弱い」と言われています。 しっかりとした手洗いうがいや、アルコールでの消毒で、「マスクを敏感に使いすぎる事」よりも、高い予防方法を取ることが出来るでしょう。 ちなみに、僕も先日から手洗いうがいと、アルコール消毒を始めています。 新型肺炎の存在を提唱した医師までも【COVID-19】の病魔に倒れてしまった 中国で、「いち早く新型肺炎の存在に気が付いた」とされる医師、「李文亮」さんが、2月6日の夜に亡くなられました。 李さんは2019年12月の末から「市場にてSARSのような、新型のウイルスが発見されている」と、ネット上に情報を出し、軽重を促していたのです。 しかし、中国政府はその情報を否定し、なんとあろうことか「李文亮」さんに、法的な処分を下してしまったのです。 どんな、状況下で李さんが亡くなられてしまったのかは不明となっていますが、明らかに「過酷な状況での医療活動」でお亡くなりになられたことには、間違いないでしょう。 参考文献: 本当は、「新しいタイプの病を受け入れ、人類の英知を結集して挑むこと」をしていれば、スピリチュアルパワーを上手く活用して、李さんの命を守る事も出来たでしょう。 あるいは、「ここまでのスピードで」コロナウイルスが広まる事も防ぐことが出来たかもしれません。 李さんのお持ちになられたスピリチュアルパワーを受け継いで、人類は前を向いていかなければいけないと言えるでしょう。 噂によれば、武漢省のとある研究施設から、元のウイルスは漏洩したとも報じられていますが、今のところハッキリとした情報はありません。 どんな人に重病化するのか分からないコロナウイルス【スピリチュル?】 新型のコロナウイルスに感染して発する症状は、人それぞれです。 「軽い症状のみ」で、鎮静化する人もいれば、「重い肺炎の症状」で、お亡くなりになられる方もいらっしゃいます。 厚生労働省の見解では、未だに「どんな方が重病化するのか把握できていない」とのこと。 とにかく、「60歳以上の高齢の方」「何かの持病をお持ちの方」は、人混みに絶対に近づかない、マスク、手洗い、うがいの徹底などでをすることを要徹底しましょう。 この「誰に対して発症するのか分からない」というのは、かなり怖い事です。 悪いスピリチュアルパワーが蔓延して、被害が広がってしまわないことを祈ります。 全ての人が、「手洗いうがい」の徹底を行い、安心できた時に「いいスピリチュアルパワー」が活性化して、世界中は幸せになっていくでしょう。 コロナウイルスの鎮静化のきっかけは、そういったところにあるような気がしますね。 何度も書いておきますが、「全ての人が、手洗いうがい、アルコール除菌消毒の徹底、をすること」が、最も日本国内でコロナウイルスが広がらない方法の一つです。 みんなで、世界を動かしていきましょう。 【COVID-19】に感染したら死んじゃう?【コロナウイルス致死率】 新型肺炎を引き起こす「新しいコロナウイルス」【COVID-19】ですが、致死率はどうなのでしょうか?2020年2月12日現在で分かっている情報で見てみましょう。 しかも、今後の致死率の推移は「さらに減少する」と、見られています。 (1%程度まで落ちるのでは?) ただ、前述したように、「どんな人が重病化するのか?」については、未だに不透明なままです。 COVID-19のワクチンの開発も「18か月」はかかると言われています。 今、僕達に出来る事は、アルコール消毒の徹底、手洗いうがいの徹底、マスクがあればマスクの徹底、しかありません。 そうした、ひとつひとつの行動が「スピリチュアルパワーを膨大に動かし」世界を変えていくのです。 世界が先に変わるのではありません。 「あなたが先に変わるから、世界が変わる」のです。 人類の持つ、不思議なパワーをしっかり使いながら、COVID-19が沈静化するのを待ちましょう。 千葉県内で渡航歴のない男性がコロナウイルス【COVID-19】に感染! 2月13日(木)に、千葉県在住の20代男性会社員が、「新型肺炎」に感染していることが判明しました。 この男性に、渡航歴は無く、新型肺炎患者との濃厚な接触は無かったそうです。 今、感染経路の特定を急いでいるとのことですが、どこから彼に感染したのかとても気になります。 しかも、この男性会社員は熱の症状が出てから「2つの医療機関」を受診しています。 