あんた が っ た どこ さ 歌詞。 ティーナ・カリーナ あんた 歌詞

千昌夫 あんた 歌詞&動画視聴

あんた が っ た どこ さ 歌詞

日本のわらべ歌です。 参考にした古い楽譜では、東京地方の手毬歌となっていましたが、歌の舞台は熊本市です。 小学校の授業で使用するような童謡・唱歌の楽譜集で、楽譜の間違い かと思っていましたが、関東の歌であるとする研究者もいるそうです。 その論拠の1つとして、言葉が熊本のものではなく関東の方言であるということがあげられています。 正式な題名は「肥後手まり唄」というそうで、女の子が手まりをつきながら歌う遊び歌です。 ほかの有名な手毬歌には、京都の があります。 関西で「船場」といえば、大阪の繊維問屋街や吉本新喜劇の船場太郎氏を思い出すと思いますが、熊本市にも船場町というところがあり、船場橋というのがあるそうです。 歌詞的には、たぬきが酷い目にあう動物虐待の歌ではないかという気がしなくもありませんが。。。 同様に動物が酷い目にあう歌詞の童謡に というのがあります。 童謡にはこのようにけっこう残酷な内容の歌詞のものがあり、としてまとめて、紹介しています。 アコースティックギター風、オルゴール風などいろいろなアレンジでファイルを用意しています。 下に用意されている以外のアレンジで曲を聴きたい方は、ページ中央の「音楽スタイル・バリエーション」で取得してください。 (無料) を利用して録音した 鏡音リンの歌入りmp3ファイル も用意しています。 (他の曲も聞きたい人は、のコーナーにあります。 ) midiファイルは、のオートアレンジの機能を使用して、伴奏を作成しています。 歌詞 あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ 船場山には 狸がおってさ それを猟師が 鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉で ちょいと隠せ ひらがな歌詞 あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ せんばさ せんばやまには たぬきがおってさ それをりょうしが てっぽうでうってさ にてさ やいてさ たべてさ それをこのはで ちょっとかぶせ 無料でご利用いただける高齢者向けに字を大きくしたA4サイズの歌詞カードです。 デイサービス、グループホームなどの介護施設や地域のサロンでのレクレーションの時間にご使用ください。 大きな字の歌詞を用意している曲のリストは、にあります。

次の

千昌夫 あんた 歌詞&動画視聴

あんた が っ た どこ さ 歌詞

あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場 せんば さ 船場山には狸がおってさ それを猟師が鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉でちょいとかぶせ これが一般的に知られているあんたがたどこさの歌詞ですね。 「さ」のところで鞠を足にくぐらせ、最後の「ちょいとかぶせ」のところで、スカートの裾でボールを隠したり、体をくるっと一回転させたりします。 私はこの歌詞の意味を、東京あたりでたまたま同郷人に出会ったときの会話かなと想像していました。 「出身は?」 「肥後です」 「肥後!?僕も肥後ですよ。 えっ、肥後のどのへん?」 「熊本です」 「熊本!?まじで?熊本のどこ?」 「船場です」 「僕も船場ですよ。 こんなところで同郷人に会えるなんて」 みたいな感じです。 で、歌詞の後半は故郷のあるあるエピソード、みたいな(笑) 歌詞に繰り返しでてくる通り、これは 熊本県熊本市を舞台にした手毬唄、正式には「肥後手毬唄」といいます。 つまり、歌詞の意味としては、 出身地(熊本)やその土地のエピソードを語る問答歌ですね。 熊本には歌詞にでてくる船場山が実際にあり、熊本市船場地区の市電船場橋駅には狸像もあるそうです。 【手まりうた「あんたがたどこさ」わらべうた 童謡】 2. あんたがたどこさは埼玉県川越市の歌!? あんたがたどこさの「せんばやま」は 熊本の船場山ではなく、埼玉県川越市の仙波山であるという異説があります。 ときは幕末、薩長連合軍が討幕のために川越の仙波山に進軍したときのこと、付近に住む子供たちが「お侍さんたちはどこから来たの?」「肥後だよ」という会話があったとかなかったとか。 これがあんたがたどこさのモチーフになっているという説です。 この説を裏付けるのが歌詞の方言。 あんたがたどこさの歌詞は 関東の方言で、肥後の方言ではないそうです。 なるほど、これは仙波山説の有力な証拠ですね。 さらに、あんたがたどこさは 討幕の歌という説もあります。 仙波山には徳川家康公を祀った仙波東照宮があるのです。 家康といえば「狸」の俗称がついていますよね。 つまり、 仙波山の狸(=家康=江戸幕府)を煮たり焼いたりして、食ってしまおう(=倒してしまおう)、これがあんたがたどこさの歌詞の意味なのです。

次の

あんたがたどこさ

あんた が っ た どこ さ 歌詞

日本のわらべ歌です。 参考にした古い楽譜では、東京地方の手毬歌となっていましたが、歌の舞台は熊本市です。 小学校の授業で使用するような童謡・唱歌の楽譜集で、楽譜の間違い かと思っていましたが、関東の歌であるとする研究者もいるそうです。 その論拠の1つとして、言葉が熊本のものではなく関東の方言であるということがあげられています。 正式な題名は「肥後手まり唄」というそうで、女の子が手まりをつきながら歌う遊び歌です。 ほかの有名な手毬歌には、京都の があります。 関西で「船場」といえば、大阪の繊維問屋街や吉本新喜劇の船場太郎氏を思い出すと思いますが、熊本市にも船場町というところがあり、船場橋というのがあるそうです。 歌詞的には、たぬきが酷い目にあう動物虐待の歌ではないかという気がしなくもありませんが。。。 同様に動物が酷い目にあう歌詞の童謡に というのがあります。 童謡にはこのようにけっこう残酷な内容の歌詞のものがあり、としてまとめて、紹介しています。 アコースティックギター風、オルゴール風などいろいろなアレンジでファイルを用意しています。 下に用意されている以外のアレンジで曲を聴きたい方は、ページ中央の「音楽スタイル・バリエーション」で取得してください。 (無料) を利用して録音した 鏡音リンの歌入りmp3ファイル も用意しています。 (他の曲も聞きたい人は、のコーナーにあります。 ) midiファイルは、のオートアレンジの機能を使用して、伴奏を作成しています。 歌詞 あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ 船場山には 狸がおってさ それを猟師が 鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉で ちょいと隠せ ひらがな歌詞 あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ せんばさ せんばやまには たぬきがおってさ それをりょうしが てっぽうでうってさ にてさ やいてさ たべてさ それをこのはで ちょっとかぶせ 無料でご利用いただける高齢者向けに字を大きくしたA4サイズの歌詞カードです。 デイサービス、グループホームなどの介護施設や地域のサロンでのレクレーションの時間にご使用ください。 大きな字の歌詞を用意している曲のリストは、にあります。

次の