もしかすると、その医療機関からも感染が拡大してしまうかもしれませんね! 幸い、この男性会社員は「重病化」はしていないのですが、お年寄りや持病をお持ちの方に感染してしまうと、大変なことになりそうです。 熱が続く場合は、「新型肺炎を疑う措置」をお願いしたいと思います。 ただ、僕達に出来る事は何度も書いている通り。 「手洗い」「うがい」「アルコールでの消毒」「マスクの着用」のみです。 これは誰にでも出来る、シンプルなことです。 さらには、 この行動を起こすことで、世界中のいいスピリチュアルパワーがどんどん動き出して、目に見える世界を変えていってくれるのです。 あなたが変われば、「世界の肺炎からの危機」をどんどん鎮静化させることが出来るのではないでしょうか? 僕は毎日、徹底的に「手洗い」「うがい」「アルコールでの消毒」を行っています。 2月27日の時点では、日本国内に「多くの中国渡航歴のない人」からの感染情報が溢れかえっています。 市中感染が間違いなく広がり、パンデミック化の前触れのような気がします。 なのに、「東京圏」では、殆ど患者がいない事にもなっている。 これは、多少違和感がありますよね? つまり、「潜伏して多くの人に感染している可能性」も否定できないわけです。 それだけ、素早く感染を続ける厄介なウイルスだと言えるでしょう。 ただし、前述したように「致死率は低い」ので、過剰な反応は良くありません。 山梨県では20歳代の男性が髄膜炎を発症!【20代でも重症化】 山梨県では、「20歳代の男性」に、重症患者が出ています。 男性は、肺炎と「髄膜炎を併発」していて、病院に入院している状態です。 会社員の方という事で、「かなり頑張って働かれていた」のかもしれませんね。 しかし、発熱してからは「1度も出社されていない」とのことで、この男性の勤める会社は非常にいい対応をされていたように思います。 そうやって、体を休ませてあげることで、スピリチュアルパワーはどんどん動きやすくなり、未知のコロナウイルスから人間を守ってくれやすくなるのです。 ところで【髄膜炎とは?】一体何? ところで、髄膜炎とは一体どんなものなのでしょうか? 人間の脳の周りには「髄膜」と呼ばれる器官があります。 この髄膜部分に「細菌やウイルス」が感染して、炎症を起こすことを「髄膜炎」といいます。 よく原因となりやすいウイルスは「エンテロウイルス」や「コクサッキーウイルス」「エコーウイルス」などですが、新型コロナウイルスである【COVID-19】でも、髄膜炎は起こることが実証されてしまいました。 髄膜炎を発症しやすいのは、児童や幼児のなどです。 大人が髄膜炎を起こすという事は、かなり体が疲れていて、「大きなストレスを抱えておられた」のかもしれません。 きちんと病院で治療を受け、体が元気になっていけば、症状も治まっていくでしょう。 スピリチュアルパワーが働いて、20代男性に早く元気になってもらいたいものです。 山口県下関市でも40歳代男性会社員が感染【新型コロナウイルス】 山口県下関市でも男性会社員に「新型コロナウイルス」の感染が発見されました。 この男性は40歳代の営業職で、熊本、大分、福岡などへ出張で行っていたそうです。 症状は軽く、回復へと向かっているそうですが、残念ながら、奥さんやお子様への感染も起こっているようです。 ただし、この事例のように「早期に発見されて」爆発的に広げないことが、今回の新型コロナウイルス対策にとって必要です。 じわじわ感染が拡大すれば、医療機関も対応しやすいですが、日本国民全員が「一気に感染」してしまうと、経済活動もストップしてしまい、さらには医療機関もパンクします。 人が密集するところに、なるべくいかない、手洗いとうがいとアルコール消毒を徹底することが、最大に求められるのでしょう。 そうやって、感染拡大への最大限の注意が「人間のスピリチュアルパワー」を大きく動かし、潜在意識を変え、世界を大きく変えていきます。 ちょっとした心がけで、世界はどんどん変わっていくのです。 クルーズ船【ダイヤモンド・プリンセス号】ではスピリチュアルの嵐 神奈川県横浜市の「大黒ふ頭」に、停泊中の船「ダイヤモンドプリンセス号」では、スピリチュアルの嵐が巻き起こっています。 船内の感染者数は「2020年2月14日現在で3063名中634名」です。 () 確実にコロナウイルスの恐怖から、身を守ろうと、毎日眠れぬ夜を過ごしていらっしゃる方ばかりではないでしょうか? こうした、「未知の恐怖に直面」した人間は、間違いなく強力なスピリチュアルパワーを動かし続けます。 船内では、様々な対応が進められていて、80歳以上の方や、基礎疾患をお持ちの方は「ウイルス感染検査」ののちの、滞船処置がとられているようです。 この処置もまた「正のスピリチュアルを動かす一つのきっかけ」になります。 まさに、「何とかして人の命を守りたい」と考える、日本人の強力なスピリチュアルパワーが動いている状態でしょう。 なるべく被害者が少ない状態での、鎮静化を望みたいと思います。 2月15日の新たな情報では、船内の60歳代から80歳代の方の内19名の方が、新型肺炎の重い症状に苦しまれており、専門医療機関の集中治療室で治療を受けられています。 さらには、ダイヤモンドプリンセスの乗客の方が、2名ほどお亡くなりになられてしまいました。 ご冥福をお祈りします。 犠牲者がこれ以上出ないように、今の僕達は「うがいと手洗い、アルコール消毒」を徹底していくしかなさそうです。 ただし、これが一番効果的な行動なのです! ちなみに、ダイヤモンドプリンセス号とは、こういった豪華客船です。 参考資料: コロナウイルスの【市中感染】の脅威【負のスピリチュアル】 日本国内では、新型コロナウイルスの「市中感染」が始まりを見せています。 市中感染とは、「国内で感染者同士が接触することで、2次感染が広がっていくこと」になります。 前述しました通り、千葉県内でも「渡航歴のない方」への感染が確認されました。 神奈川県内では80歳代の女性の方が、コロナウイルスが原因で、お亡くなりになられてしまいました。 間違いなく、新型コロナウイルスの「負のスピリチュアルパワー」は、日本国内でストリームとなって猛威を振るい始めているようです。 (僕もいつ感染してしまうか分かりません) しかし、「うがい」「手洗い」「アルコール消毒」「マスクの着用」などの、基本的な行動で「正のスピリチュアルパワー」を動かし続ければ、「負のスピリチュアルパワー」も、正しい物に変換されると信じています。 今、僕達に出来る事は「落ち着いて、うがい、手洗い、アルコールでの消毒」をし続けるのみでしょう。 僕は、毎日行っています。 「あなたも、一緒に行動して大きなスピリチュアルの流れ」を作る一因になりませんか? 非常にシンプルな行動だけです。 毎日当たり前に「うがい」「手洗い」「アルコール消毒」を徹底しましょう。 マスクに予備がある方は、マスクの着用もある程度効果的です。 何とか、体力の弱い80代以上の方、子供たちを守る行動が必要でしょう。 また、電話相談をしてくれる専門の回線も開設されています。 厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル) (受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)) ここまでの完璧な手洗いうがいをすることは、容易では無いかもしれませんが、 「一人一人の小さな行動」が、日本国内のスピリチュアルパワーを動かし、多くの日本人の未来を創り変えるきっかけになることは、間違いないでしょう。 あなたが変われば、未来は間違いなく変わります。 僕と共に、新しい未来に向けて、「小さな行動」を積み上げていきましょう! 厚生労働省は、2月26日に「コロナウイルス対策の記者会見」を行い、政府としての対策を発表しました。 最後に いかがでしょうか? 今回は「突然変異のコロナウイルス」と、「僕達人類が持つ素晴らしいスピリチュアルエネルギー」の関係性を見てきました。 間違いなく、世界はスピリチュアルパワーを使うと変化します。 このブログを読んで下さっている今も、変化の速さは変わりません。 いや、むしろ、劇的な早さで世界は「目的に向けて」変わっているのでしょう。 そんな、世界で生きる事って、「ワクワク」しますよね? それが、「生きる喜びと幸せ」に繋がるのです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 choro0164.

次の

新型コロナウィルスが中国発ということから見るスピリチュアルな意味

コロナ スピリチュアル

こんな事態が起こるとは思わなかった!そう思う人が大半だと思いますが、実はスピリチュアルな意味で考えると・・。 起こるべきして起きてる そう考えることができます。 しかもこれからこのような破壊と再生はコロナ流行だけではなく起こっていくだろう。 と予想しているスピリチュアルな考えの方がとにかく沢山います。 更に加速したのは 2015年!今までスピリチュアリルに興味がなかった人も加速化により3次元の世界以外を知り「スピリチュアル」に興味をもつ人、発言する人が増えてきました。 更に2017年、2018年!! 私も丁度2017年頃からスピリチュアルに興味を持ち、引き寄せなど色々なことを知り、体験してきました。 そしてその時に何度も教えてもらい言われてきたのが・・。 地球の二極化のゲートが閉じるのは 2020 年 3 月!! まさにコロナウイルス問題が明るみになってきた頃!! もうある意味鳥肌ですよ!! sponsorlink 地球が二極化するとどうなるの? 地球が二極化すると、プラス思考の人とマイナス思考の人が交わらなくなる。 と言われていますが〜。 簡単に言うと 価値観が二極化すること 同じ地球にいながら違う世界に生きるようになる!と言われてきました。 しかもネガティブからポジティブに移行することは難しく、2020年までにエネルギーを高めてポジティブな考え方をすることが大切!そう言われてきました。 二極化のナガティブ側、高次元の地球にのれなかった人の特徴は。 自分が苦しいこと不満を誰かの責任にする人• 他にも環境など外側の責任にする人• 言動や行動が不安や恐怖や怒りな人• 差別的発言 などなど。 そして高次元(二極化のポジティブ思考)にのれた人の考え方が理解できない!むしろ全く見えなくなってしまいます。 エネルギーが全く別物になると言われてきました!! まさにコロナウイルスは二極化している! このようにスピリチュアルの意味で、地球が二極化することはずっと予言されていたことなんです。 しかもゲートが閉じると言われてきた! 2020年3月!ここでコロナに対する考えや、学校休校に対しての考えや対応など本当に二極化していました。 コロナ自粛中もお家ライフを楽しんでいる• できる範囲で楽しみ、生きている• むしろコロナの影響を受けていない• コロナ自粛をきっかけに新しいことを始めている• 政府や人他人の責任にしていない• 影響をダイレクトに受けている(それを他人の責任にしてる)• 基本文句や不満を言っている• 自粛ができない• 政府不満ばかり言っている• 不満や怒りを持っている• 新しい変化に対応ができない 簡単にまとめるとこんな感じ!まさにコロナになったことで、この二極化がめちゃくちゃわかる!!身近な人もそうだし、芸能人、知名人、Yahooコメントを見てもすごく分かる! スピリチュアルに生きている人は特に!この状態を楽しんでいる。 私はコロナにかからない!だから外に出よう!なんて考えではなく!!自粛する中、コロナ中でも、できる事を楽しむ!ビジネス展開をしていたり、本当楽しそうで〜!まさにポジティブな高次元にいる印象でした。 「コロナにはどんな意味があるのか」プラスのイメージで乗り越えている感じですね。 スピリチュアルな意味では、まさに起きるべくして起きたし、これからもこのように二極化する現象が起こっていくと言われています。 コロナ いつまで続く の予言 は? コロナウイルスの流行はスピリチュアルな意味だけではなく、何年も前からコロナウイルスの流行は予言されていたと話題になっていることはご存じですか?? 今回はそんな予言の一部を紹介していきます。 コロナ予言:2011年公開映画『コンテイジョン』 2011年に公開された映画【コンテイジョン】は未知のウイルスの見えない狂気に世界が少しずつパニックになっていく様子が描かれています。 Netflixの映画ランキングで上位にいきなり浮上!現在のコロナウイルスの流行にマッチすることから、まるで予言みたいと言われているようです。 もちろん私も映画をチェックしてみましたが、2011年にこの映画を観ていたら、ただのフィクションとして印象に残っただけだと思うが、コロナ流行の予言とまでいかなくても、リアルにしか思えない倍の恐怖を感じました。 私には難しくてこれがコロナの流行の予言なのかちんぷんかんぷんですw 解説をチェックしてみると 海辺の都市=武漢市「華南海鮮市場」 を指している! コロナウイルスが最初に流行した、武漢市にある、海産物を扱っている市場のため、「海辺の都市」とノストラダムスが予言することに納得できるとか・・。 緊急メッセージ-いま、地球に何が起きようとしているのか?破壊と再生、2つのシナリオ「ネオ共産vsネオJOMON」 コロナウイルスの真実についての限定動画は コチラをRTして下さった方に、DMでURLをお送りします。 yahoo. 三人の予測から考えると・・。 4月5月はまだまだコロナはピーク! そして 7月8月など夏くらいには完璧ではなくても元の生活に少しずつ戻ってくるのでは? 確実に治るのは12月頃の予想が当たりそうな気がします。 コロナ いつまで続く の??まとめ コロナウイルスはいったいいつまで続くのか不安に感じる人も多いと思いますが、予測が当たり夏あたりには収まってくれると欲しいですね。

次の